雲上(くもがみ) さん プロフィール

  •  
雲上(くもがみ)さん: 雲の上には宇宙(そら)
ハンドル名雲上(くもがみ) さん
ブログタイトル雲の上には宇宙(そら)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kumonoueniwa
サイト紹介文なかなか晴れない雪国で天体写真撮影に再チャレンジしています。
自由文雪国新潟で30年ぶりに天体写真に挑んでいます。撮った星雲・銀河の写真展示や、撮影のための手作りグッズの紹介などを行っています。自分で作成した天体導入用ガイド星図なども掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/11/22 16:28

雲上(くもがみ) さんのブログ記事

  • なんじゃぁ この馬頭(星雲)は!!
  • ガッカリ画像で思わず ”罵倒” してしまいました。( おやじギャグです )もともとが雲につきまとわれる予報の先月25日夜、2タイトル目に撮ったのはオリオン座の馬頭星雲でした。撮りはじめは良かったのですが、徐々に薄雲が濃くなりました。馬頭星雲 ( オリオン座 )(  画像 で 元画像の25%まで拡大表示できます  )( 右 が 北 になります )撮影DATA : 2017/11/26am 01:15’〜 [続きを読む]
  • やはり ただものではなかった NGC660銀河(うお座)
  • 今年はこれで撮り納めかと思った先月21日夜から4日後(25日)の夜、GPV予報では雲の波状攻撃のあと、2時頃から雲が切れるとの事。とりあえず夕方に月でも撮ろうと設営しましたが薄雲で断念。月が沈む22時頃になって雲が一部切れてきたので撮影を強行しました。この時間帯には南中過ぎのメジャーな対象が無く、迷った末にうお座の気になる銀河をダメ元で撮りました。( 注.自宅の屋根がじゃまして南中前の対象は撮れま [続きを読む]
  • 天空のバラをズームアップ(移動性高気圧に感謝 その4)
  • 先月21日の夜、移動性高気圧の通過によってもたらされた初冬の雪国の星空。一晩中晴れてくれたので4タイトル目は薄明が始まるまで撮影できました。最後に撮ったのは肉眼では見えないのですが、見かけも大きく写真写りの良い いっかくじゅう座 ばら星雲です。(注).通常のカメラでは肉眼で見えない波長の光は内部のフィルターでカットされるのでくっきり写すにはフィルターの改造が必要です。1枚目の撮影を開始した頃の おり [続きを読む]
  • レデューサーなしで撮りたかった「かに星雲」
  • 21日夜(正確には22日早朝) 3タイトル目に撮ったのはおうし座の超新星残骸 かに星雲 です。M1(NGC 1592) かに星雲  (おうし座)(  画像 で 元画像の25%まで拡大表示できます  )( 上 が 北 になります )撮影DATA : 2017/11/22am 1:22’〜  Vixen VC200L+ レデューサー(合成f=1,278mm F6.4 )露出 20分 × 2枚 + 5分 × 4枚 ISO 32 [続きを読む]
  • 上弦の月をまじめに撮ってやろうと・・(その2夜)
  • 27日夜は移動性高気圧の通過で一晩中晴れる予報だったのですが上弦の月がおじゃま虫で真夜中まで沈みません。そこでたまには まじめに月を撮ろうと・・ ( 前回記事 を参照 願います )結局ひどいシィーング(大気のゆれによる見え具合)で半日もかけて準備した動画モザイク撮影を断念しました。準備していた動画モザイクのマッピングは無駄になったのですが、その翌日も月が見れるという予報で 再チャレンジしました。月齢  [続きを読む]
  • 今回は上弦の月をまじめに撮ってやろうと・・
  • 移動性高気圧が通過した21日夜に撮った画像ストックもまだあるのですが、今回は一昨日(27日)夜の上弦の月の撮影の話を。わたしにとって「月」は貴重な星空を台無しにする邪魔者で、月が太くなって真夜中まで沈まないとなると、「時間つぶしに撮ってやろうか」 となるわけです。( 随分 上から目線ですけど・・ )そんな片手間撮影なのですが、27日夜は再び移動性高気圧の通過で一晩中晴れる予報だったため0時過ぎまで [続きを読む]
  • NGC 891(アンドロメダ座のもう一つの気になる銀河)
  • 記事タイトルにはありませんが、( 移動性高気圧に感謝 その2 )になります。21日夜、初冬の雪国に訪れた移動性高気圧による奇跡の星空2タイトル目はアンドロメダ座のNGC 891になります。NGC 891  (アンドロメダ座)(  画像 で 元画像の25%まで拡大表示できます  )( 上 が 北 になります )撮影DATA : 2017/11/21 22:36’〜  Vixen VC200L+レデューサー(合 [続きを読む]
  • ケフェウス座 魔法使い星雲(移動性高気圧に感謝 その1)
  • この時期はもうこれに頼るしかない! それは雪雲を蹴散らしてくれる” 移動性高気圧 ”。21日夜、あきらめていた新月期に訪れた奇跡の一夜。(大げさじゃないんですよぉ )今回はその1タイトル目、ケフェウス座の散開星団NGC7380を包む散光星雲 Wizard Nebula です。訳すと 主に"男"の魔法使い になるそうですが、くどいのでここはスッキリと魔法使い星雲 (NGC 7380)  (ケフェウス座)(  画像ク [続きを読む]
  • コーン星雲って、こんなに淡かったっけ?
