NetHero さん プロフィール

  •  
NetHeroさん: NetHeroの「今は昔」
ハンドル名NetHero さん
ブログタイトルNetHeroの「今は昔」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nethero/
サイト紹介文79年からカリフォルニア州在住。ジャズ大好き。観たライブ、読んだ本、聴いた音楽の情報満載 (笑)
自由文79年に大阪からカリフォルニア州に移民としてやって来ました。かってのバックパッカー。エクアドル人の嫁と生活しだして早42年。家ではスペイン語。外では英語。観るテレビ番組は日本語。でも、最近は会話も減ってスペイン語も英語も忘れる一方ですわ。ワハハハハ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/12/14 10:31

NetHero さんのブログ記事

  • 連合赤軍「あさま山荘」事件(佐々淳行)- Book
  • 1972年2月に発生した連合赤軍による「あさま山荘」立て籠もり事件の際、陣頭指揮した佐々淳行(さっさあつゆき)著のドキュメンタリー「連合赤軍あさま山荘事件」を読みました。数年前に三田誠広(みたまさひろ)著の「漂流記1972」と云う小説を「1972」に惹かれて読んだ事がありました。1972年は、私が初めて日本を脱出した年なので個人的に思い入れのある年なのです。「漂流記1972」は、その年の2月に発生した連合赤軍による「あさ [続きを読む]
  • ミレニアム4(蜘蛛の巣を払う女) - Book
  • スェーデンのジャーナリスト兼作家、スティーグ・ラーソン(Stieg Larsson)のミレニアム3部作が世界的な大ヒットとなってから早10年余になります。著者ラーソンは、2004年11月に享年50の若さで心筋梗塞により死去しました。 その後、続編の一部と思われるラーソンの書置きが見つかったりして、ファンを残念がらせました。やがて、ダヴィド・ラーゲルクランツ(David Lagercrantz)と云うスェーデン人のジャーナリスト兼作家が登場し、 [続きを読む]
  • 「ワイルド・スピード Sky Mission "Furious 7" - Movie
  • 2015年公開のアメリカ映画”Furios 7"です。邦題は「ワイルド・スピード Sky Mission」。このシリーズで主人公の一人を演じるポール・ウォーカー(Paul Walker)が、本作撮影中に交通事故で不慮の死を遂げると云うショッキングな事件が発生し、公開時にはかなり話題になりました。私は、公開時に劇場で観たのですが、ビール飲み過ぎによるトイレ退場と云う失態を鑑賞中に犯した為、クライマックスのヘリコプターと車のチェイス場面の [続きを読む]
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾) - Book
  • 東野圭吾(ひがしのけいご)の小説を久々に読みました。2012年に単行本で出版された「ナミヤ雑貨店の奇蹟」と云う作品で、2017年には映画化もされ結構話題になったとの事です。東野圭吾は現代日本を代表する売れっ子作家の1人で、既に多数の作品を発表しています。私が今迄読んだ数少ない彼の作品中(白夜行、幻夜、変身、手紙、容疑者Xの献身、短編集ぐらいか)では、本作が一番面白かったです。タイトルからは想像もつかない読後 [続きを読む]
  • Resident Evil 1~5 - Movie
  • 先日来、図書館の中古($1~$1.5)DVD等で買い揃えていたゾンビ・ホラー・ムービー「Resident Evil、邦題:バイオハザード」の1〜5巻迄が揃ったので通しで観直しました。一本が平均100分弱と程良い長さで、丁度、テレビの連続ドラマを観ている様な感じでした。一作目公開は2002年で、それから2〜3年間隔で第5作迄公開されています。その後、主役のミラ・ジョヴォヴィッチ(Milla Jovovich)が妊娠した為、第6作(最終作)は、第5作 [続きを読む]
  • No more guns!! (Thousand Oaks shooting) - Daily Life
  • 先週水曜日(11月7日)夜11時20分頃に、またまた一個人による大量射殺事件が発生しました。我が家から車で約2時間の距離に位置するサウザンド・オークス(Thousand Oaks)と云う町が今回の事件発生場所でした。救助に駆け付けた警官一人を含む計12人の方々が犠牲となりました。色々なコメントがマスコミを通じて流された中で、私が一番胸を打たれたのは、昨年10月に発生したラス・ベガス(Las Vegas)大量射殺事件から無事生還し [続きを読む]
  • The Seven-Ups - Movie
  • 先週土曜日(10月27日)に、行きつけのレコード店駐車場で恒例のCD、DVD1枚1ドルセールがありました。その時に、安いからとついつい調子に乗って購入したCD、DVD計19枚中の1枚が、1973年公開の米国映画「重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス(The Seven-Ups) 」です。「フレンチ・コネクション(French Connection, 1971年)」や「ジョーズ(Jaws, 1975年)」等の演技で知られる「ロイ・シャイダー(Roy Scheider)」が、主役のニ [続きを読む]
