ちーしょこ さん プロフィール

  •  
ちーしょこさん: ママと愛犬の快適な生活をサポート
ハンドル名ちーしょこ さん
ブログタイトルママと愛犬の快適な生活をサポート
ブログURLhttps://ameblo.jp/c0904f0618/
サイト紹介文野草散策・ハーブガーデン・アロマ・レイキ・ドッグアロマ・アニマルコミュニケーション
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/11/19 23:58

ちーしょこ さんのブログ記事

  • 水草展示コーナー
  • ミズユキノシタ 5mm位のちいさな花を咲かせます。茎と同色で地味なので、よく見ないと見逃してしまいそうです。 先日のボランティア作業で、水の入れ替えをしていて見つけました。 ミズユキノシタはアカバナ科チョウジタデ属。ユキノシタとついてもユキノシタ科ユキノシタ属ではなく、チョウジタデ属といってタデがついてもタデ科ではなく・・・ 名前に惑わされてはいけない例ですね。 今回も、水草展示コーナーのお手入れ [続きを読む]
  • ふるいがけボランティア募集中!
  • ガンクビソウ キセルの雁首のように首を垂れたように咲くことから名づけられたそう。 「雁首そろえて」なんていい意味で使われていないせいか、あまり興味がない野草だったのだけれど。 ちょっと、いいじゃない!後ろから撮ったら、うな垂れた感じがちょっといいじゃない? 格上げよ、ガンクビ君?? 加曽利貝塚公園からビオトープ、そして加曽利貝塚公園へ戻ってきました。 続いてイチヤクソウも撮ってみた。 んー、君はイマ [続きを読む]
  • 薬草の力
  • 波多甕井神社(はたみかいじんじゃ) 大和国高市郡・月次新嘗と記される式内大社祭神:甕速日神(みかはやひのかみ) ヒヨドリバナ 伊邪那美が迦具土神(火の神)を生んだ際に、 陰所を焼いて死んでしまった。伊邪那岐は、怒りで十拳剣を抜いて迦具土神を斬り殺した。 この時、剣についた血から神々が生まれた。 剣の先についた血から、石拆・根拆・石筒之男の三神 剣のつばについた血から、甕速日(ミカハヤビ)・樋速日(ヒハ [続きを読む]
  • 大和トウキ
  • 大和トウキ 奈良県原産の薬草 主に根が婦人病系の漢方薬に使われる 葉は食用として使われる 早稲田大学 医学を基礎とするまちづくり研究所の「農村健康観光の開発に関する研究の一環として行うモニターツアー」に参加しました。 大和トウキ収穫・薬草を使用した食事・ワークショップ・薬狩り散策など「農村健康観光」を体験することにより、どういった医学的効果があるか検証する研究です。 ここは、大和トウキを栽培されて [続きを読む]
  • 薬狩り
  • 奈良県高取町の羽内(ほうち)遺跡 2006年の発掘調査で、古墳時代後期(6〜7世紀前半)の大きな2棟の掘立柱建物と一棟の大壁建物の跡が出土。 昨日の続きです。 ワークショップの後は、「森の学校」のカオリ先生の案内で野草散策。 ミゾカクシを見つけて、1人で興奮してしまいました(笑) 近鉄吉野線市尾駅 この羽内遺跡は、2つの説があります。 「波多氏の関連遺構」説 *大壁建物は渡来系氏族に特有のものなので [続きを読む]
  • 美しく見せたいだけなのかも
  • 目的地に着きました。 加曽利貝塚の奥の坂月川にはビオトープがあります。 さっそくシオカラトンボのお出迎えです。 雄と雌では色が違うそうです。オスは成熟されるにしたがってい、きれいな青になっていくんだそうですよ。 アゼナ ん〜、ピントが合いません。 池が隠れるくらい植物が茂っていますね。 アカガエル 目の後ろから背中にかけて茶色い線が真っすぐだとニホンアカガエル。曲がっていると、ヤマアカガエル [続きを読む]
  • 日本語ってややこしい
  • 日本最大級の縄文貝塚として知られる特別史跡加曾利貝塚・・・ 今日はここを素通りしまして(きっぱり!)、先へ進みます。 ちょ、ちょっと!コニシキソウとアレチニシキソウが並んでるじゃないの! 失礼しましたm(_ _ )m 右がコニシキソウ、左がアレチニシキソウです。 復元された竪穴式住居を通り抜けて川に向かうと、縄文時代の船着き場跡へ出ます。 この一角はとても狭いのですが、たくさんの植物に会えます。 「 [続きを読む]
  • カラスの落とし物
  • 小川が干からびています。 枯山水になってしまってますね。 あ、お暑うございます!ご家族皆さんで、お出かけですか? な〜んてね(笑) ここは、千葉県立青葉の森公園です。 白い花のツユクサ。 青い花のツユクサはたくさん群れて咲いていましたが、この子は一人だけポツンと咲いていました。 フヨウの蜜を吸うハチさん。花粉だらけですね〜。 フヨウの葉。斑が入っているのは、斑入りの品種なのか?病気なのか? [続きを読む]
  • もしかしたら、あなたの鉢植えも?
