kozy さん プロフィール

  •  
kozyさん: 京都四季折々−Kyoto Shiki Oriori−
ハンドル名kozy さん
ブログタイトル京都四季折々−Kyoto Shiki Oriori−
ブログURLhttp://tabiongakublog.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文京都の春夏秋冬・四季折々の風景や、おすすめ情報の他、おとなり滋賀の情報もたくさんお届け♪
自由文京都という土壌で培った“和”のテイストを織り込み、さまざまな旅風景をモチーフとしたヒーリング「旅音楽」を制作する遊道更二によるブログ。
地元・京都の四季折々の風景や、京都のおすすめスポットのほか、おとなりの滋賀県の情報もたくさんお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/11/20 22:15

kozy さんのブログ記事

  • 2017年植物園イルミネーションは・・・
  • 冬と言えばイルミネーション!京都では、京都駅のクリスマスツリーが11月18日、ロームのイルミネーションが11月24日に始まりましたが・・・京都府立植物園のイルミネーションも、2017年はいよいよ12月15日(金)から始まります!>> 京都府立植物園この記事を書いている12月11日現在、まだ始まっていませんので、写真は2015年と2016年のものになりますが・・・今年も、ポインセチア展開催中の観覧温室夜間開室や、くすのき並木の装飾もあ [続きを読む]
  • 名残りの紅葉 大徳寺から今宮神社へ
  • 12月に入ってほぼ一週間。京都の紅葉はほとんどの名所で見頃を終えてしまいました。しかし、まったくもうどこにも彩りはないかというとそうでもなく、今日(2017年12月6日)はまだわずかに残る紅葉を楽しむことはできました。こちらは今日(2017年12月6日)の大徳寺境内。陽のあたる向きや見る角度にもよるのですが、まだこんな彩りを楽しませてくれる場所も残っています。この写真は、境内の北西・龍翔寺のあたり。ここから高桐院 [続きを読む]
  • 暖かな陽射し おだやかな海
  • この写真、「冬の日本海」と聞いて、真っ先に思い浮かべるイメージとは程遠いのではないでしょうか。こちらは今日、2017年12月3日の宮津市・田井海水浴場付近のようす。陽射しは暖かく、海はとてもおだやかでした。透きとおる美しい水。今日の宮津市の最高気温は14.8度。最高気温だけを見ると平年との差は2度ほど。該当句で言えば「11月下旬なみ」だそうで、そんなずば抜けてすごい気温だったわけではないのですが・・・1日中、安定し [続きを読む]
  • 銀杏と紅葉−京都御苑の彩り2017−
  • 11月もあと1週間となり、2017年秋・京都の紅葉はクライマックス。有名寺社やそこへ向かうバスなんかはすさまじい大混雑になっています。この時期と桜の季節は地元民もけっこう通勤・通学や日常の移動で巻き込まれたりします。昨日は僕も、日常の移動で嵐山方面へ行くバスに乗ろうとしたら、もう乗れない状態でバスが到着し、積み残されてしまいました。それでも・・・有名寺社とは趣きは違いますが、比較的静かに秋の風情を楽しめる場 [続きを読む]
  • にごりワインのヒトミワイナリー
  • 紅葉シーズンがやってきました。京都・滋賀に数々の紅葉名所がありますが、永源寺もそんな中のひとつ。その永源寺へ行く道の途中、国道421号線沿いに、こんないい雰囲気のワイナリーがあります。ここは東近江市のヒトミワイナリー。>> ヒトミワイナリー http://www.nigoriwine.jp/上記、ウェブサイトのドメイン名にもなっている通り、こちらで作られているのは「にごりワイン」。すべて、食物繊維や酵母をそのまま残す、「にごりワ [続きを読む]
