エンゴサク さん プロフィール

  •  
エンゴサクさん: 北海道の鱒と野の花
ハンドル名エンゴサク さん
ブログタイトル北海道の鱒と野の花
ブログURLhttp://toroutblog.blog.fc2.com/
サイト紹介文フライフィッシング釣行記です。お魚さん・釣り場に咲く花を中心にアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2012/12/09 12:45

エンゴサク さんのブログ記事

  • 寒い秋
  • このところ、休日にかぎって気温が低いような気がしますがいかがなものでしょうか?釣り場は、もう少し雨がほしいところですアジサイのきれいな変化が気温の低下によるものならそれはそれで悪くはない ^^ [続きを読む]
  • ピンク色の誘惑
  • このところ札幌は、最高気温が二桁にならない日も・・・花の少なくなった10月末の公園で、ピンクの花がおいでおいでと誘っていました冬が来る前に咲かなくちゃ・・・ちょっと小ぶりのバラの花松の枝葉ごしにどうも、ヒメフウロとは違うような・・・アブ君?が惹きつけられるのもよ〜く分かるなあ [続きを読む]
  • 10月最後の尻別川・・・②
  • この日、45サイズは2回ジャンプした後の首振りでバレてしまい40サイズは1回目のジャンプであっさりバレてしまうという悔しい釣りだったこの魚はバレなかった中で一番のサイズシンクラインに8番のウーリー系のフライだけだったので、喰いが浅かったのかもしれない秋シーズンは少し小さめの方がいいと思いつつ・・・なかなかサイズダウンすることができなかったやはり、大きい魚は大きいフライ・・・という固定観念が抜けきらな [続きを読む]
  • 10月最後の尻別川
  • 2017/10/28(土)10月最後はシュガーさんとの釣行いい感じにロッドを曲げるシュガーさんさすがに尻別マイスター、おいらが流した後にヒットさせたおいらはというと・・・45サイズの2回のジャンプを余裕で交わした後・・・バラシてしまった2日前にスーパーレインボーをランディングしただけにゆる〜く楽しんでしまった ^^;慎重に取り込んだ魚はこのサイズあんがい渋くて、流し方が悪いと咥えてくれないデッドスローというので [続きを読む]
  • わくわく・・・2
  • ブラウントラウトの名にふさわしい黄色味がかった茶色カメラは、ニコンD5300スーパーレイボー、こちらもD5300そしてこちら、ルミックスGF5撮影モードの違いかレンズフィルターを付けていないせいか、青みがかってしまったそれにしても10年に1回の魚だろうなあ〜 [続きを読む]
  • 久しぶりにわくわく・・・
  • 久しぶりの魚にわくわく・どきどき・・・レインボーのこのサイズだと、8番スイッチでも大げさではないゆらゆら水にゆれて・・・中古だけれど新調したレンズ(マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S).F3.5なので少し暗い感じがするけれど、写りはほぼ期待していた通りキャノンM2の22mmレンズと同じくらいの出っ張りなので、しばらく休んでいたけれど出番が多くなりそうだ [続きを読む]
  • 魚は釣れません
  • 峠の頂上以外は、車ごと染まってしまいそうな見事な紅葉だったこういう景色の中にいただけで良しとしようどれも、いい染まり具合だ願わくば次回、鱒を一匹写したい・・・ [続きを読む]
  • 水は味方
  • 川へ向かう途中、紅・黄・橙で装った山々は見事!と言うほかの言葉は浮かんでこなかい巨匠が描いた油絵のような風景を、何とかその一枚をものにしようとシャッターを何回か押したのだが・・・どうも、自分が描いていた風景写真にはならない決定的なのは、絵心のなさだろう偶然、撮れてしまった油絵風な一枚やはり、水は味方してくれる何てことはないのだけれど手の届く範囲では、一番かわいらしく染まっていたこの期、鱒たちにとっ [続きを読む]
  • 2017 最後の浜益サケ釣り
  • 2017/10/1(水) 天気予報では午後からは雨の確率60%40%の確率に賭けたわけではないけれど雨に濡れずにすんだ7日(土)から好転していることを期待していたけれど魚の気配は変わらずというより、さらに薄くなっているようだった何とか一匹だけ、おいらの毛ばりを咥えさせることができた相変わらずとっかえひっかえのフライ交換をしていたがやや深さのある場所だったのでビーズヘッドのフライに交換すると・・・(ピントがネット [続きを読む]
