はあさん さん プロフィール

  •  
はあさんさん: おてらさん(一日一禅)
ハンドル名はあさん さん
ブログタイトルおてらさん(一日一禅)
ブログURLhttps://ameblo.jp/zuiunzan/
サイト紹介文一日一回、禅語を紹介しています。 その他、住職の日常なども。
自由文心に染みる先達の言葉を、出来る限り毎日ひとつ紹介しています。
日々の暮らしに生きにくさを感じている方、悩みや不安が無くならない方などの、お役に立てば幸いです。
3人の子供達(末っ子はダウン症候群)の子育てブログも兼ねています^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/12/05 22:49

はあさん さんのブログ記事

  • 今月もやります辻説法
  • お盆のお参り先の奥さんから、「喫茶店で座禅会みたいなのやってませんか?」と聞かれました。聞くとその方、以前はよくお茶しに行っていたそうです。今度の辻説法にも行きたいとのありがたいお言葉いただきました。ありがたし(>人<) そんなわけで、次回は8月26日(日)15時より10分座禅+10分法話+お抹茶飲みながらの雑談1時間という、ちょっとアンバランスな時間割ですが、前回の参加者さんからは「ゆったりとした時間が楽 [続きを読む]
  • 豪雨災害の被害の大きさが日ごとに露わになってきていますね。 私が無事に帰ることが出来たのは、運が良かったのかもしれないなぁ。 大分市内は幸いにもたいしたことにはならず、当山の本堂で雨漏りがあったものの、命に関わる被害はありませんでした。感謝感謝です(-人-) 帰宅した翌日はすっかり雨雲も消えて青空が。すっごい低い場所に虹も現れましたw4日ぶりに畑を見に行ってみると、ゴ−ヤのつるがぐんぐん伸びて、ネットを [続きを読む]
  • 西日本豪雨
  • 人生は想定外、と常に心得るようにしているのですが、これほどの想定外は想定できませんでした。 実は7月5日に京都へ行っておりました、6日には本山で会議に出席して、その日のうちに大分まで帰るはずだったのですが・・・昼食をとりながら、どうやって帰ろうかと皆、スマホで情報収集中。この時点では、ひとり新幹線を利用する予定の私が一番余裕をかましておりました。(この時点ではまだ通常運転でした) 6日午後、京都駅に行っ [続きを読む]
  • 日本の夏、台風の夏
  • 今年も台風の季節がやって来ました。台風接近で学校が休校になり、子ども達が一日中部屋でゴロゴロしています。まあ、昨夜のサッカーW杯の日本VSベルギ−を皆で応援して、結局朝まで起きていたから、休校はラッキ−以外の何者でもありません。 大人は普通にお仕事あるんですけどね>< 幸いにも大分市内は雨も風もたいしたことなく、無事にやり過ごせそう・・・と、思ったのですが・・・ 庭木が折れちゃった。道を塞がれちゃった( [続きを読む]
  • 辻説法
  • 辻説法とは、往来(辻とは本来十字路の意)で説法をすること。今風に言えばストリ−ト法話??ちょうど会場として使ったお店(旧喫茶シャ−ロック・ホ−ムズ)が角地だったので「辻説法」と名付けたのですが、少し堅かったかなぁ。 本日、この場所で初めての法話会を開きました。宣伝不足でお客さんがゼロの可能性もあったのですが、お店にご縁のある知り合いのご夫婦と近所のマンションに住む男性の3名様がおいでになりました・ [続きを読む]
  • 一日一禅
  • 「袖すり合うも多生の縁」 以前、とある女性から相談(愚痴?)を受けました。 その女性の職場では男性との接点が無く、職場以外で出会いを求めようと思っても、家と職場を往復するだけの日々で、良いご縁というものが無いというお話でした。 どうすれば良い縁に恵まれるか、と聞かれても困ってしまいます。縁が人間の思い通りになるのなら、誰も苦労はいたしません(笑) 縁というものは常に変化し続ける世界の中で「たまたま」 [続きを読む]
  • 法話と坐禅の会
  • 妻の実家は喫茶店だったのですが、義両親がお亡くなりになってからは人に貸しておりました。それも撤退して店舗が空いたので、この春から妻が学研教室を始めました。 外観はツタの葉が生い茂って怪しげですが、中はリフォ−ムされて綺麗です。 写真は友人達とパ−ティ−した時のもの。 空いている日に使っていいよとお許しをいただいたので(笑)小さな法話会をやってみようと思います。 日時 6月24日(日)15時より場所 学研ホ− [続きを読む]