  • More (Pink Floyd) - Music, Movie
  • 1969年7月にリリースされたピンク・フロイド(Pink Floyd)3番目のスタジオ・アルバムです。同時期に公開されたフランスの同名タイトル映画用サウンド・トラックとして制作されました。残念ながら、ピンク・フロイドの諸作中では、大して印象に残らないアルバムです。この映画はいつ頃日本で公開されたのか正確には知りませんが、梅田(大阪市北区)の映画館で私は観たのを覚えています。確か1971年の初頭だったと思います。何故、 [続きを読む]
  • Venom - Movie
  • 今月初めに公開されたばかりのマーベル・コミック実写版「ヴェノム(Venom)」を3D版で観てきました。例によって字幕表示機(無料)を借りたのですが、今回のは表示機本体の小さな箱を首にぶら下げ、そこから送られてくる字幕信号を3D眼鏡で受けると云う優れモノでした。これだと首が動いても字幕はいつも同じ場所に固定されるので大変観やすかったです。宇宙から飛来した液体状生命体「シンビオート(Symbiote)」に寄生された「エ [続きを読む]
  • Mr. Mercedes - Movie
  • スティーブン・キング(Stephen King)の小説をテレビドラマ化したものをDVDで観ました。ケーブル放送で昨年放映されたものです。現在、続編(シーズン2)が放映中ですが、ケーブルはインターネット接続のみの我が家では勿論観れません。シーズン2は、来年のDVD発売迄おあずけです。先日、新品DVDセットが安く売られていた($14.99)のを発見。いつ入荷する(しないかも)のか全く未定の図書館に期待するのも限界があり、まぁ、エエ [続きを読む]
  • Miguel Zenon Quartet@Soka University, Aliso Viejo - Live
  • 先週日曜日(Sep. 23)に、L.A.郊外の町、Aliso Viejoに在るSoka Universityへ、アルト奏者、ミゲル・ゼノン(Miguel Zenon)カルテットのライブを観に行ってきました。私にとって、これが今年初のジャズライブでした。当初の予定では、Performing Arts Centerにて演奏予定でしたが、直前になって会場が180人収容の隣接するBlack Boxと云う小ホールに変更になりました。日曜日の午後3時スタートと云う事もあり、客の入りは半分弱と少な [続きを読む]
  • 「ピーマン」って、、英語!? - English
  • 一昨日、高校2年生の孫を学校でピックアップして、車で我が家に戻って来た時、待っていた隣人から立派なピーマンが一杯(写真上)詰まった袋を貰いました。なんでも自分の畑で収穫したのでおすそ分けとの事。昔から、くれる物は何でも有難く貰う主義なので、礼を言って頂戴しました。夜の7時過ぎの出来事で辺りは既に薄暗く、横に乗っていた孫からは袋の中身がよく見えません。何を貰ったのかと私に聞くので、「ピーマン」とすか [続きを読む]
  • Ummagumma (Pink Floyd) - Music
  • ピンク・フロイド(Pink Floyd)と云うバンドの存在を、初めて私が知ったのは1971年1月頃だったと思います。前年(1970年)暮れにリリースされたアルバム、「原子心母(Atom Heart Mother)」をべた褒めした植草甚一氏の記事を雑誌で読んだ時でした。試聴したかったのですが、なんせ50年近くも前の話、今の様に容易に聴ける手段はありませんでした。その当時、大阪市南区の難波駅近くに「ディラン」と云うフォーク専門喫茶がありました。 [続きを読む]
  • The Reader(愛を読むひと) - Movie
  • 2008年全米公開の映画、「The Reader(愛を読むひと)」をDVDで観ました。ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)って本作でアカデミー主演女優賞を獲得しているんですね。最初の30分位は、期待通リのイヤラシイ場面テンコ盛り状態ですが、その後は、ナチスの戦争犯罪を問うグッとシリアスな重い内容になっていきます。2時間余りの作品ですが、グイグイ引き込まれました。ケイトは、本作でアカデミー主演女優賞を獲得したのですが、 [続きを読む]
  • 信長が宿敵 本願寺顕如 (鈴木輝一郎) - Book
  • 2005年に毎日新聞社より発売された鈴木輝一郎著「信長が宿敵 本願寺顕如」を読みました。いやぁ、やっぱり戦国時代や幕末動乱期を描いた歴史物は面白いですね。1570〜1580年の10年間に渡り、織田信長と本願寺11世法主、顕如(けんにょ)及びその長男,教如(きょうにょ)との間で争われた石山合戦がテーマになっています。歴史物は、言葉、口調がどうしても硬くなりがちなのですが、本書はその点問題はありません。本願寺側から見た石 [続きを読む]
  • Seventh Quadrant (Gary Thomas) - Jazz
