マニ蓮華 さん プロフィール

  •  
マニ蓮華さん: 僕とハナの霊界探検記
ハンドル名マニ蓮華 さん
ブログタイトル僕とハナの霊界探検記
ブログURLhttps://ameblo.jp/manirenge/
サイト紹介文過去世の妹ハナ(享年3才)とその生まれ変わりM子を通して対話するようになった、その成長の様子を語ります。
自由文僕こと私は、普通に事業を営む傍ら、日々お祈りを続けて数十年 少しずつ、いろんな不思議な出来事が周りで起こり始めました。
魂友M子へ夢や霊聴により伝達される霊界からのメッセージから始まり、そんなある日苦しみを訴え無縁者がM子の口を通じ語りだし、それをきっかけに過去世の義妹ハナ(享年3才)と出会うのでした。

そのハナの霊界での奮闘や成長の様子を中心に物語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/11/29 01:16

マニ蓮華 さんのブログ記事

  • 神仏と正しく繋がるには? ①
  • 今年に入り機縁が熟しましたのか、ある女性(Oさん)に懐中仏(不動尊)を開眼しお渡しする事にしました。懐中仏であれば常に携帯できますし 時間がある時や辛い状況の時は、スタンドに立てて礼拝ができると お伝えしておりましたので、今のところ、次第の通りに日々続けられているとの事でした。 しかしながら当初の私の予想は、Oさん自身が、宗教や神仏に対しアレルギーの如く猜疑心を感じておりましたので、そう長くは続かないの [続きを読む]
  • 【Q&A No.7 ご縁の深い神仏は? ③】
  • 前回、ご自身と縁の深い神仏を認識されている方は その繋がりをより深くした方が良いといったお地蔵様のご助言がございました。 真心からの信仰が深まるにつれ 守護される神仏も徐々に増加していく事が多くなります。そして、それぞれの神仏は 各々のご誓願に沿ったお徳を施与されようと致します。しかし、そうなりましても、特にご縁が深いと思われる神仏様とのご縁を根本におかれる事をお勧めします。たとえ直接的なご利益を [続きを読む]
  • 【Q&A No.7 ご縁の深い神仏は? ②】
  • 前回からの続きになります。今回のお話は、2012年2月頃の事です。その日は数日前に 自ら命を絶ったような団体様御一行?(ハナちゃんの目測では40〜50名。)を、お送りした余波と思われる邪気浄化に努めておりました。それも終盤に差し掛かり、様子を伺ってみました。 ※読者の中に邪気邪念の浄化に励まれている方もおられますので、  参考になりそうな箇所を併せて表記しております。 僕  「誰か近くに良い人(神仏様の事)いる?」 [続きを読む]
  • 【Q&A No.7 ご縁の深い神仏は? ①】
  • 私に対する相談で、「私(相談者)と縁の深い神様、もしくは仏様はどちら様でしょうか?」という類のものがよくございます。個人的には、何となくイメージとして浮かぶ事も多いのですが、ハナちゃんのように視える方から知らされる、助力にお越し下さる神仏は、その時々の状況によって、根本の守護神仏ではない場合もあるというのが実情です。 例えば、最奥に薬師如来様がおられる方の場合であっても、その状況においてお不動様なり、 [続きを読む]
  • 願望成就に至るまで ⑤
  • このシリーズ総集編になります。お伝えしたかった事は、これまでの神仏様との対話を通じ、各々感じて下されば幸いです。大切だと思うのは、 【神仏様といえ 本人の努力・成長なしに すべてを叶えるのは無理だという事。】 時に慈愛をそのまま表される お優しい神仏様は、人の事を想い涙を流されます。最初は 「神様って人間の為に泣くの? 泣くくらいなら願いを叶えれば済むのに。。」などと 私自身、無知ゆえ不遜な振舞いが [続きを読む]
  • 願望成就に至るまで ④
  • 前回からの続きになります。神仏に願う事柄で 過去世からの宿業、持ち越した課題に関する内容の場合は、浄化や清算が進むまでは、そう容易く短期間に すべて成就する可能性は低いと思われます。深さと本人の気づき・努力度にもよりますが、一生をかけて向き合うべき事柄なのかもしれません。かと言って 悲嘆する必要はなく、その課題と仲良く?  上手に向き合いながら生きるという事が大切なのでしょう。 さて今回は、神仏様サ [続きを読む]
  • 願望成就に至るまで ③
  • 前回からの続きになります。神仏様サイドとしては、加護を求める人に対し 可能な限り手を差し伸べる事が許されているようです。その許される範囲・基準は、より高位におられる神仏様の許しという意味もございますが、法(人間界の法律ではなく宇宙の真理)に照らし合わせた基準、その魂の輪廻する目的に応じた範囲内の加護が得られるという事のようです。 以前は、私自身も本職でもないのに来る日も来る日も 邪の者との対応に辟易 [続きを読む]
  • 願望成就に至るまで ②
