コアラマン さん プロフィール

  •  
コアラマンさん: 鶴亀日誌
ハンドル名コアラマン さん
ブログタイトル鶴亀日誌
ブログURLhttps://tsulukame.exblog.jp/
サイト紹介文北海道の中央部、大雪山の麓の町に住んでいます。フレブル好きの新人門徒のつぶやきです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/12/11 20:13

コアラマン さんのブログ記事

  • 元気でやってますよ
  • 昨日の夕方、夕日に映える大雪山気温は、氷点下15度ですシバレると空気が澄んで綺麗です私の後には「黄金色の夕日」涙が出るほど綺麗ですあの黄金色の夕日の向こうにはきっとお浄土が広がっているんだと…ご無沙汰していました2ヵ月振り、そして新年最初の更新です私、更新はサボっているものの元気に「お寺」しています大晦日は「除日の鐘」仲良しベトナム娘たちを誘って、日本の年越し体験会... [続きを読む]
  • マイブーム
  • 色鮮やかなアオザイをまとい舞うベトナム留学生たち…11月に入り、日本各地で最低気温の声を聞きますが北海道は暖かいのだろうか?初雪はまだ降りそうもないなんて言ってるそばから、何年か振りに風邪を引いた先日の推協の一泊研修は最悪の体調の中、懇親会にも参加できず早寝だったそこから半月経つも、いまだ直らず調子は悪い直らない、直らないのは加齢のせいと妻には笑われるが確かにそうなのだろう... [続きを読む]
  • 七回忌
  • 9月11日、今日は娘の祥月命日早…六回目早いね、もう七回忌となりました六年前と同じ曜日の巡り、六年前も火曜日でした朝の天気は同じようなドンヨリ違うのは、今日はそこから気持ちのいい秋晴れになったことあーそれから、ワンコも代替わりしました私の髪は、驚くほど白くなりおかーさんは、ちょっとふくよかになったかなにーちゃんは、社会人になりました…年男です両方の祖父母は元気に健在先... [続きを読む]
  • 夏過ぎて秋風吹く2561
  • 週末は、町の鎮守のお祭りこの町に、家を建て引っ越して来た時、ちょうど神社のお祭りでした早いねぇ…もう23年目に入ります最近は、お洒落なお店など増え、外国人留学生も多くメディアなどに取り上げられる機会の増えたこの町ですが基本は、田んぼ美味しい水に恵まれた、長閑な田舎町私は、この町が大好きですさて、神社のお祭りといえば、晩夏夏の終わりの、線香花火の様なイメージです今年は... [続きを読む]
  • 「災害レベルの暑さ」って、凄い…
  • 日本中、猛暑の中今週末は、東から12号と自然の脅威に晒されます豪雨の後の、「災害レベルの暑さ」この北の国からでは想像もつきませんこちら北の国でも、大雨そして暑さは続いていますがどちらも本州の比ではないのでしょう本当に大変な方々から見れば、恵まれて?いるのかもしれませんがもともと暑さには弱い北方系の我々は30℃続きで参っておりますこれは、異常気象と片付けてはいけないのか... [続きを読む]
  • 酷暑見舞い(2561夏)
  • 盛夏真っ盛り猛暑、酷暑、灼熱大雨、水害に続いてこの暑さ今回の水害にあたり被災者の方々、多くのボランティアの方々ただただ頭が下がります遠くから、なにも出来ずに願うだけで本当にすみません酷暑見舞い申し上げますこんな言葉だけでごめんなさいでも… [続きを読む]
  • 役職解除
  • 御内仏の前に、ちょこんと愛犬なにしてるんだろう?ワンワンワブブ(南無阿弥陀仏)してたらす凄い、嬉しいな…霊とかの話しはないけど娘も先逝の愛犬たちも、たまには帰って来てくれているとちょっと嬉しい…ひょっとして、帰ってきてる?今日、私は会社で役職解除58歳、管理職の職を解かれましたわが社は、55歳で解除なので、2年間の延長後今日、後進に席を譲りましたなんら、やっ... [続きを読む]
  • 夕焼け小焼け
  • 明日は6月、夏至の月北海道の短い夏場も、一日の長さを感じています会社の帰り道、背中に夕日を受けて帰りますこの時間なら、急いで帰ってワンコと散歩に行けますうちの「はる」ちゃん1歳児、元気有り余っているから歩かせて疲れさせないと、夜がうるさい…とーさん、遊んで遊んで玩具を持ってきたり、甘噛みしたり、人間の幼児と変わらない自分の運動不足の解消にもいいし、散歩相手は貴重です夕日... [続きを読む]