  • ヒラギノフォント由来の地
  • ヒラギノというと、特にふだんMacを使われている方にはおなじみのフォントかと思います。ほか、なじみ深いところでは高速道路の標識も、2010年から年々、ヒラギノへ置き換えられているとか・・・。ところでこの「ヒラギノ」の名前ですが、京都市北区の柊野(ひらぎの)に由来しています。でも、観光で京都に来られる人たちはあまり耳にしない地名ではないでしょうか。その柊野というのはどんなところかというと・・・こんなところです。 [続きを読む]
  • 曼殊院門跡−紅葉前の静寂−
  • 10月下旬の京都は、紅葉にはまだ早いです。もちろん、ほのかに色づいている葉もあるにはありますが、紅葉目当ての観光ができるような色づきではありません。が・・・その分、とても静かです。こちらは左京区一乗寺にある曼殊院門跡。JR東海の「そうだ、京都行こう」でも登場したことのある紅葉の有名スポットでおそらく11月に入ればすごい混雑することと思いますが、10月下旬、しかも平日ならばこの静けさ。>> 曼殊院門跡(公式) 交 [続きを読む]
  • 高野川に咲く彼岸花2017
  • ちょっと買い物で自転車に乗ってカナート洛北に向かっていたら、高野川の高野橋近辺(京都市左京区)の川岸にあざやかな赤が・・・彼岸も中日を過ぎ、彼岸花(曼珠沙華)が咲いていました。背景に写っている山は比叡山です。高野川は、出町柳でYの字型に賀茂川と合流して鴨川になる川です。Yの字の右側にあたるのが高野川です。去年もこの景色を見たなぁと思い、帰ってから自分で自分のブログを確かめたら、9月25日にこの景色を見て [続きを読む]
  • 清流の水中花−醒ヶ井の梅花藻−
  • かつて中山道の宿場・醒井宿として栄えた滋賀県米原市の醒ヶ井(さめがい)。大阪や京都方面から訪れる場合、新幹線の駅があるJR東海道本線「米原」駅からひと駅、乗車時間5分です。米原まではJR西日本の管内で、この駅からJR東海になります。そんな「醒ヶ井」駅からほんの数分歩くと、風情のあるまちなみを、環境省が選定した「平成の名水百選」にも選ばれている居醒の清水から湧き出る清流・地蔵川が流れています。ご覧の通り、 [続きを読む]
  • 夏の終わりの田園風景−伊香立−
  • 8月も下旬に入り、田んぼの稲は穂をつけてこうべを垂れ始めました。これらはおととい(2017年8月21日)、滋賀県大津市伊香立の田園風景。京都市左京区大原から途中トンネルを抜ければそこが伊香立で、美しい田園風景が広がっているエリアです。田植えの季節には下記リンクの記事のような風景が広がっています。>> 水を湛え空を映す−伊香立の棚田−  (2015年5月)こうべを垂れる穂の向こうに、夏の雲・・・。晩夏の風景です。空の色 [続きを読む]
  • 五山送り火2017
  • 今日(2017年8月16日)、京都は五山送り火でした。まずは午後8時、大文字(だいもんじ)に火が点ります。この山のふもとは銀閣寺。去年(2016年)はすさまじい雨で、大文字山はまったく見えなかったため(もちろんちゃんと点火されていたのですが、すごい霧というか雲というか、完全に大文字山が覆われてしまっていました)、「大」の字を見るのは2年ぶりです。ちなみに、一昨年(2015年)も僕が見ていた地点ではかすかに小雨が降 [続きを読む]
  • 守山のひまわり 咲き始めました
  • こちらの写真は、滋賀県守山市の第一なぎさ公園。守山第一なぎさ公園と言いますと、雪山を背景に咲く、早咲きの菜の花が有名な場所ですが(>>関連記事:「雪山を背にした黄色絨毯−守山なぎさ公園−」)、同じ場所が夏はひまわり畑になります。そのひまわり、2017年夏、咲き始めました!写真はすべて、2017年7月22日です。守山市観光物産協会のウェブサイトに開花情報が掲載されており、7月19日の速報では開花前となっていましたが [続きを読む]
