はなたれ さん プロフィール

  •  
はなたれさん: 場末の雑文置き場
ハンドル名はなたれ さん
ブログタイトル場末の雑文置き場
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/good1093
サイト紹介文好きなときに、好きなことを、好き勝手に書いている自己満ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/12/06 00:58

はなたれ さんのブログ記事

  • 男女二元論とフェミニズム
  • 私は女性差別問題に関心があるし、 フェミニズムの思想は概ね共感できるものだと思っている。だけど、フェミニストと名乗っていたり、それ系の主張を多くしている人で、この人とは決定的に相容れないな、と感じる人は少なくない。特にTwitterで見る女性と思しきフェミニストの中には、私の日常の世界以上のガッチガチの男女二元論者が結構な割合で居た。例えば「フェミニズムは女のものです。男は入って来んな」みたいなこと言って [続きを読む]
  • 「プレバト!!」11月22日放送分がいろいろとひどかった
  • 11月22日はいい夫婦の日ということで、兼題写真は結婚式のものだった。それなら既婚者に俳句を作らせればいいのになぜか独身の、それも女性だけを集めていたところにまず悪意を感じた。ナレーションも司会者も名人枠の東国原も、独身の女性たちが結婚したがっている前提で、結婚できなくてかわいそうな人たちとして扱っていたところがとても胸糞悪かった。しかも年齢のことまで出してきて笑いのネタにするし。古い、古すぎるよ。こ [続きを読む]
  • 宗主国根性
  • この国は、韓国とそれに関わるものを叩きたい人間で溢れているようだ。これはネット上の一部の特殊な人に限った話ではない。そもそも国のトップからしてそういう人間だし、メディアもヘイトを煽っていて、それに乗せられる人も少なくない。「徴用工」問題で、メディアはこぞって韓国側を非難し、日本側には問題がないかのように見せた。普段ネット国士様にサヨク番組扱いされて嫌われているらしいサンデーモーニングも例に漏れず。 [続きを読む]
  • 世界体操2018 種目別二日目(最終日)の感想
  • 【男子跳馬】予想通りセグァンさんが優勝。出来栄え点は稼げなかったけど難度の圧倒的な高さで勝った。あの歳でまだ現役ってだけでも割とすごいのに、金メダルとれちゃうところが素晴らしい。白井は2本目でしっかり着地を止めて銅メダル。2位はダラロヤン。また白井の上に来た。個人総合で金とった上に白井の得意種目でことごとく上回ってくるのが悔しい。【女子床】初めて入場シーンから映してくれた。見たかったので嬉しい。結 [続きを読む]
  • 世界体操2018 種目別一日目の感想
  • 【男子床】少し前までの白井は目立つミスがなければ余裕で勝てるような感じだった。でも予選・団体・個人総合と床のスコアを見てきて今回は簡単じゃないと思って、実際そのとおりだった。個人総合で金とった人にやられるのって悔しい。ということで優勝はできなかったけど、白井は満足そうだった。自分の力が出せれば順位は二の次なんだよねこの人は。いいことだと思う。体操って本来そういう競技だし。(追記:スポニチの記事によ [続きを読む]
  • 世界体操2018 男女個人総合の感想など
  • 男子個人総合。肖若騰に連覇してもらいたかったので、少し残念。最後の鉄棒の点数、もっと出てもいいのに。しかし同点ならE得点勝負かと思いきや、個人総合では一番低い種目の点数をカットなのか。全然知らなかった。肖若騰、個人総合ではすごい安定感だったな。団体では床で転ぶわ鉄棒で落下するわで心配したんだけど。団体でもあのくらいの演技をやってくれよ、と思わんでもないが、団体戦はそれだけ緊張するってことなんだろう [続きを読む]
  • 世界体操2018 in ドーハ 男子団体決勝で平行棒の神降臨
  • 放送の仕方にはちょっと不満あり。見ていてかなり気になってしまったので最初に書いておく。煽りタイムが長すぎ。種目が変わるごとに煽りVTRが入るんだけど、心底いらないと思った。そんなヒマがあるなら少しでも多くの選手の演技を映して欲しかった。日本選手の演技は全部見られたが、優勝した中国でさえ全演技放送されなかったし、一緒に回ってたアメリカの選手の演技は(私の記憶が定かなら)一切放送されず。フジテレビはもっ [続きを読む]
  • 自己責任論とネットの空気
