まるめち さん プロフィール

  •  
まるめちさん: 酔いどれオタクの日本酒感想記
ハンドル名まるめち さん
ブログタイトル酔いどれオタクの日本酒感想記
ブログURLhttp://marumechi.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本酒にはまったオタリーマンの家飲み記録ブログです。芳醇甘口派で好きな銘柄は風の森、花陽浴。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/12/10 10:26

まるめち さんのブログ記事

  • 辰泉 本醸造 「こだま別誂」 山廃生原酒 27BY
  • 本日の家飲み 辰泉 本醸造 「こだま別誂」 山廃生原酒 27BY   福島県会津若松市のお酒です。 以前には一度、「ふなまえ酒」という特別純米新酒生酒をご紹介しています。 地酒屋こだまさんでの購入酒が続きます。 というよりこのお酒は「こだま別誂」というフレーズが示す通り、ここでのみ売られているスペックになります(詳しくはお店の商品紹介ページ参照)。 こちらも、私が滅多に買わないアル添有りの本醸造で [続きを読む]
  • 城川郷 特別本醸造 原酒 生酒 28BY
  • 本日の家飲み 城川郷 特別本醸造 原酒 生酒 28BY   愛媛県西予市のお酒です。 家飲み、外飲み含め初めていただきます。 最初はそのつもりはなかったのですが、たまたま地酒屋こだまさんでの購入酒の記事が続いたので、特集的にまとめてとりあげることにします(後2本有る)。 いやあこちらのお酒も東京では滅多に見ない銘柄なんじゃないでしょうか… あまりドヤるのも何ですが、私の場合あまりに色々な銘柄に手を [続きを読む]
  • 居谷里 山廃純米生原酒
  • 本日の家飲み 居谷里(いやり) 山廃純米生原酒   長野県大町市のお酒です。 外飲み経験は何度かあり、家飲みについては後述。 こちらを醸す北安醸造のお酒については、約4年前に「北安大國」ブランドのひやおろしをご紹介しています。 居谷里はどうやら山廃向けのブランドみたいですね、萩の鶴と日輪田みたいな関係でしょうか、やっぱり速醸と山廃系では味わいに差がでますし、整理としては納得。 これも地酒屋こだまさ [続きを読む]
  • 初雪盃 純米吟醸 生原酒 直汲み 23BY
  • 本日の家飲み 初雪盃(はつゆきはい) 純米吟醸 生原酒 直汲み 23BY   愛媛県伊予郡砥部町(とべちょう)のお酒です。 外飲み経験はありますが、家飲みは初めて。 中々東京では見かけない銘柄なんじゃないでしょうか、蔵元ホームページには特約店一覧があり(素晴らしい!)、それによると都内どころか関東地方でたった2店となっています。 その2店が「地酒屋こだま」さんと「酒屋たなかや」さんというのがいかに [続きを読む]
  • 会津錦 純米 無濾過生原酒 「さすけね」
  • 本日の家飲み 会津錦 純米 無濾過生原酒 「さすけね」   福島県喜多方市のお酒です。 家飲みでは初めていただきます。 「会津錦」という銘柄名は何ともスタンダードというか、無色というか、正直なところあまり印象に残らないように思えます。(会津娘、会津中将、会津ほまれ等もあるためなおさら…) だからなのか、こちらの蔵では商品にインパクトのあるサブタイトル(?)を付けて売り出しているみたいです、この「さ [続きを読む]
  • 田酒 純米吟醸 生酒 「NEW YEARボトル 2018」
  • 本日の家飲み 田酒 純米吟醸 生酒 「NEW YEARボトル 2018」   2018年の家族用新年酒のトリ、4本目になります。 (昨年の感想はこちら) 上立ち香は、柑橘系果実のフレッシュな香りが、あくまで仄かに。 含むと、インパクトはありつつ、極めてまろやかな甘旨味が力強く入ってきて、最後までバランスを保ったまま、ゆっくりと染み入ってきます。 味わいは、今風の柑橘系果実の甘酸旨味を芯にしつつ、田酒特有の [続きを読む]
