水無月 さん プロフィール

  •  
水無月さん: 日々、すっきり。ー暮らしやすい部屋づくりー
ハンドル名水無月 さん
ブログタイトル日々、すっきり。ー暮らしやすい部屋づくりー
ブログURLhttp://pachikin.blog.fc2.com/
サイト紹介文2DKで2人暮らし。持ち物を見直して、持たず増やさず、日々を過ごす。
自由文日々、何かを捨て続けています。捨てるものがなくなったとき、どうなっているのか楽しみであり、怖くもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/12/10 12:45

水無月 さんのブログ記事

  • 記憶と、生きることと、死んでいくこと。
  • 思い立ったら更新。引っ越してから、早二ヶ月。新しい住まいにも馴染んできた。もう、一年くらい住んでいるような気持ちになる。前の住まいは九年住んでいたのだけれど、三年くらいしか経っていないような気がする。時間の感覚は、よくわからない。出来事によって、感じる流れが違う。起こる頻度や刺激の度合い、記憶のインパクトによってつい最近のようにも、とおい昔のようにも感じる。死ぬ直前に見るという走馬灯は、そんな記憶 [続きを読む]
  • 不満と満足と幸せは行ったり来たり。
  • 日常に大きな不満はなくても、満ち足りた感じも少なく、いまの過ごし方でいいのかと悩む、そんな時があります。仕事が忙しければ、やめてのんびりした日々を送りたくなり、いざ何もしなくて良い日が続けば、何かを始めたくなる。忙しすぎるのがよくないことはわかりやすい。けれど、暇すぎることに耐えられる人はすくない。ほどほどのストレスややるべきことがあり、疲れたら休むことができる。周りに頼りあえる人がいて、気を使わ [続きを読む]
  • やりたいことをやらないとこうなる。
  • 組織で働いて、やろうと思ったことができない日々が続くと、いつの間にか、仕事でやりたいことがわからなくなってくる。仕事ではある程度枠組みがあるので、「こうだったらいいな、いつかはこうしたいな」という思いがあるけれど、仕事から離れると、とたんに疲れがやってきて、ただ休みたくなる。自分の生き方について「こういう状態になりたい」という理想は描けるのだけれど、そうなるための過程に取り組む気が起きない。やって [続きを読む]
  • 日々の食事。簡単な料理でも美味しい。
  • ■鶏肉とサツマイモと玉ねぎのスープ帰りが遅くなって、惣菜を食べることもあるけれど、できるだけ夕食を作るようにしている。自分でつくったご飯は、出来合いのものよりも美味しく感じる。その日の気分にあわせて、味付けや分量を変えられるのがいいのかもしれない。料理を習ったわけでもなく、レシピを丹念に見ることも少ないので、ほぼ我流の料理。それでも自分なりには美味しいと思えるから、料理は楽しい。凝った料理を何品も [続きを読む]
  • 疲れた体はなかなか治らない。
  • 治ったかと思いきや、油断すると頭がぼーっとする。眠気も消えない。目の奥がじんわりと痛い。こうなってくると仕事にも長時間集中はできない。ちょくちょく休憩を挟みつつ、なんとか業務をこなす。家にいるとほっとする。食事をつくったり、部屋を片付けたりしている時が心安らぐ。かといってそればかりでは暮らせない。いや、実は暮らせるのかもしれない。生活にはあまりお金がかからないので、ちょっと稼ぐことができれば、体が [続きを読む]
  • 長引く体調不良との付き合い方
  • どうにも体調がすぐれない。あたまがぼーっとして微熱があり、多少の倦怠感、そして眠気。休みをとってがっつり2日ほど眠ってから出社。回復していたかと思いきや、1日働くとまた疲れと眠気が戻ってくる。だましだまし、働きつつ回復するのを待つのがいいだろうか。微熱や咳が数ヶ月続いたので何度か医者にいったものの原因は不明。暫定的にいくつか薬を処方されるものの、一時的に改善しただけでまた元に戻ってしまった。医療とい [続きを読む]
  • 幸せを感じる時間。
  • 一人で幸せを感じる時間がある。幸せというと、イメージが人によって大きく異なるけれど、この場合は、充足感、焦らない心、その時間にいることに安心する感覚、そうしたイメージの幸せ。私の幸せな時間、それは何かを考える必要に追われず、時間が経つことを気にせず静かな環境で、何かに邪魔される可能性に怯えず、ただその時を過ごせる時間。人と過ごす幸せももちろんある。それは「楽しさ」をもった幸せ。一人で感じる幸せは、 [続きを読む]
  • 金銭感覚の不思議。
