nantes さん プロフィール

  •  
nantesさん: 2020年への資産運用の旅
ハンドル名nantes さん
ブログタイトル2020年への資産運用の旅
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/taipon777/
サイト紹介文インデックス投資を中心とした資産運用ブログ。
自由文2020年にお金持ちの仲間入りを果たすことを目標に、インデックス投資を中心とした積立運用を実践しています。許容できるリスクの中で、コツコツ投資。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2012/11/25 16:46

nantes さんのブログ記事

  • 積立報告(2017年10月度)
  • 2017年10月度の積立報告です。先月から全く変わっていませんのでコピペです。ただ今後、新興国株式のアセットでファンドの入れ替えを検討中です。【現状】 eMAXIS新興国株式インデックスファンド【今後】 ニッセイ新興国株式インデックスファンド数字は信託報酬です。いままでニッセイシリーズは新興国株式向けのファンドが発売されていませんでしたが、どうやら発売されそうです。コストもeMAXISよりもだいぶ下がるわけですか [続きを読む]
  • SBI証券のS株Now!組成条件をもうちょっと緩くしてほしい
  • SBI証券にて新サービスS株Now!が始まりました。私の場合、資産運用のコア部分についてはインデックスファンドによる積立投資としていますが、アクティブファンドや個別株への投資を否定しているわけではありません。この部分は運用成果ではなく、趣味的、娯楽的な意味合いが強いわけですが、サテライト戦略の1つとして楽しくやっています。S株Nowは、自分でお気に入りのテーマを選ぶだけで、複数の企業に簡単に投資ができるサービ [続きを読む]
  • 我が家の生活費 < 生活保護の支給額
  • 少し前に我が家の毎月の家計簿を公表しました。我が家の上半期の生活費公表(過去5年間との比較)金額については各家庭の事情があるので感想は様々だと思いますが、実は我が家は生活保護水準以下の金額で家計をやりくりしていることがわかりました。嘘だと思うかもしれませんが、これが全然嘘じゃない。下記は私が現在居住している自治体の生活保護支給額ですこちらのサイトで調べてみました生活保護 金額 自動計算 - 布施弘幸 行 [続きを読む]
  • 資産状況(2017年10月度)
  • 2017年10月度の資産報告(リスク資産のポートフォリオ)です。相変わらず市場が好調のようです。そのため全体に占める株式の割合も増加。その反面、金市場は弱含みのようで比率を若干下げました。つい最近まではリスク資産と無リスク資産の配分は半々でしたが、いつの間にか6:4になっています。とはいえ無リスク資産額が減っているわけではないので、単純にリスク資産が増えている状態です。市場が好調なので資産も当然ながら増 [続きを読む]
  • 当ブログが「東証マネ部」に掲載されました
  • 以前取材を受けていた記事を書きましたが、当ブログが東京証券取引所が運営するオウンドメディアである東証マネ部に掲載されました。雑誌の取材については何度か経験がありますが、Webメディアに掲載されたのは初めてです。該当の記事です投資ブロガー・nantesさん「長期投資で仕事にも余裕が生まれた」記事では、インデックス投資を始まるに至った経緯や、投資を始めたことによる生活の変化について触れられています。いつも思う [続きを読む]
  • つみたてNISAは現行のNISAを既に利用していても改めて申し込みが必要
  • 各証券会社でつみたてNISAの新規申し込みが始まっています。私が利用しているSBI証券でも予約という形で受け付けが始まっています。なお若干わかりにくいのですが、現行のNISAを既に利用している方も、改めて申し込みが必要になります。以下SBI証券の説明ページより。現在NISA口座をお持ちのお客さまが、つみたてNISAに変更される場合は「勘定変更依頼書」を当社に提出いただく必要があります。「勘定変更依頼書」の書類請求の受付 [続きを読む]
  • ふるさと納税2017・おコメ100キロ!!で家計は大助かり
  • 今年おそらく最後のふるさと納税として、香川県三木町に納税しました。香川のどこにある街で、特産品が何なのか、全くわかっていませんが…寄付額は1万円。気になる返礼品は、おコメ20キロです。因みに今年の第一弾は、山形県の舟形町でした。参考記事2017年ふるさと納税の第一弾は山形県舟形町にその後記事にはしていなかったのですが、第二弾は同じく山形県の河北町。返礼品も同じくおコメ20kg。三町とも納税の使いみちは「子育 [続きを読む]
