まるめち さん プロフィール

  •  
まるめちさん: 酔いどれオタクの日本酒感想記
ハンドル名まるめち さん
ブログタイトル酔いどれオタクの日本酒感想記
ブログURLhttp://marumechi.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本酒にはまったオタリーマンの家飲み記録ブログです。芳醇甘口派で好きな銘柄は風の森、花陽浴。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/12/10 10:26

まるめち さんのブログ記事

  • 会津娘 芳醇純米生酒
  • 家飲み記録 会津娘 芳醇純米生酒   福島県会津若松市のお酒です。 家飲み経験もあるのですが、ブログでは初登場。 会津娘は私が日本酒飲み始めの時期に出会い、一貫して好印象をもっていました。 が、近場に特約店が無い関係で長い間入手に至らず、過去の記録を見るに、最後に家飲みしたのは約5年前の2012年になっていました… そんな中、たまたま仕事で千葉市行く用事があり、帰りにエキナカの「IMADEYA」さんを覗いた [続きを読む]
  • 長陽福娘 山田錦 純米吟醸 山口9E 生 直汲み
  • 家飲み記録 長陽福娘 山田錦 純米吟醸 山口9E 生 直汲み   山口県萩市のお酒です。 外飲みでは相当やってますが、ブログでの登場はまだ3回目。 長陽福娘は、昔から矢島酒店さんで取り扱われていることもあり、結構身近な銘柄という印象がありました。 が、意外と家飲み本数は少なかったですね…、典型的な「いつでも飲めるから見逃し」パターンにハマっていたように思えます。 今回は、今や厳選されてしまったモウ [続きを読む]
  • 越の初梅 雪中貯蔵酒 純米吟醸 生原酒
  • 家飲み記録 越の初梅 雪中貯蔵酒 純米吟醸 生原酒   新潟県小千谷市のお酒です。 同蔵のブログでの登場は2回目。 このお酒は、割と最近紹介した「伊乎乃」と同じ蔵の商品でした、実は買ってから気づきました… 蔵元ホームページを見ると、「雪中貯蔵酒発祥蔵」というところをハッキリとアピールしていますね(トップページにある写真は一見の価値あり)、裏ラベルにも「雪のおくりもの」と題して解説文が載っています。 [続きを読む]
  • 土佐しらぎく 一年囲い 純米吟醸 吟の夢 生熟
  • 家飲み記録 土佐しらぎく 一年囲い 純米吟醸 吟の夢 生熟   高知県安芸郡芸西村(あきぐんげいせいむら)のお酒です。 ブログでの登場は…、意外にもまだ2回目でした、外飲み回数は多分2ケタいってるかと。 コメントでいただいた情報を元に初来訪した、神楽坂「ぼっちりや」さんで購入しました、このスペックはそこの女性店長さんが蔵に希望して特別に寝かしてもらっているものだそうです。 店頭で冷蔵庫を睨んでいる [続きを読む]
  • 而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生 29BY
  • 家飲み記録 而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生 29BY   三重県名張市のお酒です。 当ブログ常連銘柄の一つ。 泣く子も黙るジコンヌです、同スペックは2年前も紹介していますね、ついに5回目の家飲みとなります。 花陽浴・風の森等、同スペックのお酒を数年に渡って感想を書きつつ飲んでみて、ようやく自分のこととして実感してきたことに、「日本酒も年ごとの味の差が激しいなあ」ということがあります。 もちろん蔵 [続きを読む]
  • 菊盛 純米吟醸 しぼりたて 無ろ過原酒 29BY
  • 家飲み記録 菊盛 純米吟醸 しぼりたて 無ろ過原酒 29BY   茨城県那珂市のお酒です。 ブログでの登場は2回目ですね。 前回は酒販店グループ「吟奏の会」限定スペックをいただいており、その時かなりの好印象だったのでリピートしました、今回は蔵元ホームページにも商品紹介があるレギュラー品です。 菊盛は扱っている酒屋が少なく、前回は通販だったのですが、最近蔵元の木内酒造の系列店である角打ち(雰囲気は日 [続きを読む]
  • 楽器正宗 本醸造 中取り
  • 家飲み記録 楽器正宗 本醸造 中取り    福島県西白河郡矢吹町のお酒です。 この銘柄はブログでの登場は初めてですが、外飲み経験等は有り、詳しくは後述します。  同蔵の「自然郷 SEVEN」という銘柄は既に2回紹介しています、この楽器正宗は地元銘柄というやつですね。 実はこのお酒は、先日参加させていただいた「第4回お酒ミライオフ会 闇鍋日本酒会」で出会ったお酒だったりします(正確には中取りでない通常品 [続きを読む]
  • 五十嵐 純米吟醸 無濾過生原酒 直汲み 29BY
  • 家飲み記録 五十嵐 純米吟醸 無濾過生原酒 直汲み 29BY   埼玉県飯能市のお酒です。 ブログでの紹介は4回目。 五十嵐は5年ほど前かの酒徒庵で最初に出会い、その時の好印象から、扱っている酒屋さんを何とか探して買いに走ったことを憶えています。 で、その時尋ねた、数少ない都内の取扱い店が大森の「酒屋たなかや」さんでした。 同店は都内の地酒屋のなかでも銘柄セレクトが極めて個性的、かつハイレベルでし [続きを読む]