  • お金は好きですか。私は好きです。稼ぐことも好きだし、増やすこともすき。減ると不安になるし、いくら増やしても不安は拭えません。ちょっとしたものなら買うことには困らないはずなのに、買う前には「必要か」「適正な値段か」「もっと安くならないか」「買うに値する製品か」「誰の利益になるのか」を考えてなかなか買うことはありません。何万円もするパソコンやスマホを持っていても、日々の数十円の食材の割引に一喜一憂して [続きを読む]
  • ブログを書きつづけるために必要なこと。
  • かつては毎日更新していたブログ。一度途切れると、とたんにそれが難しくなるのはなんでだろう。身についた習慣が消えてしまうのだろうか。続ける目的や書いていく内容を考えることで、手が止まってしまうからだろうか。数行を打ち込むだけなら数分でできる。されど、何を書くかわからなければ書くことはできない。ちょっとした核となる言葉や考えを、日頃からもっておくと、書きやすくなるんだろう。そう思って、スマホのメモに残 [続きを読む]
  • 生きるのがしんどくなってきたら、睡眠を増やそう。
  • 最近、残業が増えて、家に帰るのが遅くなりました。10時くらいに帰って、晩御飯をたべて、お風呂にはいれば気がついたら11時くらいに。数ヶ月で終わるならいいのですが、これが何年も続いていくと思うと、なんのために暮らしているのだろうと思えてくる。以前は、仕事だけで終わる毎日は嫌だと思って、そこから楽器を弾いたりゲームをしたり、本を読んだりしていました。そうすると、一応何かはできるのだけれど、次の日に疲れがた [続きを読む]
  • ミニ盆栽の誘惑。
  • 盆栽、いいなぁ。片付いた部屋に、すっと置かれた盆栽。茶室の一輪挿しのように、それが空間に和らぎをもたらしてそして引き締める。計算された美しさの部屋。そんなものに憧れます。買うとなると、手入れの道具やら土やら、虫の駆除やら落ちた葉の片付けやら、諸々の手間が発生します。購入を悩み中。このミニ白梅が美しい。 [続きを読む]
  • いざという時のための猫ライト。
  • 先日の大型台風で、思いかげず長時間の停電となった。電気もつかず、水も出ない数時間。いつの間にか日はくれて、部屋の中は真っ暗に。そんな時に我が家を照らしてくれたのが、この猫ライト。数日前、断捨離を目指していたものとしてあるまじき行為によりアマゾンタイムセールで衝動買いしていた。充電式で8時間ほど明るくなる。他の電気が消えた状態では、これだけでもかなり明るい。おかげで晩御飯もつくれたし、水を汲みに行く [続きを読む]
  • 気持ちを落ち着けよう。頑張りすぎないようにしよう。
  • 私たちの生活は、神経が高ぶりすぎている。仕事を終え、家に帰っていてもふとした瞬間に仕事のことが頭に浮かぶ。寝て起きても、思いついた仕事のことを携帯電話にメモをとる。昼休み、食事に行けば話題に上がるのは、組織への不満や理想のこと。どうして進んでしんどくなることばかり頭に浮かべるのだろう。本当は、美味しいご飯のこと、楽しく過ごせる家族や友人のこと、身の回りの風景、季節の移り変わりのこと、些細な気づき、 [続きを読む]
  • 地震の頻度は増えているか。
  • 北海道での地震、被災者の方が一刻も早く安全な生活に戻れることを願います。阪神淡路大震災を端緒として、日本の地震が増えたように感じていました。しかし、私の記憶にあるのはせいぜい数十年。気象庁の震度データベースにて過去の地震を検索できるので調べてみました。引用元:https://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php以下、統計開始の1923年から現在までの、震度6弱以上の地震の一覧。1993年を境に、数 [続きを読む]
  • やりたいことと、やること。
  • 仕事をやめたら●●するんだ!時間があったら××したいな・・・そんな思いにとらわれることがよくあります。だけど、時間があったら、本当にそれをやるのか。本当にやりたい、時間さえあればやることなら働きながらだって、少しの時間だって、何か始めているんじゃないか。限られた時間の中でも、自分でやると決めたことをやる。やってみたかったことに近づいていく。数分でもできることもある。本を読む、文章を書く、考えをまと [続きを読む]
  • ブログを続ける人はすごい。
  • ブログを書き続けられる人は、すごいと思う。自分ができなかったときに、その凄さを改めて感じることになる。何年も書き続けるのは、気力だけでできることではなく、しっかりと続けるための仕組みを作れているのだと思う。半年や一年、3年程度なら書き続けることができた。それが、5年、10年となってくると生活の変化もあり、どこかで途切れてしまう。なんのために書くのか、何を伝えたいのか、どうやって書き続けるのか、そう [続きを読む]