  • 前回からの続きになります。日々 神仏に手を合わせ交流が密になるにつれ、その信仰心をお受け取りになられた神仏様は宿業の許す範囲内において、礼拝者の願うところの成就を手助けしようとして下さるようです。とは言いましても、人間界における親子関係と同様に なんでも買い与えたり、お膳立てをする事によって かえって自主性が損なわれたり、思い通りになる事で堕落したり、本来進むべき方向性に支障をきたす虞がありますと [続きを読む]
  • 願望成就に至るまで ①
  • 時折、神仏様との対話の中で 指摘される事柄の中に「あなたの祈りが届きます。」といった言葉が何度かございました。おそらく、真心を言霊に籠めたお唱えが 出来た時に、純粋な祈りとして神仏の世界に届くのだろうと思われます。 人の口から発せられる 言霊となった霊=魂は ハナちゃんのような存在の方からは、一つの形を持った姿として認識されます。そもそも、悪口であれば念も籠りやすいようですが(笑)、聖なる純粋な言霊 [続きを読む]
  • 【阿弥陀仏四十八願・五劫思惟】 後編
  • 前回からの続きになります、カテゴリーのご先祖様という内容からは、少し離れますが、流れの一部として掲載しております。。 大乗仏教における諸仏は、菩薩の時より ①【誓願】を立てられ それらを成就する事で 各々の仏国土を築かれると信じらています。 今回のタイトル ②【阿弥陀仏四十八願】 ③【五劫思惟(ごこうしゆい)】とは、阿弥陀仏が前生の法蔵菩薩であった時、誓願である四十八願を立てらるのに 五劫という長時間 [続きを読む]
  • 【阿弥陀仏四十八願・五劫思惟】中編
  • 前回からの続きになります。前・後編の二回では収まらないようでしたので、今回は中編とする事にしました。 まず、誤解のないように補足しておきますが、亡くなったからといって誰もが 代々の宗派の経典を学ばなければならないということではありません。浄土に到達し さらに学びを深め 仏国土へ到達しようとする御霊、または生前、故人に深い信仰がなくても 代々の信仰が受け継がれ、熱心に供養する子孫がおられますと その [続きを読む]
  • 【阿弥陀仏四十八願・五劫思惟】前編
  • 私の父が亡くなって8年経ちますが、二年目の三回忌くらいの時期に、ハナちゃんを通じて 会話できるようになったと記録にございました。 先祖を祀る仏壇は 私の信仰する密教祭壇とは別に、宗派的には浄土真宗の形態を引き継いでおります。その仏壇でも時折 ハナちゃんと一緒に供養していましたが、何やら、ハナちゃんに言葉が聞こえて来たようです。 ハナ 「しょうしんねんぶつげ ? むりょうじゅきょう たんぶつげ、     [続きを読む]
  • 人間関係のもつれ
  • 人の悩みはそれぞれですが、私が耳にするもので多いのは、病、人間関係(家族・会社・恋愛)、霊的なトラブルが多いようです。どちらかと言えば、開運して大成功したい、利益を上げたいといった増益に関するものより、現在何かに困っていて そのマイナスを無くしたいといった息災的な事の方が多く、困難な状態である 今のマイナスをプラスにというより せめてゼロ地点にならないものかといった感じです。 今回は、その中でも人間 [続きを読む]
  • 地蔵流し
  • 地蔵流しの詳細について 何件かお問い合わせがございましたのでこちらに返答させて頂きます。 お近くで そのような行事をしている寺院がないと言われる方が案外多いようでした。そこで もし、地蔵流しを行ってみたいという方がおられましたら、ストックは数点ですがお分けするようにいたしました。お地蔵様のゴム印+印紙1,000枚(水に溶ける)のセットが2,500、追加の印紙は1,000枚1束単位で700(税別) +送料になります。申し込 [続きを読む]
  • 盂蘭盆〜地蔵盆
  • 暑中お見舞い申し上げます体温を超える最高気温の 猛暑が続く地域もあるようですが体調崩されていませんか?暑さもさながら ジメジメした湿気が多いと ホントにグッタリなりますよね・・・ この時期と言いますか お盆前になりますと、私の周りでも体調不良や持病が悪化する方がおられます。暑さによる身体的な負担もありますが、何かしら霊的な影響の出やすい時期なのかもしれません。肉体的なメンテナンス(睡眠・食事・休養)を [続きを読む]
  • 霊性進化の通過点③(聖地の祈り)
  • 聖地での祈り(護摩)を終えた後、M子の身体に脳疾患のような症状と、ハナちゃんには、鬼のような姿として悪しき者が視えました。とりあえず、なんとか浄化し祓う事はできましたが、当時は私自身 改善していく過程や流れといった道理を よく理解しておらず、「せっかく聖地で護摩を修法したのに なんで? むしろその地で 何か良からぬものを寄せ憑けてしまったのか?」といった疑念の方が 強くありました。そこで、その時ご助力 [続きを読む]
  • 霊性進化の通過点②
