小吾郎ママ さん プロフィール

  •  
小吾郎ママさん: Dear My Son 〜 愛する小吾郎へ
ハンドル名小吾郎ママ さん
ブログタイトルDear My Son 〜 愛する小吾郎へ
ブログURLhttps://ameblo.jp/love-my-kogoro/
サイト紹介文1.1キロのプードル 小吾郎との思い出を記録するためのブログ。
自由文小吾郎と共に感動した素晴らしい光景の写真をご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2012/11/26 20:29

小吾郎ママ さんのブログ記事

  • 紫のベール
  • 小吾郎へ 日本の四季を感じさせてくれる花、藤藤が創り出した美しい紫のベールを見ながら心地よい春風を感じたママなのでした。 前回ご紹介したあしかがフラワーパークで撮影したお写真です。(関連記事はこちら→☆) 今までも藤の花を見てきましたが、こんなベールのような藤は初めて。本当に見事な藤でした。 その時に目にした藤を表現したくて撮影してみたのがこのお写真です。 小吾郎、あしかがフラワーパークはワンコの入場 [続きを読む]
  • 藤の美
  • 小吾郎へ 日本一と言われる藤一度は訪問してみたかったこの場所で、藤の美を堪能したママなのでした。 仕事繁忙期中で今年も諦めざるを得ないかと思っていたのですが、たまたまクライアントの都合で待機状態になったので、昨日、あしかがフラワーパークに行ってみました(*'▽') 都心の自宅からでも往復で6時間もかかってしまう、あしかがフラワーパーク。新幹線利用とは言え、北国の実家を往復するよりも時間がかかるので、やはり [続きを読む]
  • 夕日と菜の花
  • 小吾郎へ 夕日が綺麗な春の日オレンジ色に染まった菜の花が愛おしく思えたママなのでした。 熊谷桜堤の菜の花です。関連記事はこちら→(☆と☆と☆) この日は空が真っ赤に染まり、とても夕日が綺麗でした。桜を楽しんだ花見客も皆、夕日に釘付けになっていました。 ふと足元の菜の花を見てみると夕日色にお化粧された菜の花が。 思わずカメラを向けてパシャってみたのがこのお写真です。 小吾郎冬の時期とは異なり随分と日の入り [続きを読む]
  • Sakura Reflection
  • 小吾郎へ 都会の春の夜美しい桜のリフレクションに息を呑んだママなのでした。 こちらも千鳥ヶ淵で撮影したお写真です。関連記事はこちら→(☆と☆) この撮影スポットは特に人気の高い場所なので、毎年イモ、イモ、イモ洗いのよう・・・(笑)最近では外国人観光客の訪問も益々増えて日本語ではなく様々なお国の言語が飛び交います。 大混雑とは言え、せっかく千鳥ヶ淵に行ったならやはりちょっとだけでもここからの眺めを見てみた [続きを読む]
  • お花畑の小吾郎くん
  • 小吾郎へ 満開の桜と菜の花に囲まれて・・・今年の春の楽しかった思い出を写真に残すことができて嬉しかったママなのでした。 以前ご紹介した熊谷桜堤でしたお写真です。関連記事はこちら→(☆と☆) 大勢の花見客で賑わっていた熊谷桜堤でしたが、桜並木の端近くの土手は比較的空いていて、ここで小吾郎といっぱいお散歩やお遊びを楽しみました。 その時に撮影したお写真のひとつです。 小吾郎ご近所でのアスファルトで舗装され [続きを読む]
  • 夜桜の舞
  • 小吾郎へ 月に照らされた満開の桜美しい夜景を取り囲む夜桜が舞を踊っているように見えたママなのでした。 仕事帰りにちょこっと立ち寄った千鳥ヶ淵で撮影したお写真です。 今年の春も大勢の花見客で賑わっていた千鳥ヶ淵。混雑時は三脚禁止なので、手持ちで撮影してきました。(なのに、三脚使用しているカメラマンのマナーの悪さにはがっかりです。。。) 仕事の疲れが溜まっていたので、短時間の撮影でしたが、今年もまたこの場 [続きを読む]
  • 日が沈む頃
  • 小吾郎へ 日が沈む頃の土手桜と菜の花の向こうに見える夕日を捉えてみたママなのでした。 先日ご紹介した熊谷桜堤で撮影したお写真です。(関連記事はこちら→☆) 日中は大勢の花見客で賑わっていた熊谷桜堤も日が沈む頃にはまばらになってきました。 が、土手の駐車場には次々と車がやってくる〜 そして、あっという間に桜並木と菜の花畑の間には大勢の宴会客が集まってBBQも始まったりで(@_@) ということで、人がはけた僅か30分 [続きを読む]
  • 都会の夜桜
  • 小吾郎へ 都会の夜桜が見てみたくなって・・・カメラ片手に懐かしい場所を訪問してみたママなのでした。 2週間前、都内でも有名な桜の名所である六本木の桜並木を訪問してみました。 実は今の職場に転職する3年弱前まで、10年以上もこの場所周辺に勤務していたんです。 休日には小吾郎とも一緒にお散歩していた思い出の場所。今年も桜の季節は繁忙期で遠出ができないので、小吾郎とも楽しめるこの場所につい足が向いてしまいました [続きを読む]
