はあさん さん プロフィール

  •  
はあさんさん: おてらさん(一日一禅)
ハンドル名はあさん さん
ブログタイトルおてらさん(一日一禅)
ブログURLhttps://ameblo.jp/zuiunzan/
サイト紹介文一日一回、禅語を紹介しています。 その他、住職の日常なども。
自由文心に染みる先達の言葉を、出来る限り毎日ひとつ紹介しています。
日々の暮らしに生きにくさを感じている方、悩みや不安が無くならない方などの、お役に立てば幸いです。
3人の子供達(末っ子はダウン症候群)の子育てブログも兼ねています^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/12/05 22:49

はあさん さんのブログ記事

  • 白隠禅師250年忌
  • 先日、別府B-CONプラザで教区主催の白隠禅師250年忌法要が厳修されました。こちらが白隠さん。500年に1人の傑物と言われている臨済宗中興の祖。本山の住持にはならず、地方の寺の住職として生きた方なのですが、本山で遠忌が行われることになった唯一の方。現代の日本の臨済宗の僧は、全員白隠さんの弟子と言って良いくらい。 法要のあとは一龍斎貞弥さんの講談講談師の貞弥さんは、実は教区内の寺院の娘さん。今回は「白隠禅師物 [続きを読む]
  • 一日一禅
  • 牛飼いが棒を持って牛どもを牧場に駆り立てるように、老いと死は生きとし生けるものどもの寿命を駆り立てる。しかし愚かな者は、悪い行いをしておきながら気がつかない。浅はかな愚者は自分自身のしたことによって悩まされる−−火に焼き焦がされた人のように(法句経) この世界は無常である。すべてのいのちには、必ず老いと死が訪れる。この理(ことわり)を正しく理解していない者は、必ず自らの行いに因って後悔することにな [続きを読む]
  • 蜘蛛の糸
  • 10月に入り、日が沈むのが早くなってまいりました。けれどまだまだ暑いせいか、蝉が鳴いてます。 そんなある日、お通夜に出かける際も、すっかり日が暮れておりましたが、境内を歩いていると頭に何かが引っかかりました。なにせ地肌で感じるものでビンカンなのです。 暗闇で襲いかかってきた物は「蜘蛛の巣」でした。 暗い中、引っかかった蜘蛛の糸をなんとかしてとったのですが、どうも後頭部にまだ残っているような気がして、車 [続きを読む]
  • 一日一禅
  • 「火事と小鳥」(ジャ−タカ) 昔の話。ある日、森が火事になりました。森に住んでいた動物たちは、なんとか火を消そうと頑張りましたが火の勢いは強く、どうにもなりません。仕方なく動物たちは森を出て避難しました。しかし、1羽の小鳥が炎をあげる森の中へ飛び込んでいきました。その小鳥は水場で自らの身体を濡らし、森の上空まで行くと羽に付いた水をふるい落として炎にかけていました。たった1羽で消火活動を続けていたので [続きを読む]
  • おいしいごはんの写真、載せます!
  • 気がつけばはや10月(;´Д`) 暑さ寒さも彼岸まで、なんて事も言われますが、大分もぼちぼち秋風が吹くようになりました。ただ、この季節は色々と行事が多い時期でもあり、来年に向けた準備を始める頃でもあります。 新年に壇信徒のお宅に配る印刷物の作成や、教区報の編集も始まりました。 毎日、なんやかやとバタバタ走り回っているうちに、いつの間にか日々は過ぎてしまっています。 いかんなぁ(>_<) 何を書いても、ブログ更新 [続きを読む]
  • 天災は忘れた頃にやって来る
  • ここ最近、大分市内は台風などが接近しても、お盆の時みたいにギリギリで逸れてくれてたりして「大分市良いとこ」感を住民はみんな持っていたのではないかと思いますが・・・今回の台風18号はまさに直撃でした。エリアメ−ルが度々入り、ついに自分たちがいる地域も避難勧告が><久々に住職も消防団員として出動することになりました。 ご町内では川の氾濫はなかったものの、冠水はあちこちで起きていました。車両が通れない場所 [続きを読む]
  • お寺で婚活
  • いま、いろいろなメディアで取り上げられていますのでご存じの方もいらっしゃると思います。 臨済宗の若手僧侶達が始めた婚活支援「吉縁会」 会員数は10,000人を超えすでに250組以上のご夫婦が誕生しました。大分でも、大分・臼杵などのお寺さんを会場にして婚活パ−ティ−が開催され、毎回大勢の男女が出逢っております。 驚いたのは、事前に登録する人が、大分は女性の方が多いのだそうです。これも照れ屋で口下手が多いと言われ [続きを読む]