  • 私は以前守護の方より M子の生命の危機に関わる祈りを ある聖地で行うように助言された事がございます。その助言は 日頃ご指導いただく守護の方とは違うらしく、ハナちゃん曰く 四角い白いおじさん(顔が角張っていたのでしょうか?)との事でした。 当時、M子自身に何の兆候もないのに、突然死のような事が懸念されたらしく、護摩をとまでの指示はございませんでしたが、案件が命に係わり重大な為、私の判断で その地で護摩を修 [続きを読む]
  • 霊性進化の通過点①
  • ご自身の魂の成長を第一に考え 聖地または、神社仏閣に参拝したり、日々の生業に励んだりしておりますと 時に突発的な邪気邪念等の憑依に遭遇する事があります。 その時、憑依の理由を懸命に推察する方もおられますが、ケースバイケースですので特定するのは難しくもあり、判るのであればそれはそれで有益ですが、実際に自身を守るには それを浄化するなり、して頂くなり適切な対処をする事の方が重要です。 縁がないものは憑か [続きを読む]
  • 神社deご祈祷 【玉置神社/三柱神社(悪魔退散)】
  • 毎月私のお加持を受ける方で、なんでも今年の春頃に ご神木の夢を見られたようで、あれこれ探っていくと どうも奈良の玉置神社さんの神代杉かもしれないとの事でした。                        本日頂いた画像 そして本日、奈良県の玉置神社をご家族で参拝するという報告がございました。そこで、簡単にアドバイスをさせて頂いたのですが、一般的にも参考になる部分もあるかと思い記事にしました。 玉置 [続きを読む]
  • 七月七日 七夕の祈り
  • このたび 九州地方の記録的な集中豪雨により、被害に遭われた皆様に対して 心よりお見舞い申し上げます。今も尚 避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全と 早期復興を心よりお祈り申し上げます。 さて、昨夜は七夕でしたが、早いもので最後にハナちゃんと通信してからちょうど一年となりました。当初は ほんの数か月間で学び終え また同様の関係性で よりレベルアップした活動をするのだろうと勝手に解 [続きを読む]
  • 自然災害(天災)に思う
  • 日本各地の広範囲、特に九州・中国地方において 災害警報・注意報が発令されております。 最近よく「数十年に一度の記録的な」「歴史的な」「今までに経験したことがないような」等という言葉を目にしますが、先の大震災をはじめ、それほど尋常ではない事態に、現に遭遇しているのですから 改めて自然の脅威、そして畏敬、環境問題について 一人一人が考え直さなければならない時期が訪れたのかもしれません・・・おそらく神仏 [続きを読む]
  • 遠いご先祖様からの伝言 ⑧
  • スピリチュアルランキング" target="_blank">遠いご先祖様からの伝言 ⑦ からの続きです。過去の記憶を辿りながらの作業ですので 間が空いてしまいました・・・読みにくいかもしれませんが、テーマ別にカテゴリーはしております。あちらの世界からの要望が どんなものがあるかの参考くらいにはなると思われます。 さて、近江の国・滋賀に赴き ご先祖様の要望にお応えしてから数日後に、労いとご助言を頂きました。それから若干 [続きを読む]
  • 休むべき時は休みなさい ②
  • 前回からの続きになります。 ハナちゃんから 小さな黒い邪気がたくさんあるという事を受け、とりあえず九字を切り すべて取り除きました。その後 大祓いを奏上しておりますと、 ハナ「池のあるお家(神社)来たよ。白いおじいちゃんみたいな人が 何か言ってる。」 僕 「いつもの白いおじさんと違う人?」 ハナ 「髪の毛あって お口の下にも髪の毛あって(あご髭の事でしょう(笑))    おじいちゃんみたい。」 僕  「そちら [続きを読む]
  • 休むべき時は休みなさい ①
  • 今現在のように 多少の困難がありましても、日々平穏に過ごさせて頂いておりますと、それが当たり前となってはいます。しかし、過去の記録誌を省みた時、 すぐに当時の心境が甦り 心の奥底から有難さというのか 感謝の気持ちが湧き上がって参ります。 人の多くは、一般的なこの世の不幸とされる状況に遭遇いたしますと、「神様がいるなら どうして助けてくれないの?」「神様って なんて残酷なのだろう・・・」というような声 [続きを読む]
  • 悲しみや苦しみを溜めない
  • 生きていく道中には、誰しもいろいろなストレスがあります。その感じ方や負担度は その人の受け止め方や向き合い方で変わりもします。今回は特に 我慢強く 日頃から愚痴も言わずに 努めて笑顔で過ごしているような方に向けてのお話です。 このブログは、神仏を絡めてのお話になりますが、私へのご助言やご指導の中で、十一面観音様より【今は耐える時】といった内容がございました。その本意は 「今は辛くても 先は開けてく [続きを読む]