  • 京都の夜空に咲く花火2017
  • 7月19日に近畿の梅雨明けが発表され、2017年・京都の夏到来!夏真っ盛りの京都市内で、昨日と今日(7月21日と22日)は、花火があがりました。「え?でも、京都市内に花火大会なんてないけど?」と思われた方、確かにその通りなんです。亀岡や南丹など、府内に花火大会はいくつもありますが、京都市内に花火大会はありません。「じゃあ何?」となるのですが・・・場所は左京区宝ヶ池の国立京都国際会館で、「乾杯の夕べ」というイベン [続きを読む]
  • 余呉湖の紫陽花と田園
  • 琵琶湖の北にある、周囲6キロちょっとの湖・余呉湖(よごこ)。冬にはワカサギ釣りで知られる湖です。琵琶湖から見ると、羽柴秀吉と柴田勝家が戦った「賤ヶ岳の戦い」の賤ヶ岳を挟んだ北側にあたります。その余呉湖の南西の湖畔にあじさい園があることを、つい最近知りました。もう7月に入って一週間経ちますが、ちょうど旬の季節と言えば季節。せっかく旬の季節にその存在を知ったので、ぎりぎりなんとか見られないかなぁと思い、 [続きを読む]
  • 2017年「乾杯の夕べ」は・・・
  • そろそろ書店で並ぶ情報誌では花火特集の文字が目につくようになってきましたね。夏好きとしましては、近づく夏の気配に心躍ります。さて、その花火。京都でも“府”内ではいくつか花火大会があります。2017年は、8月7日の亀岡平和祭保津川市民花火大会、8月14日に八木で開催される京都南丹市花火大会八木など・・・。でも、じつは京都“市”内ではいわゆる“花火大会”は存在しません。が・・・花火大会ではないのですが、おそらく京都 [続きを読む]
  • 京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり
  • 新緑の美しい季節。京都でも数々の新緑が美しい場所がありますが・・・ここは、京都で新緑を楽しむ穴場中の穴場と言っても過言ではないのではないでしょうか。黒い床板に緑が映る「床みどり」は、左京区岩倉の実相院(2014年5月「京の緑−薫風の実相院と高桐院−」)が有名ですが、この写真の「床みどり」は実相院ではありません。ここは京都御苑にある閑院宮(かんいんのみや)邸跡です。閑院宮邸跡は、京都御苑の長方形の左下に位置 [続きを読む]
  • 新緑2017 高桐院と上賀茂神社にて
  • 新緑って、なんだかいつも唐突な気がするんです。春がきて、桜に目を奪われ、散る花を惜しみ、あぁ桜が終わったなぁと思うころ、「あれ、いつの間に?」ってくらいに青々とほかの木々が生い茂っていて、季節の進みに驚かされます。道を歩いていてもあまりにあざやかなので、今日は、より一層緑があざやかそうなところを散歩してみました。こちら、ゴールデンウィーク真っ只中、今日(2017年5月2日)の高桐院です。大徳寺の塔頭のひ [続きを読む]
  • 信楽への道で 八幡神社御旅所の桜
  • 信楽焼で知られる滋賀県甲賀市の信楽。今日はその信楽をめざして京都からクルマを走らせました。新名神高速道路ができてからは、いっきに京都東インターから信楽インターへと走るようになりましたが、久しぶりに、瀬田西インターチェンジで名神を降りて、滋賀県道16号大津信楽線を通って信楽をめざすことにしました。理由は、この八幡神社御旅所の桜を見るため。ネットで調べてもほとんど情報が出てきませんので、別に名所になって [続きを読む]
  • 嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