  • 五月に想う
  • 五月、皐月、春爛漫桜は、すっかり葉桜チューリップやスイセン、色とりどりの花々が咲き出しました田植えも始まり、田んぼの水面がキラキラ綺麗ですまさに生命感あふれる春爛漫なのです5月3日は、娘の二十歳の誕生日どんな娘になっていたのか気になるところです「おめでとう」って、一緒にお酒を飲んでみたかったですね…さて、五月には縁が深い娘の誕生日、娘の納骨は誕生日にしたし私の妹も旦... [続きを読む]
  • 消えた残雪(2561春)
  • 我が家の北側、玄関横最後まで残っていた「残雪」が消えましたこの冬は、年が明けてから降雪が多く3月頭には、台風並みの雪嵐となりこの雪はGWまで残るんじゃないかと思っていたくらいなのですが時期が来れば、やはりキレイに雪は消えてしまいましたあれ程、ウンザリしていた除雪も忘れてこの「残雪」が無くなってしまうのは、ちょっと寂しく不思議な気持ちです桜はまだ蕾も固く、GW後半の開花とな... [続きを読む]
  • 阿弥陀経、始まる
  • 昨日は、娘の月命日今月から、お勤めを「仏説阿弥陀経」に九月に七回忌だから、丸5年以上毎日、正信偈をお勤めしてきた和讃も三揺は、なんとなく出来るようになった嘆佛偈も重誓偈も覚えたけど、阿弥陀経だけは機会が薄くなかなか始める事ができなかったお寺の法要でも機会は少なく昨年末だったか、住職にお願いして今年は是非、阿弥陀経を教えてくださいとお願いした次第でしたそして昨日... [続きを読む]
  • 一歩づつ雪解け2561
  • 春のお彼岸も今日まで今年の雪は多いけれど、やっと雪解けに拍車が掛かってきた通勤途中の田んぼも融雪剤の散布が進み、早いところは地面が顔を出しているし農家の方々は、ハウスの準備が忙しそうです先日、彼岸の中日はお寺で彼岸法要娘の納骨壇にも、正月以来のご挨拶北海道の春の彼岸は雪の中だから、納骨堂は便利です一年中、天候に左右されることなくお参りできるお墓を維持するよりリーズナブルで... [続きを読む]
  • 嵐の後始末(桃の節句2561)
  • 3月3日桃の節句、今朝は晴れた昨日の嵐が嘘のように青空「命にかかわる」嵐も、会社の中では他人事だった昨夜は深夜まで残業となって帰路に就いたのだが、道中1/4位進んだところで絶句した …この道路はヤバイかもしれない道路は中央に弱弱しく、轍が2本続くだけ所々、吹き溜まりが大きく轍を切断する雪の抵抗が大きく真っ直ぐ走ることが出来ないそして、時々吹雪でホワイトアウトする ... [続きを読む]
  • 春待ち(明日は上巳の節句)
  • 外は大嵐…気象台が「人命にかかわる」と注意を促すほどの冬嵐2013年の、その冬嵐では9人もの方が亡くなった我々、道民は冬の恐さにたかをくくっているところがあって自分だけは、大丈夫となん根拠もない自信があるから大袈裟でいいのだ、それで失う命が無くなるのなら大いに騒げば良いと思うこれで良いのだ…この冬は、雪が多い近年稀に見る多雪だそれ程、遠くない幌加内では積雪が3mを超え... [続きを読む]
  • 多いのか?普通なのか?(雪のお話)
  • 今日も雪、毎日雪が降っていますおまけに気温が低いから、融けない感覚的には、近年稀に見る多雪なんだけどどうなんだろう?先日、お寺の懇親会で農家の方々が雪の話をしていた「3割くらい多いんでないか」「いや普通だな」小さな町だが、奥の山に近いほうは雪が多いようだけれど下の広いほうは平年並みという広ければ風で飛ばされる…そういうことかもしれない農家さんにとって、度を越した多雪... [続きを読む]
  • 友人たちの旧正月
  • ピョンチャンオリンピックも後半戦連日、日本勢のメダルに歓喜していますそして、現在丁度「旧正月」中華圏では、旧正月を祝い、休日を楽しんでいます世界的に見ても、旧正月を行わないのは日本だけと実は私たちがイレギュラーな事に少々驚きます私の職場にも、技能実習生がベトナムより4名来ていてこの息子の世代の子たちと、けっこう仲良くお付合いさせてもらっています先日は、町主催のベトナムフェ... [続きを読む]
  • 新加坡寺巡礼
  • 先月、シンガポール旅行に行ってきた勤め先の研修旅行(名目上は「研修」だが、観光である)で妻も同伴して久々の海外旅行となったシンガポールは、もちろん初めて、東南アジアも初めてであるいま会社には、ベトナムから実習生が4人来ているが地理的には、ベトナムの先がシンガポールだとばかり思っていたのだがマレー半島は、もう一本先といったところでそれ位の認識しかないところということだった小さ... [続きを読む]
