マニ蓮華 さん プロフィール

  •  
マニ蓮華さん: 僕とハナの霊界探検記
ハンドル名マニ蓮華 さん
ブログタイトル僕とハナの霊界探検記
ブログURLhttps://ameblo.jp/manirenge/
サイト紹介文過去世の妹ハナ(享年3才)とその生まれ変わりM子を通して対話するようになった成長の模様を語ります。
自由文僕こと私は、普通に事業を営む傍ら、日々お祈りを続けて数十年 少しずつ、いろんな不思議な出来事が周りで起こり始めました。
魂友M子へ夢や霊聴により伝達される霊界からのメッセージから始まり、そんなある日苦しみを訴え無縁者がM子の口を通じ語りだし、それをきっかけに過去世の義妹ハナ(享年3才)と出会うのでした。

そのハナの霊界での奮闘や成長の様子を中心に物語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/11/29 01:16

マニ蓮華 さんのブログ記事

  • 他者へ想いと祈りを廻らせる②
  • この度の西日本豪雨に於いて被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 遭えなくお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、一日も早く、被災地が復旧・復興され、被災者の方々に平穏な生活がもたらされる事を心より祈念いたします。 さて、前回①からの続きになります。このシリーズは私の個人的な葛藤でもあり、参考になる部分は少ないのかしれません・・・予めご了承願います。 さて、私自身をはじ [続きを読む]
  • お経や真言が覚えられない・・・
  • シリーズの途中ではありますが、タイトルのような相談を伺う事がございます。私自身も勉学を含め、記憶力に自信はございませんので、お気持ちは察するに余ります。ところが私の場合、神仏の経典や祝詞等の暗唱に関しては、あまり苦になったという記憶はございません。おそらく過去世で習得していたからではないかと思っております。また周囲でお薦めした方の中に、覚えの早い方、すぐに覚えられない方がおられますが、やはり過去世 [続きを読む]
  • 他者へ想いと祈りを廻らせる①
  • ここ数年、私自身が認識している 過去世の方の悔悟に思いを馳せる事がよくございます。要するに過去に生きていた自分の魂が、生まれ変わった今の自分に対し、今後において何を望んでいるのか? といったようなものです。 私が認識している自分の過去世の方で 直接的な対話を通じてご意向を伺った方は ほとんどが神職か僧侶でしたが、具体的な指導・指示はないにしろ、私個人の願望を尊重しつつも、何かしら自分以外の社会や他者 [続きを読む]
  • 大阪北部地震お見舞い申し上げます
  • この度、大阪北部を震源とする地震により、お亡くなられた方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。また、被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。 断続的な余震、さらに大雨による二次災害等の懸念もございますので、まだ予断の許されない状況であります・・・ 一日も早い復興と皆様の心身のご健康ならびに安寧を心よりお祈り申し上げます。 にほんブログ村 スピリチュアルランキング [続きを読む]
  • 嬉しい知らせと改心した生霊の話
  • 過去ブログ記事 【天からの贈り物】 で ご紹介しておりましたY子さんですが、先日 無事に出産されたとのご報告がございました。しかしながら、羊水過多の兆候があり、予定日より1ヶ月程早産ではありましたが、今のところ母子共に異常なしということでありましたので、ホッと胸を撫で下ろしているところです。とにもかくにも、新しい生命の誕生は喜ばしい限りです、それも神仏縁の深い方のお子さんであればきっと 世の為とな [続きを読む]
  • 時間のやりくり上手
  • 現代に生きる方々は、大昔からすると時が経過する感覚が早く感じ、何事にもスピードが求められる時代と言えます。それによって 毎日が慌ただしく忙しく、日々時間に追われておられる方が大多数だと思われます。遠い昔のように、朝起きて まず水を汲むとか火を熾すとかはないにしても、現代のように、便利さが当たり前になればなったで、また違った作業があったりします。家族を養うために働く主人、家庭を守る主婦、昨今は共働き [続きを読む]
  • 笑って泣けるアニメ(花田少年史)
  • 先日より、知人から薦められた動画、「花田少年史」 という作品を見ています。私自身、漫画やアニメは、あまり読む見る機会が少ないので 全く知らなかった作品ですが、結構以前の製作でしたので、すでにご覧になられた方も多いかと思われます。未だご覧になられていない方に、お薦めしておきたいと思います^^ 動画①②話 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=xq4gR0hyvvM&t=5s ※1〜24話までのようです。 古き良き時代を思わ [続きを読む]
