Doiken さん プロフィール

  •  
Doikenさん: 育児弁護士の中学受験研究日記
ハンドル名Doiken さん
ブログタイトル育児弁護士の中学受験研究日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kenzou5900/
サイト紹介文大阪星光学院中学高校卒業
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/11/24 14:27

Doiken さんのブログ記事

  • 国公立医学部に20名以上合格する進学校(東京)
  • 開成麻布筑駒海城日比谷学芸大附属駒東筑波大付属巣鴨以上9校である。東京以外の都道府県では旧七帝大と医学部実績で序列されているが、東京地区だけはやや多様性がみられる。このリストでは巣鴨が注目される。巣鴨は近時序列を下げていると言われているが、現在でも医学部進学については新御三家として十分通用している。ちなみに30年前には模範的な問題を出す学校として注目されていた。三多摩地区で見ると国立高校の9名が最 [続きを読む]
  • 首都圏最貧地域ランキング(週刊ダイヤモンド4月7日号)
  • 長房団地が首都圏第3位である。都心から半径60キロ圏内で1キロメートル四方のエリアで区切ると、年収200万円未満の世帯の比率が3割以上のエリアが八王子市内に14か所、25%以上だと40か所存在する。JR八王子駅の北口と南口を比較すると、2000年頃の平均世帯年収は北口は500万円台、南口は400万円台であったが、2010年には北口南口変わらず400万円台になる。「東京では富裕層の子が私立中に進学す [続きを読む]
  • 全国中高一貫校最新序列マップ
  • 東京地区御三家、開成、麻布、武蔵の地位は揺るぎない。新御三家のうち、駒東、海城も変わらず、巣鴨は硬派が受けず大きく序列を下げる。2番手以下では、共学校、早慶の付属校、公立中高一貫校の台頭により近隣の私立トップ校が喰われている例が散見される。八王子周辺では穎明館が南多摩に食われて偏差値を11落とす。明大八王子は私学無償化の影響で4倍から7倍に難化し、担当者が「こんな倍率見たことがない」とコメント。偏 [続きを読む]
  • エコノミスト2018年31号
  • リベラリズム特集(全6回)第1回 ミル第2回 トクヴィル第3回 ケインズ第4回 シュンペーター ポッパー ハイエック第5回 バーリン ロールズ ノージック第6回 ルソー マルクス ニーチェ現在多くの人はもはや親世代より豊かになれないと思っている。普遍的な価値観は衰退している。リベラリズムは中国式の国家資本主義から強力な挑戦を受けている。しかしリベラリズムは世界をよくすることができる。福祉国家はリベラ [続きを読む]
  • 多摩の戦争遺跡
  • 1 大和田橋歩道の焼夷弾落下跡空襲で壊滅状態になったことは、今のエルシーがあった建物の屋上から360度撮影されたフィルムで確認できる。エルシーから浅川まで全く視界を遮るものがない。大和田橋の付近で多数の死傷者を出したことは、橋のたもとに借家を構えていた方の証言がある。橋の下の川に潜って生き延びたと。2 浅川地下壕総延長10キロで国内最大クラス。飛行機エンジンを作った。朝鮮半島出身者が従事した。 [続きを読む]
  • 英語教育の危機
  • 言語学習が学校教育で完結するものではなく生涯かけて学び続けるものならば、学習者の自律性が問われることになり、自律した学習者を育てることが教師の役割となる。教師にとっては、学習者の内部で湧き上がっている内的動機は長く続き効果に結びつくことから、学習者の内的動機が生まれるような知的で刺激的な指導をする工夫が必要になる。 [続きを読む]
  • 平成の30年 改革の光と影②
  • 1984年に設置された臨時教育審議会が掲げた理念「生涯学習体系への移行」は、もっとも分かりにくく関心を呼ばなかったもので、いまだもってその重要性は理解されていない。その意味するところは過度に学校に依存した教育システムを脱却し一生のうちで好きなときに好きなところで好きなことを学べる社会にしようというもの。2017年に改訂された学習指導要領にある主体的対話的で深い学びは臨教審が目指したものと通じる。 [続きを読む]