  • こんな所に禅語
  • ドッグフ−ドを買いにホームセンターのペット用品売り場に行ったら、意外な場所で禅語に遭遇しました。 「無一物」何かと思ったら、ペットフ−ドのふりかけです。なんか面白かったので、衝動買いしてしまいました。 いま、うちのわんこたちは毎日削りぶしトッピングのゴ−ジャスメシ期間中です(・∀・) あと、テレビを見ていて「おっ!?」とおもったのが。『明星チャルメラ』のCM広瀬すずちゃんが出演中の可愛らしいCMですが、リ [続きを読む]
  • 一日一禅
  • 四馬(しめ) 「仏(釈尊)は、比丘(出家)たちに告げられた。馬には四種類がある。一は、鞭の影を見て、驚いて御者の意に随う馬。二は、鞭が毛に触れて、驚いて御者の意に随う馬。三は、鞭が肉に触れて驚く馬。四は、鞭が骨に達してやっと驚く馬である」(雑阿含経)仏道に入る機根の違いを4種類の馬に例えた「四馬(しめ)の喩え」ここで言う鞭とは「死」の影だ。 「初めの馬は、よその村人の死を聞いて、世の無常を厭う心を起 [続きを読む]
  • 新学期
  • 新学期ですね。大分市の小中学校はすでに25日から2学期が始まってますけどね。そうしてなぜか、末っ子の通う支援学校も、早めの2学期が始まりました。久々の学校が嬉しかったのか、末っ子はノリノリで歩いて行きました、玄関前で校長先生がお出迎えしてくれました(笑) 若者の自死は9月1日が多いという悲しいデ−タがあります。NHKのEテレでは、わざわざ10代の子たちのために特別番組を放送するくらい、実は深刻な問題で [続きを読む]
  • 鶴崎踊りと打ち上げ花火
  • お盆のフィナ−レとも言える、地元の盆踊り「鶴崎踊り大会」に行きました。最近、ゲリラ豪雨などで中止になることもあったりするのですが、今年は2日間ともに晴天でよろしゅうございました(*^_^*)我が家のにいに・ねえねも2日目に踊り子で参加していたので、末っ子プチをいっしょに応援です。 プチは賑やかなのが好きなので、盆踊りも楽しみます。1時間以上椅子に座って、おとなしく見物してました。 鶴崎踊りは、1日目はコスプレ [続きを読む]
  • プ−ル!
  • 末っ子プチは水遊びが大好き。 学校やデイに行くのを嫌がっている時でも、水着を入れた自分用のプ−ルバッグを見たら「今日はプ−ルですかっ(・∀・)」と、コロリと態度を変えて、自ら先陣を切って、のすのす歩いてでかける。特に今は夏休み中で、平日は毎日朝からデイに行っているのですが、玄関から庭の方をこっそり覗いて、プ−ルの準備ができていると、ニヤリと笑って入ってゆくのです。逆にプ−ルの準備が出来てないとその場 [続きを読む]
  • 2017夏
  • 2017年のお盆も終わろうとしております。 思えば今年のお盆は波乱の始まりでした。台風5号接近で、住職就任以来、初めて盆施餓鬼会を中止にしました。なにせ、7日には大分直撃との予報が出ていたため、お参りなさる方の安全やお弁当のキャンセルなどの事情も考えて、3日前には中止の決断をしました。実際、7日になってみると、大分市からは大きくそれていて、「これならできたかも」みたいに思ったりしたのですが(;´Д`)結局、 [続きを読む]
  • お迎え
  • お盆はご先祖様の里帰り。 玄関先で、灯りをともしてお出迎え しにはせぬどこへもいかぬ ここにいるたづねはするな ものはいわぬぞ にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 剃髪
  • 宗派によってもアレですが、禅宗のぼんさんは基本、剃髪しております。 ちなみに自分が初めて剃髪したのは大学生の頃、先代住職(父)の葬式の当日でした。それ以前から寺の小僧をやってましたが、学生時代はずっと丸刈りクンでした。なかなか色気を捨てきれない10代の小僧でありました。 一度剃髪してしまうと、伸ばすのが嫌になります。ちょっとサボって1週間くらい放っておくと、妻から「ずいぶんロンゲになったね」と言われた [続きを読む]
  • 日田へボランティアに行く方へ、その2
  • 連日の炎天下の下、大勢のボランティアさんが被災地で活動なさっておられます。私は仕事のため、19日を最後に行けていないのですが、明日はお参りの予定などもないので、またお手伝いに向かいたいと考えています(天候によっては中止になる可能性もあるのですが)8月に入ると、さすがにお盆が始まりますので、これが最後かなぁ。 FBなどを見ていますと、お友達の中にも何人か行ってらっしゃる方もいて、大変心強く、嬉しさも^ [続きを読む]