  • 花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 八反錦 29BY
  • 家飲み記録 花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 八反錦 29BY   埼玉県羽生市のお酒です。 風の森と双璧をなす、当ブログ定番銘柄。 超お気に入り銘柄の花陽浴の中でも、この八反錦48純大には特別な思い入れがあります。 当ブログの「マイ殿堂入り」に入れているのがこのスペックですし、以前には私の「一生に一度の重大イベント」への持ち込み酒としてセレクトしております。 まあ言ってしまうとそのイベントは自 [続きを読む]
  • 三十六人衆 純米大吟醸 あらばしり生酒
  • 家飲み記録 三十六人衆 純米大吟醸 あらばしり生酒   山形県酒田市のお酒です。 外飲みは経験ありますが、家飲みは初めてですね。 同蔵の造る日本酒はこの三十六人衆と「菊勇」の2ブランドのようですね、ホームページがブランドごとに分かれているというのは珍しい。 「三十六人衆」というなかなかインパクトのある名前の由来は、奥州藤原氏の家臣を源流とする、長い間酒田の自治を担った、36人の商人からなる組織を指 [続きを読む]
  • あべ 定番純米吟醸 おりがらみ生酒
  • 家飲み記録 あべ 定番純米吟醸 おりがらみ生酒   新潟県柏崎市のお酒です。 ブログでの登場は4回目と、出会ってからは毎年飲んでますね。 「日本酒感想日誌」さんイチオシ銘柄ということで飲み始めたあべですが、実際私としても好きな味わいであることが多く、お気に入り銘柄に入りつつありました。 ただ、今までの記事では売り方については若干ディスり気味になっていたような気がします、特に前回は四合瓶が少ないこと [続きを読む]
  • 英君 純米吟醸 無濾過生原酒 「緑の英君」
  • 家飲み記録 英君 純米吟醸 無濾過生原酒 「緑の英君」   静岡県静岡市のお酒です。 外飲みは何度かあったと思いますが、以外にも家飲みは初めてですね。 英君は静岡酒の中でも割と早い段階で、首都圏に進出していた銘柄という印象があります。 実際私もふくはら酒店さんの店頭で随分前(それこそ5年ぐらい前)からよく見かけていたし、外で飲んだことも有るのですが、得てしてそういう銘柄は家飲みが後回しになりがちで [続きを読む]
  • 川鶴 純米 限定直汲み 無濾過生原酒
  • 家飲み記録 川鶴 純米 限定直汲み 無濾過生原酒   香川県観音寺市のお酒です。 当ブログでの登場は7本目、いやあかなり飲んでますね。 同蔵は、最近すっかり定番商品となった感のある低アルにごり「くらうでぃ」や、いりこを入れて飲む用の「炙りいりこ酒」等面白い商品も出していて、なかなかにチャレンジングな印象があります。 個人的にはそういうお酒はあまり飲むことはないのですが、試み自体は面白いと思います。 [続きを読む]
  • 日本酒「薄青瓶問題」について
  •  最近日課である酒飲み達のツイートをチェックしていたところ、非常に気になるつぶやきを見つけました。 超有名店「GEMbymoto」の店長である千葉麻里絵様の、日本酒ボトルに関する次のツイートです。  RiCEの創刊号にも書いた内容。こちらは昔のFacebook内容ですが、5年前よりもだいぶ、右から二番目の瓶減ってきたけど(透明瓶に外側の青色着色は問題なし)夏酒で爽やかテイストで売るなら考えるべきかなと。酒質が外 [続きを読む]
  • 旦 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 28BY
  • 家飲み記録 旦(だん) 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 28BY   山梨県大月市のお酒です。 ブログでの登場は3回目、結構なペースで飲んでますね。 前回に引き続き山廃を選んでみました。 蔵元ホームページを見ると、ブランド的にも山廃造りを重視しているみたいですね。 新政が典型例だと思いますが、最近は生もと・山廃造りを「伝統的」と位置付け、そこへの回帰を指向する蔵も増えてきているように感じます。 同ペー [続きを読む]
  • ちえびじん 純米大吟醸 彗星 おりがらみ生酒
  • 家飲み記録 ちえびじん 純米大吟醸 彗星 おりがらみ生酒   大分県杵築市のお酒です。 ブログでの紹介は7本目、1年に1本を超えるペースで飲んでいますね。 先日日誌係さんが書かれていましたが、最近は北海道産米を使う道外の酒蔵が増えているようです。 確かに、代表的な道産酒米「吟風」「きたしずく」そしてこの「彗星」については、東西を問わず結構見る気がしますね、ただ当ブログではまだ寿喜心の吟風ぐらいしか [続きを読む]
  • 宝剣 純米吟醸 八反錦 生酒 29BY
