NetHero さん プロフィール

  •  
NetHeroさん: NetHeroの「今は昔」
ハンドル名NetHero さん
ブログタイトルNetHeroの「今は昔」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nethero/
サイト紹介文79年からカリフォルニア州在住。ジャズ大好き。観たライブ、読んだ本、聴いた音楽の情報満載 (笑)
自由文79年に大阪からカリフォルニア州に移民としてやって来ました。かってのバックパッカー。エクアドル人の嫁と生活しだして早42年。家ではスペイン語。外では英語。観るテレビ番組は日本語。でも、最近は会話も減ってスペイン語も英語も忘れる一方ですわ。ワハハハハ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/12/14 10:31

NetHero さんのブログ記事

  • Sticky Fingers Live (Rolling Stones) - Music
  • 2015年北米ツァー(Zip Code Tour)スタート直前のウォーミング・アップとして、ローリング・ストーンズが、同年5月20日に行ったライブの映像・音源が発売されました。コンサート会場は、キャパシティ1,200人の"The Fonda Theatre"で、ハリウッド大通リに面した有名な"Pantage Theatre"から至近距離です。1971年にストーンズ・レーベルのファースト・アルバムとして発売された"Sticky Fingers"のデラックス2枚組リマスター盤発売記念 [続きを読む]
  • "IT" 2017(Stephen King) - Movie
  • 先週日曜日(10月1日)夜に、またまた銃器を用いた単独犯大量殺人事件がネバダ州、ラスベガス市で発生しました。昨年6月12日にフロリダ州、オーランド(Orlando)市で発生した米国史上最悪のマス・シューティング事件から未だ1年4か月しか経っていません。今回の犠牲者は、死者数58人、負傷者489人と昨年の犠牲者数を大幅に上まっています。昨年の密室内発砲事件とは異なり、今回は野外のコンサート会場に向け、最寄りの高層ホテルから [続きを読む]
  • Cause And Effect (Abraham Burton Quartet) - Music
  • サックス奏者、エイブラハム・バートン(Abraham Burton)が、エンヤ・レコードに残した3枚目のリーダー作"Cause and Effect"です。数か月前に、近所の図書館で購入した1ドルCDで、新品同様かつ演奏内容も申し分無しの大当たりでした。ドラマー、エリック・マクファーソン(Eric McPherson)との双頭バンドとなっています。他のミュージシャン二人は、ピアノがジェームス・ハート(James Hurt)、ベースが井上陽介です。全曲オリジナルの [続きを読む]
  • IT (Stephen King) - Book
  • 今月初めに、全米公開された「スティーブン・キング(Stephen King)」原作のホラー・フィルム「IT」は、予想以上のヒット作となっている様ですが、残念ながら私は未だ観ていません。しかし、永らく積読状態で埃を被っていた原作は遂に読み終えました。当地のブック・オフで一冊1ドルで購入していた単行本上、下です。一冊当たり600ページ近くもあり、かなり重く持ち運びに難儀しました。まぁ、移動は車なんで日本に居る時に比べれば [続きを読む]
  • Eric Clapton 2017@The Forum - Live
  • 気管支炎の為、延期になっていたギタリスト、エリック・クラプトン(Eric Clapton)の穴埋めライブが9月13日(水曜日)夜に,L.A.郊外のアリーナ「フォーラム(The Forum)」でありました。今回は、元々3月に予定されていたライブ2回と9月の2回、計4回を9月13,15,16,18日の4日に渡ってこなすとの事。1時間半弱で全15曲、休憩無しでギターを弾きながら歌い続ける事は現在72歳のクラプトンにとっては重労働と想像します。当初予定されて [続きを読む]
  • Grand Funk Railroad Box Set Vol. 1 - Music
  • 1960年末から'70年代初頭にかけて超絶人気を誇ったニュー・ロック(古い)のスーパー・バンド「グランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk Railroad、通称G.F.R.」のボックス・セットTrunk Of Funk, Vol.1です。マーク・ファーナー(Mark Farner: Guitar), メル・サシャー(Mel Sacher: Bass)、そしてドン・ブリュアー(Don Brewer: Drums)と云う必要最小限の3人で圧倒的なステージを展開した米国のニュー・ロック・バンドです。C [続きを読む]
  • Alien: Covenant - Movie
  • 2012年に公開された新エイリアン・シリーズ「プロメテウス(Prometheus)」の続編「エイリアン: コヴェナント(Alien: Covenant)」を観ました。今年5月に全米公開されたのですが、残念ながらそれ程大きな話題にはなりませんでした。DVD待ちしていた私は、先日発売されたので早速借りてきて観た次第です。DVDを観ていた私に嫁が言うには、劇場公開時に嫁は孫を連れて観てきたとの事。そんなん知らなんだわ !!以下、ネタバレあり。不 [続きを読む]
  • Herbie H. & Kamasi W.@Hollywood Bowl - Live
