雲上(くもがみ) さん プロフィール

  •  
雲上(くもがみ)さん: 雲の上には宇宙(そら)
ハンドル名雲上(くもがみ) さん
ブログタイトル雲の上には宇宙(そら)
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kumonoueniwa
サイト紹介文なかなか晴れない雪国で天体写真撮影に再チャレンジしています。
自由文雪国新潟で30年ぶりに天体写真に挑んでいます。撮った星雲・銀河の写真展示や、撮影のための手作りグッズの紹介などを行っています。自分で作成した天体導入用ガイド星図なども掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/11/22 16:28

雲上(くもがみ) さんのブログ記事

  • マイナーな銀河たち(NGC3571付近 りょうけん座)
  • 無駄な出費はあったのですが ステラショット を使って室内のディスクトップから遠隔操作で撮影する準備が整いました。あとはこの新月期に晴れてくれるだけだったのですが・・それがなかなか。しびれを切らして昨夜、23時まで雲量100%、0時には0%というGPV予報を信じて設営しました。結果的には予報は当たったのですが2時ころから薄雲が出るという予報まで当たって。結局 透明度2(5段階評価)という今回もパッとし [続きを読む]
  • 「天体アルバム2018」 1・2・3月撮影分
  • この新月期 手ぐすねひいて待っているのですが ・・、晴れません。なんとか上弦の月となる23日頃までに撮影できるといいのですが。そんな訳でお見せするものが無いので今年に入って1月〜3月に撮影したものの中からなんとか画になりそうなものを 「天体アルバム2018」 としてピックアップしてみました。アルバム化にあたり画像処理をやり直しています。特に3月以降の系外銀河の撮影についてはVC200L用に 新レデュ [続きを読む]
  • 室内から回転花火銀河を撮影 ( しかし そう甘くはなかった!)
  • ステラショットを早々に購入し 室内から撮影する段取りができました。ところが新月期になっても雲がまとわりつく夜が続き、しびれを切らせて 昨夜はGPV予報が良い方に外れる事を期待して遅くなってから設営。しばらく待ったのですが、風がやまないだけでなく 小雨まで降ってきて一時撤収。遅い入浴で時間をつぶし再度設営したのは日が替わってからでした。すべてのケーブルをUSBハブで集約し、窓から入れて趣味部屋のPCに [続きを読む]
  • ステラショット早くもポチッたのには理由(わけ)がある。
  • 先日ステラショット(体験版)を検証してみたところ 予想以上の好結果だったのですが、オートガイド精度、「導入補正」機能など もう少し時間をかけて検証する予定でした。このため今月の新月期は検証もかねて体験版での作品作りを目指すつもりだったのですが・・右側の 「USNO-A2.0星表」 はステラナビ 用についでに購入したもの早くもポチッてしまいました。その理由ですが前回の検証の結果、あることに気づきました。ス [続きを読む]
  • ステラショット 調子にのってモザイク体験
  • 前回記事 「ステラショット 月夜にかけこみ体験(その1)」 の続きになります。25日夜 ステラショット(体験版) の検証は予想以上に順調に進み、基本的な撮影操作は問題なくクリア。上弦の月が沈んでいれば本チャンの撮影に入る予定だったのですが、順調に行き過ぎて月が沈むまでまだ1時間半と空が明るい。そこで予定には無かった モザイク撮影 の検証もやることにしました。一応マニュアルは読んでいたのですが、やってみな [続きを読む]
  • ステラショット 月夜にかけこみ体験(その1)
  • 先日 上弦の月が煌々と輝く中、ステラショット(体験版)の検証をおこないました。アストロアーツ社のステラショットは天体写真撮影に必要な機能をすべて盛り込んだソフトで、たとえば私の場合(1) 撮影対象の自動導入 ・・・ ステラナビゲーター10(アストロアーツ)(2) オートガイド ・・・ PHD−2 Guiding (フリーソフト)      ・・(3) 撮影 ・・・ EOS Utility (カメラ購入時添付)   [続きを読む]
  • PHD2 マニュアルディザリングでM51子持ち銀河を撮る