  • 花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 八反錦 29BY
  • 本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 八反錦 29BY   2018年の家族用新年酒の3本目になります。 (昨年類似スペック(おりがらみ)の感想はこちら) 上立ち香は、いつものパイン香が、華やかな感じで強めに。 含むと、トロピカルでインパクトのある甘酸旨味がグワっと入ってきて、かつダレを感じさせないまま、若々しいまま口中に広がります。 味わいは、やはりフレッシュパイン的な甘酸旨味が主役にあり [続きを読む]
  • 鍋島 「New Moon」 しぼりたて 純米吟醸 生原酒 29BY
  • 本日の家飲み 鍋島 「New Moon」 しぼりたて 純米吟醸 生原酒 29BY   2018年の家族用新年酒の2本目になります。 (昨年の感想はこちら) 上立ち香は落ち着いた感じの果実香が控えめに。 含むと、いかにも芳醇フレッシュな印象の甘旨味が力強く入ってきて、少々の苦味で輪郭を保ちつつ、そこそこ華やかな含み香を放ちつつ、じわじわと染み込んできます。 味わいは、白桃を思わせる甘味優勢の旨味が、新酒らしい [続きを読む]
  • 而今 特別純米 にごりざけ生 29BY
  • 本日の家飲み 而今 特別純米 にごりざけ生 29BY   先日の記事で私の正月酒を紹介しましたが、持ち込み酒5本については自分で飲んだ量が少ないしメモも取れなかったので、感想は載せません。 対して、家族用のお酒4本については一人でも飲めましたので、これから掲載していこうと思います。 ただ、ハッキリ行ってここ数年スペックが被っていて新しく書くネタも無いため、写真と飲んだ感想だけバーッと書いていく簡易版 [続きを読む]
  • 結人 純米吟醸 無濾過中取り生酒 五百万石
  • 本日の家飲み 結人(むすびと) 純米吟醸 無濾過中取り生酒 五百万石   群馬県前橋市のお酒です。 ブログでの登場は2回目ですね。 前回飲んだのが私にしては珍しく火入れだったので、今回は生をセレクトしました。 ちなみにその時蔵元ホームページをチェックして、「10年も放置するぐらいだった削除した方がマシ」とかなりキツいことを書いたのですが、今見たら大きく「準備中です」と書かれたページだけが残っていま [続きを読む]
  • 土田 山廃 純米吟醸 無濾過原酒
  • 本日の家飲み 土田 山廃 純米吟醸 無濾過原酒   群馬県利根郡川場村のお酒です。 家飲み、外飲み含め初めていただきます。 こちらを醸す土田酒造の他銘柄には「譽國光(ほまれくにみつ)」があります、そちらの方は結構有名なんじゃないでしょうか。 逆にこの「土田」ブランドのお酒は、今回通販サイトを物色して初めて出会いました、まあほぼ事前情報もないままでの衝動買いですね。 ちなみに商品名でググるとかの「KU [続きを読む]
  • 黒松仙醸 「こんな夜に…」 純米大吟醸 満月
  • 本日の家飲み 黒松仙醸 「こんな夜に…」 純米大吟醸 満月    長野県伊那市のお酒です。 外飲み回数は相当数ありますが、意外にもブログでの登場はいまだ2回目。 新年通常更新の一発目は、いつもよりちょっとだけ豪華なお酒にしてみました。 黒松仙醸については前回低アル酒「Prototype14」をいただいていますね、今回は特約店限定品である「こんな夜に」シリーズの、最高クラスである満月をセレクト。 こんな夜にシ [続きを読む]
  • 2018年の新年酒について