  • ジャーナリストの安田純平さん解放に関して、ネット上では様々な意見が飛び交っている。最初に書いておくと、私は所謂自己責任論には与しないし、安田さんを叩いている人たちはクソだと思っている。かれらとは他の案件でも大体において意見が合わない。例えば「慰安婦」の人たちのことを中傷していたり。渡部陽一さんの「戦場取材の掟」なるデマも流れた。これは自己責任論者には非常に都合のいい内容で、かれらの主張の権威付けに [続きを読む]
  • ドラマ版「昭和元禄落語心中」第1回感想
  • アニメ版は全話見たんだけど、この作品を好きかと聞かれると少し答えに詰まる。ラストのある部分でこれはない、倫理的に許せないと思ったところがあった(ネタバレなので具体的にどういうことなのかは書けないが見た人なら分かる)ので。それでもこのドラマを見たのは、アニメを見ていたときから実写向きの題材だと思っていて、どんな感じで映像化されるのか非常に興味があったから。ドラマ化されるという以外の事前情報は入れない [続きを読む]
  • 「彼」と「彼女」という三人称について
  • 男性も女性も含んだ集団を表す言い方として、「彼ら彼女ら」という呼称が使われているのを最近よく見るようになった。「彼」は男性を指す言葉だから「彼ら」というのは女性を排除しているようで適切ではない、といったような理由かららしいんだが、どうもこの呼称には違和感があって、いつまでも慣れない。自分だったら一応平仮名にして「かれら」と呼ぶかな。女性だけの集団でも。女性をナチュラルに排除した表現でも問題ないじゃ [続きを読む]
  • 「天使とアクト!!」第16巻・第17巻(最終巻)感想
  • 熱血お芝居マンガとして見ていたんだが、最後でベッタベタな恋愛物になってしまった。そんな予感はしていたけど、なってほしくはなかった展開。いや、恋愛展開になるだろうなとは思ったけど、ここまで恋愛一色になるとは思わなかったかな。いつも偉そうで誰に対しても上から目線のアクトが、なりのことになると全く余裕がなくなってオタオタしたりするのが可愛い……とは思えなかった。私の好きだったアクトはいなくなってしまった [続きを読む]
  • 体操コーチの処分を巡る問題について
  • 体操、宮川選手と速見コーチと体操協会の件。ネット上の意見を見ていると、コーチのことまで被害者扱いしたり、処分が重すぎる、不当だという意見が多数出てきているのが怖い。暴力行為があったのは確定的事実なんで、処分は妥当。選手が何を言おうがパワハラの事実があろうが覆すべきでない。選手が納得していたなら暴力を振るってもいいわけがない。パワハラがあったならそれも調べた上できっちり処分すればいいだけで、暴力問題 [続きを読む]
  • ジャカルタアジア大会・体操種目別二日目&放送について思ったことなど
  • 体操種目別の放送、BSで深夜にやってたんだね。二日目のは録れたけど、一日目のは知らなくて見逃した。一番見たかったあん馬がLiveで見られたからまあいいけど。女子個人総合や団体も探せばどこかで見られたのかな。本気で体操の試合を見逃したくない場合は、ライストを最大限に活用するしかないんだろうな。たった一時間の放送なので、やっぱりかなり端折られていた。Live放送のあった女子平均台以外はダイジェストでしか見られて [続きを読む]
  • ジャカルタアジア大会・体操男子団体の感想
  • 世界選手権でもないのに、結構長い試合を最初から生中継してくれたNHK様。大変ありがたい。TBSでやってた個人総合の放送は残念な感じだったから、まさかこんなにちゃんとやってくれるとは思わなかった。結果は……中国圧勝すぎて笑えてきちゃった。最終演技者が1.9点以上とれば優勝とか、あんまり聞いたことない数字で面白かった。本気メンバーの中国相手に内村・白井抜きじゃ、そりゃそうなるか。中国優勝で日本銀メダルっていう [続きを読む]
  • 「遺留捜査」第5シリーズ第5話感想
  • 今回はあらすじとキャストを見て予想していたとおりの人が犯人だった。最近、サスペンスの見方が純粋にストーリーを楽しむというより犯人当てゲーム感覚になってきているような。汚い大人になってしまったな。一條さん(アシスタントの里中さん)は犯人じゃないと思ってた。だって一條さんだから(よく犯人になるというイメージを持っている人もいるようだけど、一條さんが犯人パターンは実はかなり少ない)。里中さんがゴーストデ [続きを読む]
  • 「貫太ですッ! 」が見たい
  • 「貫太ですッ!」という、15年くらい前に放送されていた昼ドラがある。DVD化もされていないこのドラマを、最近某動画サイトで見ることができた。ちゃんと全話アップされていて、見つけたときはとても興奮した。著作権法的にアレなのはわかってるけど、他に見る方法がないので。決して画質は良くなかったけど、それでも結構面白くて、明るい話なので気が滅入ったときに見ると少し元気になれたりした。最初は配達員の一人、ノブヒト [続きを読む]
