GeroChan さん プロフィール

  •  
GeroChanさん: 走る先に待っているもの・・・
ハンドル名GeroChan さん
ブログタイトル走る先に待っているもの・・・
ブログURLhttp://gerochan.com
サイト紹介文のんびりドライブを楽しんでいます(^^ゞ
自由文のんびりドライブを楽しんでいます(^^ゞ
ドライブで感じたこと、学んだことをBlogに綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 310日(平均2.6回/週) - 参加 2012/11/20 21:03

GeroChan さんのブログ記事

  • ボクの車中泊は、どんなもの? ボクの車中泊について考える
  • 1. ボクの車中泊の基本形下図になります。夜の歯磨きは、事前に温泉施設でやってしまうことも多いです。あとは、自動販売機を利用します。高速道路でのSAやPAも、似たような感じです。大半の時間は、寝ているということがわかります。寝る以外の時間の使い方としては、明日の作戦会議をおこなっています。・ 明日の天気はどうだろう?・ 明日は、この辺りを走ってみようかな。・ この街の特産品てなんだろう?・ 明日、このお [続きを読む]
  • 夏の車中泊 !! ボクの対処方法をまとめてみた。
  • 1.  夏の気温に、どのように対処するか?ボクの夏のドライブは、基本的に東北地方。東北地方の天気が悪いときは、長野や群馬あたりにいます。そして、標高の高い場所にいることが多いです。なぜかというと、涼しいので。暑いのが、苦手なんです。ずっと山の中を移動することは、ボクのドライブでは考えられないので、嫌でも平地に下りなければいけないときがあります。そのとき、自分が何℃から寒い、暑いと感じるのかをチェック [続きを読む]
  • 車中泊する場所は、どうやって決めていますか? 【 道の駅の選び方 】
  • 前回は、車中泊ドライブの夜のお風呂をどうしますか?について書きました。今回は、車中泊する場所をどうやってボクが決めているのか?について書きます。1. 道の駅下道を走行しているときの、95%は道の駅で車中泊しています。そして、3つのポイントを考えながら車中泊する場所を決めています。・ より田舎にある道の駅が、静かで良い・ 規模のある街の縁辺部にある道の駅は、気をつけろ・ 有名な観光地を結ぶ道沿いにある [続きを読む]
  • 北海道 追分ソーランライン オープンカーで走りたいと感じる
  • 国道228号線、追分ソーランライン。松前町から上ノ国町の区間は、写真のような海岸線。緩やかな段丘上、快走路をはしっていく。ときおり架かる橋とそこから見える風景が気持ちよい。日方泊岬燈台   北海道檜山郡上ノ国町小砂子 ( 2018.4.29 )ここでぼくが思ったことは、オープンカーで走りたい。走りながら、直感的にそう感じた。北海道に上陸して、まだ一日目。しかも、午前中。困ったものです。けれど、ぼくが、いまより最 [続きを読む]
  • 雨の日の 旅ルート 計画の方法 ‼  釧路→藻琴峠→網走
  • 風雨の北太平洋シーサイドラインを走っていた、午前。降りつづける雨に、飽きてくる。少しでも晴れ間が見えるような瞬間でもあればいいのですが、そういう状況にはなりそうにない。釧路市で、今後のルートを模索する。こんなとき、ぼくがいつも利用するホームページを紹介します。それは、気象庁のホームページにある、レーダー・ナウキャストとアメダスです。まず、レーダーで雨雲の確認をし、このあとの雲のうごきを予測します。 [続きを読む]
  • 北海道 5月 雪解けの湿地にさく花 ミズバショウ
  • 以前、北海道の道の路肩に、フキノトウがひたすら続くというブログを書きました。そして、もう一つ、たくさん見られるものがあります。それは、写真下のミズバショウです。場所は、北海道道138号 豊富猿払線。宗谷丘陵より数十km南へ下ったところ。道路沿いからの風景は、このようなかんじ。谷のなかを走っていくような道では、必ずジメジメとした湿地帯があります。そういった場所に、このミズバショウが大量に咲いています。この [続きを読む]
  • 手の親指の 腱を 40% 切ってしまい 手術 ‼ 初めての手術で感じたこと
  • あ〜やっちまったぁ(^^;親指の内側をある道具をつかって切ってしまう。(道具の話はべつの機会に書きたいと思います。)そう思ったときには、血がダラダラ。すぐに確認したことは、親指が動くかどうか。手の皮は薄いので、神経や腱、骨への影響が気になる。とりあえず指は動くので、縫合だけしてもらえれば大丈夫かな。病院へ急ぐ。外来受診で、2時間ほど待つ。そして、診察。医師:「あ〜、これは激しく切っちゃいましたね〜。腱 [続きを読む]
  • 自分で 市販薬をつかい イボの 治療をやってみた
