ploverbell さん プロフィール

  •  
ploverbellさん: 模型とあれやこれ 別館2
ハンドル名ploverbell さん
ブログタイトル模型とあれやこれ 別館2
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ploverbell
サイト紹介文模型とあれやこれの別館です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/12/11 13:21

ploverbell さんのブログ記事

  • ダッシュボード仕上
  • 本館ブログ 2018 5月 21日の記事工作の追記です。塗分けはどうも苦手。マスキング、エアブラシでビシッと仕上げる方も見えますが、老眼の眼をショボショボさせながらの筆塗りなのでよれています。なので今回はこれを使って誤魔化しました。縁取り線を引いただけです。ササっとやってしまったので角で塗り分けられていませんが、ペン先を変えたりペン角度に注意すれば角で塗り分けられるはず。成分は知りませんが証券用、 [続きを読む]
  • ドア開閉の修整
  • ドア開閉の修整です。最初は合っていたのですが何度も嵌め外ししているうちに隙間が空いてきてしまっています。人まねの開閉機構なので調整方法も判りません。下手に触って二進も三進も行かなくなるのが嫌なのでマグネットを使って無理やり閉める事にしました。しかし最初から予定していなかったので今の時点では一般的な位置にマグネットを仕込む事が少々困難。どうしようか資料を再確認していたところ実車のこれ、ルームライトの [続きを読む]
  • ホイール紛失?
  • そろそろホイールの仕上げと思っていたところホイールが1個足りません。このホイールは前期型でタミヤの初版の物で今では入手困難です。ゴールデンウイークには部屋の掃除も工具箱の中も整理しています。ホイール単体なら気付かなくてもタイヤが付いていればどこかに紛れ込んでいたら判るはず。床に落として転がってどこかの隙間に入り込んだんだろうか?工作室は作り付けの家具なのでほとんど隙間無し。絶対部屋のどこかに有るは [続きを読む]
  • フロアーカーペット考察
  • フロアーカーペットの考察です。内装は布シートを貼ります。青島からフロッキー粉末と言う素材も有るようですが今回チャレンジは止め。塗装の得意な方は好きな素材を選択し自由な色で色調されるようですが、塗装は大の苦手です。と言う事で布シート貼りにしました。実車はZ Z-Lグレードはルーフパイル、Z-Tはルーフカットパイルです。黒系の手持ち素材は4種類。10年以上昔のコンデジカメラのAUTO写真では一つ以外はグレーに見 [続きを読む]
  • Aピラー修整
  • 本館ブログ 2018 5月 5日の記事ウインドウと天井板は嵌め込み式になっています。Aピラーは凹になっていてウインドウをスライドさせ右凸部分に引っ掛けます。天井部分にもストップが有り押さえる様になっています。ダッシュボードも下から押さえるので接着しなくてもOK天井板は保持部を付け後縁を滑り込ませてロック。前面はそのまま嵌めるとウインドウパーツの厚み分浮いてしまうので赤ラインまでウインドウーパーツを薄 [続きを読む]
  • ワイパー 再製作
  • フロントワイパーの作り直しです。前回の記事と工程はほぼ同じです。壊れたパーツの写真を撮る余裕なしのショック。作り直すにしても曲げ加工部修正時の破損がトラウマ。別のワイパーパーツから作る事にしました。こちらは曲げ加工しても折れ部は飛出さず窪む感じになります。何故前にこれを使わなかったかと言うと矢印部分の羽根が長過ぎ。丁度良いサイズが無いのでモーターツールで修正。この厚みでこのサイズをモーターツールで [続きを読む]
  • ワイパー製作
  • 本館ブログ 2018 4月 29日の記事ワイパーの製作過程です。失敗、やり直しの記録ですが反省も含めて日記として残します。(長いです。別な方法でもっとリアルな物を作られる方も見えますが今回は汎用エッチングパーツを使いました)キットのワイパーは指矢印部分、アームとブレードの接続方法が実車とは違います。また横矢印部分はウインドー面よりも浮いてしまっています。作り直すならエッチングパーツでと言う事になり [続きを読む]
  • シート 考察