  • 我が家の上半期の生活費公表(過去5年間との比較)
  • 今期、上半期の生活費をまとめてみました。※通信費はプロバイダ料金、スマホと携帯は計4台※生活費には、医療費、被服費、子ども費、雑費を含む※小遣いについては独立採算制のため未計上1円単位で厳密に管理しているように見えますが、実際のところはそうでもなかったりもします。あまり神経質になる必要もないと思っているので、数千円の誤差は気にしていません。通信費(プロバイダ)が予算オーバーとなってしまっていますが、 [続きを読む]
  • JR東日本の普通車グリーン券はクレジットカードの特典でもらうのがおトク
  • 我が家は自家用車を所有していないため、通勤はもちろんですが、休日の外出時についても移動手段はもっぱら電車ということになります。一応首都圏の主要路線であるため本数や終電の時間には恵まれており、不便に感じたことはありません。休日等、家族で電車に乗るとき、子どもが小さいこともありどうしても荷物が嵩張るので、グリーン車を利用する機会が多いです。節約の観点からはあるまじき行為なのかもしれませんが、ゆっくりと [続きを読む]
  • 子どもの医療費は全額自治体負担ではなく免責制度を設けるべきではないか
  • 子どもにかかる医療費については、多くの自治体で医療費の助成制度が設けられています。私の住んでいる自治体でも医療費は1回300円、薬価に至っては完全無料です。スゴイところでは22歳まで無料、通院だけではなく入院も無料というところもあるようですね。子育て世帯にとっては大変ありがたい制度であることは確かです。我が家でも恩恵に与っているのは間違いありません。実際、ほとんど医療費はかかっていません。ただ実際に利用 [続きを読む]
  • 積立報告(2017年9月度)
  • 2017年9月の積立報告です。今月も先月から一切変更がなく、いつも通りの報告です。ツマラナイ報告ですが、裏を返せば年間計画に沿って淡々と投資を継続できているという証拠でもあります。投資で何より重要なのは「継続」ですしね。ただ、今月は個別株を1つ買いました。個別株購入・USMH(3222) ユナイデット・スーパーマーケット・ホールディングス毎月の収入は手当が付いたり付かなかったり、あるいは残業の有無などによってい [続きを読む]
  • 良本は良本として評価する
  • やや古い新書ですが、以下の本を読みました。60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書) [新書]内藤 忍幻冬舎2009-11-01著者が積極的に勧めていたワインアンドが破綻したり、怪しげな不動産投資への勧誘に傾注したりと、必ずしも良い評判ばかりではありませんが、この本はそんなアクが出始める前に出た本なので、素直に読んでも問題ないかと思います。人は変わってしまっても、本は変わりま [続きを読む]
  • 資産報告(2017年9月度)
  • 2017年9月度の資産報告(リスク資産のポートフォリオ)です。今月は急激な円高やそれに伴う株価の下落、北朝鮮有事懸念による金価格の乱高下のほか、久々に個別株の購入に踏み切ったりとわりと動きがあったのですが、ポートフォリオにおいては互いにその変動を打ち消すこととなったのか、結果的にほとんど変化なしでした。よってリバランスの必要性も今のところなし。なお今回は、他の要素における比率を載せてみます。インデック [続きを読む]
  • 金融庁主催「つみたてNISAフェスティバル」に参戦してきました
  • 来年からいよいよつみたてNISAが始まります。今年に入って金融庁の会議室で行われていた個人投資家との意見交換会。私も過去に2回ほど参加させていただきました。金融庁「第3回 個人投資家との意見交換会」に参加してきました金融庁「第4回 個人投資家意見交換会」に参加してきました今回はこのイベントの発展形、拡大版ということで、初の庁外での開催。場所は霞が関の隣に位置する虎ノ門。定員は200名、関係者含めて300名規模の [続きを読む]
  • 個別株購入・USMH(3222)
  • 久しぶりに個別株を購入しました。銘柄コード3222のUSMHです。うーん、、、、USMHと言われてもよくわかりませんよね…わかる人は相当マニア(笑)USMHはユナイデット・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社の略で、関東ローカルのスーパーであるマルエツやスーパーカスミを傘下としている持ち株会社です。キャピタルゲインはハナから眼中になく、完全に株主優待狙い。配当はあるものの、これもほとんど期待していません。 [続きを読む]
  • 我が家にも教育費の荒波が到来?