  • 夏のプチ(末っ子)日記
  • 先日、近所のショッピングモールへ出かけました。妻とお姉ちゃんがお買い物する間、末っ子プチとふたりで遊び場で待つことに。ちなみに、にいには学校の校外学習(林間学校みたいなの)で留守でした。 噴水のある広場では「ウォ−タ−サ−カス」という、子供達がびしょ濡れで遊べるイベントをやっていまして、水遊び大好きな末っ子も上半身裸で飛び込んでいきました。お風呂のシャワ−で遊ぶのが大好きなのですが、家では水がもっ [続きを読む]
  • 一日一禅
  • 「国士は 誠忠に抽(ぬき)んづ名花は 後宮に誇る散人と 散木と貴ぶ可し 無功の功」(安山詩) 優れた一国の名士、誠忠においてぬきんでている。天子の寵愛を受ける美女は後宮で容姿を誇る。しかし、役に立たない散人や材木として使えない散木は誰からも称賛されることもなく、無用の長物として扱われていても実はこれらが縁の下の力持ちとして、地道に自然の風土や社会の習慣などを支えている貴重な存在なのであって、その功 [続きを読む]
  • 日田へボランティアに行く方へ
  • 11日、日田にボラ活行ってきました。 そこで、「ボランティア行きたいけれど、行ったことがなくてよくわからない」という方のために、自分が見てきたことを書きますので、ご参考にしていただければと思います。 まず、車で来る方はまずこちらをご覧下さい。高速道路の料金を減免してもらえます。 1.上記のペ−ジでボランティア証明書をダウンロードして必要事項を記入し、日田VCへFAXします。2.折り返し日田VCからFAXが返って [続きを読む]
  • 雨の日、つれづれなるままに
  • 昨日は特別警報の元、色々と大変だったのでした。今日も雨は降っていたのですが、すべてが通常通りで、子供達も通常通り学校へ。 となると、私も通常営業ですか(;´Д`)ダルダル 雨の日のお参りは色々と大変です。車の乗り降りの際に濡れるし、歩いてたら雪駄で泥が跳ねて裾が汚れるし、足袋も汚れるし。 こんな池みたいなところを走ったりしなきゃならなかったりするし。 午後からはお盆の案内状やら寺報やらを印刷しつつ、東京 [続きを読む]
  • 豪雨
  • 昨夜はいきなりスマホがピロピロとなり始めて、ちとビックリしました。避難勧告やら、特別警報やら(;´Д`) エリアメ−ルがきたよ− 幸いにも、自分が住んでいる地域は土砂崩れなどの心配は無いので、とにかく雨とカミナリが怖かった夜でした。たまたま夜に山間部の方へ行く用事があって、まさにカミナリがドカドカ落ちている方へ向かって車を進めなければなりませんでした。途中、信号機やコンビニが停電しているところも見かけ [続きを読む]
  • 嫉妬深いオンナ
  • 我が家のシングルマザ−「うめ」(年齢不詳)は、中に人が入っているんじゃないの?ってくらい人の話をよく聴くお利口さんですが、フレンドリ−すぎてちと嫉妬深いオンナです。 息子のイカリにブラシをかけていたら「あたいをかまって!アタイだけを見て!」と、強引に懐へと潜り込んできます。 「あんたはもういいでしょ!ここからは大人の時間よ」彼女はたぶん、自分が住職の本妻だと思ってます。マジです。 [続きを読む]
  • 一日一禅
  • 雨安居(うあんご)梅雨の季節となりましたね。禅の修行道場は1年を2期に分けて、5〜9月までを雨安居、10〜4月までを雪安居と呼んでいます。(道場により、細かい日にちの設定は違います)そのル−ツはお釈迦様の時代のサンガでの修行にあるそうです。 …インドの僧伽で雨季の間,行脚托鉢をやめて寺院(阿蘭若(あらんにや))の中で坐禅修学するのを,安居または雨安居(うあんご),夏安居(げあんご)といった。これは仏教 [続きを読む]
  • 梅雨入り
  • 梅雨入りしましたね当山では梅雨入りの時期に、梅をもぐのが恒例となっています。大分には粒の大きな『豊後梅』という品種があります。お寺の梅の木もたぶん豊後梅です・・・たぶん。 けれど、今年はいつもより熟すのが早かったようで、もぎりに行ったら、かなりの数の梅の実が地面に落ちてしまっていました。それでもめげずによじ登り、かろうじて残った実を大事に集めました。結果的に敏2本分くらいの梅酒が作れそうです。冬の [続きを読む]