  • 夕刻の桜
  • 小吾郎へ 日が沈んだばかりの都会の春 散りゆく前の桜を捉えたくて、またこの地に赴いてしまったママなのでした。 先週金曜日に撮影したお写真です。 連日の残業続きでしたので、 週末に撮影しようと思っていたところ、都内の桜は先週半ばが満開と知り、この日は気持ち早めに退社して 近場の千鳥ヶ淵に立ち寄ってみました〜 小吾郎 この日も残業の時のように帰宅が遅くなってゴメンね。でも、翌日には前回のブログ記事でご紹介 [続きを読む]
  • 絵画のように・・・
  • 小吾郎へ 心地よい春のそよ風に誘われて。絵画のような春を捉えてみたくて、ファインダーを覗いてみたママなのでした。 昨日、お天気の熊谷桜堤に行ってきました。 元々は、桜満開時期の金曜か月曜日に有給を取得するつもりでこれまでずっと仕事頑張ってきたのですが、4月中も仕事のスケジュールがかなりタイトな上、追加の仕事も入ってしまいましたので、有給は諦めて日帰りで行けるこの場所に急遽変更〜 もう桜も散り始めていま [続きを読む]
  • 春の皇居
  • 小吾郎へ 春真っ盛りの皇居桜の花弁に囲まれて嬉しそうな白鳥さんに出会えて嬉しかったママなのでした。 昨日の皇居の様子です。 満開の桜のために耐え続けてきたその苦労が報われたのか、多少なりとも余裕ができたので、超〜短時間で超〜近場の撮影をしてきました(笑) 仕事の現状に変化なければ、桜が散る前にもうちょい撮影する時間がとれそうですが、何時来るか分からん仕事の依頼で、一寸先は闇です(@_@) 小吾郎ママ、今週末こ [続きを読む]
  • 太陽を浴びて
  • 小吾郎へ 春を待ちわびていた桜たち太陽を浴びた満開の桜がほほ笑んでいるように見えたママなのでした。 こちらも昨年、弘前で撮影したお写真です。 弘前の桜は見所満載。様々な種類の桜が園内いっぱいあり、いつも「あぁ、もっと見たかった〜」と思ってしまいます。 特に、これまで日帰り訪問でしたので、最終の新幹線に乗るためには、早めに弘前城を後にしなくてはならなくて・・・ 何時か泊まりで弘前の桜を見に行きたいです。 [続きを読む]
  • 春の到来
  • 小吾郎へ やっと春が到来しましたよ。ようやく訪れた春をもっとあなたと一緒に満喫したいなって思ったママなのでした。 昨年のGWに訪問した弘前で撮影したお写真です。 今日の東京は心地の良い春晴れの日でしたが、ママ、2月末からお休みなしでずっとお仕事してきた疲れがたまり過ぎたようで昨晩から身体が思うように言うことを聞いてくれなくなっちゃって。。。 でもね、今朝あなたをトリミングに連れて行った後、ちょっとだけ休 [続きを読む]
  • 光のアート
  • 小吾郎へ 夜の遊園地に現れた光のアート肉眼では捉えられない世界をカメラに収めてみたママなのでした。 よみうりランドで撮影したお写真の続きです。(関連記事はこちら→☆と☆) カメラを始めて以来、遊園地を訪問した時に必ずやりたくなるのがコレ。今回も大人げなくついついやっていまいました〜 但し、唯一の難点は、この遊具に乗るお子様達がなかなか集まらず、遊具が動き出すまで辛抱強く待ち続けなければならない点です( [続きを読む]
  • 冬の桜
  • 小吾郎へ 冬空に大輪を咲かせた桜の木もうすぐこの木に咲く大輪の桜が待ち遠しいママなのでした。 よみうりランドのイルミネーションの続きです。 今日の東京はお天気のお散歩日和でしたね。が、この時期は、恒例の超〜繁忙期のため、朝から自宅でお仕事。少しでも早く終わらせて小吾郎とお散歩に行こうと思っていたのですが、リモートアクセスしていた職場のITシステムがトラブっているらしく、何度もフリーズしまくりで、全然仕 [続きを読む]
  • 夜の遊園地
  • 小吾郎へイルミネーション眩い夜の遊園地おとぎの国で童心に帰ったママなのでした。 2月中旬によみうりランドで撮影したお写真です。 昨年末は遠征していたり、仕事が忙しかったりで見逃してしまったクリスマスイルミ。 残念に思っていたところ、よみうりランドでは2月18日までイルミネーション開催期間中とのことで、開催期間最終日目前に、初となるよみうりランドに行ってみました〜 が、その前の週に火振りかまくらを訪問してい [続きを読む]
  • 三陸の朝
