水無月 さん プロフィール

  •  
水無月さん: 日々、すっきり。ー暮らしやすい部屋づくりー
ハンドル名水無月 さん
ブログタイトル日々、すっきり。ー暮らしやすい部屋づくりー
ブログURLhttp://pachikin.blog.fc2.com/
サイト紹介文2DKで2人暮らし。持ち物を見直して、持たず増やさず、日々を過ごす。
自由文日々、何かを捨て続けています。捨てるものがなくなったとき、どうなっているのか楽しみであり、怖くもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/12/10 12:45

水無月 さんのブログ記事

  • 風邪の連休と、ゲームにはまる日々。
  • すっかり涼しくなりました。先日まで、あついあついといっていたのに、朝起きたら寒くて体を丸めているようになりました。そんななか、見事に風邪をひき、自宅にこもりっきりの三連休を過ごしています。前回の更新から、早一ヶ月。ほんとうにあっという間に月日がすぎていきます。近頃は、スマホゲームが気に入り、日々遊んでいます。自分が育てるキャラクターが強くなっていくのは楽しいもので、ついつい時間が経ってしまいます。 [続きを読む]
  • 騒がしい世情と淡々と過ぎる日常。
  • 前回の更新から早半月。あっという間に月日がすぎます。鏡を見れば白髪の増えた自分がいます。日々は淡々とすぎています。某国のミサイル問題でざわついている近頃ですが、生活自体は変わらず、落ち着いた日々が続いています。プライベート、職場、それぞれでいろいろなことが起こっていますが、そのときどきが過ぎれば、家の中という日常に戻ってきている感じです。帰るところというか、起点になるところというか、自分の軸になる [続きを読む]
  • 年を重ねることと、大人になること。
  • 小さい頃、大人は子供とは全然違うものだと思っていた。無条件に大人は、賢い、いろいろできると感じていたのかもしれない。いざ、大人と呼ばれる年齢になってみると、そのイメージとは違う自分がいる。幼い頃そのように見えていた相手も、実はそうではなかったのだと気づく。もちろん、子供に比べればできることは増えた。知っていることも増えた。それは年齢のせいではなくて、経験のためなのだろう。小さい子供から見れば、私も [続きを読む]
  • 休みの日の気持ちが、本当のその人の気持ちだと思う。
  • お盆の連休ですね。今年は、今日から仕事の方と、今週いっぱい休みの方、二つに大きく分かれそうです。連休中は電車の顔ぶれが大きく変わります。家族連れが増え、スーツ姿の方がぐっと減ります。心なしか車内の空気も穏やかでです。周りを見ながら席や場所をゆずり合う光景もしばしば。普段からみんなこのくらい余裕を持って過ごせればいいのになと思います。仕事が絡むと「今日も仕事をやらなきゃいけない」とか「いつまでに、あ [続きを読む]
  • 鉄のフライパン。
  • 結婚前から妻が持っていたテフロン加工のフライパン。8年ほど使っていたところ、いつの間にやらすっかりテフロン分は消え失せて、油をたっぷりしかないと焦げ付くようになっていました。これを機に、鉄製のフライパンを使ってみようという話となり、写真の品を購入。リバーライトという製品。手入れが楽という触れ込み。洗うのはさっとたわしでこするだけ、洗った後に油をしかなくてもよい。使い込むほどに美味しくなるという。こ [続きを読む]
  • 自転車の手入れをできるようになりたい。
  • しょっちゅう更新している時は、更新をすることが日常になり、今のように週に一度程度の更新になると、このペースが普通に感じるようになる。物事を行う頻度にも、慣れがありますね。書くことが減ったのは、変化が少なくなったからです。物の増減も落ち着き、暮らし方に対する態度もある程度固まってきました。なのでこれからはぼちぼちと、気づいたことや新しくやってみたこと、面白いものなどを見つけたら紹介していこうと思いま [続きを読む]
  • 日々の暮らしでフロー体験を味わう。
  • 更新の頻度は落ちましたが、日々は変わらず過ごしています。以前から感じていた虚しさは、最近少し落ち着いています。『フロー体験』(著:チクセントミハイ)を読み、人が満たされていると感じる条件について、考えを確認しました。二十年以上前の本で、当時は一斉を風靡した理論のようです。フロー体験の考えは、今は普通になっていて、いろんな自己啓発書に形を変えて登場したりしています。とてもざっくばらんに書くと、こんな [続きを読む]
  • 電子書籍で本を読むー『父の暦』
