氣よし鍼灸院 さん プロフィール

  •  
氣よし鍼灸院さん: 痛みとリウマチ専門鍼灸院のブログ 
ハンドル名氣よし鍼灸院 さん
ブログタイトル痛みとリウマチ専門鍼灸院のブログ 
ブログURLhttps://ameblo.jp/kiyoshi-hari/
サイト紹介文大阪の難病、リウマチ、痛み専門の鍼灸院です。心理ケアと東洋医学でリウマチ克服を目指します。
自由文心、心理カウンセリングもおこなっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/11/24 15:50

氣よし鍼灸院 さんのブログ記事

  • リウマチの薬の副作用、薬が効かない理由と原因
  • 昔と違い、リウマチの薬は大きく進歩しましたが、効果が高い薬ということは、その逆の効果もあるということです。 つまり大きな副作用も同時に存在することになります。 東洋思想の言葉に、「陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる」 光で明るさが増せば、それだけ影も深くなります。 薬のプラスの部分だけを利用していれば、その逆のマイナスにもなるということです。 リウマチの治療も同じことです。メトトレキサートという [続きを読む]
  • 新聞のリウマチについての連載で思うこと1
  • 読売新聞の「医療ルネサンス」でリウマチ特集が掲載中です。全6回で、第1回目は、「早期治療 薬からも解放」というもの。 (読売新聞11月10日(金曜日)朝刊の記事から) 「患者は国内で70万人以上と言われ、女性が男性の4倍多く、50歳代の発病が26%と多く、20〜30歳代が20%と若い患者もいた」 リウマチは年寄りがなる病気だと、思っている人は多いじゃないでしょうか? 基本的には、年寄りはリウマチ [続きを読む]
  • リウマチの薬の副作用が怖い、リウマチの薬が効かない
  • 先週は、愛知県、熊本県からリウマチの方が来院。 基本的には、遠方で通院が困難な方は、お断りさせていただいています。 特にリウマチのような病の場合、1回、2回でよくなることはありません。 少し痛みが軽減したり、関節を動かすことが楽になる場合もありますが、痛みや腫れが、1回でよくなることはありません。 そもそも、リウマチの原因は、その関節ではなく、免疫系のシステムの異常です。 よくなった状態を安定させるに [続きを読む]
  • もう来なくていいです、リウマチ治りました
  • 「もう病院に来なくてもいいと言われました」 昨年から、私の鍼灸院にリウマチ治療を受けに来てくれている方が、こう主治医に、こう言われました。 ストレスで心労の続いたある日、関節に違和感を感じだし、なかなか軽減しないので、病院に行き検査を受けた結果、CCP抗体の上昇が分かり、医師から言われたのは、 「関節リウマチです」 CREP、MMP-3の数値は正常値なため、医師から何も薬は処方されず。 痛みが強くなり、腫れがで [続きを読む]
  • 今日は明治時代の本の話、リウマチは話はないです。
  • 最近、なぜか日本の文学や古典に興味がでてきました。 日本文学というのは、高校の時に少し、太宰治、夏目漱石を少し読んだぐらいで、後は、高校の時に教科書に載っている、文学作品を読んだ程度。 それが、去年、俳句や物語の構造などを学んでから、急に日本文学に目覚め、読みはじめました。 日本文学系の全集は、ブックオフなら100円で買えます。青空文庫を使えば、無料で読めます。 いい時代というか悲しいといいますか。 [続きを読む]
  • 補完医学、代替医療の意味も考えてみましょう
  • 基本的な僕の治療の考えは、薬以外の治療は必要だと考えています。これは、リウマチに限らずどんな病気でも同じです。 では、薬以外の治療とは何かと言えば、「代替医療」「補完医療」「オルタナティブ医療」と言われるものです。 薬は症状を抑えるもので、治しているものではありません。 リウマチ治療の場合だと、メトトレキサート(商品名:リウマトレックス・メトレート)や生物学的製剤が、メインの治療になりますが、別に [続きを読む]
  • 生物学的製剤を使わなくてもいいほどに回復