  • 灘中学平成28年2日目問題二第七問
  • 母の気持ちを説明すると「理性的に判断しようとしているのではないか」と自分の言葉で説明できなくても選択肢から選べるはずだと考えられた問題理性という言葉がここでぴったりだと勘が働くかどうか。そもそも日常的に、「ああいういい方は理性的だ。」と言ったりする環境に小6がいるのかどうか。。なお、この理性的というのは、「情緒的な話し方」(開成平成30年問題参照)と対をなすようにも思えるので、このあたりの問題意識 [続きを読む]
  • 開成中学平成30年国語問題二
  • 「たしかに」「しかし」の問題が出た。センター試験より複雑な、「たしかに」「しかし」「一方」「したがって」という形式になっている。「なお」がついたら司法試験の論文問題でもほぼ対応可能なロジックが揃うことになる。問題は2つの営業成績を、規模、売れ残りや機会損失などの観点からどちらが優っているか議論するもの。いわゆる経営学も中学受験に有効ということになる。なお、一方の説明において「情緒的な話し方」をして [続きを読む]
  • 開成中学平成29年国語設問二
  • 詩の中で使われる表現について、それが一般的ではない使われ方をしている理由を説明させたうえで、その意図をさらに説明させる問題。両者を一度に説明するのは簡単なような気がするが、それを分析的に分けて説明しようとすると後者の説明を先取りしがちでやや慎重な書き方が求められる。物事を客観的に見ることの重要性を考える問題である。 [続きを読む]
  • エコノミスト2018年5号
  • 高等教育は普及したがその投資効率は低下傾向にある。大学進学率はOECD平均で4割強、アメリカで5割弱。突出しているのが韓国で、7割を超えている。しかし、不満の最も高いのも韓国である。大学進学は韓国では何も約束しない。 [続きを読む]
  • エコノミスト2018年2号
  • 最近の若者事情(OECD35か国)最近の若者は、酒を飲まずセックスをせず父親によく相談するようになっている。非行傾向は低く家庭に居心地の良さを感じる。友人関係に困難を感じている。日本における場合(7号)家庭を持ちたいとは思うが野心は持たない。インスタ映えする程度で満足である。何より安定した日常生活に最上の価値を見出す。社会保障をはじめ若者の将来に不安は多いが、今・ここの生活を大切にすることに専心し [続きを読む]
  • 苦境の法科大学院「採算取れる学校、ほとんどないはず」
  • 立教大総長は「弁護士になっても職がないなど、法曹界のイメージ低下も影響した」と話す。立教大総長は「弁護士になっても職がないなど、法曹界のイメージ低下も影響した」と話す。立教大総長は「弁護士になっても職がないなど、法曹界のイメージ低下も影響した」と話す。立教大総長は「弁護士になっても職がないなど、法曹界のイメージ低下も影響した」と話す。立教大総長は「弁護士になっても職がないなど、法曹界のイメージ低下 [続きを読む]
  • 代表の概念
  • 裁判官は抽象的な正義に従って自由に行為することは許されない。裁判官について普通正義を代表するとは言わないある人は何であれ自分の行為を導くものを代表している。裁判官は国家を代表する [続きを読む]
  • コメント欄にはびこる嫌韓 ヤフー・ニュース分析
  • 侮蔑的なコメントの8割を韓国関連が占めた。今回(2015年4月)の分析では1週間で100回以上コメントを投稿した人が全体の1%いた。この1%の人たちの投稿で全体のコメントの20%が形成されていた。一方、頻繁に投稿しない人のコメントにも嫌韓が含まれていることがあり、2016年7月のデータを分析しても傾向はおおむね変わっていなかったという。「関東大震災の時の流言飛語は軍や警察が流した。権威筋の言葉なら [続きを読む]
  • 大学講師が「韓国は恥ずかしい国」 恐怖感じたレイハラ
  • 『大学の講義で、非常勤講師が「韓国は恥ずかしい国」「韓国は近代国家ではない」などと繰り返した。強い恐怖を感じ、教室にいてはいけないような気がして涙がとまらなくなった。』『明治6年、朝鮮国が国交断行に及び、「無法の国」「夷狄に化した国」「禽獣と変わらない」と罵り、日本人と交わったものは死刑に処すとの布告を出していたので、日本では征韓論が起こった。』(西郷の首) [続きを読む]