  •  あけましておめでとうございます、本年も当ブログを何卒よろしくお願い申し上げます。 今年も元旦用のお酒について紹介するつもりだったのですが、若干遅刻してしまいました… 今年は元旦に親戚の集いがあり、そこに日本酒係として日本酒を持ち込みましたので、まずはその報告です。 お酒の写真はこちら。 ・木戸泉 特別純米 無濾過原酒 DEEP GREEN 2013BY ・藍の郷 純米酒 ・風の森 秋津穂 純米 しぼり華 ・ [続きを読む]
  • 桃の里 本醸造 16年熟成古酒
  • 本日の家飲み 桃の里 本醸造 16年熟成古酒   岡山県赤磐市のお酒です。 当ブログでの登場は早くも7回目。 2017年も当ブログをご愛顧いただきありがとうございました。 季節感の無いブログではありますが、大晦日更新分ぐらい、それに相応しい銘柄を載せようということで、こちらの「桃の里」を選びました。(まあ飲んだのは数か月前なんですが…) こちらは、年頭に蔵元からまとめ買いしたものの最後の1本です、約一 [続きを読む]
  • 大盃 純米大吟醸50 脱気処理生酒
  • 本日の家飲み 大盃(おおさかずき) 純米大吟醸50 脱気処理生酒    群馬県高崎市のお酒です。 同蔵のお酒の紹介は3回目ですね。 こちらを醸す牧野酒造のお酒は今までに、「玉苗を使った純吟」と「限定ブランドの馥露しずく」 を紹介しています。(ちなみにブログ開始前に「馥露酣」も一本やってます) 今回のお酒の特徴は、「脱気処理」を謳っているところでしょうね、裏ラベルの解説には「瓶詰め時に生酒中の溶存酸素を [続きを読む]
  • 谷川岳 純米吟醸 生原酒 ひやおろしPREMIUM 「二夏越え」
  • 本日の家飲み 谷川岳 純米吟醸 生原酒 ひやおろしPREMIUM 「二夏越え」    群馬県利根郡川場村のお酒です。 ブログでの登場は二回目ですね。 こちらは「水芭蕉」で知られる永井酒造のお酒です、外飲みでは圧倒的にそちらを見ることが多いのですが、家飲みでは前回の一意専心に続き、たまたま谷川岳ブランドが連続しましたね。 そしてこのお酒こそ、自分にとって今年の秋酒のナンバーワンだったりします、というわけで [続きを読む]
  • たかちよ 無調整生原酒 ハロウィンラベル
  • 本日の家飲み たかちよ 無調整生原酒 ハロウィンラベル   新潟県南魚沼市のお酒です。 当ブログでの登場頻度はトップ5には入る、定番&殿堂入り銘柄ですね。 というわけで…、 まるめち的秋酒アプローチその③…「自分の信頼する銘柄の秋季限定品を選ぶ」 てな感じです、これまた当たり前ですね。 といいつつ自分の場合、好きな銘柄でも「ひやおろし」は合わないことが多いので、それ以外の季節限定ものを選ぶことの方 [続きを読む]
  • 金澤屋 純米吟醸 秋あがり
  • 本日の家飲み 金澤屋 純米吟醸 秋あがり   福島県喜多方市のお酒です。 銘柄としては、家飲み外飲み含め初めていただきます。 こちらのお酒は、ひやおろしがずらっと並ぶ酒屋さんの冷蔵庫の前で若干辟易としながら店員さんに「この中で甘いやつはありますかね〜」と尋ねた上で、出してもらったものになります。というわけで まるめち的秋酒アプローチその②…「酒屋の店員さんに好みを伝えて選んでもらう」 「普通!」と [続きを読む]
  • 秋鹿 山廃 純米 無濾過生原酒 7号酵母 山田錦 26BY
  • 本日の家飲み 秋鹿 山廃 純米 無濾過生原酒 7号酵母 山田錦 26BY   大阪府豊能郡能勢町のお酒です。 外飲みでは何度もいただいていますが、家飲み・ブログ登場はなんと初めて。 唐突ですが、「アンチひやおろし派(笑)」の自分としては、秋に飲むお酒のセレクトに若干特殊なところがあります。 といいつつこの数年は家飲みに関しては割と充実した秋酒ライフを遅れているので、もはや季節外れながら今年の秋にい [続きを読む]