  • イボ。最初は、小さくそれほど気にならなかった。大きくなってくると、擦れたり、引っかかたりして、とても痛い(^^;ドライブが好きなぼくにとっては、これは大問題(^^;例えば、車に乗っているとき、窓をあけて、その上に腕をおく。また、写真のようなイメージで、腕をおく。痛いし、不快(^^;もう我慢できない?これをどうする?そして、考えたこと。イボコロリだ!!!!!!イボの目、タコの目、イボコロリ〜♪のCMでおなじみの [続きを読む]
  • 北海道 5月 農業風景 を見て 感じたこと
  • 北海道に訪れて気になったことの一つ。畑作が多いこと。北海道にくるまでに通った、新潟では、ちょうど水田に水をはり、稲を植えている。本州を縦断しているときは、ほんと水田が多かった。そのギャップもあり、北海道の農業ってすごいなって感じました。写真は、羊蹄山周辺。前日までは、北海道の西岸をひたすら北上していたため、内陸にはいり、大きな農地に目をうばわれるようになっていきます。この日は、気温が高く、札幌では [続きを読む]
  • 5月 道東で冬を感じる 雨の中の 北大平洋シーサイドライン
  • この日は、道の駅おだいとう(北海道野付郡別海町)で車中泊。日付がかわる前に、雨が降り出す。海側から吹き付ける風が強く、車が揺れる。気象庁のHPで明日の天気予報を調べる。明日の根室の最低気温は2度、一日雨予報。明日は、雪が見られるかなぁ〜と就寝。深夜、寒くて目が覚める。気温、何度なんだ?と深夜の気温を気象庁のHPで調べてみる。順調に気温が下がっている。改めて、ほんと冬だな(^^;翌朝、車の気温計は3度。も [続きを読む]
  • 5月 道東で冬を感じる 雨の中の 北大平洋シーサイドライン
  • この日は、道の駅おだいとう(北海道野付郡別海町)で車中泊。日付がかわる前に、雨が降り出す。海側から吹き付ける風が強く、車が揺れる。気象庁のHPで明日の天気予報を調べる。明日の根室の最低気温は2度、一日雨予報。明日は、雪が見られるかなぁ〜と就寝。深夜、寒くて目が覚める。気温、何度なんだ?と深夜の気温を気象庁のHPで調べてみる。順調に気温が下がっている。改めて、ほんと冬だな(^^;翌朝、車の気温計は3度。も [続きを読む]
  • 北海道の 帰り道に 感じたこと
  • 北海道GWドライブからの帰り道。前日の夜に、函館から青森へ。行きと同じ日本海ルートを走る。この日は、日本海東北道の西目PAで車中泊。翌朝、AM5:30出発。そして、すぐに鳥海山がよく見えていることに気づきます。行きは、空の霞がひどく、雪が積もっているところが見えているくらいでしたから。行きよりも帰りの状況のほうが良いので、ワクワクしてきます。また、この調子だと帰りの海沿いの道は、気持ちよく走れるかもし [続きを読む]
  • 北海道の 帰り道に 感じたこと
  • 北海道GWドライブからの帰り道。前日の夜に、函館から青森へ。行きと同じ日本海ルートを走る。この日は、日本海東北道の西目PAで車中泊。翌朝、AM5:30出発。そして、すぐに鳥海山がよく見えていることに気づきます。行きは、空の霞がひどく、雪が積もっているところが見えているくらいでしたから。行きよりも帰りの状況のほうが良いので、ワクワクしてきます。また、この調子だと帰りの海沿いの道は、気持ちよく走れるかもし [続きを読む]
  • 追分ソーランライン 雷電国道 海岸線を 450km走った 夕暮れ
  • 青函フェリーにて、早朝6時頃、函館に到着。この日は、函館から寄り道をしながら、北海道の西岸をひたすら北上。余市の道の駅まで走る。西岸を北上していく、松前国道、追分ソーランライン、雷電国道、本当に楽しい道路でした。崖の近くを走ったり、少し小高いところを走ったり、砂浜の横を走ってみたり、岩礁地帯を走ったり。トンネル入口の上の、崖の部分は、毎回驚かされましたね。本当に快走路だったし、初日からガンガン追い [続きを読む]
  • 追分ソーランライン 雷電国道 海岸線を 450km走った 夕暮れ
  • 青函フェリーにて、早朝6時頃、函館に到着。この日は、函館から寄り道をしながら、北海道の西岸をひたすら北上。余市の道の駅まで走る。西岸を北上していく、松前国道、追分ソーランライン、雷電国道、本当に楽しい道路でした。崖の近くを走ったり、少し小高いところを走ったり、砂浜の横を走ってみたり、岩礁地帯を走ったり。トンネル入口の上の、崖の部分は、毎回驚かされましたね。本当に快走路だったし、初日からガンガン追い [続きを読む]
  • 白い闇に覆われた 猿払村道浜猿払エサヌカ線 (北海道宗谷郡猿払村)
  • 起きて走りだしてから、ひたすら霧に覆われていたオホーツク沿岸。100?走っても、ひたすら霧に覆われている。いままで、こんなに長い距離・時間、霧の中を走ったことはなかったと思う。猿払村にあるエサヌカ線でもそれは同じ。ボクがここに訪れたのは、AM5:20頃。ここは、とくに霧が濃かった。その中を、ひたすら真っすぐ伸びる直線道路。車は前に進むけど、周りの景色に変化は少なく、よく味わったことのない感覚。そして、霧が [続きを読む]