  • 9月から月に1回、来院中の方が、痛みが取れ日常生活も気分がよくすごせるという。 数値もCRP 2,8で手首は腫れた状態。生活にも支障がでているため、生物学的製剤を検討中でした。 ご主人を亡くしてから、自律神経のバランスを崩されたようで、そこから体の調子が悪くなり、リウマチを発病されました。 リウマチの発病の原因には色々ありますが、僕は、「環境の変化」もこの病気の発病原因の1つではないかと考えていま [続きを読む]
  • リウマチは治る病気です
  • リウマチは治る病気だと考えています。 僕が考える「リウマチが治る」という意味は、薬を何も飲まない状態、ドラッグフリーの状態のことです。 こんなことを言うと、「主治医はそんなこと言わない」「え〜ホントですか」 こういうことを言う人もいるでしょう。 私の院に治療を受けに来て頂いている方の中にも、メトトレキソート(商品名リウマトレックス/メトレート)を服用していたけど、完全に止めることができ、ドラッグフリ [続きを読む]
  • 生物学的製剤が効かない理由
  • 治療に来られた時は、リウマチ歴8年目。 エンブレム(生物学的製剤)とリウマトレックス(6ミリ)を使用しているにもかかわらず、足の外側の骨が破壊して、足首の動きも非常に悪い状態でした。 (ボディー・ナビゲーション 医道の日本社) 赤いラインの骨の隙間が、くっつき、足の裏は、扁平足になっていました。 生物学的製剤を使用していても、骨破壊、関節破壊の状態でした。 (初診時の数値) CRP 0,05MMP−3  [続きを読む]
  • 不妊鍼灸の学び 根拠がある治療の大切さ
  • 10月、11月は、勉強会が続きます。 連休の最終日は、私が所属している、日本生殖鍼灸標準化機関の代表のの中村先生と事務局長の徐先生の講演を聴きに行きました。 日本生殖鍼灸標準化機関(JISRAM)とは、 『誰でも理解できる理論根拠、基礎研究、臨床研究、及びデーター検証を経た再現性を有する治療法の確立を目出し、似って科学的に認められた鍼灸が生殖医療の中で、一定の役割を果たせるようになること』 鍼灸 [続きを読む]
  • 独立して9年経ちます
  • ブログの更新が遅れました。 秋は、地域のお祭りの手伝いや子供の運動会に行ったりと、何かと休日は、バタバタ。 気がつけば、10月です。 院の近所に行きつけの床屋さんがあります。ここのオーナーは女性の方で、僕が開業した時とほぼ同じ時期に、このお店もオープンしました。 時間がある時に、髪を切ってもらいに行き、オーナーの方も、腰痛や肩が痛い時は、鍼治療を受けに来てくれていました。 最近、行くと、 「10月いっ [続きを読む]
  • 痛ければ動かせ
  • ズル、ズル、足を引きずりながら、9月から毎週1回、名古屋から大阪まで通院していただいている方ががおられます。 もともとは、遠方ということあり、2〜3ヶ月に1回、来て頂いていたのですが、今回、7月頃から状態が悪くなったとのこと。 前回診たのが、6月頃だったので、一気に悪くなったようです。 状態を診ると、膝は腫れた状態で圧通も強い。炎症反応も非常に高い状態です。 医師からも、生物学的製剤を使用する状態 [続きを読む]
  • 東京で鍼灸師向けのリウマチ講義を行ってきました
  • 今日は、朝の6時の始発の新幹線で、東京の渋谷でリウマチの講義を行ってきました。 実は、東京の渋谷に行くのは初めてです。 20代の頃は、「渋谷系」「渋谷のwaveレコード」なんか憧れだったので、当時、行っていたらテンションマックスだったと思います。 会場の場所は、駅と直結、懇親会の場所も会場と同じビルなため、ビルの外には一歩も出ず。 駅の構内を歩いただけでした。 今回、JISRAM研修でリウマチについて話を [続きを読む]
  • 雨の降る前はリウマチが痛くなる
  • こんにちは、新大阪健康増進研究所 氣よし鍼灸院の中島です。 本日、17日の日曜日、大阪も台風が直撃です。 先週は湿度が高い日が続きました。そんな日のリウマチの調子はよくありません。 雨の降る前、気圧の低下が起きると、リウマチの痛みが痛くなることは多いものです。 「え!? 気圧って何? 天気にリウマチが左右されるの?」 と、いう質問も時々あります。 今日は、なぜ、雨が強くなる前にリウマチの痛みが強くなる [続きを読む]
  • 鍼で麻痺って起きるのか? どんな刺激やねん!
