CAW さん プロフィール

  •  
CAWさん: 断酒てへ日常
ハンドル名CAW さん
ブログタイトル断酒てへ日常
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/cawcbwccwcdw
サイト紹介文断酒会で毎日例会の日々。例会やアルコール依存症についての思いを、毎日更新し続けて6年目です
自由文2011年11月に退院してから断酒は続いています。
blogは2012年8月から始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/12/11 14:41

CAW さんのブログ記事

  • 昨日の酒が残っている
  •  「酒の臭いがする」そう言われたことがあります。二つの会社の上司から、そしてそれからどちらでも間もなく解雇されました。 いずれの場合も「昨日の夜、ちょっと飲み過ぎたので、それが残っているんでしょう」そう答えたと思います。そこそこ酒を飲む人なら、時々は二日酔いで「いい臭い」をさせていることもありますから「前の晩の」と言うのもまあ言い訳にはなるでしょう。 だから、私もそう思ってくれるだろうと思って「昨 [続きを読む]
  • 入院患者の気持ち
  •  今日はかつて私が入院していた病院の一日研修会でした。午前中は、小グループに分かれてのmeetingという事で、入院中の患者さんの体験談を聞くことができます。 今回のグループでは、再入院組が多かったので、なかなか酒が止めれない実情と、それについての気持ちを語られていました。 ほんの1~3か月前まで、止まらない酒に苦しんでいた人たちばかりですから、その体験談は生々しいものがあります。 私もちょうど今頃入院して [続きを読む]
  • 久しぶりにおばちゃんのこと
  •  豊能断酒連合会でティッシュ配りをするので、チラシのティッシュへの折り込みをしました。先日一人で500やった作業ですが今度は1500という事で、10人ほど動員しようという事で、作業場所はおばちゃんの家となりました。 おばちゃんに関しては「おばちゃんの5年表彰」と言う記事と、そこにほかの記事のリンクをおていますので見ていただけたらと思います。 入院以来の断酒仲間で、断酒を始めたころはよく二人で、例会を回ったも [続きを読む]
  • 思い立ったその時に
  •  一昨日入れ歯が壊れてしまった、なんて記事を書きました。前歯が亡くなったので、見てくれも悪いし、物を食べるのも不便です。でも、まあ何とかなるしそれに今週は仕事が立て込んでいるから、来週はちょっとは余裕があるから、来週にでも歯医者に連絡しようとか思っていました。 でもなんとかなればと思って機能電話して今日の夕方に割り込ませてもらったのですね。そうしたら今日の仕事が思いがけず早く終わって、早めに医者に [続きを読む]
  • 電話が一本
  •  一昨日我が家に電話がありました。「断酒会に興味があるのですが・・・」とのこと、「それではぜひ例会に来てみてください」そんなやり取りがありました。 それで今日の例会に来るとのことで、待っていたのですが、なかなか来ません。酒に苦しんでいるときに、偶々耳にした断酒会に救いを求めて、電話して、行くとは言ったものの、つい酒を飲んでしまって、行くに行けなかったのか、なんてことを考えていました。 電話がかかっ [続きを読む]
  • 入れ歯が壊れてしまった
  •  今年になって、前の上の歯が壊滅状態になって仕方なく入れ歯にしたのです。ほんの一週間前に歯科医に行って、状態チェックなんかしてもらったのですがなぜか今日夕食を食べているときにへし折れてしまいました。 上顎のベースと残っている歯へのひっかけ以外がまとめて折れたのです。もともと私の歯はかみ合わせが悪くて、下の歯で、上の歯を根元から押し上げるような力がかかっていたようで、自前の歯もそれでだんだんへし折れ [続きを読む]
  • ハーブティーなど飲みながら
  •  ちょっと今日はゆっくりさせてもらいました。とは言っても11月3日のティッシュ配りの道路使用許可の申請に行ったり、庭の剪定なんかもしていました。  庭のレモングラスが育ってきて少しだけ乾燥させたものでハーブティーを入れてみました。割と良さそうなのでまたちょっととってきて部屋で干しています。 ハーブティーは、気分を落ち着かせてくれます。 ポインセチアは短日処理を始めました。夕方から朝まで、しっかり遮光 [続きを読む]
  • 惰性で断酒?
