まるめち さん プロフィール

  •  
まるめちさん: 酔いどれオタクの日本酒感想記
ハンドル名まるめち さん
ブログタイトル酔いどれオタクの日本酒感想記
ブログURLhttp://marumechi.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本酒にはまったオタリーマンの家飲み記録ブログです。芳醇甘口派で好きな銘柄は風の森、花陽浴。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/12/10 10:26

まるめち さんのブログ記事

  • 田光 特別純米酒 生酒 「Fantastic」
  • 家飲み記録 田光 特別純米酒 生酒 「Fantastic」   三重県三重郡菰野町のお酒です。 ブログでの登場は意外にもまだ2回目ですね。 田光は個人的には「知る人ぞ知る銘酒」という印象がありますね。 酒質には非常に分かりやすい魅力(芳醇旨口系)があり生産量も僅少ということで、結構売り切れも早い感じなのですが、あまりプレミア銘柄的にはなっていない気がします。 実際のところ、これだけ地酒のレベルが全体的に上 [続きを読む]
  • (ほぼ)29BYにごり酒特集まとめ
  •  昨年に引き続き、「而今にごり酒に匹敵する、甘旨系にごり酒を探せ!」をコンセプトにやってきたにごり酒特集、今回は11品の紹介となりました。 ここでまとめておきたいと思います。(特集の最初の回はこちら) 昨年は全品をお気に入り順に並べましたが、今回は比較しづらいお酒(BY違い、うすにごり、大手酒)が混じっていることもあるので、「マイベスト5」とそれ以外のお酒に分けて再掲する形にしようと思います。 まず [続きを読む]
  • 大関 ワンカップ 純米にごり酒
  • 家飲み記録 大関 ワンカップ 純米にごり酒    兵庫県西宮市のお酒です。 家飲み・外飲み共に多分初めていただきます(昔気付かないうちに飲んでたかも)、にごり酒特集の11本(?)目、最後になります。  所謂ナショナルブランドの日本酒を紹介するのは、当ブログでは初めてなんじゃないでしょうか。 実はこのお酒、一時期Twitter及び日本酒ブログ界隈で話題になっていたんですよね、今回折角にごり酒を特集したので数ヶ [続きを読む]
  • 町田酒造 純米吟醸55 雄町 限定にごり
  • 家飲み記録 町田酒造 純米吟醸55 雄町 限定にごり  群馬県前橋市のお酒です。 外飲みは相当回数ありますが、ブログでの紹介はまだ2回目ですね、にごり酒特集の10本目。 町田酒造については前回もにごり酒の紹介だったので、なぜか二連続にごりになってしまいました。(ただ、前回は五百万石、今回は雄町とスペックには違いがあります) 新酒の時期に何となく目を引く感じなんですよね、「にごり」の肩ラベルもインパク [続きを読む]
  • 鶴齢 純米酒 にごりざけ 生原酒
  • 家飲み記録 鶴齢 純米酒 にごりざけ 生原酒  新潟県南魚沼市のお酒です。 ブログでの登場は3回目ですね、にごり酒特集の9本目。 鶴齢は、外飲みでの印象もいつも安定して良く、個人的には鉄板銘柄の一つだと思っています。 今回にごり酒をまとめ買いしている最中、持って来いの商品を見かけたので速攻でキープしてしまいました。 なぜか立派な箱入りですね、雪の結晶が舞う中、鶴が飛ぶというデザインは銘柄名とも相ま [続きを読む]
  • 十九 Snowflake
  • 家飲み記録 十九 Snowflake   長野県長野市のお酒です。 ブログでの登場は2回目ですね、にごり酒特集の8本目。 前回のスノーウーマンのラベルについて「ふざけ方が大人しめ」みたいなことを書きましたが、今回は一転して「やり過ぎでは?」と思う見た目ですね(笑) まあ十九は基本全部こんな感じですが、蔵元さんのブログ記事によると、このSnowflakeについては何と雪の結晶パターンが微妙に違う六種類のラベルになって [続きを読む]
  • 十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒
  • 家飲み記録 十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒   長野県木曽郡木祖村のお酒です。 当ブログでの登場は意外にもまだ2回目ですね、にごり酒特集の7本目。 銘柄的には3年振りの登場になりますね、外飲みでは結構やっているはずですが、家飲みとなると長野酒はライバルが多過ぎてなかなか機会が… といいつつ、このスノーウーマンについては、去年のにごり特集でちらと触れたぐらいに頭には残って [続きを読む]
  • 琵琶のさざ浪 純米活性もろみ酒
  • 家飲み記録 琵琶のさざ浪 純米活性もろみ酒    埼玉県入間郡毛呂山町(もろやままち)のお酒です。 家飲み外飲み含め初めていただきます、にごり酒特集の6本目。 琵琶のさざ浪の名前自体は結構前から知っていつつも取扱店の関係で購入機会がなかったのですが、今回うえも商店さんでたまたま見かけたため、衝動買いしてみました。 蔵元ホームページを覗いてみたら、この「もろみ酒」は予約限定で蔵元直販していたみたいで [続きを読む]