  • 禅語かるた
  • 布教師講習会の時と、老大師の葬儀と2度本山へ行ったのですが、両方で手土産に禅語かるたの本をいただきました。カルタ本体ではなく、その解説本です。短い句60首、長い句40首があり、短い句ではいろはかるたと同じように遊べます、長い句では下の句のみ絵札に書いているので、百人一首と同じように遊べます。このブログでも紹介したよく知られている禅語から、知る人ぞ知る的なものまで100句があり、くわしく解説されてお [続きを読む]
  • 一日一禅
  • 「眉蔵宝剣 袖掛金鎚」(碧巌録)まゆにほうけんをかくし そでにきんついをかく 宝剣や金の鎚を隠し持ち、機に臨んで雲水に振り下ろす。学人接得のための師家(雲水を指導する老師)の力用を表現したことば。 2週間の講習会を終えて、本山からやっと帰宅したところに、僧堂時代の老大師が遷化なさったという知らせが。ほぼとんぼ返り的に本山へ向かうこととなりました。 老大師は20年以上にわたり師家を務められ、数多くの雲水た [続きを読む]
  • 一日一禅
  • 先住民のおしえ批判ばかり受けて育った子は批判ばかりします敵意に満ちた中で育った子は誰とでも戦いますひやかしを受けて育った子ははにかみ屋になりますねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持ちになります心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなりますはげましを受けて育った子は自信をもちますほめられる中で育った子はいつも感謝することを知ります公明正大な中で育った子は正義心をもちます思いやり [続きを読む]
  • 5年生!
  • 末っ子はこの春から5年生です。 今は春休みなので、ほぼ毎日障害児デイのお世話になっております。3月末に親と先生とその他専門家の皆さんで支援計画について話し合いが行ったのですが。 先生が作成した支援計画をよく見ると・・・ 本人の意向・友達と一緒に楽しく過ごしたい・すべりだい何回もすべるよ・本をめくるのだいすき おもいっきりヤワヤワです(´д`) ダウン症の子はゆっくり育つ。まさにその通りなのですがw まあ、 [続きを読む]
  • hana×hana
  • お寺の桜は今が見頃明日は家族で恒例のお花見しようかな^^ 桃!紅白で綺麗に咲いているけれど、裏庭なので表からは見えないのが残念。 「俺たちもいるぜ!なあみんな!」 「って、あれ!?種類ちげ−し」 そんなお寺の春です。 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • マジ卍
  • 名刺が減ってきたので自作することにしました。いつも裏面には寺HPのURLを印刷していて、今回はひとつ寺紋を入れてやろうと思い立ってやってみたのですが・・・ なんか変 ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、家に家紋があるように、寺にも寺紋があります。当山の寺紋は卍(まんじ)マジ卍です。(笑) こんな感じ なんか変なので名刺の卍はボツにしました(つД`)ノ。 ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ [続きを読む]
  • 彼岸会の法要と二分の一成人式がブッキングした件
  • 本日は当山で彼岸会の法要を執り行いました。本山から布教師様もお見えになって楽しい法話もいただきました。一方、妻は末っ子の二分の一成人式のために支援学校へ。 自分が厳選した写真もスライドで流れ、周囲のお母さん方から「か、かわいい」とお褒めいただきました。 先生からは「10さい認定証」も(^-^)周りの同級生達と比べて、はるかに小さくて出来ることも少ない末っ子ですが、↑なわとびも他の子はちゃんと飛びますが、 [続きを読む]
  • 祈りと情熱
  • 先日、宇佐の県立歴史博物館に行ってきました。 今回の目的は 「経塚」恥ずかしながら自分もよく知らなかったのですが、平安時代、末法思想が広がる中で釈迦入滅から56億7000万年後に現れるとされた弥勒菩薩の信仰も盛んになり、「弥勒の時代」の到来に備えて経典を埋納するのが流行したそうで、特に盛んだった畿内や北部九州には多くの経塚が作られたとのことです。 自然の岩に佛を刻んだ磨崖仏で有名な国東半島ですが、そんな信 [続きを読む]
