マダムじょるじゅ さん プロフィール

  •  
マダムじょるじゅさん: etc.
ハンドル名マダムじょるじゅ さん
ブログタイトルetc.
ブログURLhttp://mon-favori.et-cetera.secret.jp/
サイト紹介文50代女のつぶやきや好きなものなど、ジャンルバラバラで好きに綴っています
自由文50代にして衝動的に都会に移住。
インテリア・コスメ・オシャレなどなど、
50代だからこそ女は輝く!
目指せ!「灰になるまで女」!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供397回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2012/11/25 13:21

マダムじょるじゅ さんのブログ記事

  • 使って初めてわかる違い
  • B.A.トライアル続いております。これにはアイクリームと美容液はないので、まずはB.A.ザ アイクリーム買いましたっ。朝起きたときやメイクのときに、ぷっくり感に酔いしれますわ今回の試供品はB.A セラム プリズルミナにいたしました他に何かが同封されていましたので、何じゃろかい?と見ましたら・・・B.A グランラグゼIIの試供品がーーーっ! 2回分だと数千円分かしら?ゆうべお風呂上りに使ってみました。しーーっとりいた [続きを読む]
  • 10数年ぶりに再会のN.Y.の味
  • どこで見つけたのか憶えてはおりませんが、おそらくハロウィンのお菓子特集か何かの記事のような気がいたします。それは10数年ぶりの再会でございました。やっと日本でBlogが認知され始め少しずつ浸透し始めた頃でございます。そのまた昔は「ホームページ」が主流で、カウンターは必須。(アクセス解析とか無かった)「キリ番」というものがございました。そのサイトの主様が「1000のキリ番踏んだ方はご報告ください」ってなことし [続きを読む]
  • 「若い女子」というプラチナチケット
  • ゆうべの歌舞伎は8時半頃には終わるということで、以前行きました焼き肉屋に予約を入れて行ってまいりました。WORLD DINER前回行きましたときは、ラストオーダーギリくらいの時間で、スタッフも「レモンいただけますか?」と言うと牛タンもう一皿持ってくるスチャラカパー。お肉は美味しかったけどねえ・・・くらいの印象でございました。今回はちょっとだけ早かったこともあり、店内も前回よりは賑わっておりました。通された席が [続きを読む]
  • 芸術祭十月大歌舞伎-夜の部
  • 芸術祭十月大歌舞伎−夜の部を観てまいりました今日はGiorgio Armaniデビューでございますので、早めにメイクに取りかかりました。末娘が来る時間は午後3時頃、メイクは1時半にはスタートしましたわ。案外簡単にできて、髪の毛にジェルをつけておりますと、チラッと見えたスットコの姿。シャツにジャケットを着ておりましたので、私がいない間にどこかに行くのかしらと。「どこに行くの?」と訊きましたら・・・「え? あれ? 今 [続きを読む]
  • 肌にも介助が必要な歳だと気づく
  • 内臓の働きが衰えてきたなと実感する今日この頃。え? ちょっと待って。加齢で衰えるのは内臓の働きだけではないはず・・・皮膚は? 皮膚はどうなのよっ?私は基本的に、皮膚は内側に溜まった老廃物や毒素を排出する役割を持っていて、外からヴィタミンだのなんだのを吸収はしないと思っております。皮膚は外から入ってくるものを体内に入れないために、よほど粒子が細かくなければ吸収はしないからですわ。ですから、極端を言え [続きを読む]
  • 感動的なファンデと出会う
  • 今日は娘に付き添ってもらって伊勢丹に行ってまいりました。目的はファンデーションでございます。私が尊敬するアメリカの皮膚科の先生(女性)が、普段使っているファンデがGiorgio Armaniだと判明!この先生が使っているのなら良いに決まっている!という勝手な判断のもと行ってきました。結果から言いますと、最高!土台三点セット=別名「ジョルジオ三種の神器(私が勝手に命名)」・フルイド マスター プライマーこれを小豆 [続きを読む]
  • 優れもののたまごスティック
  • 昨日は「冬っ?」のような寒さの中、持病の診察に行ってまいりました。気候の変動のせいなのか症状があまりよくはございません。少量の頓服を処方されたのですが、「お? 効くんじゃない?」と思ったのもつかの間。数時間経ちましたら副作用の方が強く出てきましたわ。はいはい、そうですか。(←もうすっかり副作用が出ることに慣れてしまった)さて・・・こんなものを見つけて買ってみましたの。私のためというより、スットコの [続きを読む]
  • 七転八倒
  • 寒暖差が激しすぎて満身創痍でございます。ちょいとひねってしまって左の背中の筋が痛くて動くと激痛・・・の上に、ゆうべは胃が引きつるという(T_T)もう勘弁してぇぇぇの状態。胃というより胃腸なのかもしれませんが、たま〜になるのですが、ゆうべのはハードでしたわぁぁ。何をやってもダメ。一瞬「救急センター」と頭に浮かびましたが、行く余力がない。以前憩室炎をやって入院したことがございますが、それではなさそう。痛み [続きを読む]
  • 雑誌の付録が小顔メイクセット!?