  • 仁勇 純米生 とろり酒
  • 家飲み記録 仁勇 純米生 とろり酒   千葉県成田市のお酒です。 同蔵のお酒のブログでの登場は4回目ですね、にごり酒特集の5本目。 上で4回目と書きましたが、今まで飲んだのは3回とも別ブランドの「不動」になります、仁勇は地元銘柄になりますが、日本酒勢の中では圧倒的に不動の方が知られているでしょうね。 今回、甘旨にごり酒をまとめ買いしている最中、「極甘口」を明確に謳うこのお酒が気になり、セレクトした [続きを読む]
  • 玉櫻 純米生 とろとろにごり酒 29BY
  • 家飲み記録 玉櫻 純米生 とろとろにごり酒 29BY   島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)のお酒です。 ブログでの登場は2回目ですね、にごり酒特集の4本目。 こちらのお酒は私が昨年のにごり酒特集のダントツMVPとして選んだお酒です。 「甘・旨・酸・ガス」が主張し合いつつもバランスを取るその味わいは、私がにごり酒に求めているものをそのまま体現したかのようで、自分の中では本当にとんでもない [続きを読む]
  • 荘の郷 純米にごり酒 「雪香」 28BY
  • 家飲み記録 荘の郷 純米にごり酒 「雪香」 28BY   大阪府泉佐野市のお酒です。 家飲み、外飲み含め初めていただきます、にごり酒特集3本目。 以前の記事でちらと触れた「大阪出張の際に購入した大阪産のにごり酒」がこちらになります。 裏ラベルには「浅野日本酒店・限定発売品」と大きく記載が有りますね、酒屋さんとしても割と貴重な地元大阪の銘柄ということで、関係を大事にしていることが伺えます。 ちなみに [続きを読む]
  • 花陽浴 生にごり酒 29BY
  • 家飲み記録 花陽浴 生にごり酒 29BY   埼玉県羽生市のお酒です。 当ブログ定番銘柄ですね、にごり酒特集の2本目。 昨年のにごり酒特集のときに、「而今にごり酒に匹敵する、甘旨系にごり酒を探せ!」というコンセプトを書きましたが、今年も基本的にはその姿勢は変わりません。 相変わらず「日本酒の旨味の魅力は甘味に宿っている」というのが私の姿勢ですからね、にごり酒でもそれは変わらないというわけです。 と [続きを読む]
  • 仙禽 雪だるま
  • 家飲み記録 仙禽 雪だるま    栃木県さくら市のお酒です。 ブログでの登場は4回目と、意外と少ないですね。 もう年度も変わってしまいましたが、今年も相当数飲んでいる「にごり酒」について、特集的にまとめて記事にしていこうと思います。(昨年のまとめはこちら) トップバッターは有名どころの雪だるまにしてみました。 仙禽の季節ものとして、夏の「かぶとむし」同様、以前から知られているお酒かと思います。 実 [続きを読む]
  • 而今 純米吟醸 愛山火入 28BY
  • 家飲み記録 而今 純米吟醸 愛山火入 28BY   三重県名張市のお酒です。 いやあ今期も結構飲んでますね、完全に定番銘柄と化しています。 而今については今までにレギュラーの特別純米、おりがらみ、にごりという定番純米クラスに加え、純米吟醸の米違いシリーズについても八反錦、千本錦、山田錦、雄町、酒未来と一通り家飲みできてきたわけですが、愛山だけは入手できずにいました。 今回満を持して購入に成功し、感 [続きを読む]
  • 西條鶴 無濾過純米酒 生酒 しぼりたて新酒 29BY
  • 家飲み記録 西條鶴 無濾過純米酒 生酒 しぼりたて新酒 29BY   広島県東広島市のお酒です。 ブログでの登場は3回目ですね。 少し話はズレますが、最近強く実感しているのが「新酒しぼりたて」「初しぼり」系のお酒は、結構当たり外れが大きいということだったりします。 聞くところによると、多くの酒蔵は期中に造りを重ねていく間に、その年の米の特徴を掴んでいって、より細かく味を調整していくらしいですね。  [続きを読む]
  • たかちよ 「White X'masラベル」 無調整生原酒おりがらみ
  • 家飲み記録 たかちよ 「White X'masラベル」 無調整生原酒おりがらみ    新潟県南魚沼市のお酒です。 当ブログでの定番&殿堂入り銘柄ですね。 たかちよの季節限定品になります、本当に今更の掲載になってしまいましたが、実はちゃんとクリスマスに飲んでいたりします。(タイムラグ三ヶ月…) ひらがな「たかちよ」のレギュラーシリーズについては一応全色飲み終わっているのですが、こういう季節限定ものとか「カスタ [続きを読む]
  • 福千歳 山廃純米吟醸 生 シュール・リー製法 28BY