  • 久しぶりの撮影となった12日の夜(正確には13日早朝)最後に撮ったのはいっかくじゅう座の コーン星雲とX,masツリー星団 でした。コーン星雲 & クリスマスツリー星団  (いっかくじゅう座)(  画像 で 元画像の25%まで拡大表示できます  )( 上 が 北 の方角になります) 撮影DATA : 2017/11/13am 03:47’〜  Vixen R200SS+コレクターPH(合成f=760mm F3 [続きを読む]
  • オリオン大星雲(3年前の画像が助っ人に加わる)
  • 13日夜、約一ヶ月半ぶりの星空に何を撮るか悩みました。11月になると雪国につきこの先の天候は期待できません。ならば撮れるときに撮っておこうと この夜のメインタイトルに選んだのはおなじみの オリオン大星雲 でした。2枚目を撮影している頃の おりおんショットです。( 画像 で星座名入りで表示します )いつもは多段階露光で撮るのですが、今回は夜半過ぎからの撮影で3タイトルと欲張ったため2段階露光しかで [続きを読む]
  • グレースケールの銀河たち
  • 今夜は下弦の月で 私にとっては新月期の始まりなのですが、この先も含め期待できず。先月末に撮った「月」を除けば1ヶ月半撮影できていません。そんな訳で今回は『星ナビ11月号』の記事「世界の星絶景4 グレースケールの星」からタイトルを一部拝借いたしました。要はモノクロの天体写真なのですが、画像処理をやっていると背景の色が偏ったり、淡い星雲や銀河の色が微妙に変わり、本当の色はどうなんだ?なんて悩むことも。 [続きを読む]
  • 防犯灯もLED化(自宅撮りの光害対策)
  • リフォームが終わって家に戻ってから3ケ月が経ったのですが自宅撮りの最大の障害である敷地内南側の防犯灯が いつの間にかLEDに変わっていました。(9月の撮影時には気が付かなかったので10月に取り換えたと思われます)以前の蛍光灯より小型化したのはいいのですが、位置が高くなっていました。これでは『防犯灯隠し竿』の取り付けに支障が出ます。そこで引っかけ用金具の位置をずらしました。↓紐を縛り直すだけなので修 [続きを読む]
  • もう7回目になりますか・・「星のふるさと館 文化祭」
  • 連休初日の3日から20日まで 上越清里 星のふるさと館で「第7回 星の文化祭」が行われています。私は退職を翌年に控えた第1回から展示参加させていただいています。あれからもう6年も経つのですね。(しみじみ)毎年早めに見学に行くのですが、今年は連休中日の4日に出かけてきました。前日は秋晴れだったのですが、この日はかなり強い雨が降っていました。実は予報では連休でこの日だけ雨と知っていたのですが、事前に天体 [続きを読む]
  • 月は 透明度より シィーングと描画画素数
  • 期待の10月は全く星が見れなかったったのですが、31日にかろうじて晴れてくれました。しかしながら空には丸みをおびた月齢11の月が。この月が2時半頃まで沈まないため月の撮影だけで設営しました。この夜の月は透明度が悪いのか、やや黄色みがかっていたのですがPC画面で確認したら意外に大気のゆらぎがゆるやかだったため、拡大して動画撮影を行いました。カメラは普段ガイド用に使っているもので、VC200Lにcan [続きを読む]
  • 「天体アルバム2017」 7・8・9月撮影分
  • いつもの夏も雲が多めであまり撮れないのですが今年は特にひどかった。7月・8月は全く撮れずに、恒例の四半期ごとのアルバムも実質9月分のみになりました。アルバム化にあたり画像処理をやり直しています。7 月仮住まい中のアパートから 晴れれば自宅へミニ遠征の意気込みでしたが その機会はありませんでした。8 月3日にはリフォーム後の家に戻れたのですが、全国的に天候不順で一夜も撮れず。( 去年は8月に7夜も撮影 [続きを読む]