  • 困る前に
  • 当たり前の事かもしれませんが、私も含め 人間というものは いざ窮地に陥った時に必死に打開策を講じる傾向があるように思います。身近な例では 何か締切日やテスト日、発表日という日時が限定されると寝食を犠牲にしても没頭します。期限がある故 必要に迫られ最大限の努力をするのが人の特性なのでしょう。 また、健康には自信ありの方に多いのが、自分は病気にならないという自負から 少々無理をしていたり さほど食生活 [続きを読む]
  • 【母の日】知恩から報恩へ
  • 今日は、「母の日」でしたね。 日頃の感謝をお伝えになられましたか?(笑)私の母の近況報告しては、節分の頃 誤嚥から軽い肺炎となり、抗生剤の点滴でなんとか回復しておりました。しかし、病院サイドも嚥下障害のリスク回避の為か 口からの食事を控えていました。栄養価の高い点滴と鼻からチューブを通しての栄養補給でしたが、私としては、身体にとってあまり好ましくはなく、徐々に弱体化していくのではないかと心配していま [続きを読む]
  • 人を活かす言葉
  • 先日あるイベントでご一緒になった方(Y・Nさん)がおられまして、てっきり初対面のつもりでご挨拶しました。 私      「はじめまして〇〇と申します。」と名刺をお渡ししたところ、Y・Nさん 「私・・・〇〇さん知ってます^^」 と言うではありませんか。。私      顔に見覚えもありませんし、ずいぶん年下の方と思われましたので         「えっ!? どちらで?」と尋ねました。Y・Nさん  「小学生5〜6年生の時 [続きを読む]
  • 過去の御霊の悲しみ ④
  • 前回からの続きです。N子さんの過去世であるチヨちゃんのみならず、チヨちゃんのお母さん共々より良き状態になられるようにと さらにお唱えを続けました。 僕  「お母様の悲しみと心の傷を 観音様にお願いして癒して頂きたいと思います    チヨちゃんを抱っこして聞いていて下さいね。      聖観音真言・地蔵真言・十一面観音・光明真言    「どうですか?」チヨ母 「とても素晴らしいお唱えをありがとうございま [続きを読む]
  • 過去の御霊の悲しみ ③
  • 前回からの続きになります。他人の過去世を観察することで、自分自身の輪廻の目的であったり、克服すべき課題に気づいたり、さらに、過去世でのご先祖、特に母親の子に対する愛情は 大きく深いものなのだと学ぶことが出来ました。しかし、家族関係は良い繋がりだけではない場合もあり、一概に美談ばかりでもないでしょうが、逆縁もまた 学びに関係する為の設定なのかもしれないと思うようにもなりました。さて、今世のN子さんと [続きを読む]
  • 過去の御霊の悲しみ ②
  • 前回からの続きになります。N子さんの過去世の一人目に登場した男性の守護の方より 虚空蔵菩薩様がお見えになられたと知らせて頂きました。ちなみに 私がお加持をしている際、その方に縁の深い神仏を勧請することがあります。あるいは これを機縁としてお越し下さる神仏の場合もございますが、その由縁については 詳しくお話して下さらない神仏の方が多いようです。さて、この件では、虚空蔵菩薩がご助言下さいました。 虚空蔵 [続きを読む]
  • 過去の御霊の悲しみ ①
  • ある方(N子さん)が、初めて憑依というものを実感した時のお話です。N子さんは、比較的信仰心も篤く 日頃から神仏に手を合わせておられました。神仏縁だと思われますが、何度かお加持を施す機会がございまして、その際深い浄化が必要と感じましたので、過去世の御霊をお呼び立てし、その方を安楽な境地(十一面観音浄土)へとお送りしておりました。確か三度ほどの加持で落ち着いた状態となっておりました。興味深い事に 明治時代後 [続きを読む]
  • 苦しい時 辛い時こそ
  • 誰しもご自分の人生で 苦しい事・時期というのに遭遇いたします。その苦しみの度合いは、本人にしか分からなくもあり、また振り返ってみたり、他の出来事と比べてみなければ判断つかない事であります。人によっては その苦しみを そのまま苦しみと受け取らず上手に肥やしやバネにしていらっしゃる器用な方もおられます。そのような方を生き上手と言えるのでしょうね。 私の場合、今から7年前の2011年頃は 今となってみれば苦し [続きを読む]
  • 邪気の好む身体
  • 過去世を含んだ本格的な浄化が進んでいる最中、身体の霊的反応は敏感になり易く、ともすれば過剰に反応してしまうことが多くなるようです。それまでの日常生活では体感しなかったのに、人の集まる空間(買い物・病院・通勤通学)に赴いたり、時にはペットを散歩しているくらいの間でさえ 迷う霊の憑依や漂う邪気を吸収吸着するケースもございます。質の悪い憑依の場合、霊的な部分(オーラ・何層かの霊的肉体)にダメージを受け、目に [続きを読む]