  • 家飲み記録 福千歳 山廃純米吟醸 生 シュール・リー製法 28BY   福井県福井市のお酒です。 家飲み、外飲み含め初めていただきます。 未飲銘柄ということでセレクトしてみました。 蔵元ホームページによると、山廃に強いこだわりを持っているとのことです、「福井の山廃蔵」と名乗っているあたり、相当強い思い入れが伺えますね。 気になる製法について商品紹介から引用してしまうと、「Sur Lie(シュール・リー) [続きを読む]
  • 栄光冨士 「仙龍」 純米吟醸 しぼりたて 無濾過生原酒
  • 家飲み記録 栄光冨士 「仙龍」 純米吟醸 しぼりたて 無濾過生原酒   山形県鶴岡市のお酒です。 当ブログでの登場は12回目、もはや定番銘柄ですね。 栄光冨士は相当やっているわけですが、この「仙龍」については、初の家飲みになります。 以前に写真も上げたのですが、実は栄光冨士との出会いが、「麹町市場」さんで店長さんにオススメされたこの仙龍と酒未来だったんですよね。 そういう意味では原点といえます、しば [続きを読む]
  • にいだしぜんしゅ 生もと しぼり生 29BY
  • 家飲み記録 にいだしぜんしゅ 生もと しぼり生 29BY   福島県郡山市のお酒です。 同蔵のお酒の紹介は6本目、かなりのペースですね。 今年からひらがな表記になった自然酒シリーズです、蔵元の商品紹介には記載の無い限定品ですね。 ラベルにもあまり情報が無いのですが、どうやら私が大好きでありながら28BYを買い逃した、「純米直汲み」の後継品っぽいので、今回はバッチリキープした次第です。 しかし何でひ [続きを読む]
  • みむろ杉 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 おりがらみ 29BY
  • 家飲み記録 みむろ杉 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 おりがらみ 29BY   奈良県桜井市のお酒です。 外では結構飲んでいますが、ブログでの登場は2回目。 前回いただいたときは、はせがわ酒店、鈴傳が取り扱い開始したことが、購入の動機でした。 で、今回はついに矢島酒店でも扱い開始ということで、改めて驚き、勢いで購入した次第です。 いやあこういう銘柄の集中現象っていうのは何なんでしょうね、もちろん酒 [続きを読む]
  • 黒龍 吟醸原酒 「氷室オリジナル」
  • 家飲み記録 黒龍 吟醸原酒 「氷室オリジナル」   福井県吉田郡永平寺町のお酒です。 外飲み家飲みで結構な回数を飲んでおりますが、個別記事はなんとまだ二本目でした。  このお酒は文京区千駄木の「伊勢五本店」さんのオリジナル商品のようです、天下の黒龍でこんなお酒を出せるのだから、蔵元との繋がりの深さを感じますね。 実は以前に生原酒バージョンが出ていたようなのですが、その時は高速完売状態で買い逃してし [続きを読む]
  • 山本 深蒼 Midnight Blue 生原酒
  • 家飲み記録 山本 深蒼 Midnight Blue (ミッドナイトブルー) 生原酒   秋田県山本郡八峰町のお酒です。 外飲みを含めると相当回数いただいているはずですが、以外にもブログでの登場はまだ3回目でした。 また面白いネーミングですね…、まあ昔は「ブルーハワイ」なんてお酒も出してた蔵ですし、あまり驚きは無いのですが。 蔵元の商品紹介ページによると、以前にいただいている黒ラベルについては「ピュアブラック」 [続きを読む]
  • ちえびじん 純米大吟醸 愛山 28BY
  • 家飲み記録 ちえびじん 純米大吟醸 愛山 28BY   大分県杵築市のお酒です。 ブログでの紹介は6回目と、私にしてはなかなかのペースで飲んでいます。 珍しく火入れ酒の紹介になりますね、当ブログでの割合的には1割未満かも… 生酒については、「飲み飽きる」とか「飲み疲れる」みたいな評を良く聞くのですが、私の飲みスタイル的には、飽きたら次のお酒に行けば良いし、疲れたらそこで止めれば良いと常々思っていた [続きを読む]
  • イットキー 純米吟醸 しぼりたて 生酒
  • 家飲み記録 イットキー 純米吟醸 しぼりたて 生酒   新潟県魚沼市のお酒です。 家飲み、外飲み含め初めていただきます。 このお酒はまあジャケ買いですね、置いてあったのがうえも商店さんだったので味も間違いはないだろうという判断です。 実際このラベルは目を引きますよねえ、その時点である意味勝ちでしょう。 で、購入後にこちらを醸す玉川酒造のホームページを見に行ったのですが、まあブランド乱立のひどいこと [続きを読む]
  • 花の香 純米大吟醸 「和水」 無濾過生原酒
  • 家飲み記録 花の香 純米大吟醸 「和水(なごみ)」 無濾過生原酒   熊本県玉名郡和水町のお酒です。 当ブログでの登場は二回目ですね。 花の香は個人的には「荷札酒」「赤武」と同様、新進気鋭銘柄の代表格だと思っている銘柄です。 最近では「KURA MASTER」を含め色々なコンテストで良い成績を残しているようですね、蔵元ホームページにその旨しっかり記載しているところは如才ないというか、ネットによる情報発信の強 [続きを読む]