  • もう10年、まだ10年
  • 『閲覧注意 本日の記事には親バカ画像が含まれています』 末っ子の学校で「二分の一成人式」でスライド上映をするので、0歳児の頃から各年齢の写真をほしいと頼まれ、過去の写真を掘り出しました。 昨年くらいからぐぐっと背が伸びてお兄さんぽくなった末っ子。あらためて赤ん坊時代の写真を見ると、めちゃめちゃ可愛くて愛らしくて、家族全員で萌えまくってしまいました。 赤ん坊時代可愛すぎて萌え死にしてしまいそうですw普通 [続きを読む]
  • 一日一禅
  • 自らを拠り所とせよ ねがはくは 花のもとにて 春死なむ その如月の 望月のころ西行法師 如月の望月のころ、というのは2月15日のこと、釈尊の命日が2月15日なので、西行法師も願わくばその日に死にたいものだ。という願いを歌にした。実際には2月16日にお亡くなりになったそうですが、実は当山の先代住職(父)は2月15日に遷化(亡くなること)しました。仏教と冥利に尽きる?といったところでしょうが、まだ50代前半での急死 [続きを読む]
  • 五十にして天命を知る
  • 2日遅れで家族が誕生祝いをしてくれました。プレゼントは妻が東京で買ってきた「空Tシャツ」とシャレオツな老眼鏡wあと、何を血迷ったのか、母がプレゼント(寝間着)をくれました。自分は小学生までしか親と一緒に暮らしていなかったので、それ以来です( ̄。 ̄;)こりゃ、母の寿命が尽きる日も近いか(笑) 他にもたくさんの方からお祝いメッセ−ジをいただき、感謝、感謝でございます。 正直言って、私はろくな人間ではありませ [続きを読む]
  • 今日は
  • 私の誕生日でした。おかげさまで生まれて半世紀が経ちました。 大勢の方からおめでとうメッセ−ジをいただいて、有り難いやらこっぱずかしいやら(>o<) そんな私の誕生日ですが、妻と長男は東京へ行ってしまったので、今夜は特に何もありません。朝からパジャマでゴロゴロしてるお嬢と、どこまでもマイペ−スな末っ子のために就職を作りました。 しょぼい畑で取れたしょぼい大根と檀家さんからいただいた自家製白菜でマ−ボ大根と白 [続きを読む]
  • 予習(洗脳?)中
  • 3月末、MCZの大分公演に行けることになりました。 今回は地元ということで、ファミリ−席を購入。小学生以下の子1名+大人3名ということで、末っ子も含めた3人の子どもたちも引き連れての参戦です。 ただ心配なのが末っ子。子ども達の中で唯一の小学生なので、彼を連れてゆくのは必須なのですが、はたしてあの会場の雰囲気になじんでくれるかどうか・・・実は以前、昼間にしないのホテルであった松本隆博さん(松っちゃんのお [続きを読む]
  • リノベ−ション
  • 先日、妻の実家で友人達と鍋パをしました。 ここは30年続いた老舗の喫茶店だったのですが、義両親がお亡くなりになったために閉店となりました。その後、人に貸す形で細々と営業は続いていたのですが、それも撤退し、今年から空き店舗に。けれど設備はもちろん、味わい深いお店の雰囲気もそのまま残っていて、このまま腐らせるわけにはいきません。友人達とのパ−ティ−も以前はよくやっていたのですが、それぞれに家庭ができてか [続きを読む]
  • 女子力アップ!
  • 禅の修行道場には板(はん)という分厚い木の板が吊してあって、坐禅が始まる時など、1日数回木槌でコンコンと叩きます。けれども叩いているうちにだんだん削られて、少しずつ穴が広がっていきます。やがて穴が貫通し板そのものが割れると、その日は修行道場もお休みになるのだそうです。だそうですというのは、自分が在錫中の3年間にはそういうことが無かったので、実際に体験したことがないからです、それぐらいめったにないこと [続きを読む]
  • 紅炉上一点の雪
  • 先週、寒い日が続き、温暖な大分市内も氷点下に。お寺の水道も屋外のものは全部凍ってしまいました。とはいえ、紅炉上一点の雪のごとく、午後にはすべて溶けてしまって、水道も破裂することなく復活。雪も降りましたが積もることもなく、ホント大分って住みやすくて良いところですわ−(・∀・) さて、そんな寒さとは縁遠い当山なもので、境内の水道はまさに無防備。水道管がむき出しなので、今回のようにちょっと寒波が到来しただ [続きを読む]