淡雪 さん プロフィール

  •  
淡雪さん: 淡雪のだいたいブルーな話
ハンドル名淡雪 さん
ブログタイトル淡雪のだいたいブルーな話
ブログURLhttps://ameblo.jp/awa-yuki2011-12/
サイト紹介文ダンナは死んじゃいました。そんなダンナはスルーしてグレーの息子と日々のことを書いてます。
自由文世の男は浮気する男と、浮気できない男に別れるそうですが、ウチのダンナは浮気する男でしたよ。

そして自死しました。


あんまり横着してると自分で自分の首をしめる事になるんですよ。


誠実に生きましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/12/01 15:48

淡雪 さんのブログ記事

  • 夜景デート
  • 彼さんとデートするのを、おとめちゃんが制限するので、 私たちのデートには公デートと、お忍びデートの二種類があります。 お忍びの時は子どもたちが寝入ってから、ちょこちょこっと2人でお茶を飲みに行くことが多いのですが、 近所の夜景を見に行くこともあります。 夜景を見に行くと、他にも夜景目当てのカップルが来てたりしますが、 先日、ジェイソンのお面を被った人におどろかされて怖かったです。 すぐにお面を外し [続きを読む]
  • 気をつけなはれや。
  • 母宛てに定期的に来るバス旅行会社からのDM。 神戸の日帰り旅行が5500円。安! ぜひ行きたいということで、初めてその旅行会社を利用し、私たち3人と、母とで行ってきた。 お昼ごはんは700円の追加料金を払ってグレードアップしたが、それでも安い。 旅行スケジュールは、 布引の滝 神戸タワーの下で昼食。 南京町自由行動 であったが、南京町の次にバスで連れて行かれたショッピングがくせ者だった。 バス旅行にはつきも [続きを読む]
  • 織田裕二だったらしい。
  • 彼さんです。 誰しも一度は訪れるというモテキ。 20代の頃そうだったらしく、織田裕二に似ているともてはやされ、 あちらこちらから告白されたそうで、 「来るもの拒まず、去る者は追わず」がポリシーの彼さんは、 自然と二股、三股となっていったそうで。 ダメじゃん。 「その時の彼女は本当に好きじゃなかったんだな。」と自分をフォローする彼さん。 「それに今は、ひとめぼれを心配される容姿じゃないし、太ってるって [続きを読む]
  • 弟3のせいで。
  • お盆ということで、みんなで(おばさんや、結婚して外にいる弟1夫婦など)お寺に集合して、お参りをするわけです。 その後は、いつもみんなで美味しいものを頂くのです。 今年は、うなぎ屋でした。 予約制度のない店ということで、行ってみると1時間半待ちと言われました。 すると、弟3が、「そんなに待てない。なぜウナギにこだわるのか。すぐに食事出来るとこなら、 どこでもいいじゃないか。」というのです。 すぐ食べられる [続きを読む]
  • サプライズの危険性
  • 彼さんが、サプライズで夜に会いに来てくれる時があるのですが、 例えば昨日なんですけどね、そのサプライズには問題があるのです。 それは、私が寝てしまっているという可能性があるということ。 サプライズなので、来ると知らない私は寝てしまうのです。 彼さんとしては、夜のラブコールの時に実は来ていることを知らせるつもりなのでじょうが、 そういう日に限って私は仕事でひどく疲れていて、夜の電話もできずに寝てしま [続きを読む]
  • レゴランドに初めて行きました
  • 大不評のレゴランド。 でも行ってみました。 まず近くて交通費がかからない !いいぞ。 USJやディズニーだったら、4時起きの、新幹線代で何万のといった具合のところ、 レゴランドは、6時起きでいいぞ、7時起きでも間に合う。 交通費もみんなで数千円で済むぞ。 オープン時間が10時からで遅っと驚いた。 閉園時間も18時で早い。(お盆は19時まで延長している) これは入場者が少ない事を匂わせたが、私たちが行った時は、それな [続きを読む]
  • 突然キレた母
  • 今日の夕方、突然母が空になった2リットルのペットボトルを机にたたきつけながら 言うことにゃ、 「〇〇(近所の国)のジュースなんか買ってくるよな !」だった。 なにそのキレよう。 「なに急にセレブってんの?安いから買ってきてるの。」 「安いっていっても日本の製品だってそんな高くないでしょ。」 「じゃあ、お母さん買ってくれるの?いつも上げ膳据膳で、何もしないくせによく言うわ。 そのうち食材の産地まで口出してく [続きを読む]
  • 彼さん考察する2
  • 「すぐに会いに来てしまうのは、たぶん距離のせいだと思う。」と、彼さん。 「家が近いと、いつでも会えると思うけど、この程よい距離が、今日行っておこうかな、次いつ来れるかわからないから、と、足を向かわせるんじゃないかな。」と、考察。 私が「片道35キロは遠いよ。」と意見すると、 「僕にとってはちょうどいい。遠くない。」そうで、 彼さん得意の例の危険運転で、(たぶんね。)夜なら下道でも一時間弱でいらっし [続きを読む]
  • 彼さん考察する
  • 先日、彼さんが平日の夜に会いにみえて言うことにゃ、 「なんで、1週間待てないくらい、こんなおばさん好きになっちゃったんだろう。」 って、失礼だな(笑) 知らないよ(笑) [続きを読む]
  • 彼さんに初接触したおとめちゃん