  • サックス、フルート奏者、ゲーリー・トーマス(Gary Thomas)の初リーダー・アルバム、"Seventh Quadrant"です。1987年に、ドイツのエンヤ(Enja)レコードから発売されました。2014年に里帰りした際、再発されていたアルバムを京都のタワー・レコードで購入したものです。ゲーリーは、1984年にドラマー、ジャック・デジョネット(Jack Dejohnette)率いるバンド”Special Edition"に参加して、一躍その名を知られる様になりました。1987 [続きを読む]
  • Love In Vain (Robert Johnson) - Music
  • 近所のThrift Storeで購入したロバート・ジョンソン(Robert Johnson)の1ドルCDです。Columbia/Legacyから1997年に発売されたモノで、副題は"King Of The Delta Blues'となっています。全16曲収録で、後にローリング・ストーンズ(Rolling Stones)、レッド・ゼッペリン(Led Zeppelin)そしてクリーム(Cream)等のバンドが取り上げて、一躍知れ渡る様になった有名ナンバーの原曲が含まれています。その中から、今回はローリング・スト [続きを読む]
  • Led Zepagain (Led Zeppelin Tribute Band)@Chino Hills Park - Live
  • 今年も無料野外コンサートのシーズンがやって来ました。8月1日(水曜日)夜、2年ぶりに最強Led Zeppelin Tribute BandであるLed Zepagainのコンサートを聴きに近所の公園まで出かけました。いつもとは異なる場所での野外ライブでしたが、ステージは移動式の大きなモノを持ち込んでいました。今年は、孫とその友人2人(全員高校1年生)を引き連れて聴きに行ったのですが、途中立ち寄ったレストランで、車内にキーを忘れると云う失 [続きを読む]
  • Rise (Herb Alpert) - Music
  • ポップ・ジャズ・トランペッター、ハーブ・アルパート(Herb Alpert)の1979年発売メガヒット・アルバム「ライズ(Rise)」です。先日行ったレコード店の50%オフセールで見かけたので迷わず購入した日本製CDです。日本製独特のビニール袋に入った新品で2ドルでした。私は、1979年に大阪からL.A.に移民してきました。L.A.には、それまでに3回来た事があったのですが、住んでいた訳でもなく、それこそ右も左も分からず状態で、車も無 [続きを読む]
  • Gershwin's World (Herbie Hancock) - Jazz
  • 数年前、近所のThrift Shop(中古品専門店)にて、1ドルで購入した中古DVDです。名義が、ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)となっているので購入したのですが、共演者はケース上に全く記載されおらず何だかよく分からないDVDでした。全9曲が収録されているのですが、ラスト3曲がハービーの有名自作曲(Cantaloupe Island, One Finger Snap, Maiden Voyage)です。残り6曲中3曲(St. Louis Bluse, The Man I Love, Cotton Tail)は、 [続きを読む]
  • A Quiet Place - movie
  • 今年4月に全米公開されたホラー・ムービーです。孫達をよく連れて行くコンピューター・ゲーム・センターの隣に、大きな映画館があるのですが、其処でポスターを見ながらよく時間潰しをします。主役の「エミリー・ブラント ( Emily Blunt)」が、バスタブの中で口を押えながら恐怖におののいている後ろに、何やら気持ちの悪いモノが見えると云う本作のポスターは中々刺激的でした。先週、DVD, Blu-Rayが発売されたので、早速借りてき [続きを読む]
  • 四季・奈津子(五木寛之)- Book
  • 多分、80年代初め頃に当地の紀伊国屋辺りで購入していた文庫本上・下です。長らく積読状態になっていた本ですが、読みだすと流石に五木寛之先生。読み易くって面白い!!1977年から78にかけて集英社の女性向け雑誌「MORE」に連載されていた小説との事。私が、五木寛之の著作を夢中で読んでいたのは、1970年代初め頃なので、この小説に関しては全く知りませんでした。ネット情報に依れば、映画化、テレビドラマ化もされていて結構評 [続きを読む]
  • Charles Lloyd Quartet, Live...1966 - Jazz
  • ロンドンのJuno Recordsの宣伝メールで紹介されていたので購入した2枚組CDsです。FM放送の音源等をCDに焼いて販売している事で知られるハイハット レーベル(Hi Hat Label)が発売元です。購入前に、ネットで試聴しましたが、音質に関しては全く問題ありません。何と云っても魅力的なのは、ロイド名義による最初のカルテット(Keith Jarrett:Piano, Cecil Mcbee:Base, Jack Dejohnette:Drums)の演奏がたっぷり聴ける事です。19 [続きを読む]