  • 嵐電、北野線、桜・・・というと、京都の桜スポットに詳しい方ならすぐに、“桜のトンネル”を思い出されることでしょう。京福電鉄・嵐電 は「四条大宮」駅から「嵐山」駅を結ぶ本線のほか、「帷子ノ辻」駅から北野天満宮の近くの「北野白梅町」を結ぶ単線の路線があります。それが北野線なんですが、その北野線「鳴滝」駅〜「宇多野」駅(2007年まで「高雄口」駅)の間は、線路の両脇が桜並木になっており、トンネルさながらの風景か [続きを読む]
  • 賀茂川・北大路橋 満開の桜2017
  • 今年はいつもより少し遅めの開花だった京都の桜(2017年4月2日「2017年はこれから!咲き始めた京の桜」)。一週間ほど過ぎ、そろそろ満開、いよいよ見ごろ・・・という頃になって、なんとも無情の雨続きでした。それがようやく、今日(4月13日)晴れ!この通り、賀茂街道沿い・北大路橋〜北山大橋間の西岸は見事に満開です!もう少し詳しく言いますと、地下鉄「北大路」駅1番出入口(今宮通り側)付近から1分ほど東に歩いたあたり [続きを読む]
  • 2017年はこれから!咲き始めた京の桜
  • ここ数年は、だいたい3月最終週あたりには見ごろを迎えていた京都御苑・近衛邸跡付近の桜(2016年3月26日「京都の桜2016 【1】京都御苑 」)。なので、今年(2017年)もそろそろかなぁと思い先週行ってみたら、まだまったく咲いていませんでした。それから一週間。ふたたび今日(2017年4月2日)行ってみたら・・・咲き始めていました!自分で見た感じ、ここ数年この近衛邸付近はだいたいソメイヨシノの開花宣言あたりが見ごろの合図か [続きを読む]
  • 比叡より出づる乙女座満月
  • 今日はクルマで外出をしていまして18時過ぎに帰宅したのですが、帰宅する直前、クルマの進行方向がたまたま西を向いた瞬間、思わず「アッ!」と声を出しました。2017年3月12日、今夜は満月。その満月がちょうど昇ってくるところでした。気づいたのが家に着く直前だったので、家に着くやいなや、カメラを持って屋上へ・・・。しばらく月を眺めていました。シルエットのように写っている稜線は比叡山です。これを、日の暮れたこの時間に [続きを読む]
  • 2017年 京の桜はいつ咲くか
  • ちらほらと雪の舞う今日(2017年2月7日)の京都。寒い日が続いていますが、暦の上では立春も過ぎ、今年の桜の開花がいつごろなのかも気になるところ・・・。正直、窓の外を見ていると桜が咲く景色なんてまったく想像もつかないくらいなのですが、開花予想はすでに発表され始めています。2月2日発表のウェザーマップ の予想によると京都は・・・開花予想日 : 3月29日満開予想日 : 4月 6日と、なっています。これは平年並みからやや [続きを読む]
  • 平日の京都鉄道博物館でのんびり
  • 大阪弁天町にあった交通科学博物館に展示されていた収蔵物の一部を収蔵し、2015年8月に閉館した梅小路蒸気機関車館を拡張リニューアルして2016年4月にオープンした京都鉄道博物館。昨夏に初めて行ったのですが(「京都鉄道博物館のテラスから」)、会期終了間際の企画展「THE SLEEPER TRAIN〜寝台列車の軌跡〜」(2016年10月8日〜2017年1月31日)が見たくて、今日(2017年1月26日)、約半年ぶりに京都鉄道博物館を再訪しました。>> [続きを読む]
  • 大雪過ぎて−雪景色の京都−
  • 京都では2017年1月14日夜から大雪警報が発令され、15日は一日中激しい雪。一夜明けた今日(2017年1月16日)は晴れ間も出て、雪を覆った比叡山が姿をあらわしました。新聞等で「数年に一度の大雪」なんて表現も目にしましたが、確かに昨冬はここまでの大雪は一度もなく、前回の京都での大雪は2015年の元日から3日にかけて。このときは20センチを超える積雪という、京都では61年ぶりとなるくらいの大雪でした。そのときの様子はこち [続きを読む]