  • 大きな群れが入って3日目の浜益川
  • 「このへん釣れますか?」のkojiさんによると、4日(水)の午後から大きな群れが入ってきたようだフレッシュな銀色の鮭を連発していた管理棟での話でも、近年まれに見る群れとのことだったしかし、その後は鳴かず飛ばずのようで、堤防を歩きながら見る水面は魚の気配の動きはなかった魚はいることはいたのだがフレッシュさんではなく、時折ジャンプする魚体は色づいている2時間ほどして、ようやくあった手ごたえはスレがかりのオス [続きを読む]
  • 鮭の合間に虹鱒
  • 2017/10/5この間、鮭を相手にしていただけに、頼りないくらいの感触だったけれど一度だけのコンタクトだっただけに嬉しいアキノウナギツカミを撮りたかったけれど開花した姿を見つけることができなかった長い期間、楽しませてくれるツユクサ秋が早まり、こころなしか薄い色合いまだまだ盛りのエゾノコンギクノムラサキ? エゾムラサキ?どちらも5月〜8月くらいの花期だが・・・ その時期にも、この辺りで咲いていた大好きな小さ [続きを読む]
  • 山母子
  • 仕事で山へ・・・そこそこの標高と秋という季節もあり、見つけた花はほんの少しだけ水っ気のない山に咲いていたのでたぶん、山母子川で見ていた河原母子との違いがまったく分からないこの花もカワラハハコなのかもしれないそれとも川で見ていたのもヤマハハコなのかもしれないこのふくろうも母と子かも知れない・・・ [続きを読む]
  • 二日かけて浜益サケを攻略
  • ノーヒットに終わってしまった翌日に、連日のチャレンジ!これといった秘策がある訳でもなく、川のポイントに立つ順番だけは決めていたゲンを担いで・・・出発時間を少し早めてみた街中を通り抜ける道順を変えてみたセコマで買うおむすびを変えてみたしかし何故か駐車スペースが同じ場所になってしまい、いっそ隣のスペースに移ろうかと思ったもののそこまでしなくてもいいか・・・さて、結果は5時間かけて、3回のアタリをものに [続きを読む]
  • 3回目の浜益はノーヒット
  • 魚は意外と少ない本格的な遡上はこれからなのだろうかそれとも魚が激減して、このままパラパラと遡上して終わってしまうのだろうかこの場所で、鮭が跳ねたり背切れを出したり・・・フライをとっかえひっかえ、投げては引き・・・投げては引き・・・を繰り返す一度だけ、リーダーとティペットの結び目からラインブレイク多分、背びれにでもスレたのだろう魚の感触はその一回きりだった期待通りに咲いていてくれて、ありがとーしかし [続きを読む]
  • 川へ行かない休日
  • 疲れが抜けない休日この間の雨で川は増水の様子豊平公園にて青紫色の花に小さいアブ大きなアサガオにベニシジミとてもいい感じの色合いこちらもまた・・・季節によって色を変えるアジサイ浜益川は明日からベストコンディションになりそうだけれど今週末は行けそうもない・・・残念! [続きを読む]
  • 2017年 浜益川サーモンフィッシング 2回目
  • 2017/9/13(水)前日の雨は、川にとっても恵みの雨でありフレッシュな群れが遡上しているはず!増水で中止になっていてはシャレにならないので、6時に管理棟へ電話で確認して出発上流と立ち込みは禁止だが釣りはできるとのこと、午後からは全部OKになった少し濁りが入っているものの、さほど増水していなく・・・つまり・・・遡上もあまりないようで、到着した9時には帰る人がけっこういる状態だった曇り空も、風と雨よる水面の [続きを読む]
  • 2017年 浜益川のサーモンフィッシング
  • 2017/9/9(土)今年も浜益川の鮭釣りがスタートしました混雑を避けて9時過ぎに到着。思った通りに駐車場は歯抜け状態になっていた。その割りは数は上がっていないようで、釣れなくて帰った人もいるということか魚が作り出す水面のざわめきを見つけてキャストを繰り返す・・・が・・・反応はしない・・・スレないように、少し遠目をリトリーブするとまさかの・・・うぐい君鮭を釣ろうとしているのに・・・!時折、鮭はその存在をア [続きを読む]