  • 宝寿  特別純米 2017 無濾過生原酒  吟奏の会ヴィンテージ
  • 本日の家飲み 宝寿  特別純米 2017 無濾過生原酒  吟奏の会ヴィンテージ   広島県竹原市のお酒です。 家飲みは初めて、外飲み経験については後述します。 こちらを醸す藤井酒造の他ブランドには「龍勢」があります、少なくとも東京ではこちらの方が圧倒的に有名でしょう。 その中でも龍勢「夜の帝王」という商品については、そのインパクトもあって聞いた覚えがある方も多いんじゃないでしょうか。 逆に宝寿の方は、少 [続きを読む]
  • 咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒 28BY
  • 本日の家飲み 咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒 28BY   群馬県吾妻郡中之条町のお酒です。 前回に続いての紹介となります。 前回ブログ右側→のお気に入り銘柄について触れましたが、本当は他にもここに書きたい銘柄は大量にあったりします。 寿喜心、百楽門、美寿々、超超久なんかはその筆頭グループですね、やっぱり首都圏であまり見ないお酒をこそ積極的に紹介していきたいという思いが、日本酒ブログ管理人としては [続きを読む]
  • 咲耶美 純米吟醸 直汲み荒ばしり酒 生原酒 28BY
  • 本日の家飲み 咲耶美(さくやび) 純米吟醸 直汲み荒ばしり酒 生原酒 28BY   群馬県吾妻郡中之条町のお酒です。 ブログでの登場は3回目ですね。 咲耶美は昨年出会った銘柄なのですが、まさに自分の好みドンピシャな酒質で、強烈に印象に刻まれることになりました。 そのインパクトは、まだ2本しか飲んでいないのにブログ右側→のプロフィール欄のお気に入り銘柄に(桃の里、井の頭と同列で)追加してしまうほどのも [続きを読む]
  • 大七 純米 生もと 「CLASSIC」
  • 本日の家飲み 大七 純米 生もと 「CLASSIC」   福島県二本松市のお酒です。 家飲みは初めて、下手したら外飲み経験も無いかも… 福島地酒の雄、大七です。 地酒とはいえここまで大手になると、あまり購入対象にはならないのですが、今回は通販の同梱酒としてセレクトしてみました。 同蔵は大手とはいえ、「扁平精米」や「生もとへのこだわり」など、着眼点が大手らしくないというか職人気質的な印象がありますね。 そ [続きを読む]
  • 栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 愛山 28BY
  • 本日の家飲み 栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 愛山 28BY   山形県鶴岡市のお酒です。 当ブログでの登場は11回目、少なくともトップ10には入る定番銘柄になっていますね。 今回いただく愛山純大は、裏ラベルにも記載がある通り2016年に発表された「パーカーポイント」高評価酒の中に入っており、92点を獲得しているスペックです。 このことについて早速裏ラベルにでかでかと「92」と書いてしまうフットワークの軽 [続きを読む]
  • 緑川 純米吟醸 雪洞貯蔵酒 緑「生」
  • 本日の家飲み 緑川 純米吟醸 雪洞貯蔵酒 緑「生」   新潟県魚沼市のお酒です。 実は家飲み、外飲み含め初めていただきます。 緑川については、少なくとも地元では有名で、全国区でもちらほらと名前を聞くような銘柄という印象が有ります、口コミサイト「日本酒物語」でも新潟県ランキングトップ10に入ってますしね。 が、今回びっくりしたのは、ちょっとググった限りでは、蔵元ホームページが見当たらなかったことです。 [続きを読む]