  • 8月23日(水曜日)夜、Hollywood Bowl へ毎夏恒例のジャズ・コンサートを聴きに行って来ました。3グループが慌ただしく出演する場合もあるのですが、今回は2グループのみの出演で、ゆったりと長めのステージを堪能する事が出来ました。昨今のコンサート会場へのテロ攻撃を反映して入場口には検問ゲートが設置されていました。また。昨年まで見かけなかったK9の首輪をした爆発物捜査専門の犬も何匹か居ました。幾分ヒンヤリした夜だ [続きを読む]
  • Collateral Damage - Movie
  • 2002年公開のアメリカ映画、「コラテラル・ダメージ (Collateral Damage)」を観ました。主演は、元カリフォルニァ州知事で愛称「シュワちゃん」こと、「アーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)」です。"Collateral"と云う難しい英単語を、私は2004年公開のアメリカ映画「コラテラル (Collateral )」、主演トム・クルーズ(Tom Cruise)で初めて知ったのですが、「コラテラル・ダメージ」の方がそれよりも2年早く [続きを読む]
  • 半島を出よ(村上龍) - Book
  • 2005年に、幻冬舎から刊行された村上龍の小説「半島を出よ」を読みました。文庫本上下合わせて1,000ページ余りの大作です。10年以上昔の作品ですが、膨大な資料を駆使して書かれた内容は全く古さを感じさせません。時代設定は2011年、主要舞台は九州福岡県です。地名が多出するので地元の人は、一層興味深く読めると思います。偽装漁船に乗った9人の北朝鮮特殊部隊コマンドが、開幕ゲーム中の福岡ドームに侵入し満員の観客を人質に [続きを読む]
  • 「インフィニット/渡辺香津美」 - Music
  • 今や日本人ジャズ・ギタリストの重鎮になった渡辺香津美(わたなべかずみ)のファースト・リーダー・アルバム「インフィニット」です。発売は1971年。渡辺香津美はまだ弱冠17歳の高校生でした。ジャケット写真は今なら問題在りのシロモノですが、発売当時は全く問題になりませんでした。71年春に、昼は渋谷のジャズ喫茶「オスカー」でアルバイトしながら、夜は新宿「タロー」や「ピット・イン」に頻繁に出入りしていた私なんですが [続きを読む]
  • Purple (Miroslav Vitous) - Music
  • 先日、YouTubeサーフィンをしていて珍しいモノを発見しました。1970年に、CBS/Sonyから日本のみで発売されたベーシスト、ミロスラフ・ビトウスMiroslav Vitous)のリーダー・アルバム「パープル(Purple)」です。ジャズを聴き始めたばかりの1971年頃、スイング・ジャーナルに載っていた宣伝で、私はこのアルバムの存在を知りました。しかし、それっきりで、同時期に発売されていた「インフィニット・サーチ(Infinite Search)、フリー [続きを読む]
  • Geri Allen & Timeline Live - Music
  • 先日、亡くなった女性ジャズ・ピアニスト、ジェリ・アレン(Geri Allen)の2009年ツァー でのライブ・アルバムです。行きつけのレコード店、恒例サマー半額セールにて$2.50で購入しました。Enhanced CDとかで、約70分に及ぶ音源(全7曲)にオマケとして2曲分のビデオが付いており、てんこ盛り状態です。パーソネルは下記で、ピアノ・トリオにタップ・ダンサーが参加したカルテットです。 Geri Allen: piano; Kenny Davis: bass; Kass [続きを読む]
  • It Follows - Movie
  • 2015年3月に米国で公開されたホラー・フィルムです。邦題は原題通りの「イット・フォローズ」。「イット」は、スティーブン・キング(Stephen King)のホラー小説でお馴染みの「イット」で、それとしか呼びようの無い得体の知れない不気味なモノと云う意味あいです。この不気味なモノ「イット」は、性交で他人から感染させられると云う性病の様なもので、一度感染すると死ぬまで「イット」に追いかけまわされます。性交によって簡単 [続きを読む]
  • Spider-Man: Homecoming - Movie
  • ネタバレ殆ど無し!!先週金曜日(7月7日)の公開日に,スパイダーマン実写版第6作目(多分)"Spider-Man: Homecoming"を観てきました。たまたま行った息子宅で、スパイダーマンの新作を今夜観に行くので一緒に来いとの有難いお誘いがありました。その日は最高気温摂氏38度近くもあり、朝早くから雑用をこなしていた私は既にお疲れモードとなっていました。 IMAX 3Dで観るので、アナハイムのDowntown Disney Districtに在る映画館ま [続きを読む]
  • Geri Allen (Jazz Pianist) - Musician
  • 女性ジャズ・ピアニストとして確固たる存在感のあったジェリ・アレン(Geri Allen)が、先週火曜日(6月27日)に癌により亡くなりました。享年60歳との事、残念です。私が彼女の名前、演奏を初めてCDで聴いたのは89年に録音されたチャーリー・ヘイデン(Charlie Haden)名義のモントリオール・ジャズ・フェスティバルのライブ録音盤、「モントリオール・テープ(The Montreal Tapes)」だったと思います。ドラムがポール・モ チアン(Paul [続きを読む]
  • Million Dollar Baby - Movie