  • ipad proを買ってから、電子書籍を買うことが増えた。以前のkindle fireでもできたし、むしろそちらの方が買いやすかった。それでも、よく読むようになったのは、新しいものを手に入れたから使ってみたいという気持ちのせいなのだろう。『父の暦』(谷口ジロー著)を読んだ。谷口氏のことは『孤独のグルメ』で知った。近年はドラマ化もされ、2巻も発売された有名作。この7月からkindle版が出たので、サイトを物色していて見つけ [続きを読む]
  • 新型ipad pro10.5を買った意味〜使い方と効果
  • 新型ipad proが届いて、はや十日。「毎日ずっと触っている」ということはなく、ほどほどに日常に溶け込んで使っています。当初の目的にあっているのか、どんな感じに使っているのかを書いていきます。iOSを扱うのは初めてのこともあり、ipad独自の指の操作を調べるところからのスタートです。・目的「新しいことをやる。日常を楽しくする。」でした。少しずつ年を重ねるにつれて、できることが増えてきました。子供の頃ほどお金の [続きを読む]
  • 初めてのiOS。新型ipad pro 10.5。
  • 2017/6/6に発表された新型ipad pro 10.5。新しいものを試したみたくて買いました。色味はローズゴールド。本日2017/6/13(水)の朝に到着しました。付属品はシンプル。充電ケーブルとアダプタ、そして説明書類。iphone、ipadが発売されて、はや数年。天邪鬼な私は「ちょっとした流行りで、3、4年で廃れるさ」と思って、様子見をしていました。ところがその予想は大外れ。ご存知の通り、日本のみならず世界中の大ヒットとなり、ス [続きを読む]
  • 気持ちの良いお金の使い方〜やりたいことに使う。
  • 「お金を無駄に使いたくない」という考えが身に染み付いている。よくいえば倹約、悪く言えばケチ。支払った金額以上の効果・満足度が得られるか、金額よりも高い交換価値がないとなかなか納得できない。そんな心構えで生きていると、お金が足りないということにはならないかわりに、やりたいと思ったことをやらなくなる。そうやって色々抑えているうちに、わくわくする機会が減ってしまった。もちろん、お金を使わない楽しみはある [続きを読む]
  • 気持ちの良いお金の使い方〜お金に関する記憶。
  • 子供の頃からケチでした。よくいえば、お金の使い方にこだわりがありました。もらったお年玉は全て貯金し、銀行からおろした記憶がありません。ゲームが好きだったのですが、新製品を買うことは滅多にありませんでした。中古ゲーム屋で、数百円に値下がりしたゲームを探してよく遊んでいました。中高校生くらいになると、フリーマーケットの存在をしり、よく行くようになりました。安値で掘り出し物を変えることがとても嬉しかった [続きを読む]
  • 休みの雑記。大人になってやりたいことが減った理由を考える。
  • 振替休日をとり、平日に1日一人で過ごす時間ができた。洗濯、掃除、朝食の片付けをすませると、時間があいた。熱中してやりたいことがうかばず、クリアしていなかったゲームを終えてみたり、ギターを弾いてみたりする。余計な考えの堂々巡りに陥らないよう、外に出て数十分散歩をしてみる。体が温まってきた。体調も悪くない。ただ時間を過ごすことに満足できていない自分がいる。「人生は何かに打ち込んで、成し遂げるべき」そう [続きを読む]
  • 虚しさを消す。
  • ふとした瞬間に感じる虚しさ、物足りなさ、日常の焦りや苛立ち。ものを捨てても、物欲を減らしてもそうした苦しさはなくならずに暮らしています。執着を減らすといえば仏教だと思い、『反応しない生き方』(著:草薙龍瞬)という本を読んでみました。私たちそれぞれの世界は、心の動きが作り出す。物事にたいして心が反応することで、喜び、悩み、苦しみが生まれる。不快な感情が湧く気配を感じたら、感情に流されず、事実だけを捉 [続きを読む]
  • 実践。少ない洋服で生きる。
  • 5/5の記事で書いたように、自宅ではTシャツ、短パンで過ごしている。職場でもクールビズが始まったので、半袖Yシャツとスラックスで通勤するようにしてみた。電車や社内ではクーラーが聞いていて腕が冷えることもあるけれど、風邪を引くことなく過ごせている。体調を崩さないなら、寒さを感じても一向に構わない。心なしか、以前よりも手先がポカポカとしているように感じる。プラシーボ効果かもしれないが、まぁそれでもよい。こ [続きを読む]
  • 限界まで服を減らす。
  • 寒さと冷えは違うもの、と書かれた情報を読んだ。確かに、言われてみればそうだ。寒さを感じたからといって、必ずしも体が冷え切っているわけではない。痛みを感じる痛点があるように、寒さを感じる皮膚の組織がある。寒さを感じれば、体は体温を保とうとして熱を発生させる。あえて、一部の皮膚を外気にあたるようにして、体の中央部だけしっかりと温めておくことで、冷えにくい体ができるという理屈だそうだ。「だから真冬でも、 [続きを読む]
  • 買い物は少ないけれど、amazonプライム。