  • 2561年、今年もよろしくお願いいたします
  • 佛歴2561年、今年もよろしくお願いいたしますここ北海道中央部の年末年始、とても穏やかな天気が続いています毎年恒例の?除雪に追われることもなくノンビリ新年を迎えました町の鎮守へ初詣にも行きましたが(と、いうより犬の散歩なんですが)真宗門徒にとっての初詣は、クリスマスなどと同じ季節の一コマかもしませんうちのお寺の修正会は8日なので、お寺参りはまだなのですが今日は納骨堂の御備え物を下... [続きを読む]
  • おとりこし(2560師走)
  • 昨日11日は、娘の月命日12月は、我が家の報恩講おとりこし兄ちゃんは仕事の都合がつかなくて、妻と二人でお勤めしましたもう5回目の「おとりこし」先日、お磨きも済ませて仏花は素敵なクリスマスバージョン(…いいんです、いまや12月の季語はコレ)娘の月命日ですから、可愛さが最優先ですね段取りだって、慣れたものでお焼香用の炭だってぬかりありませんお勤めの和讃、おとりこしですから「三淘... [続きを読む]
  • わかっちゃいるけど…(2560勤労感謝の日)
  • 外は雪…良かった、昨日終わらせて本当に良かった…なにが良かったかって?冬囲いです、雪国では雪の重みで植木が折れないように囲いますタイヤ交換と共に、大切な冬準備のひとつなのです普通は、こんな11月下旬までやらないことはないんだけど今年はズルズル来ちゃって、先週けっこう雪降ったので参ったな…と、雪の中を覚悟で迎えた勤労感謝の日なんと前日から雨になって、雪が解けしかも気温も高... [続きを読む]
  • 今年の報恩講シーズンも終了2560
  • 11月5日、雪の旭川別院御満座にお参り私の報恩講シーズン、今年も別院の御満座で終了6月の昭法寺さんから始まって、10月8日うちのお寺の報恩講今年は、暦の当たりが良くて初めてお参り出来たお寺もあり多くのお寺にお参りすることが出来ましたいまやお参りすることが、大好きになった報恩講各お寺の御門徒さんと一緒に正信偈するのは、本当に気持ちがいいものですどこのお寺の報恩講も、特色... [続きを読む]
  • 原風景
  • 畦道に降りた霜がキラキラ綺麗です私の大好きな風景真っ直ぐ伸びる畦道の先に朝日雄大なパノラマを展開する大雪山心の風景、私の原風景母さんの背中から見た学校帰りに友だちと見た子供が出来て、手をつないで散歩しながら見た犬の散歩しながら見たこの山の遥か遥か向こうに「東の仏様」こんな素晴らしい朝は、東の仏様に向かって…南無南無東の仏様は、病気を治してくれるらしくて娘が病気にな... [続きを読む]
  • 2560初雪
  • 初雪です、去年より6日早いそうですこのところ寒いもんなぁ、夕暮れも早いし、ベチャベチャ汚いしもうすぐ、愛犬「メイ」の一周忌です去年、歴史的早い「根雪開始日」でしたから本当に一年なんて早いですね8月には、もう一匹の「タイガ」も死んじゃったしこの一年、辛い別れの多い一年でしたでも、先に行っている娘にとっては大好きなメイとタイガが来てくれてきっと、みんなでワイワイ散歩しているこ... [続きを読む]
  • うちのお寺の報恩講2017
  • 北海道は、晩秋稲刈りが終わり、雪虫が飛び、タイヤ交換もチラホラ見かけるもう、初雪も時間の問題先週末、うちのお寺の報恩講が執り行われました今年は、残暑もなく天気の悪い秋が続いているんだけれどお寺の報恩講は、久しぶりの好天素晴らしい秋晴れの一日です今年から、前日準備を当日朝に行いちょっと慌ただしくもあったけれど、余裕で終了し今年のスペシャルイベント「親鸞聖人御尊像除幕式」... [続きを読む]
  • 聖人御到着(2560秋)
  • 10月始まる寒い朝…試験運転を兼ね、ボイラーを入れるびっくりした、大雪山は真っ白だった稲刈りは佳境を迎え、街路樹の紅葉も始まった今日は、とても天気が良く「天高く」青空が見事ですお寺に行って来た親鸞聖人が到着されているかもしれない…お寺の報恩講に向けて、聖人御尊像が越中を出発して、御到着が近いとは聞いていたし先週一週間、気になって仕方がなかったあ、来てた…倶会一処廟... [続きを読む]