てくてく さん プロフィール

  •  
てくてくさん: 山岳同人てくてく
ハンドル名てくてく さん
ブログタイトル山岳同人てくてく
ブログURLhttp://tekutekudoujin.blog.fc2.com/
サイト紹介文山歩き、山遊び、美しい場所へ山旅をする てくてくAとてくてくBの記録
自由文ハイキング、バリエーション、冬山、沢、四季折々の姿を見せてくれる山が大好き。
自然の中に身を置く事で、心のリフレッシュ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/11/16 09:43

てくてく さんのブログ記事

  • 大弛峠から金峰山
  • どうにも冴えないトップ画像だな2018年9月9日(日)当初は、この山の懐に源を発する某沢の遡行をするつもりで出かけた。ただ前日まで降雨が続いたので、一応トレッキングシューズも持参した。入渓点までやってきて沢を覗き込むと水は濁っていないが水量は幾分多めか。それより何より空が暗雲で実に陰湿な風景。沢の遡行は日が差し込まないと水面が美しくなく面白さも半減するので 「や〜めた!!」 出直すことにした。 [続きを読む]
  • 秣岳(栗駒山)
  • いや〜気持ちよかった!2018年8月13日(月)前日の虎毛山からの急遽転進の泥湯二山。下山後、泥湯に寄ってみたが 女湯は洗い場が使用不可との事でその日のキャンプ地の須川湖キャンプ場に向かう途中の小安温泉で全身の汗を流した。下界の連日の熱帯夜が遠い世界のごとく、須川湖キャンプ場では気持ちよく夜を過ごせた。本日は、生温い行動ですよ。栗駒山本山はパスして「山で会えたらさん」の記事で知った、栗駒山のモンサンミッ [続きを読む]
  • 山伏岳〜高松岳
  • 急な転進の泥湯二山2018年8月12日(日)せっかく意気込んで行った虎毛山が、林道崩壊によりあっという間に幕を閉じた。どうする?一日無駄にしちゃうには時間が早すぎるし・・・・あわてて近辺の山を探す。手近なところで、泥湯三山ってのが 時間的にも間に合いそうだし良いかも。ただ、三山のグルリップをすると車道歩きがあるのが気に入らないということで、二山のピストンにしましょう。(高松岳から見た山伏岳) [続きを読む]
  • 虎毛山(山頂に至らず)
  • 集中豪雨の爪痕2018年8月12日(日)(泥湯三山 高松岳から遠望する虎毛山)8月5日にあった山形 秋田集中豪雨の影響は一週間経っても色濃く残っていた。11日の夕方、鳴子温泉に入り野営翌朝は早めに登山口となる赤倉沢林道の虎毛山登山口に向かう。 [続きを読む]
  • 男体山トレーニング
  • 何度目の正直?大展望!2018年7月22日(日)6月に遊歩道を歩いて以来、先週の連休に「なんちゃって沢」(記録アップするか未定)も殆ど歩いていないし 体調不調やら色んな用事やらに紛れて、すっかり山から遠ざかり状態。これじゃいかん!と、トレーニングがてらに手近なところの日光男体山に行くことにしましたヨ。もちろん、連日の猛暑なので できるだけ涼しいうちにピストンしてこようと、前夜に歌が浜の駐車場で車中泊。下界 [続きを読む]
  • 背戸峨廊(いわき郊外)
  • 遊歩道としてはしょっぱめ2018年6月23日(土)体調不良やら用事やらが続いてしまい、すっかり間が空いてしまった。Bの膝の調子の様子見もあり、アップダウンの少ないところと言う事で いつもは足の向かない方面に行ってみた。 [続きを読む]
  • 鈴ケ岳
  • お手軽な花見ハイク2018年5月26日(土)Bが季節外れのインフルエンザにダウンしてしまった。せっかく天気が良さそうなので、軽いハイクにaを誘ってみた。数年前に雪の時に行った鈴ケ岳だが 雪の無い時はどんなんだろ?と思い行ってみることに。(地蔵をバックに) [続きを読む]
  • 五葉山
  • 風ビュービューの頂上2018年5月5日(土)六角牛山を下山して、本日二座目の次なる山 五葉山へ向かう。名前は知っていたが、なかなか来る機会の無い場所だけに期待が高まる。太平洋側の山は晴天と言う予報。今度こそ晴れるのかなあ・・・? [続きを読む]
  • 六角牛山(ろっこうしさん)
  • 遠野の街を見渡す山頂からは何も見えず2018年5月5日(土)後半のGW天候が悪いのは判っていたが、毎度のこと「てくてく隊」は東北を目指す。現地で最新の天気図を入手するも、奥羽山脈から日本海側は何処も全滅。ならば、幾分低気圧や前線の影響を受けない太平洋側へと逃げることにする。 [続きを読む]