  • エコノミスト2018年7号
  • the university of Chicago has styled itself the academy's leading defender of free speech in 2015.the statement has since bee
    n adopted by more than 30 other universities.it is not the proper role of the university to attempt to shield individuals from ide
    as and opinions they find unwelcome, disgreeable, or even deeply offensive.concerns about civility and mutural respect can never b
    e used as justi [続きを読む]
  • 論究ジュリスト24号
  • 明治以前の天皇が祭祀王であったという説が明治以降につくられたイデオロギーであり、そのイデオロギーが国民国家を形成するためのものであったとすればそこには西欧的な発想があったのだろう立憲主義を軌道に乗せるために市民宗教が必要で、天皇制がキリスト教の代替物であり国体論は西欧に学んで創出されたものである天皇制が公共理性を遮断する慣性の働きを有することから戦後非合理な物語によって憲法体系が崩される懸念が共有 [続きを読む]
  • ライフプロジェクト
  • 子供に関心を持つ親がいることは労働者階級からスタートする不利を克服する助けとなる積極的で関心のある親は何をすべきか。親が家庭でよい学習環境をつくるために行うすべてのことである。子供と一緒に本を読む歌や童謡を数える絵を描くアルファベットと数字を見せる図書館に行く旅行や観光に連れて行く学校で何を習っているかについて子供と話す宿題を手伝う子供の将来への願いを表現する継続教育の考えについて率直に話す子供に [続きを読む]
  • 韓国で進む「超高速」高齢化 6割が年金ゼロ
  • 「韓国の65歳以上の高齢者は総人口の13・2%。2030年には4人に1人が高齢者になると予想されている。年金制度の整備が遅れた韓国では、高齢者の約6割が年金ゼロ。統計庁によると、高齢者の半分以上が預金など老後の備えがない。高齢者の雇用率は3割。高齢者の自殺率はOECD加盟国中最悪。」「日本の当局者は朝鮮半島で、ひとたび戦争が起きれば、最も大きな被害を受けるのは、まさしく日本だということをはっきりと知る [続きを読む]
  • エコノミスト2017年51号
  • toxic workers 問題男性は常に性的な主導権を持つことを期待されるのでセクハラ基準設定は困難であるが、職場においては平均よりはるかに生産的なものの同じくらい職場に害を与えている労働者を排除することが奨励されるようにもっていくことはひとつ考えるべきである。 [続きを読む]
  • カタルーニャ州、独立宣言 スペインは自治権停止承認
  • 「州が独立国として承認される可能性はほとんどないが、欧州でくすぶる民族の独立や自治権拡大の動きに火を付ける可能性はある。同じスペインのバスク州や、英北部スコットランド自治政府ではカタルーニャ州の独立運動を支持する動きが出ている。イタリア北部の2つの州でも22日、自治権拡大を問う住民投票で9割超が賛成した。」国家の一部とされた部分が独立できるかについて国際法は関知しない。独立できるかは当事者間の闘争と [続きを読む]
  • エコノミスト2017年31号
  • イスラエルのエンタメ業界ネットフリックスのドラマはほとんどがイスラエル製である。皮肉なことにイスラエルの政治家がマスコミの偏向報道を批判すると、イスラエルのエンタメ業界は競ってモサド物を制作する。ときに血に飢えたムスリムという描写によって非難を浴びる。イスラエルのエンタメ業界は2016年には2億ドル以上の収益を海外で上げている。国内の市場は小さいので海外の収益は重要である。 [続きを読む]