  • 小吾郎へ こよなく愛する三陸の海。この地に差し込めた朝の光が未来への希望のように思えたママなのでした。 昨年12月中旬に訪問した三陸の朝の光景です。(詳細についてはこちら→☆) 右側に写っている建物は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で有名になった久慈の小袖海岸海女センターです。 どうしてもまた訪問したかったこの地。真夜中に独りで車を飛ばし、対向車や後続車もなく真っ暗闇でしたが、祈りを捧げました。 この写 [続きを読む]
  • 火振りかまくら ‐ Final
  • 小吾郎へ 今年の冬、一番の思い出となった火振りかまくら。またいつかこの地を訪問したいなと思ったママなのでした。 ここずっとご紹介している火振りかまくらのFinalです。(関連記事はこちら→☆と☆と☆と☆と☆と☆) 他にもここで撮影したお気に入り写真はあるのですが、世間は既に春の装いなので、ここで一旦区切りをつけようかと・・・ ですが、実は現在、2月中旬から6月末まで続く繁忙期の真っ只中。今年は特に忙しくて撮 [続きを読む]
  • 冬花火と火の輪
  • 小吾郎へ 雪空に打ち上げられた冬花火。火の輪の舞い降りた神様も楽しんでいるのだろうなと思ったママなのでした。 火振りかまくらのお写真の続きです。(関連記事はこちら→☆と☆と☆と☆と☆) 火振りかまくらのフィナーレには、冬花火の打ち上げもあったんですよ。 比較的小規模な花火でしたが、担当したのは大曲花火大会でも内閣総理大臣賞等々の受賞歴もあるあの有名な地元の株式会社小松煙火工業さんで、会場は大盛り上がり [続きを読む]
  • 炎の龍
  • 小吾郎へ 雪景色に浮かぶ火の輪。身体と大地を清める火が炎の龍のように見えたママなのでした。 火振りかまくらのお写真の続きです。(関連記事はこちら→☆と☆と☆と☆) こちらのお写真は少し離れた場所から撮影しましたが、火振りかまくらの終盤には地元の方々が超広角レンズでも火の輪が入りきれない程近距離で火の付いた俵を回して下さいました。 でも実は、この火の付いた俵、縄が燃え尽きた時に突然飛んで落ちるので目の前 [続きを読む]
  • 降りしきる雪の中で・・・
  • 小吾郎へ 絶え間なく降りしきる雪。長きにわたり続きてきたこの伝統行事を見守ってきたように思えたママなのでした。 火振りかまくらのお写真の続きです。(関連記事はこちら→☆と☆と☆) これまでご紹介した火振りかまくらのお写真には余り雪が写り込んでいませんでしたが、この日、現地では朝から大雪が続いていて、火振りかまくらの最中も実はこんな状態だったんです。 ここ数年は毎年、これよりももっと凄い雪と寒さで火振り [続きを読む]
  • 神聖なる夜
  • 小吾郎へ 寒さ厳しい北国の夜神様がこの地に舞い降りてきたような気持ちになったママなのでした。 前回ご紹介した『火振りかまくら』の続きです。 写真の右側の男性が持っているのが火を付ける前の俵です。 現在は編んだ稲わらだけで出来ているのですが、かつては炭を入れた米俵だったそうで、火が付くまでに非常に時間がかかり、しかもかなりの重さで火振りするのが大変だったそう。 今回、私も一年の無事を祈願して火振りに参加 [続きを読む]
  • 火振りかまくら
  • 小吾郎へ 雪深い山間の地方で行われた伝統行事、火振りかまくら。いつかは参加してみたいという夢をようやく叶えたママなのでした。 先週、角館で行われた火振りかまくらに行ってみました。 火振りかまくらは、わら紐の先に付けた稲わらを編んで作った小さな俵に火を付けて、からだの周りを振り回し、神聖な火で厄を払うとともに、五穀豊穣・無病息災・家内安全など、一年の無事を祈願する伝統行事。 以前から非常に興味がありまし [続きを読む]
  • 雪の夕暮れ時
  • 小吾郎へ しんしんとそして時に激しく降る雪。真っ白なみちのくの小京都を旅してみたママなのでした。 実家で用事があったので、先週末の連休+αに帰省した際ちょこっとだけ秋田にも行ってみました。 深い雪と寒い気候で有名なこの場所。この日も寒波の影響で日本全体が大雪でしたが、久しぶりの雪国に童心にかえり、パシャパシャしてきました〜 小吾郎マイナス10度近かったので、さすがにあなたには実家でお留守番してもらったけ [続きを読む]
  • Red Pearl Fuji
  • 小吾郎へ 赤く染まった富士山の頂上に舞い降りた月。1年に1度見られるかどうかのこの光景に感激したママなのでした。 昨年12月初旬に撮影したお写真です。 太陽が富士山山頂に来た瞬間はダイヤモンド富士と呼ばれていますが、月が富士山山頂に来た瞬間はパール富士。 でも、富士山が夕日に照らされた時間にパールになる日は年に数回だけで、その日の天候次第では富士山すら見えないことがしばしば。 昨年は悪天候ばかりに当たって [続きを読む]