  • ここまで星が見れないんなら、こっちにも考えが 。
  • 昨日も今日も昼間は秋晴れなのに、夜になると決まって雲が出ます。(他の方のブログを見ると 連日星が見えているところもあるようですが)昨夜もうまくすれば月ぐらい撮れるだろうと、設営したのですが・・暗くなり始めた頃には予報より早く雲が出てしまいました。雲が薄くなっても こんな時の月面はユラユラでまずひどいもの。どうせ雲予報で期待できない事がわかっているので いさぎよく撤収しました。結局10月の新月期もまっ [続きを読む]
  • 写真というより襖(ふすま)絵、マット紙初プリント。
  • 上越清里 星のふるさと館 の「星の文化祭」展示作品の応募締め切りまであとわずか。風邪のほうもだいぶおさまってきましたのでプリントしてみました。まずは写り込みを防ぐため今年初めて使ってみる”マット紙”でのプリント結果。右側がマット紙でのプリントになります実際に使用したプリント用紙です ↓いずれも額縁に付属のクリアパネルは取り外してあるのですが、写り込みの差は歴然。というよりも、マット紙は”写真”とい [続きを読む]
  • 喜んでもらえる展示会写真って、どんなの?
  • 新月期最中なのですが・・そんなの関係ない! という天気が続いております。当方1週間ほどブログ更新をさぼっておりましたが、これでも結構忙しかったのです。先週金曜日には まもなく一歳を迎える孫娘の運動会(?)で千葉まで。翌日には親戚の法事に参加するため越後に戻りました。そして日曜日には今度は孫娘の方からやって来てくれました。やっとつかまり立ちができ始めたころで、おしゃべりは上手ですが意味不明(笑)。で [続きを読む]
  • もっとも見えにくいメシエ天体 M74銀河(うお座)
  • 先月28日夜、上弦の月も沈み 灯火の灯りも気にならなくなった頃。次に何を撮るか迷った末に、「メシエ天体の中でもっとも見えにくい」 と言われるM74銀河を撮る事に。かなり昔に挑戦してその手ごわさを知っているのですが、今回はたっぷり露光で挑戦してみました。M74 (NGC628)  (うお座)(  画像 で 元画像の30%まで拡大表示できます  )( 北 は 右 の方向 )撮影DATA : 2017/9/2 [続きを読む]
  • R200SS 鏡洗浄から光軸調整、星像検証まで半日仕事(2/2)
  • この記事はR200SS 鏡洗浄から光軸調整、星像検証まで半日仕事(1/2)の続きになります。Ⅱ.光軸調整R200SSの光軸調整についてはこれまでにもブログ記事を書いています。〇 考えが足りなかった光軸調整(R200SSとオフセット) 2015.11. 2〇 わたしはこれで光軸調整を極めた(・・と思う)[R200SS編] 2016. 4.12今回は重複しないよう 変更点を中心に記載します。鏡の洗浄作業を終え、自然乾燥に入ったのが30日の午 [続きを読む]
  • R200SS 鏡洗浄から光軸調整、星像検証まで半日仕事(1/2)
  • 先月24日・25日と二晩連続でR200SS(コレクターPH)で撮影を行いました。「たっぷり露光」でもオートガイドによる星像の流れは十分許容範囲だったのですが、まだあの問題が残っている事がわかりました。2夜目のハート星雲撮影前に撮ったピント確認用画像です。 ↓( 画像 で反転画像で表示します )( 上が北の方向 )中央の星でピント合わせをしているのですが、左側で星像が横に長くなっています。この現象は [続きを読む]