  • インフラに感謝を。水と電気のありがたみ。
  • 台風の影響で、7時間ほど断水、停電となりました。つい先ほど、復旧し、水と電気が使えるようになりました。この大変な状況の中、復旧作業を行ってくれた方々に、尊敬と感謝を。インフラは使えて当然ではなく、維持している人がいるからこそ使えるもの。いつもは気がつかないけれど、私たちが享受している最高峰の便利な仕組みなのだと、改めて感じました。水が止まればトイレも流せず、電気がなければ家の中を歩くこともおぼつか [続きを読む]
  • ブログを見返して、自分を知る。
  • 何年も前の記事を読み返してみる。文章を書き方や、生活は少しずつ変わっているけれど、考え方はほとんど変わっていないように思う。数年経てば、その間に人と出会ったり、本を読んだり、周りの環境が変わったりして、経験を積み、知識は増える。それでも、考え方の根っこが大きく変わらないということは、これからもきっとそうなのだろう。細かな悩みは人それぞれだけれど、同じ人は毎度同じようなことでぐるぐると悩みを繰り返し [続きを読む]
  • すごく簡単、かぼちゃスープ。
  • サツマイモやカボチャなどの、ねっとりほくほくとした甘みが好きで、レストランなどでスープが出てくると喜んで飲んでいました。ああいうスープをいつでも飲めるようにしたいと思っていたところ、知人から簡単にかぼちゃスープは作れるよ、と聞きました。調べてみると、確かに思っていたほど難しくはない。味を追求するならいろいろな工程がいるけれど、作るだけならシンプル。家にある材料だけでできるよう、一番簡単なレシピを参 [続きを読む]
  • 何十年も使い続ける道具たち。
  • 毎日、テーブルを拭いている。天板になにも乗せず、木目が見えているのが好きで、ちらっとみては満足している。木のできたものたちは、手入れをすればボロボロにならず長らく使えるので気に入っている。経年変化も一種の劣化なのだけれど、見た目や使い勝手が悪くならないなら、それはそれでよいものです。楽器は何十年も、ものによっては何百年も使うことができる。家具だって、しっかり手入れしていれば数十年は十分に使える。ず [続きを読む]
  • アウトプットの楽しみ。
  • めまいと、ちょっとした発熱のため、本日は休み。作業に追われて自由に使える時間がないと、日々が退屈なものに感じてくる。時間がたくさんあっても、何もしなければこれまた退屈な日々がまっている。学習はなんのためにするのか。それは、アウトプットするためだ、という話があります。見聞きしたことで、面白そうなことがあればやってみるのがいい。別に失敗してもいい。飽きたらやめればいい。面白そうなことをやらない日々は、 [続きを読む]
  • オイル仕上げのダイニングテーブルと手入れ。
  • 引越しに伴い、木製のダイニングテーブルを買いました。無垢材のオイル仕上げのため、汚れがつきやすく定期的な手入れが必要な品です。ダイニングテーブルの塗装には大きく三種類あって、いろんなページを見たところ、特徴は以下のような感じでした。ウレタン塗装:汚れがつきにくく、ものをこぼしても濡れた布なので拭き取ればOK       特段の手入れは不要。剥離すると個人での修復は困難。セラウッド塗装:ウレタン塗装同 [続きを読む]
  • 明るすぎる照明を調整する。
  • ダイニングに取り付けた、LED照明。実際に設置してみると、思っていたよりも明るい。むしろ、まぶしい。この照明を眺めていると目がチカチカする。もう少し柔らかなあかりにする方法はないものかと、調べていました。で、たどりついたのがこちら。3M™ スコッチカル™ 光拡散・ディフューザーフィルムhttp://www.mmm.co.jp/cg/lineup/lighting/diffuser_film.html光を拡散するシートを貼ることで、光を均一にしつつ、明るさを抑 [続きを読む]
  • インテリア_ペンダントライトの位置を調整する方法
  • 引越し後の楽しみは継続中。ダイニングにつけるペンダントライトを購入しました。店で見たときはちょうどいいと思ったのですが、いざ家でつけてみると、大きいし明るい。買う前にはサイズ感と明るさを測っておくのがよさそうです。さて、新居ではシーリングの位置がテーブルの中央からずれています。テーブルの真上にライトを持ってくるため、ペンダントサポーターを買いました。半径数十センチの範囲で、場所を好きに動かせるとい [続きを読む]