  • お盆休みが終わりましたね。帰りのラッシュに巻き込まれた方も多いと思います。 私の田舎は車で4、50分なのでラッシュに会うことはないのですが、今年は新盆なので毎日行ったり来たりで大変でした。 今朝お水をあげようと外に出たら、アキレアの苗が萎れていました??首ががっくりうな垂れてしまってます。 お盆前に買ってあった苗に、昨日はお水をあげるのを忘れてしまったのです。 パイナップルセージの苗も?? [続きを読む]
  • 植物が豊富ということは
  • ヌマトラノオ   昨日は、小さい小さいお花たちを紹介しました。私のコンデジでは、小さい花を撮るのが大変なんですよ〜。 今日は、極極フツーの大きさのお花を紹介しますね。 タカトウダイ もうお花も終わりですね、実ができ始めていました。 ツリガネニンジン ツリガネニンジンのアップ! イトトンボの交尾 植物が豊富ということは、虫も豊富ということですね。鳥のさえずりもたくさん聞こえてきますよ。 そういえ [続きを読む]
  • 成東東金食虫植物
  • 川沿いの道を行くと、右手には田んぼと湿地が広がっているのが見えました。成東・東金食虫植物群落です。 この日は台風が近づいているということもあって、曇り空です。いつもより気温も低いので、散策するには楽ですね。 <<6月に行った時は、快晴でした オトギリソウ オトギリソウよりもずっと小さいコケオトギリ アリノトウグサ 小さな花をアリに見立てた「蟻の塔」、小さな花をアリの頭に見立てた「蟻の頭(とう [続きを読む]
  • オレンジ色は努力の賜物
  • 「オレンジ色のニクい奴」 反応してくれた方、ありがとうございます!歳がばれますね(笑) *夕刊フジのキャッチコピー。オレンジ色に白抜きの題字を思い出しますが、今は変わっているそうです。 泉自然公園へ、キツネノカミソリを見に行ってきました。 、入り口から、ぐるっと半周 ・・・ということは、いちばん遠い!ということですね(^^; 見えてきましたよキツネノカミソリが! 県内最大のキツネノカミソリの群生地 [続きを読む]
  • 努力の賜物
  • 「オレンジ色に輝くにくいヤツ」 反応してくれた方、ありがとうございます!歳がばれますね(笑) 泉自然公園へ、キツネノカミソリを見に行ってきました。 、入り口から、ぐるっと半周 ・・・ということは、いちばん遠い!ということですね(^^; 見えてきましたよキツネノカミソリが! 県内最大のキツネノカミソリの群生地!(だったと思う)、 5万株ですって! 落ちてゆく陽を浴びながら、ますますオレンジに染まってゆ [続きを読む]
  • 移ろい
  • 月草のうつろひやすく思へかも 我が思ふ人のことも告げこぬ 大伴坂上大嬢 私のことを月草のように移ろいやすいと思われているのでしょうか 私の思う人が何とも言ってこないのは マルバツユクサ <月草> ツユクサの別名 花期は6〜9月ころ。早朝咲いて、午後には萎んでしまう。 花の青い色が服などに着きやすいことから、「着き草」と呼ばれていたのが、「月草」となったといわれる。 花びらを搗いて青い色を取り、 [続きを読む]
  • アイの生葉染め
  • アイの生葉染めに行ってきました。藍染の方法は、生の葉を使う「生葉染め」、アイを発酵させたものを使う「藍建て」があります。藍染の技法は、5世紀頃中国・朝鮮半島から伝えられたといわれます。 これはマルバアイといいます。タデアイとは違って、葉が丸いですね。 <<アイ・・・葉っぱ尽くしの天ぷら 生葉には青い色素(インディゴ)はふくまれていません。インディゴの元になるインディカンが含まれていています。 葉を [続きを読む]
  • 早起きは三文の徳!
  • ヤブガラシの葉の上に水滴を見つけました。水滴が規則正しく並んでいます。 これは朝露ではなく、葉の中から出てきた水です。植物が水を吸収しすぎると、いらない水分を出することがあります。 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ この水を出す部分を水孔といい、葉の先端や縁などにある。 新しい葉でよく見られ、古い葉では見られないことが多い。 活性の高い葉に重点的に水分が供給されていることを示している。 すべての植物 [続きを読む]
  • 産卵の季節ですよ
  • 水槽には水草とメダカ。涼しげですね。 毎月2回、千葉市緑化植物園にボランティア作業に行っています。が、夏は2回では間に合わないということで、毎週作業となりました。 サジオモダカ 写真からも日差しの強さが伝わってきませんか? ミズキンバイ   水槽のお水の減りが早く、すぐ水が濁ってしまうので、水を足します。 マツバイ ただお水を足せばいいってわけではないんですよ。 オオサンショウモ ホースの [続きを読む]
  • ハシビロコウって、動かないんじゃなかったっけ?