  • 花火大会に彼さんと、おとめと私とで行ってきまして、(ヒイロは行きたがらず、お留守番) すごい人手で迷子になりそう。 私とおとめは手を繋いでいたんですけど、おとめに言ったんです。 「もう一つの手を彼さんと繋いだら?」って。 おとめはー、「えー、そんなことしていいのかな。」とか言ってためらっていたので、 「じゃあ、彼さんの服の裾をつかんでいたら?」と、ハードルを下げて、アドバイス。 おとめは迷子になりたく [続きを読む]
  • つまようじが落ちてる
  • ストレス。 つまようじが家のあちこちに落ちている。 主にリビングの、机の上、床の広範囲。 油断してたら、脱衣場にも落ちている。 そんな家ないと思う。 なんでそんなにつまようじを落とすのか、 使用済みなのかな?たぶんそうなんでしょうね、使ってゴミ箱に捨てないのだろうね。 犯人は弟2なのかな。 ほんとに嫌。 [続きを読む]
  • 会うペース
  • 斉藤由貴が週4で不倫相手と会っていたそうで。 負けた(笑) わたしたちは、週2ペースかな。。。。と思っていましたが、 数えると、月11回から13回とか会っていて、週2超えてるやん。 彼さんどんだけ暇なんでしょうか。 [続きを読む]
  • おとめの条件
  • おとめが、私と彼さんが破局しないことに危機感を感じて、 ちょくちょく新しいお父さんになる条件を考えるのだが、 今回更新された条件は、 1. 優しい人。 2.実業家であること。(経済力ってことかな) 3.自分たちを大切にしてくれること。 と、言ってきたので、 「じゃあ、彼さん当てはまるね。」と、言ったら、 「4 !」と追加してきた。 4.顔がほわっとしていること。 ほわっとというのは、童顔というか、見るから優しそうな [続きを読む]
  • 海外出張に行った弟3のその後の様子
  • 4月半ばから1か月、タイかどこかに海外出張に行っていた弟3。 日本に帰ってきたら人柄が丸くなって帰ってきたとは、以前にも書いた気がするが、 私は、家族のありがたみを思い知り、角が取れているのも、せいぜいもって1か月だと踏んでいた。 それを過ぎればまた元通り、口だけの男になるんだろうよと。 ところが、 日本に帰って来て、3か月目の現在も、あたりが柔らかく、話しやすい人物でいる。 海外出張に行く前は、家 [続きを読む]
  • ヒイロの身長
  • 中一の春から今年の春に一年で9センチ伸びた。 中学校の制服を作る時に私は、20センチオーバーを希望したのだが、 服屋は「それは欲張りすぎ、かわいそうだわ。」と言うので、 15センチオーバーにした。 一年で5センチ伸びる計算だが、 すでにほぼ10センチ伸びてしまった。 中3の冬、 もうぱっつんぱっつんになっているのかな。 やばい。 [続きを読む]
  • 呼び方
  • 彼さんを名字に「さん」を付けて呼んでいたが、 よそよそしいので、どう呼ぼうか迷っていた。 真っ先に思うのは、名前に「君」を付ける呼び方。 そうしたら、前の奥さんがそう呼んでいたということで、なんとなく嫌だなと思い、 他の呼び方を考えたが、何も浮かばず、 仕方なく引き続き名字に「さん」を付けて呼んでいたら、彼さんが呼び方を決めてくれた。 それは、名前に「ちゃん」を付けるというものだった。 私への呼び方も [続きを読む]
  • 呼んでない(笑)
  • 彼さんに「火曜日は職場の人たちと焼き肉に行くから、夜電話出来ないと思う」と言われていたので、 前の日の月曜日のラインで「明日電話出来ないからさみしいな」と送ったら、 その日の夜、サプライズで会いに来た。 ビックリした。 私が「呼んじゃったっけ?」と聞くと、 「呼んだねー。」と彼さん。 呼んじゃったそうです。 [続きを読む]
  • ガトー主張する
  • 先日、友達に二年ぶりに会って話せた。 その時ガトーが亡くなった時の状況を詳しく話した。 すると友だちが、左肩が重いといいだした。 聞くと、お化けの出る場所等に行くと肩が重くなったり頭痛がする体質らしい。 私は言った。「ガトーなんか私のところにいないわ。愛人とこでしょ。」 友達は「淡雪ちゃんが自分の話してくれたから、嬉しいみたいだね。」と言っていた。 どうだかねー。 [続きを読む]
  • よーしふざけんな
  • 最近の50代、 愛人のことを彼女、彼氏と呼称を変えることで、 不倫をただの「彼女との恋愛」にすり替え、 「悪いことをしている」というハードルを勝手に下げて、 平気で「彼氏、彼女」の話を周りに話す。 まるで平気なのは、そいつの周りのやつらも「彼氏、彼女」がいるからだ。 そいつらが集まって、「彼氏、彼女」の話をオープンに話す。 同じ空間にいたら、自分の価値観、道徳が間違っているのだろうかと、悩むことに [続きを読む]
  • 反省中
  • 豊田議員のように、ヒイロに怒ってしまった。 期末テストの勉強を教えている中で、 何度同じことを教えても頭にはいらないヒイロに、怒れて怒れて。 これはいけない。 反省します。 反省したのに、次の日の朝も英語の勉強で悪い言葉で叱ってしまった。 すぐに謝ったが、 反省だ。 スルリと出てくる汚い言葉を出す自分が嫌だ。 さっき、ヒイロにごめんなさいのメモも勉強机に置いた。 ヒイロの自尊心を母が壊してどう [続きを読む]
  • やっぱり(今日の結論)
  • ガトーは、私に見放された事で心に歪みが生じたんだなと思う。 以前から狂ってたけど、 私の三行半が決定打になったのだ。そして待っていたクリスマスコールもない。 あれほど私にひどい仕打ちをしておきながら、 私たち3人の中にガトーの居場所、ガトーの愛を変わらず存在しておいてほしかったのだ。 けれどない。 喪失感。 いつ死のうか そればかり考えていた中で、 それは死の準備をしていたガトーの決定打となったのかな [続きを読む]