  • 「小顔に見せたい」末娘がよく言いますの。末娘はけして顔は大きくございませんわ。それでも気になるようでございます。私としましては、切実に小顔にすべきはスットコだと思いますけれど。小顔っていうか、ふつうの頭の大きさっていうの?せめて帽子が入るくらいの?スットコはどうでもいいです。私、傍でチラッと軽い気持ちで言った言葉もついつい脳みそに貯蔵してしまいますの。肝心なことは忘れるのに。で、NETで見つけた「お [続きを読む]
  • お菓子のようなバスクリーマー
  • 「BadeFee(バデフィー)」なるものを見つけましたの。“スキンケアできる入浴料”だそうでございます。オイルが入った「バスクリーマー」日本ではまだまだ聞き慣れない「バスクリーマー」は、シュワシュワさっぱりとした使い心地が特徴の「バスボム」やスクラブとしても使える「バスソルト」などとはまったく違う、新感覚の入浴料!カカオバターやシアバター、アーモンドオイル、ココナツオイルなど、植物由来の保湿効果を持つ成 [続きを読む]
  • 秋冬用フワモコバッグ
  • 今日は美容室に行ってまいりましたwith末娘私がシャンプーを終えて席に向かいますと、私の席の隣で末娘が髪を巻いてましたわ。スタッフの方が私の隣の席に娘を案内し、先生がアイロンとスプレーを持ってきたそうな。(↑娘が頼んだわけではなく、すべて無言であたりまえのようになされていた)終わったら伊勢丹に行こうと言っていたのですが、「インスタ映えするカフェがあるんだって」と半強制的に連れていかれました。そんなにイ [続きを読む]
  • けっこう爆風受けました
  • 猿之助様が骨折したというニュースを見たときには衝撃が走りました。私は漫画の「ワンピース」を読んだこともなく、前回の「ワンピース」公演も観ておりません。でも現・猿之助様は好き。先月の終わり頃、ちょっと観てみようかしら?とWEBチケットを見ましたらほぼ完売。・「ワンピース?」特設サイト今回は「麦わらの冒険」というサブタイトルのついた若手中心の日もあると聞きました。主役ルフィに抜擢されたのは尾上右近ちゃま。 [続きを読む]
  • 物言えぬ時代なのか?
  • お友だちの知り合いのフォーマルドレスを扱っている方が着せて撮影してくださったそうなある歌舞伎役者さんがBlogを休止なさるとのこと。理由は、その役者さんが、コメントなさっている一部の方と繋がっているのでは?という、苦情の手紙をわざわざ舞台をやっている劇場まで持ってきたそうですのよ。「私のblogで一部の方が嫌な思いをなさっているとしたら非常に悲しいことです」時間ができて設定などのやり方を覚えるまで休止しま [続きを読む]
  • 一騒動のあっけない顛末
  • あまりの寒暖差のガクンガクンにかなりヤラレておりますナウ。そんな中、一騒動ございましたの。(蟻のフンくらいのようなものですけれど)クリスマスケーキを予約したワタクシ。どういう思考回路になっていたのか、「子どもにクリスマスプレゼント」買うモード突入!以前けっこう末娘がハマッていたブランドしかわからないので、そのサイトに行きました。あら? これなんか好きそうじゃない? あら! これも好きそうね。とポチ [続きを読む]
  • 季節に置いて行かれそう
  • 気がつけばもう10月、夏はとっくに終わっていた・・・肌寒くはなってきてはおりますが、部屋の中ではまだエアコンつけるときもあり、すっかり季節感がなくなっておりました。足元を見れば、夏用ルームシューズだわ!早く冬用にしなければ凍えちゃう!凍えはしないけど、季節のものって必要なときにはほぼ売り切れ。買いました!私はネイビーを買いました履き心地はいいのですが、まだ暑いですわNETを開きますと、あちこちで「おせ [続きを読む]
  • バカみたいに簡単椎茸のチーズ焼き
  • もんのすごーーーく簡単なレシピを見つけましたの。どこかで見たのですが、あまりに簡単でしたのでブックマークするのを忘れしもうた。材料はシイタケとモッツアレラチーズ(とろけるチーズ)だけ石ずきを取ったシイタケを天板に並べて、塩胡椒とオリーブオイルをかけその上にチーズを載せてオーブントースターで4〜5分焼くだけ!はい、出来上がり!(私はイタリアンパセリを散らしましたが、なくてもいいと思う)シイタケの中まで [続きを読む]
  • あたりまえでいいと思う
  • 持病の症状がひどいナウで、YouTubeをボーッと見て、惰性でツムツムやって過ごしておりました。こういうときは、なーーんにも考えなくていいようなDVDに限る!予告編を観ましたら、笑えそうなカンジでしたので観ました。ある日、突然世界中の電気が使えなくなって、平凡な一家のサバイバルが始まる・・・そんなカンジの内容でございました。笑えませんでしたわ。つまらないという意味ではなく、そうなるかもなあというリアルなカン [続きを読む]