  • 笑うハシビロコウwww 今日は、千葉市動物公園で野草観察会でした。 動物公園の一角にある「森のあそび場」では、月に1回イベントが行われます。 今月は、「野草のお話し」です。 千葉市動物公園は、「風太くん」で有名ですね。会議室に置いてあった発泡スチロール製の風太くんが、なんだか可愛い?? 今日の資料はこれ。イベント担当のNさんが作ってくれました。もちろん、写真と解説は私が事前に送付しましたよ。 [続きを読む]
  • 外も暑いが、縄文展も熱い!
  • 縄文展に行ってきました。 入口の撮影ポイントです。 縄文ポスター、土偶、それに「JOMON」目隠し?? 展示室に入る前から、テンション上がります。 一緒に写っているのは、「古代史日和」のお仲間たち。このメンバーで見学できるなんて夢のようです。 展示物は撮影NG。 出口には撮影OKの土器が並べられていました。レプリカだと思っていたら、本物なんですって! 出口の撮影OKの土器1・・・縄文時代中期(紀元前3 [続きを読む]
  • 何しに来たんだか!?
  • 観連会に行ってきました。 ゲンジモクの実 センダンの実 アカメガシワの実 この木の実たちは、秋になったら黒く色づいていきますよ。 かつては、植物の育成・実験が行われたであろう温室。今は、ヘクソカヅラが多い茂っています。 アイノコセンダングサ まだつぼみですが、いたるところに生えています。去年来たときは、こんなになかったように思うんですが。 野草もその年によって、たくさん生えるものが違いますね [続きを読む]
  • 何世代にも渡って
  • 「発掘された日本列島 2018」展を見に行きました。 日本列島では毎年8,000件近い発掘調査が行われています。 このうち、近年発掘された遺跡や、成果がまとまった 注目の17遺跡約540点を速報展示します。 石槍〜本の木遺跡〜 「本の木論争」の発端となった遺跡です。 本の木論争 石槍と土器(縄文土器)が同じ文化層か、本ノ木遺跡で石槍と縄文土器が一緒の文化層から出土。 ↓ 縄文土器体系化の祖山内清男・・・「同じ [続きを読む]
  • 防人が見たユリは?
  • 筑波嶺の さ百合の花の 夜床にも愛しけ 妹そ 昼も愛しけ巻20の4369 大舎人部千人 筑波に咲く百合の花のように夜の床でのお前が愛おしい 昼のお前も愛おしい ちょっと赤面してしまうような歌ですね。万葉集歌の特徴として、「おおらか」というのがありますが(笑) <さ百合>「さ」は神聖なものの頭につける言葉で、古代では百合の花は神聖なものとされた。 <愛しけ> 「かなしけ」と読む。「かなしい」ということは、 [続きを読む]
  • キッチン蒸留を体験
  • 日本アロマ蒸留協会の「佐倉ハーブ園&セージ農家見学ツアー〜ハーブと触れ合う〜」に参加しました。 佐倉ハーブ園長の柴田先生。 日本アロマ蒸留協会のイベントに、先生のコネを使って参加させていただいたのです。 先週もお会いしましたね。いつもお世話になります。・・・と、写真にあらためて挨拶してみました(笑) 柴田先生の解説を聴きながら、ご自分の蒸留したいハーブを摘んでいきました、日本アロマ蒸留協会の方々は [続きを読む]
  • 佐倉ハーブ園でハーブティー
  • 佐倉ハーブ園に、作業のお手伝いに行ってきました。 <<佐倉ハーブ園 昨日は、36名もの方が集まりました。新しい区画を作るため、ユンボで大雑把に耕してありました。この後、人の手(そう私たちの手ですね)が入るのです。 マリアアザミ まずは、園長である柴田先生から本日の作業の説明。 作業は二手に分かれました。 1つは、バジル班。もう1つは、バラ班です。 バジル班 ユンボで耕した場所にたい肥と肥料を入 [続きを読む]
  • そこに愛はあるんか
  • 忘れ草 我が下紐に 付けたれど  醜の醜草 言にしありけり <訳>忘れ草を私の下紐につけたけれどなんの役にもたたないよ 名前ばかりだ 大伴家持 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ カンゾウ(萱草) 別名ワスレグサ(忘れ草) 昔、中国では 春先に萱草の若芽を食べると「憂いが晴れる」といわれていた やがて、 萱草の花を身につけたり見たりするだけで 「憂いを忘れさせてくれる」という意味に変わっていった 大伴家持は、 [続きを読む]