JO1KVS さん プロフィール

  •  
JO1KVSさん: アマチュア無線局 JO1KVS
ハンドル名JO1KVS さん
ブログタイトルアマチュア無線局 JO1KVS
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/boompunch
サイト紹介文アマチュア無線のグッズ、モービル、移動運用、アンテナ、その他思いついたことを書き込んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供290回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2012/12/16 00:05

JO1KVS さんのブログ記事

  • ACアダプタにテプラ
  • ACアダプタって何で黒いんだろう。みんな黒だから何がなんだかわからなくなる。ACコードも何でみんな黒なの?いろんな色にしてくれればどれが何だかわかるのに。せめて一目でわかるように、うちのACアダプタはみんなテプラで表示してます。36mm幅... [続きを読む]
  • 初Paypay
  • 話題のPaypayアプリ開始で500円、5000円チャージで1000円分プレゼントに続いて、使った金額の2割バック。くじでお買い物タダ、なんて凄いことやってます。早速やってみたのですが、最初使えるお店が無くて困りました。使えることになっているお店で、まだ始めてい... [続きを読む]
  • 今年中にやっておきたいこと
  • FT8に、移動する局からも出れるように申請すること。PSK31等はかなり以前に保証認定で手続き済なので、変更届けを出すだけで良い。しかしこれがまた面倒で面倒で。比較的楽な新方式は純粋に技適のみで登録された機種に限られる。だから一旦、技適のみ... [続きを読む]
  • 電車の揺れに強い立ち方
  • 電車が揺れたとき、姿勢がしっかりキープ出来る(限度はあるけど)立ち方があるようです。前後左右の揺れに強いのは進行方向に対して斜めに構えること。真正面や真後ろ向くと加減速の度にバランスを崩してしまいがちです。真横に向くと加減速には強くなります... [続きを読む]
  • 第4のCB始まる
  • 第4のフリーライセンス無線が始まりましたね。デジタル小電力コミュニティ無線。CB140と呼びたい。(^^ゞ皆さん「開封の儀」や初交信、移動運用レポートを盛んにアップされています。資格の要らない500mWのトランシーバーです。デジタルの新機能がいろい... [続きを読む]
  • 好きなことやってお金を稼ぐ
  • 会社に就職とかにとらわれず、好きなことをやってそれがビジネスになった、なんて話題をテレビで見ることが多くなりました。ネット社会の影響でしょうか。個人もいろいろ発信できる時代になりました。そう言えば20数年前、勤め先に自分でコラム書いて同僚に配... [続きを読む]
  • 多摩川コンテスト参加しました
  • 日曜日の午後は自宅から多摩川コンテストに参加しました。今年はなんか賑わっていた感じがしました。流域内、八王子市で二時間フルに頑張りました。真ん中より少し上くらいの成績かな?。ほぼCW、最後の20分だけSSBでした。SSBは呼び回り切れず。もう少... [続きを読む]
  • Adobe Lightroom アプリで補正
  • 最近ツイッターで宣伝しているAdobe社のLightroom で補正してみた写真です。補正前がこれ。とは言え、これもかつて他のアプリでトーンカーブを用いて暗いところを明るくしていたものです・・・ここまできれいになりました。ほぼ肉眼で見たときの明るさです... [続きを読む]
  • 満員電車が少しでも空く方法
  • ・座っている人はしっかり足を引く・網棚をフル活用する。薄い鞄を寝かせるのはダメ。皆で立てて。・皆1kgダイエット。?00kg分のスペースが生まれる。・スマホ、ゲーム、本、新聞は見ないで肘を突き出さず腕を下げる。・ドアの横のポジションの人は椅子... [続きを読む]
  • 今回は入手に苦労しました
  • CQ誌12月号発売日、仕事帰りにいつもの本屋に行ったけど・・・無い!別のお店に、ここは次の号が出る直前まで前の号が並んでいたりするのに・・・無い!あきらめて帰る。翌日別のお店へ。やっと最後の一冊をゲット。こんなに苦労することは滅多に無いのに... [続きを読む]
  • JOKVS
  • JOKVS - "Look In The Mirror" [Music Video] これは JOKVS うちのコールサインに似てる〜 ちなみに放送局で似ている JOKV−FM はFM京都3kwを出しっぱなし。凄いです。 [続きを読む]
  • Sメーターが振らなくても 7MHz
  • 先日、車で待機する時間があったので7MHzを聞いてました。SSBでSメーターが9振る移動局とはまず交信出来ますが、3くらいだと相当厳しくなります。ほとんど振らない、QSBの谷間では了解できない信号とは交信することはとても難しい。コンディションがい... [続きを読む]
  • ARRL HANDBOOK 2019
  • アメリカのアマチュア無線連盟、ARRLが毎年発行している分厚い本です。かつて何回か買ったことがあります。今年はハードカバーの分冊バージョンが発行されました。CQ誌の記事にもなってますね。欲しいな〜と思いましたがお値段もそれなり。送料を考えると... [続きを読む]