  • 煽る娘
  • 『マハーバーラタ戦記』をどう感じたらいいのかわからず神経疲れて娘を待ってましたの。すると、すぐに来ると言った娘からLINE。「駅で知り合いとバッタリ会ったから、一杯だけ飲んでから行くね〜♪」来なくていいっ!ふて寝している途中で来ましたわよっ。でも、もうすぐ「直虎」だから、観てからよ!と。虎松の口から「但馬は?」と出ただけでダダ泣き。そうよ! 政次も井伊再興を望んでいるわよ!(←観てない方には意味不明) [続きを読む]
  • 芸術祭十月歌舞伎『マハーバーラタ戦記』
  • 芸術祭十月大歌舞伎昼の部『マハーバーラタ戦記』を観に行ってまいりました正直、ただの怖い物見たさでございます。高校などでチラッと習いました古代インドの神話を歌舞伎にって、どうなるの?と。新作で両花道は菊五郎親分の御力でございましょうねえ(その分客席減るから)幕が開きますと、神々たちがひな壇に座ってますの。全員金ピカの衣装に後ろになんかついてるわけですが、そういう仏像がいっぱいあるお寺がありますから、 [続きを読む]
  • ふわとろ戦争勃発
  • 先日の娘のバースデー・サプライズ・パーティーが行われました。某SNS(←もうバレバレだけど)にはストーリーというものがございます。そこに残しておくほどではない写真や動画をUPするわけでございます。それを見ておりましたら、どんどん皆がアッパラパーになっていくのがわかりました。私、娘の男友だち一人だけフォローしておりますので(他は歌舞伎役者のとかだけ)、娘のと、その男友だちの両方を見ておりますとスンゲーこ [続きを読む]
  • 栗の風味が生きた栗蒸し羊羹
  • もうすっかり秋でございますわねえ。(←あまりにありふれた文章)桃も姿を消して、次は栗でございますわね、私の中では栗となっておりますわ。私の母は、「栗きんとん」(栗をすり潰して茶巾状に絞ったやつ)が好きでしたの。やたらめったら買ってましたわ。私は嫌いではないけれど、モッソモソした食感がちょっと・・・でした。栗は栗のままでいただきたい!(栗を茹でて食べるってことではなくて)ですから栗蒸し羊羹の方が好き [続きを読む]
  • 17世紀から続くキャンドル
  • 50歳になった年、半世紀生きた記念(?)としてLondonに行きましたの。(一度目は2003年、二度目が2008年でございます)そのとき、泊まったホテルはオーナーがフランス人。元々は住宅だった家をホテルに改装したようで、出かけて戻ってきますと、まるで家に戻ったような感覚になる小さなホテルでございました。そのホテルの玄関のところに、いつも花が素敵に活けてありましたの。そして、その横にはアロマキャンドル。9年前の実際 [続きを読む]
  • 御生誕月間は続いているらしい
  • 今日は娘が夕食を食べるためだけに参りました。その後、マジな夜から娘の友だち大勢で誕生日サプライズパーティー。本人が知っている段階でサプライズではないですけれど。しかも、プレゼント買ってる最中の友だちから電話。「下着とブーツ、どっちがいい?」写真が送られてきて、「紺色のLサイズ」って、すっかり単なるお使いだよっ。こうやってお祝いしてくださるお友だちがいるってことに感謝ですわ。それすら邪魔されたかもし [続きを読む]
  • 思い出を入れ替えられるフォトフレーム
  • 末娘のバースデーディナーで撮っていただいた写真を飾るべく、フォトフレームを探して買いましたの。このように斜めにカットされて立つのでシンプルでございますただ、当日のメニューも思い出として取っておきたい。何かもっと違うカンジの、なんていうのかしら? 何かない?とNET検索。ありましたわ!アンブラ ラブツリーフォトディスプレイumbra LOVETREE PHOTO DISPLAY いくつかの写真をクリップで止めるだけで、なんとなく素 [続きを読む]
  • あの時代にタイムトリップ
  • 今日は持病の診察日でございました。担当の先生に末娘の一件を愚痴りましたの。(何しに行ってる?)「ああ! その相手は典型的モラハラDVね」と。先生が説明することとサイコくんがピッタリ一致してビックリ・・・というか納得。「娘さんがじょるじゅさんの言葉をちゃんと聞いて切ったことはすごいことよ。 娘さんの中にも変化が起きていたのよ、もともと芯には強いものを持ってる子ね」(T_T)先生・・・ ありがどうございまず [続きを読む]