  • シートの考察ですシートは合皮素材ですが座面、背面は表面形状が周囲とは違っています。座面はサイドと違った色に見えますが実際はどうだったか、光の加減なのか記憶に有りません。全部黒に塗っちゃってもいいのですがそれではオプションの革シートと同じになってしまうので違いが付けたいところ。かなり目が細かいですが思い浮かぶのはカーボンデカールぐらいです。なので手持ちのカーボンデカールを比較。右からタミヤ STUDIO27 [続きを読む]
  • なんちゃってダンパー
  • 本館ブログ 2018 4月 14日の記事ダンパー追加工作です。固定部にダンパーの座金部分に見立てたパーツを作製し切り込みを入れ位置固定とします。しかしハッチを閉じた状態ではつっかえ棒をとってしまうので固定部分が丸見えなので閉めた時のダンパーも作製。線がボディ側より幅広に作製してあるのでバネ力で止まります。ハッチを閉めればそれっぽく。固定部分をもう少しらしくする方法を思いついたので作り直すかも。続き [続きを読む]
  • エンジンルーム考察
  • 実車エンジンに思い入れの無い方には興味のない考察ですが悪しからず。2000ccエンジンルームです。そして前回の考察写真右オレンジ〇はクラッチオイルタンク、280ZはATです。左写真右上黄色〇はオートスピードコントロール。矢印部分スロットルにレバーが付きます。残り2つの黄〇はエアコンの補機。基本当時のエアコンはオプションでした。ここまでは確認の上工作していたのですが今回気になったのは赤〇ファンの部分で [続きを読む]
  • エンジンルーム
  • 今回の模型作成は初期型。ネット検索では旧車故初期型のオリジナル状態の資料が見つからなかったのですが確認出来ました。初期型の280Zエンジンルームです。模型は200Zも排気量違いと一部オプションを除いてはほぼ同じだろうとの思い込みで作っていました。途中で2000ccはインジェクションの形状が違うと気付いたのですがそのまま継続。そして初期型200Zのオリジナルエンジンルーム資料も見つけました(写真右)。 [続きを読む]
  • 面相筆???
  • 本館ブログ 2018 3月 31日の記事蓋ボルト等を塗装する時に細い筆を使うのですが、手入れが悪いせいですぐに先が広がってしまうのは自分だけだろうか?車の模型ではそこまでシビアな塗装は無いので最近は再利用の筆を使っています。流し込みセメントの筆です。こちらは使い込んだ物。今気付いたのですが短くなっています。先が広がっていますが、もう一度流し込み接着剤に付けると戻ります。貧乏性です。 [続きを読む]
  • コンデンサー ラジエターの作製
  • 本館ブログ 2018 3月 27日の記事製作経過の追記です。スルーする程度の工作ですが日記として残します。コンデンサー以前作ったコンデンサーは工作中途のままになっていました。エバーグリーンの凸凹モールドだけだったのでエッチングパーツに置き換えてみたのですがパイピングが不自然になるため止め。ジャンクパーツも見つけたのですがサイズが合いません。結局元のままでした。パイピングは最初収縮パイプで仕上げたの [続きを読む]
  • フロントストラット
  • 本館ブログ 2018 3月 21日 の記事以前仕上げたサスは車高の最終調整がされていませんでした。矢印部分で約1.5mm調整が可能にしてあったので車高を決めるためストッパーを付けます。そして塗装に入るのですが、何時もの悪い癖で一つ作ると面倒になり反対側はこんな状態で放置されていたので残りのパーツの作製。続きます。 [続きを読む]
  • 中々塗装に・・・
  • ボディ塗装に進めません。その前にやらなければいけないことが有り先延ばしになっています。シートベルト引き出し口の穴が左右で違っていたため穴埋め再工作の前で止まっていました。一旦面倒と思ってしまうと後回しにする悪い癖でダラダラ先延ばししています。更に面倒と思うのがフューエルライン固定ブラケットも破損(2カ所)。削り取ってブラケットから作り直しになるのでこれも面倒。ブラケットカバーも作らなければ。ボディ [続きを読む]
  • オイルゲージ
  • 本館ブログ 2018 3月 8日の記事当時のオイルゲージは丸棒で輪っかを作りオイルレベル部分は棒を潰して平坦にして刻印?を付けた単純な物っだったようでした。本館ブログ 2017 8月 17日の記事 以前作ったエンジンオイルゲージは丸輪っかだろう?の全くの先入観で作った適当な物。なので再考察。丸棒の太さは5〜6mm、持ち手の輪っかは約3cm。 間違えるにしてもあまりの適当工作。慣れからくる奢り、反省 [続きを読む]
  • プーリーベルト