  •  ある人が「最近何だかぼーっとしていて、体験談で話すことも思いつかない。ただ惰性で断酒?しているような・・・・」なんてことを言ってました。 抗酒剤も飲んでいると言ってましたし、奥様は熱心で、いつも例会に一緒に出てきます。ただ本人はなんとなくと言う感じで、スリップしたことがあります。何ともとらえどころがなくて、頼りない感じなのです。 惰性で断酒ができればそれでいいかとも思いますが、どうもおぼつかない [続きを読む]
  • 第43回豊中市民健康展
  •  先日の記事でも触れましたが、断酒会の啓発活動として市民健康展に豊中市断酒会は今年も参加しました。 出し物はアルコール体質判定です。いわゆるパッチテストと言う物で、アルコールをしませたものを皮膚に張って、その反応を見て。アセトアルデヒド分解酵素の活性を診断します。 あなたは、酒が飲めない体質です、本当は飲めない体質です、危険な体質です、と3段階の評価になります。 「危険な」と言うのは酒に強いと言え [続きを読む]
  • 嘘をつかず、言い訳をせず、逃げない
  •  酒を止めてみると、酒を飲んでいたころ自分がいかにいい加減な態度で生きていたかを、つくづく思わさせられます。周りに酒害をまき散らしていたこともそうですが、人として恥ずかしいものだったと思います。 迷惑をかけた人たちに償いができるとも思えないのですが、せめてもうちょっとまともに生きたいと思います。と言って聖人君主になれるとも思えません。 せめて酒を飲んでいた時のような行動はとりたくないものだ、と思う [続きを読む]
  • 酒害体験が無い?
  •  断酒の誓いには「酒害体験を掘り起こし、過去の過ちを素直に認めます」とあります。自分の酒害体験を語ることにより、それから自分の見直しができる、という事なのです。 ただ、酒害体験を掘り起こしと言われても、酒害と言えるものは憶えていない、とか酒害はないんです、そんなことを言う人がいます。以前かなり長い断酒歴の人が「酒害はない」なんて言っていたのを聞きました。酒害をどうとらえるかかなとか思ったおぼえがあ [続きを読む]
  • 人身事故
  •  今日の午後2時過ぎに阪急電車の三国駅で人身事故が遭って、宝塚線が運転を休止しているとのニュースがありました。今日の例会の最寄り駅も不通区間に入るので、どうしたものかと思っていたのですが、何とか午後5時半ごろには運転が再開されたとのことで、休会せずに済みました。 例会前の雑談でその話題が出るわけですが、「どうせ酔っ払いがホームから転落したのだろう」我々はついそんなことを思ってしまうのです。 実際のと [続きを読む]
  • 言い訳
  •  先日、ある人が「今は酒が止まっていますし、当分は大丈夫だと思います。でも、家内が死んだときは飲んでしまうかもしれません」こんなことを体験談で言っていました。ご主人の断酒に協力的で、本人が例会に凝れないときでも、奥様は例会に来ると言うほどの方です。そんな背景もあっての話なのでしょう。 でも、大事な妻が亡くなったとので飲んでしまった。周りの人もそれは仕方がないと思ってくれるだろう、そんな意識が見えま [続きを読む]
  • キャンペーンの準備
  •  毎年11月の10日からの一週間はアルコール関連問題啓発週間です。それに合わせて、断酒会では、キャンペーンを行います。 豊中市断酒会でも10月14日に豊中市民健康展でアルコール体質診断(パッチテスト)などを行います。それから11月3日には、駅前で、飲酒運転撲滅キャンペーンのティッシュ配りをします。また11月10日には大阪府断酒会のキャンペーンとして難波高島屋前で、ティッシュ配りをします。ティッシュにはこんなてぃ [続きを読む]
  • それぞれの段階での問題
  •  例会に出るといろいろな人の体験談を聞くわけです。断酒と言うのは永続して酒を止め続けている状態になって、なおそれを継続し続けなければいけないのですが、そこまでにもそれからも、問題はあります。 家族からの体験談でまだ止まらないし止めようともしてくれない・・・そんな話が、そして家族としては対応が悪かったのではといおっしゃっています。 でも、とにかく自分に問題があることを認識してくれなければ、ただ病院へ [続きを読む]
  • ソフトボール大会
  •  全日本断酒連盟、近畿ブロックのソフトボール大会と言うのがあります。近畿2府4県からチームが集まってトーナメントをやります。と言っても、各県ともそんなにチームがたくさんあるわけでもなし、なんかのはずみで、出てくるチームもあります。 開会式の情景ですがそれでも300人ほどが参加していたそうです。 参加しているチームは練習を重ねて、ユニフォームもばっちり決めているところもあれば、寄せ集めで結局当日になって [続きを読む]