  • 2004年公開の映画「ミリオン・ダラー・ベィビー(Million Dollar Baby)」 を10年以上振りに見直しました。うぅ〜ん、やっぱり名作ですね。ロス・アンジェルスが舞台と云う事を今回初めて知りました。ヒラリー・スワンク(Hilary Swank)演じる主人公の女ボクサー、マギーがジムの帰りに乗るバスを見て舞台は何処なんやろ?中西部かな?と思っていました。その後、怪我をして救急車でラス・ヴェガスから戻る場面で、「行きは飛行機、帰 [続きを読む]
  • Under The Dome (Stephen King)-Book
  • スティーブン・キング(Stephen King)の長編小説「アンダー・ザ・ドーム (Under The Dome)」をやっと読み終えました。英文原書では、1,074ページ、日本語訳ハード・カバーでは上下巻合わせ約1,350ページの分量です。重たくて持ち運ぶのも大変でした。テレビ・ドラマは、2013年から2015年にかけて計3シーズン(39エピソード)が放映されました。私は後追いで、シーズン1,2、そしてリアル・タイムでシーズン3を観ました。リアル [続きを読む]
  • Year 1973 Newport Jazz Festival-Live
  • 米国で現在も開催されている老舗ジャズ・フェスティバルの一つに、ニューポート・ジャズ・フェスティバル(Newport Jazz Festival)があります。ニュー・イングランド地方の小さなロードアイランド州、ニューポート市で、1954年以来毎年夏(現在は8月)に開催されている由緒あるジャズ・フェスティバルです。古い歴史を持つだけに色々と紆余曲折があり、1972年から1980年の9年間はニューヨーク市とその周辺地域の会場で開催されてい [続きを読む]
  • Fillmore West 1970 (Miles Davis)-Music
  • 2009年に70CDs+1DVDから成る "Miles Davis The Complete Columbia Album Collection"と云うボックス・セットが発売され話題になりました。その時、私はこのボックス・セットを格安の値段$140で提供していた"Juno Records"と云うロンドンのショップから購入しました。予想デリバリー・タイムよりも速い約1週間で到着したので驚きました。その後、宣伝メールが定期的に送られてくるのですが、先日送られてきたメールにブートで有名 [続きを読む]
  • Wrong Turn-Movie
  • 2003年公開の米独合作ホラー・フィルムです。邦題は「クライモリ」となっています。あのスティーヴン・キング(Stephen King)大先生が「Book」誌で年間ベストワン映画に挙げて絶賛した作品との事です。舞台が、ウエスト・バージニア(West Virginia)州の奥深い森なので「モリ」は「森」だろうと思うのですが「クライ」は「暗い」なのでしょうか?良く分かりません。続編6編が既に公開されており、ネット情報に拠れば続編7,8も公開 [続きを読む]
  • ソロモンの偽証(宮部みゆき)-Book
  • 宮部みゆきの大作「ソロモンの偽証」をやっと読む事が出来ました。2014年秋に里帰りした時、文庫版が発売されたばかりで、何処の本屋の店頭でも平積み状態で置かれていました。直ぐに読みたかったのですが、なんせ1冊(全6冊)が800円前後と高価。従って、購入はギブアップし、その後気長に中古を待っていました。図書館にあれば借りたりも出来るのですが、私の住んでいる日本人の少ない地域ではこれは不可能な話です。幸い、当地 [続きを読む]
  • Spiral (Kenny Barron)-Music
  • 近所のレコード店の安売り箱で発見した$1.99の中古CDです。安っぽいジャケットにも関わらず、内容はVery Good の大当たりでした。ベテラン・ピアニスト、ケニー・バロン(Kenny Barron)のソロ・アルバムで、1982年に東京でスタジオ録音となっています。下記が収録曲一覧です。1. "Spiral" ? 11:122. "Passion Dance" (McCoy Tyner) ? 3:523. "Reflections" (Thelonious Monk) ? 4:574. "Dolores Street, S.F." ? 9:355. "Little [続きを読む]
  • Rings (2017)/ Movie
  • 今年2月に劇場公開されたばかりの米国版「リング」シリーズ第3作目「リングス(Rings)」をDVDで観ました。以下、ネタバレ多少あり!日本版元祖「リング」の「貞子」に相当するのは米国版では「サマラ(Samara)」となっています。そのサマラは、この3作目では現在の電子機器(セルホーン等)に対応出来る様、大幅に強化された怪物として登場します。以前は、テープにコピーされた「サマラ」の画像をVCRで誰かが観た場合、他人がその同 [続きを読む]
  • The Old Songs (Bennie Wallace)/ Music
  • ベテラン・テナー奏者、ベニー・ウォレス(Bennie Wallace)の1993年録音アルバム "The Old Songs"です。今年初めに、近所のレコード屋にある1ドル箱で発見した中古CDですが、いやぁ、聴いて驚きました。ベニー・ウォレスって、こんなに豪快なテナー・マンだったんですね。知りませんでした。20年ぐらい前に、エンヤ(Enja)・レコードから出ているチック・コリア・トリオ(Eddie Gomez on Bass, Dannie Richmond on Drums)との共演作 [続きを読む]