  • 本館ブログ 2018 3月 6日の記事ベルトは何時ものICテープを使いました。過去作品では薄いと思いつつそのまま張ったのですが今回は3重。3枚貼り合わせたのではなく巻いてある状態から3枚分で切り取って使用しましたが、伸びる素材なので工作は楽です。なんで今まで気が付かなかったのだろう。ベルトの厚みも調べてみました。一般的なVベルト(車用かは不明)では1cm前後のようです。今回は約0.3mm、プーリーの溝を [続きを読む]
  • ラジエターパイプ
  • エンジンに補機の接着も行ったので後回し部分も工作しました。下部ラジエターパイプを接続します。以前作った物はオルタネーターを考慮していなかったので簡単に出来てしまった工作でしたがオルタネーターが付くとかなり複雑。更にラジエターが付くとピンセットで掴んで仮合わせするだけでも大変。あとチョットがうまく行かずイライラ結局細すぎますがシリコンチューブにしました。最初からこれでやれば良かったんじゃない?と言わ [続きを読む]
  • エンジンブルー
  • 本館ブログ 2018 2月  27日の記事エンジンブルーの色に戸惑いました。写真撮影も下手糞なので何枚か撮ってこれが一番肉眼に近い(自分のPCでは)感じです。上からシルバーリーフの缶スプレー、ライトメタリックグレーの筆塗り、エンジンブルーのエアブラシ塗装。エアブラシはほぼ1年ぶり。悩んだのはシリンダーブロックのエンジンブルー。実際のエンジンブルーも実物を知らないので資料写真だけで調合しました。資料も [続きを読む]
  • ミッションクーリングパイプ
  • 本館ブログ 2018 3月 22日の記事そしてまたまた変な所で拘り悩んで足踏みしています。上部ラジエターパイプは未調整で下部パイプを作りました。資料図では複雑な屈曲をしているのに簡単に出来てしまったと思ったのですがオルタネーターを付けずに作っていたので作り直しです。そしてこの図を見ると、オートマチック車の場合ラジエターからクーリングパイプが出ています。この図を見るとパイプは3本?クーリングパイプのミ [続きを読む]
  • エアコンコンデンサー
  • 本館ブログ 2017 9月 26日 の記事かなり以前の記事の続きです。エアコンコンデンサーの考察です。ラジエター前面部は別パーツになっていました。実車はラジエター前面にエアコンコンデンサーが付くのでこの部分は隠れてしまいます。なのでこのパーツをコンデンサーに使うことにしてエバーグリーンの凹凸板に置き換えました。キットのエンジンルームにコンプレッサーが有るのにコンデンサーが無いのはどうしてかな?と独 [続きを読む]
  • シートベルト考察
  • 本館ブログ 2018 2月 7日 の記事相変わらず呆れる様な考察ですがせっかく調べたので記録に残します。ベルト開口部も資料写真を参考に作りました。左が2by2で2シーターより開口部が下です。そしてタングプレートの形状を調べているとこの画像Bピラーの穴から出ていません。ピラー部に固定するタイプです。なのに、固定するタイプの資料写真が全く見つかりません。更に調べているとこの形状のタングプレートも。前述 [続きを読む]
  • ボディ仕上げ
  • 本館ブログ 2018 2月 4日 の記事ディテールアップした部分を比較してみました。エンジンルームタイヤハウスは一回り小さくしました。バルクヘットの穴も必要に応じてこれだけ穴が開いていますが実車はこれの1.5倍ほど。メインフレームは若干形態を変えただけです。リアはモーターライズ仕様だったので大幅に修整。写真ではデフを削り取った程度にしか見えませんがほぼシャーシを分断するくらい触っています。燃料タン [続きを読む]
  • チゼル
  • 本館ブログ 2018 2月 1日 の記事リベットなどを埋め込む時の穴開けで凹形状で深さを決めたい時が有ります。通常のピンバイスドリルでは穴底面が V 型になってしまうのでチゼルで修正しますが手持ちは1mmと2mm、今回は0.8mm。1mmのチゼルでは大き過ぎるので折れた0,8mmドリルで凹に。(当然きれいな凹ではありませんがエッジは出ます)百均で買った持ち手一体の物です。このために廃棄しないで取っ [続きを読む]
  • エンブレム考察
  • 本館ブログ 2018 1月 29日の記事キットのエンブレムはしっかりとしたモールドなので塗り分けが得意ならこのままでも行けそうですが自信が無いので考察しました。(S30とS130のエンブレムはほぼ一緒です)240Zのデカール⑧⑭外周サイズが違います。インレットシールも有ります。アクステオンのエッチングパーツは残念ながら・・・。フジミキットのパーツも塗り分けると良い感じですが厚み有り過ぎ。そして実車のエンブ [続きを読む]