  • 東京医大の点数操作のこと
  • 差別大国だという認識は持っていたけど、それでもまだ私はこの国のことを甘く見ていたらしい。日本すごい、と皮肉を込めて言いたい。日本でアファーマティブ・アクションを導入しようとすると、逆差別になるから良くないと言う奴が必ず現れる。でもこれはそれ以前の問題じゃないか。医者は男性がなるものっていうイメージもまだまだ根強く、試験を受ける前の段階で女子には様々な抑圧があって篩い落とされていくのに、そこを突破し [続きを読む]
  • ツイッターレディース的なもの
  • 御茶ノ水女子大がトランス女性を受け入れると発表したとき、Twitter上では保守派のみならず、決して少なくはない数のフェミニスト系アカウントからの反発が見られた。否定意見の具体的内容としては、男性の体を持った者に対する漠然とした恐怖を表明するものからトランスに対する嫌悪感丸出しで攻撃的なものまでいろいろとあったが、後者はもう完全にアウトだし、前者も問題がないとは言えないと思う。それがトランスフォビアだと [続きを読む]
  • 無邪気な差別の恐ろしさ
  • 少し前、Twitterで「サッカーのセネガル代表が誰が誰か見分けがつかないからマークし辛いので強いと言われているのが面白い」みたいなことを言っているツイートがバズった。私が確認した時点では、6万4千リツイート、16万以上のお気に入りになっていた。こういうツイートをする人間が出てくるのは残念ながらいつものことで驚きはないけど、それよりも悪気ない面白いネタとしてこれだけたくさんの人がリツイートしていることが恐 [続きを読む]
  • イスラエルとパレスチナと自称中立
  • 子供の頃からイスラエルとパレスチナのことを授業やニュースで聞くたびに違和感があった。なぜイスラエルがどれだけパレスチナ人を殺しても「テロ」とは言われず、パレスチナ側の抵抗(被害はイスラエルの攻撃よりもはるかに小規模)ばかりが「テロ」と呼ばれるのか。「テロ」という言葉は強い方に都合のいいように使われるんだな、とそのとき思った。そして今も日々その実感を強めている。非白人のイスラム教徒がアメリカで銃を乱 [続きを読む]
  • 「魔法使いと黒猫のウィズ」感想
  • Fire HD 8で遊べるゲームを探していたとき、「クイズ」で検索してヒットしたので入れてみた。クイズも好きだし、カードゲームというものをずっとやってみたかった私にはちょうどいいゲームだった。手軽に遊べそうだから、という理由で始めたのに気がついたら結構ハマってしまっていた。カードを集めたり育てたりするのも楽しいし、戦闘はクイズ形式なので飽きない。最初はカードの進化合成も一切せずトーナメントに挑んで、編成が [続きを読む]
  • Fire HD 8を買った
  • Amazonのタブレットを安さに惹かれて買ってしまった。fire HD 10だとちょっと高いし、Fire 7だと解像度・スペック的に物足りないかもしれない、ということでFire HD 8を選択。当初の最大の目的は漫画を読むことだった。本棚を圧迫したくない、Kindle(無印)は持っているけど画面は小さいし漫画用には解像度も容量も厳しいということで。ついでにYouTubeも見られればいいかな、くらいの気持ちで。本体は8980円。これにまず2160円 [続きを読む]
  • 日本人の被害者意識
  • テレビ朝日の「グッド!モーニング」というニュース番組が平昌オリンピック前、韓国の文大統領の特集みたいなのをやっていた。取り上げ方はネガティブ一辺倒で、特にDPRKに親和的な姿勢などを批判し、「これでは韓国は世界から孤立するだろう」といったようなことを言っていた。現在の状況を見ると、実際孤立しているのは日本のほうだが。「グッド!モーニング」が特別ひどいかと言えば全然そんなことはなくて、日本のニュース番組 [続きを読む]
  • 仮面ライダーライアとガイの役割チェンジについて
  • 「仮面ライダー龍騎」の初期設定では手塚の高野八誠が悪役、芝浦の一條俊が主人公の味方サイドの役だったらしい。ライアのデザインが悪役っぽいのはその名残なんだとか。手塚がガイ、芝浦がライアに変身する予定だった説も誰かが流しているのを見たことがあるけど、それは多分その人の勘違いかな。変身するライダーはそのままで、役割が初期設定と異なるんだと思う。初期設定ではしっくりこない、手塚を味方、芝浦を敵に変えて大正 [続きを読む]