meister_shaku さん プロフィール

  •  
meister_shakuさん: 富山の瓦、屋根工事を考える 釈永瓦工務店
ハンドル名meister_shaku さん
ブログタイトル富山の瓦、屋根工事を考える 釈永瓦工務店
ブログURLhttp://shakunagakawara.blog54.fc2.com/
サイト紹介文富山の瓦屋根の魅力を伝えるべく 寺社仏閣、住宅、鬼瓦、洋瓦、塀瓦等色々な写真を撮って紹介しています
自由文富山の瓦屋根の魅力を伝えるべく
寺社仏閣、住宅、鬼瓦、洋瓦、塀瓦屋根の新築、リフォーム等色々な写真を撮って紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/12/08 21:43

meister_shaku さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • KNBの「でるラジ」で鍋田恭子さんに立山町の当社倉庫に来て頂きました
  • KNBラジオの「でるラジ」で、鍋田恭子さんに、立山町にある釈永瓦工務店の赤倉庫に来て頂きました。瓦葺き職人として、富山特有の黒瓦について話して欲しいとお話を頂き、当店倉庫からお昼の中継でした。口下手な私ですが、スムーズな打ち合わせに、鍋田さんの軽快なおしゃべりで上手くリードして頂き富山の気候にあった瓦の特性や黒瓦について、なんとかお話をする事ができました。ラジオで瓦の事をを取り上げてもらえるのは有り [続きを読む]
  • 北陸の瓦製造メーカー小松製瓦の「瓦」特徴、性質について(2017)
  • 黒瓦、小松瓦に対する質問が多く当ブログの過去の記事を再編集しました。富山ブラックの黒瓦と、空の青色が深く写り込んだ小松ブルーの小松瓦質問というのは、 「富山では、「三州瓦」と「小松瓦」のどちらが良いか?」というものです。どちらが良い、向いているという事は一概には言えませんが、私自身、十数年前にメインの瓦を小松製瓦へ切り変えました。以下、当社で使用する瓦を小松製瓦に変更した理由です。〜 良い理由 〜  [続きを読む]
  • 瀬戸内海の波といぶし瓦屋根の甍の波 (瓦研修、四国愛媛県)
  • お盆を利用し、友人と四国へ瓦研修瀬戸内海を望む高台から、愛媛県のいぶし瓦を載せた瓦屋根の甍の波が美しく輝いていました。こちらは、海を臨むお寺さんの屋根のいぶし瓦本棟には上甍に下甍を施し、鬼瓦は、京の巻(御所鬼瓦)を載せた立派なお寺さん。対岸の島々が見え、富山では考えられないくらい素敵な海景色。瀬戸内海の波と寺の屋根の甍の波の景色に、見とれてしまっていました。こちらは箕甲屋根に上甍に下甍を施し鬼瓦は [続きを読む]
  • 急勾配屋根 瓦おろし替え工事 (富山市、リフォーム)
  • 今回、富山市で急勾配屋根の瓦おろし替え工事       (屋根リフォーム工事)を施工、完了してきました。五箇山の合掌造りの屋根のような急勾配屋根は雨切れが良く、デザイン性も高いですが、逆に屋根面にも厳重に足場を組まないと、屋根での工事がとても危険になります。そこで、屋根勾配について、考えてみました。富山の屋根リフォーム・雨漏り・瓦屋根修理は釈永瓦工務店HPへ [続きを読む]
  • 雨漏り修理、点検 (富山市 瓦屋根、雨ドイ修理)
  • 雨漏りがすると、瓦屋根の修理点検の屋根工事の依頼があり、 富山市S様邸に伺ってきました。今回は、割れた瓦やズレもなく、雨ドイの破損からくる雨漏りでした。雨漏り修理の屋根工事に入る前にまず、お客様より伺った雨漏り部分の上にあたる屋根に登って点検確認。すると、雨ドイ破損個所があったので、その下の瓦をまくってみると、雨水の侵入した跡が残っていました。雨漏りの原因は1ヶ所とは限らないので他の部分の屋根も確 [続きを読む]
  • 天候の下り坂の前触れ(?)日暈現象
  • 今日は太陽の周りに虹が出ています。これは日暈といって、 (にちうん、ひがさ、halo)天候が下り坂になって行くときに良く見られる現象。晴天の期間が短い時期ですが、今日一日大事に過ごしていきましょう(’-’*)♪富山県立山町新瀬戸地区の釈永瓦工務店倉庫より [続きを読む]
  • 立山連峰と富山県氷見市虻が島と軒瓦
  • 氷見から富山湾越しの立山連峰を撮影しようと、朝早く氷見市の海岸へお邪魔してきました。まずは、虻が島の見える場所に車を止め、朝日を見に来られているお二人越しに立山連峰を撮らせて頂きました(^-^)その日は雲が多く、立山連峰が隠れないかドキドキしながら日の出を待ちましたが、雲の隙間から朝日が差し込み虻が島越しに立山連峰が綺麗に浮かびあがって見えました(^-^)そして、海岸でふと足元を見てみると、赤地に黒模様の物 [続きを読む]
  • 4月17日の富山県内における強風被害の瓦屋根、修理工事中です。
  • 富山県内では4月17日に強風が吹き荒れ県内各地で強風による被害がありました。当社では、一般住宅の屋根をを中心に神社や、公民館、納屋など瓦屋根の瓦破損、雨どい破損の雨漏り修理に追われ、厚生労働大臣認定「かわらぶき一級技能士」の資格を持った技術スタッフが対応にあたっています。最近の最新の施工は屋根瓦は軽量化、防災化され被害はありませんが(今の所ゼロ)築20年以上経ったお宅に被害が多く、「富山市、立山町 [続きを読む]
  • 富山県建築士会発行の「建築職人アーカイブ」に載せて頂きました。
  • 「富山県建築士会」60周年記念誌「建築職人アーカイブ」 〜富山の住まいと町並みを造った職人たち〜に「瓦葺き職人」として紹介して頂きました。本の中には建物の骨組みを作る木挽(こびき)職人の大平さん(88歳!)から始まり、大工さん、鉄筋、鉄工、茅葺、トントン葺き、瓦葺き、左官、建具、畳、造園・・・他、看板・塗装の飛騨さん(73歳)まで県内の各分野で達人に到達された職人さんが紹介されていて、生い立ちや仕事への [続きを読む]
  • 過去の記事 …