  • 14日早朝に撮った画像がまだ残っていました。PHD2 Guiding のマニュアルディザリングで撮ったおなじみの 子持ち銀河M51 です。子持ち銀河 M51  (りょうけん座)(  画像 で 元画像の30%まで拡大表示できます  ほぼノートリミング )( 上 が 北 になります )撮影DATA : 2018/ 3/14 02:40’〜  Vixen VC200L+ レデューサーHD (合成f=1,380mm F7.9  [続きを読む]
  • 今回も時間稼ぎの上弦の月
  • まだ13日夜に撮った系外銀河の画像も残っているのですが、 25日夜 ステラショット(体験版) の検証前に撮った 上弦の月 を先にお見せします。この夜は2時ころにならないと明るい月が沈んでくれないので、検証までの時間稼ぎに撮ったものです。上弦の月 (月齢 7.9) 画像 個所に応じて、モザイク結合前の画像(35%縮小)を拡大表示します 今回も月の天体写真での慣例に従って 上が南になっています撮影DAT [続きを読む]
  • さらに窮屈になった しし座銀河トリオ
  • 13日夜、2タイトル目に撮ったのは しし座の銀河トリオ。3つの銀河を収めるため 縦構図で撮っています。しし座 銀河トリオ  (  画像 で 元画像の30%まで拡大表示できます  ほぼノートリミング )( 右 が 北 になります )撮影DATA : 2018/ 3/13 23:49’〜  Vixen VC200L+ レデューサーHD (合成f=1,380mm F7.9 )露出 20分 × 5枚 + 5分 × 4枚 I [続きを読む]
  • 初ショットNGC2146銀河 と 増光した超新星(きりん座)
  • やっと冬ごもりから抜け、10日・12日と星が顔を見せてくれました。ただ久々に撮影はできたものの 空の状態が悪くいずれも途中で撤収。ラッキーにも 3度目の正直で翌13日は朝まで徹夜で撮影することができました。透明度も前日よりは良さそうだったので早い時間帯から撮影することに。主だった撮影対象は早い時間から西に傾いてしまって・・(21時50分頃の西空)夕食後まだ灯火で明るい午後9時前から撮影開始したのです [続きを読む]
  • 北斗七星見えずとも 撮り続けた銀河コンビ(おおぐま座)
  • 12日夜、かに星雲の後に撮ったのは南中からまもないおおぐま座のM81とM82の銀河コンビでした。この夜は予報通り 時間とともに透明度が悪くなり、撮影開始時には透明度2以下(5段階評価)。( 画像 で星座線入りで表示します )20分露光の1枚目を撮ったころで 北斗七星がかろうじて見えるような空でした (5枚コンポジット)20分露光7枚目を撮影するころには、肉眼(老眼)では北斗七星も見えなくなっ [続きを読む]
  • PHD2で マニュアル ディザリング する
  • 2年前に いっささん から 「 PHD2 Guiding でもディザリングができそうだ 」とのコメントをいただいていたのですが、これまで試してきませんでした。レデューサーとフィルターを更改したこの機会に更なる画像ノイズ低減に役立つのなら という事で検証してみました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・PHD2で マニュアル ディザリング ・・・・・ [続きを読む]
  • 新レデューサー・新光害カットフイルター で撮った かに星雲
  • 1月・2月は月に一夜しか撮れなかったのに、3月に入って4日間で3夜撮影できました。今回は前回記事から一日おいた12日に撮影したおうし座の かに星雲 です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なお3夜の撮影を通じて PHD2でのディザリング についても検証しています。こちらについては後日 数回に分けて記事掲載の [続きを読む]
  • 奇妙な形の銀河 NGC3718(おおぐま座)
  • ここにきてやっと星が見れるようになりました。ただ春霞なのかモヤなのか透明度はさえません。10日夜、きりん座のNGC2403の後に撮ったおおぐま座の変わった形の銀河です。NGC 3718 付近  (おおぐま座)(  画像 で 元画像の25%まで拡大表示できます  ノートリミング )( 上 が 北 になります )撮影DATA : 2018/ 3/11am 0:13’〜  Vixen VC200L+ レデューサー [続きを読む]
  • まだ早すぎたのか?LPS-D2フィルター(きりん座 NGC2403で検証)
  • VC200L用に新レデューサーHD、ついでにLED光害対策にLPS−D2をポチッたものの検証なんていつになったら・・・と思っていたら、昨夜久しぶりに星が顔を出しました。裏口スロープの雪は無くなったのですが 周りはまだ雪だらけ22時ころから雲が切れるという予報は当たったのですが、朝まで晴れるはずが2時過ぎには雲が出て撤収となりました。それでも2タイトル撮影する中で新しい光害カットフィルターLPS−D [続きを読む]