  • 「リウマチは、鍼灸も取り入れて薬の効果を高めましょう」 こんにちは、新大阪健康増進研究所の氣よし鍼灸院の中島です。今日は、書こうと考えていた内容を変更です。 と、いうのも、こんな記事が目にとまったからです。 スポーツ報知 ヤフーニュースからの転載ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「巨人球団が沢村に謝罪…施術ミスで神経麻痺」 右肩のコンディション不良で2軍調整中の巨人・沢村拓一投手( [続きを読む]
  • リウマチの関節痛と関節炎の違いを知ろう 
  • 「リウマチは、鍼灸も取り入れて薬の効果を高めましょう」 こんにちは、新大阪健康増進研究所 氣よし鍼灸院の中島です。 前回のブログでは、リウマチの痛みと筋肉の痛みとの違いを書きました。https://ameblo.jp/kiyoshi-hari/entry-12306635709.html 関節以外の痛みは、筋肉の痛みです。リウマチは、「関節リウマチ」というように、関節に症状が出る病です。 関節が痛くなれば、体の中心部、体幹部分に痛みがでやすくなります [続きを読む]
  • リウマチの痛みは、筋肉の痛みもある、痛みの原因を知ろう
  • 「西洋医学と東洋医学の2つで、リウマチ治療を」 こんにちは、新大坂健康増進研究所 氣よし鍼灸院の中島基嘉です。 最近では、公立学校にもクーラーが普通にありますので昔と比べて夏休みも短くなり、25日から新学期がスタートの学校も多いのではないでしょうか? 子供の夏休み中に、来れなかった方たちに、夏休み中に家族で色々出かけられ、関節に痛みがでた、という方が多い。 よく診てみると、関節の腫れはなく、関節の周 [続きを読む]
  • 白い食べ物でリウマチは治るということについて
  • 飛行機で、新規の方が来院。 遠方で、継続が難しい方には、「遠方プラン」という2時間のコースを受けて頂いています。1時間の通常治療の後に、1時間のカウンセリングになります。 「薬を使わずにリウマチは治る」「温めればリウマチは治る」 これらを信じて、治療してきたようですが、疑問や限界を感じての来院のようです。 偏った情報を取り入れて、医療系の国家資格の免許を持っていない人の情報を信じていました。 白い物 [続きを読む]
  • 妊活、不妊の鍼治療の勉強
  • やれやれ、何とか婦人科の医師国家試験100問、8割合格しました。 一般社団法人日本生殖鍼灸医療基本機構の入会に声をかけて頂いたのですが、入会条件の1つが、婦人科部門の医師国家試験で8割正解が条件でした。 問題を解いて、あらためて感じたのは、医者になることは大変なんだということです。 問題は、かなり難しい。 鍼灸業界では最近、不妊治療、妊活の鍼治療を専門に行う鍼灸院が増えましたが、最低限の西洋医学の知 [続きを読む]
  • リウマチの本で勉強
  • お盆休みもお勉強です。 普段は、院での治療があるため、まとまった時間がとれないため、休みの日に、一気にまとめて読書です。 今回は、以前読んだ本を読みなおしています。 膠原病・リウマチは治る (文春新書) Amazon この本は、9月に東京で「一般社団法人日本生殖鍼灸医療標準化機関」で、私が話をさせていただく内容を事前に理解していただくための、課題書籍です。 少し内容が古い部分がありますが、ざっくり、リウマチ [続きを読む]
  • リウマチは治りますか?という質問
  • 最近、電話での治療の問い合わせで、同じ内容の質問が続きます。この質問は、「リウマチ克服セミナー」後にも来ました。 質問の内容は、 「リウマチは治りますか?」 というものです。 この質問は文脈によって変わってきます。 つまり、「治る」という意味が何をさすかで、答えが大きく変わります。 「リウマチは治りますか?」の「治る」意味が、「薬を飲まない状態になる」「腫れや痛みは軽減するか?」という意味であれば、「 [続きを読む]
  • 痛みのリウマチセミナーの感想
  • 今日は、「リウマチ克服セミナー 痛み」が開催されました。 遠方から来ていただいた方、現在、通院中の方も来ていただき、ありがとうございます。 今回のテーマは、痛みというもが、どういうものなのかをしっかり理解していただこというものでした。 最近の医学の世界でも、患者自身が「痛み」についての理解を深めることが、症状をよくするためには、重要だと言われています。 リウマチは、昔は「慢性関節リウマチ」と、「慢性 [続きを読む]
  • 痛みの正しい知識を学ぼう
  • いよいよ1週間後の30日(日)に「リウマチ克服セミナー」を開催します。 資料を見ながら何を話すかを考えています。痛みを何とかして欲しいと思っている人は多いはずです。 鍼灸治療で誤解が多いのが、痛い部分や腫れがある部分に鍼治療をすれば痛みがとれるのではないかと考えている人が多いのですが、これは間違いです。 リウマチの状態によっては、痛い関節に鍼をするれば、痛みが取れることもあるのですが、強い腫れや痛み [続きを読む]
  • 膠原病・リウマチと不妊・生殖医療
  • 15日(土)は、午前中で仕事を終えて、名古屋まで勉強会に参加してきました。 15日、16日と2日間の勉強会です。 参加した勉強会は「一般社団法人日本生殖鍼灸医療標準化機関」という不妊鍼灸治療の団体の第1回目の勉強会でした。 今まで、「不妊鍼灸ネットワーク」という名前で活動をされていた団体でしたが、新たに、名前を変えて、スタートする第1回目の勉強会。 今まで、外部セミナーで参加していましたが、今回 [続きを読む]
  • 痛みの知識を持つことが大切です
  • 1979年に発表されたIASP(国際疼痛学会)の痛みの定義では、「組織の実質ないし潜在的な傷害と関連した、あるいはこのような傷害と関連して述べられる不快な感覚的・情動的体験」と定められています。 痛みは、「感覚的な要素」と「情動的な要素」の2つに分類されています。 「感覚的な要素」というのは、リウマチの場合であれば、関節や組織などが、損傷することによる痛みのことになります。 「情動的な要素」というのは、 [続きを読む]