  • 先日、amazonプライムに加入しました。そんなに買い物もしないし、映像も見ないので、特に必要ないと思って、今まで見送っていたのですが、ふと気が向いて入ってみることにしました。主な理由は二つ。・送料が無料になり、配送時間帯指定ができる。・プライムビデオを見ることができる。ちょうど最近、宅配業者の再配達がニュースになっています。初回配送の日時がわからず、再配達を頼むことも多々ありました。あらかじめ指定でき [続きを読む]
  • 少ないもので暮らすという趣味。
  • どれだけ少ないもので暮らせるか、道具を減らせるのか、生活の仕方を工夫できるのか。はじめは暮らしやすくするためにものを減らしていたけれど、いつの間にか、減らすことと少ないもので暮らすことが趣味になりつつある。これもある種の執着なのだけれど、楽しいならいいのかなと思う。心苦しいのは、まだ使えるものを処分するということ。売れるものは安値でもかまわない。次に誰かの役に立つから。判断に悩むのは洋服を処分する [続きを読む]
  • しんどい人付き合いと、楽しい人付き合い。
  • ツイッターでこういうつぶやきを見かけました。「この人は、こう言ったら傷つくんじゃないか?ということを考えなくていい人は、安心する。それは、その人が外界からの干渉に対して好意的だからなのではないかと思う。「概ね他人は悪意をもっていない」という信頼のような前提がそこにはある。」清田いちる@kotoripiyopiyo人付き合いは基本的に楽しいのですが、時にはしんどい、関わりたくないと思う人もいます。それは清田さんの [続きを読む]
  • 「もう少し給料があったら」とは思わない。
  • お金が好きです。断捨離について語るブログを書いている身ですが、もしかすると消費好きな人よりもお金に執着しているかもしれません。けれど、もっと給料が高かったらいいのにとは思いません。お金が大好きだし、もっと増やしたいと思うけれど、お金に困っているわけではないのです。ものを買うときも、外で食事をするときも、お金を使うあらゆる場面で、「本当にそれにお金を使うのか、後悔しないのか」を繰り返して考える癖がつ [続きを読む]
  • 食材を腐らせない、冷蔵庫の使い方。
  • 「使わない食材を腐らせないために**しましょう!」「食材を使い切る***な方法」片付け関連の情報をみていると、こうした話題に出くわすことがあります。我が家では食材を腐らせてしまうということはあまりなかったので、みんなそんなに食材を余らせてしまうのだろうかと不思議に思っていました。家族や友人、知人の冷蔵庫を見ていて気がついたことがあります。それは、冷蔵庫がとても大きいこと。そしてたくさんの食材がつま [続きを読む]
  • あっという間にすぎる1日にやっていること。
  • あっという間に過ぎている、平日。どんな風に過ごしているのか書き出してみた。起床洗濯機のスタート部屋の掃除朝食の準備朝食をとる間に時間があれば少しギターを弾くスマートフォンアプリで遊ぶ着替えて出社車内で景色を眺める、読書、ニュース閲覧、アプリ職場に到着後、仕事昼食退社まで仕事早ければ夕日を眺めつつ帰宅夕食の買い出し帰宅洗濯物を取り込む夕食の準備筋トレブログ、アプリ、ギター妻の帰宅後、夕食をとる会話し [続きを読む]
  • 本日の過ごし方。
  • 夕方まで仕事をして、日が暮れる前に帰宅。最寄駅は花見の名所。花見で盛り上がる人を見つつ、帰路へつく。自宅でのんびり話していると日が暮れて、晩御飯にペペロンチーノをつくる。ニンニクと唐辛子、あとは好みの肉や野菜があればすぐにできて美味しい。三日ほど作って食べてを繰り返しているけれど飽きない。あっという間に週末が過ぎていく。 [続きを読む]
  • 収集欲はゲームで満たす。
  • 生来、ギャンブル好きの性格です。過去の日記にもはまっていた頃の記録があります。最近は行くことも少なくなり、健全な生活です。けれど、ギャンブル的なものは好きなのです。そんなとき、スマホゲームはありがたいサービスです。課金すると沼にはまったように抜け出せなくなるのでしょうが、無課金あるいは上限を決めて遊べば、とても安価で射幸心をみたしてくれます。妻と二人で、ガチャをひけるようクリスタルを貯めては、引き [続きを読む]
  • 気持ち良く暮らせるコミュニティってどんなのだろう。
  • 連泊勤務を終えて、休暇中。自宅で一人過ごしていると、いろんな考えが浮かんでくる。ここ数年、親戚が相次いで亡くなった。今までの休みはお見舞いなり、食事なりで集まっていたけれど、そうした集まりも少なくなった。仕事がない時間があると、時間の過ごし方に悩んでしまう。趣味、遊びといろいろやりたいと思っていたことはあるけれど、ずーっとそればっかりしたいかというと、そういうわけではない。誰かに頼られる、誰かのた [続きを読む]