  • 子どもが近くのスポーツクラブの体操教室&水泳教室に通うことになりました。妻からの強い希望で(笑)きたぞきたぞ、教育費という荒波が。。。。田舎生まれで田舎育ちの自分からすれば、その辺を駆けずり回っていた記憶しかないわけなので「そんなの必要ないだろ…」が本音なのですが、東京近郊ではそんな環境は贅沢なんでしょうかね。家から10分程度のところなので交通費はかからないし、ショッピングモールの中にある施設なので [続きを読む]
  • キャンペーン対象とならないファンドのほうが優秀
  • 上記の例はイオン銀行のキャンペーンです。購入時手数料の半額をお返しするというもの。たまたま近くのイオンに買い物に出かけた時に、店頭でチラシを配っていました。とはいえ、このようなサービスの対象となるファンドをわざわざ選ぶ必要はありません。また、お返しと言ってもWAONポイントとして付与されるだけなので、現金に比べて使用性に劣ります。はじめから手数料がかからないノーロードファンドを購入しておくのが正解です [続きを読む]
  • iDeCoは子育て世代との相性が抜群
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)を活用すれば、子どもの保育料も節約できます。 ・認可保育園の保育料は住民税額に連動している ・住民税額は所得税額に連動している ・所得税額は確定申告(もしくは年末調整)の結果に連動している結論:所得税額を下げれば保育料も下がる(可能性がある)自治体によって保育料の計算式が微妙に違ってくるので一概には言えませんが、おおむねこんな感じです。税額控除は対象にならないので住宅ロ [続きを読む]
  • 夏の一人旅(神奈川県横須賀市)
  • 注 資産運用とは全く関係ない趣味の話です。私の趣味の中に一人旅があります。独身時代はそれこそ何の制約もない自由の身だったので、東京から稚内、あるいは長崎の方まで電車を乗り継いで行ってみたり、あるいは何の予定も決めずにふらふらと行きたいところに行ってみたりと好き勝手に楽しんでいました。学生時代だけではなく、社会人になってからも変わりません。去年とおととしは甲子園に行き、野球観戦をしてきました。高校野 [続きを読む]
  • 積立報告(2017年8月度)
  • 2017年8月の積立報告です。今月も先月から一切変更がありません。ツマラナイ報告ですが、裏を返せば年間計画に沿って淡々と投資を継続できているという証拠でもあります。毎月の収入は手当が付いたり付かなかったり、あるいは残業の有無などによっていくらか変動しますが、投資額については完全に固定しています。考えることが少なくてすむうえ手間もかからないので、家計が単月で赤字に転落しない限りは、そのままこの方法でやっ [続きを読む]
  • 個人向け国債の利金が入金されました
  • 先日、個人向け国債(変動10)の利金が入金されました。気になる入金額ですが、1000円もありません。。。泣マイナス金利政策下なので仕方がありません。それでも個人向け国債であれば最低利率保障(0.05%)があるので、まだマシです。ここまで金利が下がってくると市中の銀行からお得な定期預金キャンペーンを探したほうが良いような気もしますが、個人向け国債はペイオフを気にしなくて良い点、変動金利であるためインフレにはそ [続きを読む]
  • 「東証マネ部」の取材を受けました
  • 先日、東京証券取引所が運営するオウンドメディア 東証マネ部より取材の依頼があり、「私の投資のきっかけ」というテーマでお話をさせていただきました。取材依頼を受けて初めに思ったこと・・・・オウンドメディアってなに?普通のウェブとは違うの?恥ずかしながらオウンドメディアの意味が分からず、調べることに。オウンドメディアとはオウンドメディア(Owned Media)は、広義では、自社が所有する(Owned)メディアを意味し [続きを読む]
  • 読書感想文『ズボラでも「投資」ってできますか?』
  • 先日の飲み会でお会いしたFPの高橋忠寛さんの著書を拝読しました。同じズボラというキーワードを使っています。他にもこのズボラというキーワードを使って投資本や雑誌コラムを掲載している人を散見します。狭い範囲の話になりますが、金融業界的には今年の流行語になるんじゃないか!というくらいの勢いですね。ズボラでも「投資」って、できますか?~元メガバンカーが教える お金を守り、増やす超カンタンな方法 [単行本(ソフ [続きを読む]
  • 資産状況(2017年8月度)
  • 2017年8月度の資産状況(リスク資産ポートフォリオ)です。一見すると株式だけで7割超、しかも大半は外国株で保有しているためリスクが高い運用をしているように見えますが、実際は同じ規模の無リスク資産を有しているため、マイルドな運用です。またリスク資産についてもほとんどがインデックスファンドであるため、十分に分散が効かせています。むしろ、日本と世界のGDP比や時価総額比からすると、もう少し外国株の割合を高め [続きを読む]