  • 2018年3月21日 弘法大師正御影供
  • 昨日、春分の日は、全国的に生憎のお天気だったようです・・・ご先祖様を祀る墓所には、18日彼岸入りの日 天候にも恵まれ、お参りを済ませていましたので良かったのですが、毎年継続している お大師様の入定の日である3月21日は、一日中雨模様でした。風も強く 護摩を焚くのは難しい状況でしたので、久しぶりに理趣経を中心とした修法となりました。 理趣経は比較的長い経文ですので、日頃は初段と百字の偈を読誦しています。 [続きを読む]
  • 不安からの脱却
  • 私の個人的な印象として、利己的な信仰心でなく、日頃から神仏(身近な神仏や根源的大霊)への感謝をはじめ、加護を願いそのご縁を深める為、足繁く神社仏閣を参ったり、自宅に神棚なり仏壇を祭祀し手を合わせていたり、自己内存し守護する御霊を通じて祈りを捧げていらっしゃる方は、何かしら不都合があったり困った事態に陥った場合においても、根拠の有無に関わらず 比較的落ち着いた対応・対処される方が多いように思います。お [続きを読む]
  • 人助けは自分助けと同じ筋道
  • 本日3.11、例年通り 東日本大震災被災者追善菩提の為に、ささやかながら祈りを捧げさせていただきました。他者への加持も同様ですが、自分が個人として 出来る範囲であり自己満足なのかもしれませんが、純粋に素直に祈れるようになってきた事は、自分でも不思議であり神仏からの恩寵を神仏に感謝する以上に 僅かながらでも社会や他者へ還元することを神仏様は望んでいらっしゃるように思え、また今後においてもそのような方向で [続きを読む]
  • 過去世からの苦しみと自らの苦しみの違い
  • ある方(H子さん)のお話です。K子さんは霊的に敏感な方でして、なんとなく何か自分に憑いてて、それがどんなタイプ(人・動物)とか 今回は誰々の生霊だとか察していたようでした。ちょうどH子さんの過去世を一つ一つ浄化している時期、その過去世に関わる様々な障礙が噴出していました。その影響からかH子さんは、風邪を拗らせた状態が長引いていましたが、それが発端となり家族中(両親・お子様)まで一家中 同じような症状になった [続きを読む]
  • 他人の痛みを知る
  • ここ最近、母の見舞いのみならず、何名かの知人が入院したとの知らせを受け、病院に出入りする事が多くなりました。母親の方は、お陰様で小康状態を保ち順調だと言えます。一度誤嚥で軽い肺炎になったこともございましたが、今月無事に誕生日を迎える事が出来ました。私自身は、有難いことに病院には縁がなく、入院した経験もございません・・・そんな中、お見舞いした時に入院患者からよく聞くのは、看護師さんの対応に関する不満 [続きを読む]
  • 備後国一宮・吉備津神社
  • 前回からの続きになります。吉備津神社という名称は、草戸稲荷神社参拝前、自宅神前にてハナちゃんと礼拝中名称のみ知らせがございました。  吉備津神社といえば 備中国(現:岡山県岡山市)の一宮が有名であり、三国(備前・備中・備後)に分割される前は、吉備国の総鎮守として 大吉備津彦命を主祭神とした名神大社でありました。鳴釜神事や桃太郎伝説のモデルとしても有名ですね。 備中一宮・吉備津神社HP 神社の名称が伝えられ [続きを読む]
  • 備後国・明王院(閻魔天)
  • 前回からの続きになります。2012年1月当時は、勤行中 徐々に様々な神仏がお越しになり、私たちに加持なさっている頃でした。その中の一柱として「草戸稲荷」という名乗りを頂いたと受け止めておりましたので、なるべく早い時期に参拝に伺おうと考えておりました。ところがその10日程後、勤行を終え なんとなく雰囲気が違う気がしたので、ハナちゃんに尋ねてみました。すると新たに不明な 神仏がいらしているとハナちゃんが伝え [続きを読む]
  • 備後国・草戸稲荷神社(くさどいなりじんじゃ)
  • 一年の神社仏閣の行事の中でも、前回、節分の星祭りや厄除けは重要であると お話し致しました。さらに付け加えさせていただきますと、お稲荷様に関わる二月の初午祭も同様に重要であると思います。初午日限定というより、旧暦で新年明けた年頭、お稲荷様のご縁日に、その年の五穀豊穣や商売繁盛、現代に置き換えますと 繁栄・開運・心願成就するといった、増益に関する祈願を行っているのだと思われます。初午とは、稲荷神社の主 [続きを読む]
  • 【開運】節分星祭り②
  • 前回記事に書き忘れたのですが、Y子さんに送った般若心経を写経した腹帯代わりの布にまつわるのですが、送ってからY子さんの夢に 「その腹帯 誰に貰ったの?」と誰かに聞かれたそうです。私は 「生まれてくるお子さんか、身近なご守護の方では?」と咄嗟に答えましたが・・・まだ見ぬお子さんだったら不思議な事ですよね^^Y子さんは、腹帯を巻いて就寝されているようですが、翌日はY子さんの周りにお坊さんがたくさんいる夢を見ら [続きを読む]