  • 老後を考える
  •  先日自分の誕生日を迎えて、前期高齢者になってしまいました。そこで、「介護保険」の保険料を払わさせられるようになりました。介護されることがありうる世代になったという事です。 人は年を取ってだんだん心身ともに衰えていくものですから、自分だけで生活できないようになっていくものではあります。身体能力の衰えは、何らかの工夫でそれなりに補っていくことはできるのでしょう。でも精神の衰えには、老人性の認知症があ [続きを読む]
  • 毎日が二日酔いの日々
  •  まだ自分が深刻にアルコールに侵されて無かった、あるいはそう思っていた日々のことを、思い返してみました。 何分酒が好きだからか、とにかく毎日つい飲み過ぎてしまう。あるいは、まだ飲み足りないように思って、つい寝酒を過ごしてしまう、そんな日々です。ですから翌朝目が覚めると、いつでもまだ体に酒が残っている感じがします。とは言っても会社には行かなければいけませんから、重い体を引きずって何とか出勤します。で [続きを読む]
  • 追悼例会
  •  先日亡くなった豊中市断酒会の前会長の追悼例会を行いました。追悼例会と言うのは、故人をしのぶために行う例会で、普通会員が亡くなった場合に行われるものです。前会長は、亡くなった時点では会員ではなかったのですが、この近在ではかなりよく知られていて人望もある人でした。 それで、需要と言うか集まって故人を偲びたいという人が少なからずおられるようで、それにこたえるには当会が開催するのが妥当だろうとの判断をし [続きを読む]
  • 正常性バイアス
  •  今日、ある小説を読んでいまして「正常性バイアス」なんて言葉が出てきました。寡聞にして初めて聞いた言葉だったのですが、ちょっと調べていてまさにこれだったのか、なんて思い至りました。自然災害や火事、事故、事件などといった自分にとって何らかの被害が予想される状況下にあっても、それを正常な日常生活の延長上の出来事として捉えてしまい、都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫 [続きを読む]
  • 自助会に依らない断酒
  •  私は断酒会のおかげで酒が止まったと言えるので、断酒するなら断酒会に入りなさい、と言いますが、別に断酒会やその他の自助会に依らないでも、断酒はできるだろうと思います。 入院中のレクチャーで、医者は、自助会には行った方が断酒できる可能性が高い、そう言いい医者は、自助会に入ることを勧めていました。ちょっとでも断酒できる可能性が高いならと思って、断酒会に入ったのですが、現実に断酒できてそれが7年続いてい [続きを読む]
  • 禁煙と断酒
  •  今日から10月、そして今日からタバコが値上げです。そこで今日の例会で私の禁煙したりまた吸ってしまったりと、お酒とかかわりの話をしました。 タバコを吸いだしたのは、お酒を飲みだした18歳のころでした。酒と同様大人ぶってみたかったという所だったと思います。 25歳ごろ、禁煙したことがあります。粋がっていきなりやめました。そして喫煙欲求が出てくるたびにジンのボトルをラッパ飲みして、欲求を抑えました。タバコを [続きを読む]
  • 気合が必要?
  •  今年は台風が良く来ますねえ。この24号は今が最接近しているところのようですが前回の姫路あたりに上陸した台風に比べるとだいぶ、雨も風も弱いようです。 強い台風がやってくるという事で、前回のことを思って「気合」を入れて待ち構えていたのに拍子抜けという所です。 「断酒には気合が必要だと言われます・・・・」なんてことを体験談で言っていた人がいました。 「気合」か、まあそれも有るんだけど・・・・・なんて思い [続きを読む]
  • 悪い夢から醒めた
  •  長い間続いた連続飲酒の挙句にようやく、医療にたどり着き体から酒が抜けたときにこんな風に感じたのです。何かの小説の中にそのような表現があって、まさにそれだと思ったのかな。 それはまさに悪夢の様に不条理な日々でした。体はいつでも調子が悪く、何事も思うに任せないのです。 腹が減っているとは感じるのに、物を食べようとすると吐き気が起きてまともに食べることができません。 酒を飲んではいけないと思うのに、飲 [続きを読む]
  • はやぶさの使命
  •  今日の例会で、はやぶさ2の話題が出ました。初代はやぶさ帰還の時に子供と展示を見に行ったが、その価値を子供に伝えられなかった、そんな体験談と、小惑星に行って戻ってくるという事を果たせたはやぶさを、断酒になぞらえて、往復を果たせばよいのか、ということ。断酒すればそれでいいのか、躁ではなくて往復して小惑星のサンプルを持って帰って、太陽系の起源の解明をするのが大事なのか。 断酒をすることが目的なのか、断 [続きを読む]