  • 出番を待つVC200L(新)レデューサーHD
  • もう10日もブログ更新をしていませんでした。満月期だったからというよりも、月も見えないような天気が続いているから。今日も雨模様で雪解けだけは進みそうです。いつもの年なら そろそろふきのとうが顔を出すいつもの場所に行ってみたのですが道路脇はまだ雪の山で近づけませんでした。そんな訳で記事ネタも無いので今年に入ってポチッたVixenの新型レデューサーHDについて。右側が新型レデューサーHD、左はこれまで [続きを読む]
  • 今年やっと2夜目は太い月(月齢10.5)
  • ここに来て青空も見れるようになりましたが、夜になると雲が出るというパターンの繰り返し。昨日も昼間は晴れたものの 夕方から雲が出る予報でした。ただ薄雲があっても明るい月なら撮れるかもと、久しぶりに設営しました。設営場所の裏口は午後から除雪しておきました夕方6時ころから雲が出始める予報だったのですが予報が外れ自宅屋根から顔を出した明るい月を撮ることができました。月齢 10.5 ( 画像 で元画像の3 [続きを読む]
  • 星雲・星団 5000光年
  • ステラナビを見ると、上弦の月は3日後なのでまだ新月期のようですが、ここにきてまた雪が積もって 朝食後 除雪車が置いていった車庫前の雪で一汗流しました。今年に入ってまだ一夜しか晴れていないので新しい画像は無し。もう雪の記事も書く気にならないので、前回記事つながりで、今度はわが天の川銀河内の星雲・星団の大きさを比較することに。前回の系外銀河同様 これまでに撮影した画像から撮影機材の焦点距離(拡大率)と星 [続きを読む]
  • 5,000万光年の銀河たち
  • 今年に入ってまともに撮影できたのは1月14日の一夜だけ。もう2月の新月期に入ってますが、今月の撮影は雪も多く期待できないでしょう。撮れないからブログお休み というのもモチベーション維持によくないのでこれまでに撮った北天のメジャーな系外銀河を選んで、見かけの大きさ と ほんとの大きさ の比較をやってみました。まずは見かけの大きさ画像はVC200L鏡筒+レデューサ(合成焦点距離1,278mm)で撮った銀河 [続きを読む]
  • 春まだ遠い「星のふるさと館」
  • 本日は下弦の月のようですが、月も星も見えず連日 雪運びの繰り返しです。そんな中、今年も 『上越清里 星のふるさと館』 スタッフの秋山さんからメールと写真をいただきました。『 星のふるさと館 』 は12月始めから3月一杯休館なのですが、2月に一度設備点検のため雪に囲まれた館内に入ります。今年は昨日(2月7日)に標高482mにある 『 星のふるさと館 』 まで登ってこられたそうです。その時の写真をいただきました [続きを読む]
  • 冬眠中に 孫が8泊9日の雪国体験にやって来た
  • 星の方は期待するだけ無駄 の冬眠状態が続いています。14日に孫のあみちゃんが帰って行ったばかりだったのですが、その一週間後の21日に急きょ 孫のいっちー君(4歳)が昨年末に続き2度目の帰省。今回も一人で泊まれるとの事でじぃじが東京までお迎えに。本人申告では今回は一人で7つ泊まれるとのこと。(前回暮れは3泊)当初はホームシックになった時点で帰ればいいと思っていたのですが、いっちー君のパパと 妹のいとち [続きを読む]
  • たぶん初めてのモンキー星雲
  • 今年の初撮りは14日夜、2タイトル目に撮ったのはモンキー星雲でした。夜半過ぎには曇る予報で、透明度の低さは相変わらずでしたモンキー星雲はふたご座の星雲かと思っていたらオリオン座の領域でした。NGC 2174 モンキー星雲  ( オリオン座 )(  画像 で 元画像の25%まで拡大表示できます  )( 上が北 )撮影DATA : 2018/ 1/14 22:46’〜  Vixen R200SS+コレクターPH [続きを読む]
  • 雪だるまも作れないとなげいていたら・・
  • 孫娘が里帰りしてから雪は積もらず、もっぱら雨やみぞれで外に出れません。それでも階段を上ったりと元気に遊んでおります。まだ暗いうちに除雪車の音を聞いていた11日の朝起きて見ると内心 大雪で無いといいなぁと思っていたのですが、丁度いい塩梅。たぶん生まれて初めての雪の感触。↓ここはやっぱり雪だるまでしょう、ということで。↓年末始に仕事が忙しくてこれなかったパパに送る写真も撮りました。↑この日は大寒波襲来 [続きを読む]