  • 米山
  • 簡単・自然豊か・大展望と三拍子そろった山2018年4月29日(日)GW前半、晴天が約束されている・・・なのに、Bには所用があり出かけられない。なので、久々に一人旅プラスハイクに新潟の日本海側に向かった。海無し県に住む身としては、右手にずっと日本海を見ながらのドライブは非常に気持ちが良い。下の写真は、柏崎の恋人岬からの米山カップルばかりの中、明日登る米山を見つめた。逆光のせいか、米山が白く見えたのでちょっと [続きを読む]
  • 天丸山 北尾根
  • 恒例、春のツツジの山へ2018年4月21日(土)今年は、季節の前倒し感が強く桜の開花が半月程度早かった。ならば例年GW明けの週末に訪れている、西上州のヤシオツツジも早いのだろうと思い、会いに行ってみることにする。 [続きを読む]
  • 浅貝スキー場跡から大源太山
  • 同時期とは思えない積雪量の差!2018年3月31日(土)久々の泊りの雪山に行こうと、意気込んで金曜の夜発。途中のS.Aにて車中泊の準備でBがエアマットを膨らましているのを見て ガ〜ン!!「持ってくるのを忘れた」事に初めて気付く。雪のテント泊で銀マットだけで寝るのもなあ・・・ザックの上に乗って寝るのもなあ・・・と すっかり気力が萎えてしまう。Bも本調子でないので、日帰りの転進には反対しなかった。ただ、地形 [続きを読む]
  • 十二ヶ岳
  • 温泉プラスのハイクにぴったりの展望台2018年3月24日(土)天気も良さそうな週末だったが、今度はBの体調不良。大好きな小野上温泉にプラスハイキングくらいなら行かれる・・・との事で、二度目の十二ヶ岳前回来たのは、骨折後のリハビリだったな [続きを読む]
  • 磐梯山東稜
  • 積雪期限定ルートで南東北の頂へ2018年3月17日(土)二月三月と山に入れない日々が続いた。一度入山するも雪崩に遭遇、撤退させられる羽目になる。Aの繁忙期も落ち着き雪床も硬く締まる頃となったので、前から歩いてみたいと思っていた磐梯山の雪ルートへ行ってみた。 [続きを読む]
  • 三間川
  • 冬にしか行けない沢2018年2月4日(日)何年か前から計画していたが、なかなか実行に移せなかった。房総の沢は、ヒルが多いので冬にしか行く気がしないのだが 冬になれば冬になったでわざわざ寒い時期に冷たい水に入るのに前向きになれなかったからだ。昨秋の赤水沢では、鋲付きの長靴がなかなか良かったので 濡れなくてちょうどいーじゃん!って事で 今回やっと実行することになった。 [続きを読む]
  • 獅子ケ鼻山
  • 楽チンで静寂の山2018年1月20日(土)先週の日光で踏み固められた雪面を歩いたせいか、Aはかかとに盛大な靴擦れを作ってしまった(泣)しかし二週連続で珍しく冬の晴天が続くのに、行かないわけにはいかない。ってなことで、完治していないかかとの皮に優しい登りの少ない山で勘弁して〜とBに泣きつき 獅子ケ鼻山へ玉原スキー場のリフトを使っての楽チンコースを提案。 [続きを読む]
  • 日光 外山沢 庵滝
  • 奥日光の氷瀑2018年1月14日(日)中禅寺湖をボトムとする カルデラ地形の奥日光。奥行の無い周囲の山々からは大量の水を集められないために、千手ヶ浜に注ぐ「柳沢」を除くと、どの沢も遡行感に貧しい。が、これが厳冬期に入ると水量が少ないが故に、芸術的なオブジェを作ってくれるスポットがある。 [続きを読む]
  • 鶴寝山北尾根
  • 鶴寝山から仰ぐ冬富士2017年12月9日(土)3週間前に牛ノ寝通りを歩いてこの辺りのロケーションは藪が薄く、地形図を読んで歩けば何処でも歩けそうな様相だった。ならば落葉後の今の時期がベストタイミングなのだろうと再訪すべく地形図を見ていると小菅の湯から南にせり上がる長い尾根がありたどると派生点は鶴寝山の山頂だった。これはいただき!と調べたら結構歩かれていましたね。我々のような、人が歩かない藪歩きを趣とするマ [続きを読む]
  • 三床山
  • 買い物ついでのハイク2017年12月3日(日)忘年会シーズンとなり、早朝出発が厳しいので またもや買い物ついでのハイクって事で許してもらいましょう。いつもの道の駅「どまんなか田沼」で野菜の買い出しをしてからのハイク。以前「三床山」というのがあるという事を人から聞いており、行ったことがなかったので決めましたよ。西入りの頭から一床山を振り返る [続きを読む]