  • 家飲み記録 宝剣 純米吟醸 八反錦 生酒 29BY    広島県呉市のお酒です。 ブログでの登場は5回目。 このお酒自体からは少し話がずれますが、日本酒(地酒)を飲んでいて私が常々楽しいと思うことは、口に含んでからの味わいの変化や複雑さだったりします。 この辺りは市販のビールやチューハイとは明らかに違う部分なんですよね、そしてそれを十分に楽しむには、必然的に「ゴクゴク」なんて飲み方は基本厳禁だとい [続きを読む]
  • 太平海 純米吟醸 無加圧 生酒
  • 家飲み記録 太平海 純米吟醸 無加圧 生酒   茨城県石岡市のお酒です。 同蔵のお酒は前に一回登場しています、詳しくは後述。 こちらを醸す府中誉株式会社のお酒ブランドは、「府中誉」「渡船」「太平海」の3つであることは、以前渡船純米吟醸を飲んだ時に書きました。 私は日本酒マニアとして色々な日本酒コンペの結果をチェックしているのですが、この蔵のお酒は結構見かけるんですよね。 この辺り、同蔵による復刻米 [続きを読む]
  • 飛露喜 特別純米 無ろ過生原酒 29BY
  • 家飲み記録 飛露喜 特別純米 無ろ過生原酒 29BY   福島県会津坂下町のお酒です。 ブログでの紹介は5回目。 言わずと知れたプレミア銘柄の一角ですね、昨年に引き続き、今年も運よく定価購入することができました(ちなみに私はプレミア価格でお酒を購入したことは一回も無いです)。 最近、知られていない銘柄の開拓により軸足を移している私としても、而今のにごりとこの飛露喜無ろ過生原酒だけはどうしても飲みた [続きを読む]
  • 池雲 純米 無濾過生原酒 「CLOUD」
  • 家飲み記録 池雲 純米 無濾過生原酒 「CLOUD」   京都府舞鶴市のお酒です。 家飲み、外飲み含め初めていただきます。 こちらは店頭初見衝動買い案件ですね、人形町の新川屋佐々木酒店さんで購入しました。 同店購入酒としては最近では伊乎乃、白木久、田光など、ちょっと前には吟田川、鴎樹等々を紹介しています。 このラインナップや同店のホームページを見ていただければ自明のことかと思いますが、同店は流行り・有 [続きを読む]
  • 風の森 ALPHA TYPE5 (ver.1)
  • 家飲み記録 風の森 ALPHA TYPE5 (ver.1)   奈良県御所市のお酒です。 言わずと知れた当ブログ殿堂入り銘柄。 風の森のチャレンジの場という位置付けのアルファシリーズですが、今回のテーマは「燗SAKEの探求」とのこと。 店長さんにお話を聞いてみると、蔵元の想いとして、所謂フルーティー系のお酒から、神亀に代表されるような燗向け銘柄への架け橋となるようなお酒となって欲しいということがあるようです。 いや [続きを読む]
  • 小左衛門 純米吟醸 初のしぼり 無濾過生酒
  • 家飲み記録 小左衛門 純米吟醸 初のしぼり 無濾過生酒   岐阜県瑞浪市のお酒です。 外飲みは何度もありますが、ブログ登場はなんと初めて。 小左衛門については、地酒屋のほか百貨店でもよく見る印象で、居酒屋でも割とちょくちょく飲んでいました。 なので、ブログ始めてからのこの6年間全く家飲みしていなかったことに気付いて愕然としましたね(ちなみに記録によると、ブログ始める前の2012年2月に家飲みしたのが最 [続きを読む]
  • 獺祭 「試」  米国産カルローズ米80%使用 2017年8月25日上槽
  • 家飲み記録 獺祭 「試」  米国産カルローズ米80%使用 2017年8月25日上槽   山口県岩国市のお酒です。 外飲み回数は数え切れないレベルですが、ブログでの登場はまだ7本目。 こちらは、獺祭が2019年にニューヨークでの現地生産を始めるにあたっての試験醸造酒で、どうやら米国産のお米を山口まで持ってきて醸したもののようです。(以前同じく「試」名義の獺祭の感想を上げていますが、中身は全くの別物、まあ単にプロト [続きを読む]
  • 伊乎乃 特別純米 初しぼり中汲み生原酒
  • 家飲み記録 伊乎乃(いおの) 特別純米 初しぼり中汲み生原酒   新潟県小千谷市のお酒です。 家飲み・外飲み含め初めていただきます。 初飲みということで銘柄名でググってみたところ、真っ先に「モトックス」という会社のページが出てきました。 どういうことやねんと、もうちょっと同社について見てみたところ、どうやらワイン中心に酒類の卸・販売をやっている会社みたいですね。 蔵元と連携してブランディングした銘 [続きを読む]
  • たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 29BY
  • 家飲み記録 たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 29BY   新潟県南魚沼市のお酒です。 当ブログでの登場は2ケタに及んでいる、まさに定番銘柄の一つですね。 たかちよについてはタータンチェックラベル等の新製品(限定スペック)がガンガン出てきており、最近はついそちらを優先して購入しがちな状況だったりします。 が、この「レッド」だけは抑えておきたいという思いが強いんですよね、自分としてはたかちよを「マイ [続きを読む]