costaのブログ さん プロフィール

  •  
costaのブログさん: costaのブログ
ハンドル名costaのブログ さん
ブログタイトルcostaのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/amanohiboko/
サイト紹介文日常の感じていることを書きます。
自由文アメリカに住んで29年になります。ここロサンゼルスは19年です。

 よろしくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供532回 / 365日(平均10.2回/週) - 参加 2012/12/16 04:58

costaのブログ さんのブログ記事

  • 今の仕事は結構面白かった。
  •  普段では会えない人々に会うことのできる仕事は結構面白いと思ったりもします。  こんな人々にも出会う訓練が必要かもしれません。これまで色々な人と出会いました。そしてその方々は私を見てどのように思われたのかは知りません。リムジンの運転手ですが、普通のタクシーという運転だけに集中すればよい仕事でありません。乗っている方々に満足していただかないといけない仕事なのですね。  だから簡単ではないと思います。た [続きを読む]
  • また仕事探しです。
  •  私の仕事探しが始まりました。今まで働いてきた会社が今月の15日で閉めることになりました。働いている人々も職を失うことになります。私もまた職を失います。今どうしようかと考えています。私の妻にも話しました。  今の仕事は私にとってはかなりの挑戦だったのです。お客様の殆どがVIP級の方々なのですね。こんな方々と顔を合わせることができるのかと思いつつ、緊張の中で始めたのを覚えています。  何で仕事をしないと [続きを読む]
  • 造られた世界というのは
  •  造られた世界というのは、原理講論でも書かれているように万有原力という言葉が使われています。これは何かを考えてみました。力という言葉が使われていますね。万有原力というのは有形実体世界の全ての力の基本のようなものでしょうか。  愛する対象を愛したい、愛を動機として神が被造世界を創造されました。私は初めが、それがエネルギーと感じます。天使世界というのはエネルギーの世界ではないかと考えるのですね。  はじ [続きを読む]
  • 閃き! その57 神の創造と天の法
  •  今日は教会のメンバーと色々と食事の時間とそのあと違った人とお話しをしました。大体私は教会の人々をお話をすると、聞き手に回ってしまいます。大体私が二割で相手が八割ぐらい話します。でも、そのことで、何を考えているのかを知ることができました。  意外と違った観点で色々と感じているんだなと気がついたのです。私が日頃お話している人の中で、本質的で感性の良い兄弟姉妹がいます。その兄弟姉妹とは本質的に入ってい [続きを読む]
  • 娘が大学で学んでる事
  •  学校で学んでいることは無駄ではないと考えます。昨日、大学で勉強していることをお話してくれました。アートを専攻の科目でとっていて、その絵を私に見せてくれたのです。3枚あってその中の一枚は学校が素晴らしい絵なので壁にかけるために先生がもって行きました。そして見せてくれた絵が2枚でした。  その絵は情景をそのまま写して描くものでありませんでした。自身の頭の中のイメージをその絵に表すことなのです。娘の一 [続きを読む]
  • IQ126以上の子が集う米保育園は「答え」を教えない
  •  IQ126以上の子が集う米保育園は「答え」を教えない  アメリカではGATEと言われて、その子供達のための教育がなされています。私は祝福に二世GATEが意外と多いかなと思っているんです。私の子供もそうなんですが、私が教会でお話している祝福家庭の二人のお子様もGATEなんです。私は以前に記事でも書いた覚えがあります。祝福に二世はGATEなんだという内容を書いたことがあるのです。  この子たちの教育は普通の教育ではダ [続きを読む]
  • 私の閃きの数々(その1からその50まで)
  •  私はまとめるのが好きでないのでうまくないです。ちゃぬさんのような編集力はありませんが、一応、数々の閃きの1から50まで作ってみました。  閃き! その50 生活が祈りだ!閃き! その49 人間は相対的に感じる。閃き! その48 あなたの存在が神の存在を証明する。(更新記事)閃き! その47 堕落によるコンフォートゾーンの喪失閃き! その46 新たな閃き!閃き! その45 「霊人体への書き込み」と [続きを読む]
  • 閃き! その56 第11次元目というのは次元がなくなる世界。
  •  次元というのは一般的に物質世界では10次元あり、更にもう1次元ないといけないといわれているこのごろです。11次元なければならないということですね。この最期の1次元が次元のない世界になるかも知れないというのが私の考えなのです。  ちょっとネットではどのようにかかれているかを見てみましょう。 基本的な説明ウイキペディア一般相対性理論と量子力学の折り合いをつけた理論(量子重力理論)を構築することは、物理 [続きを読む]
  • 牧会者なんて私には出来ない。
  •  日本では牧会者の立場と同じかもしれませんね。こちらでは色々な課題を解決の道に導いてあげる立場の人は家庭部の方しか牧会できる方はいらっしゃいません。実は私は10年ぐらい前にこの方のカウンセリングを受けたのです。  教会の中でも、一歩距離を於いて眺める方々のグループというか、そんな人々がいらっしゃいます。昔、色々な責任者をしていた人とか、よく表彰されたりすることの多い人々とか、そんな強者揃いの人々がい [続きを読む]
  • 私と教会でお話している人について
  •  以前から記事にしている方です。今回の記事はこの方の姿を見て、私はこの方に言いました。本来の愛による主管性ですねと言いました。本来の愛による主管性ってわかりますか?実はこれがなかなか分からないのです。わからないので逆主管しています。この、本来の愛による主管性ってなんでしょう。これがわからないと本来の愛による主管性を取り戻すことが出来ないです。  この方の何が素晴らしいかお話したいと思います。この方 [続きを読む]
  • 閃き! その55 生命の神秘は量子ビットにあった。
  •  皆さんはコンピューターの素晴らしさはよくご存知ですよね。コンピューターの世界はたった2つの数字である0と1を使って大変な機能演算を行います。私が大学の時に、フォートランとコボルを専攻していましたが、あまり熱心に勉強しませんでした。  演算回路の勉強もしました。そして制御装置を設計するんです。その制御は0と1でなされています。コンピューターの演算回路も同じですね。演算の速度は技術が進むにつれてさらに早 [続きを読む]
  • 閃き! その54 思考が収束する=量子のゆらぎがもつれに変わる
  •  ゆらぎがもつれに状態を変える量子はエネルギーが素粒子となるという意味だと思います。素粒子は物質の最小単位です。光、時間、重力、などの物質世界の構成する全ての最小単位なのですね。  もつれ状態になると時空が出来上がります。  人間の観測によって、ゆらぎの状態がもつれの状態になるといいます。この観測は何かといいますと、私流にかんがえると、思考の収束です。思考が収束するということはわからない事があって、 [続きを読む]
  • 閃き! その53 素粒子レベルの機械論
  •  素粒子レベルの機械論というのはおかしいでしょうか?  生命を機械と見なして二元論を主張してたのはデカルトでした。私が考えてきたことはデカルトの考えと重なる部分が多いと感じています。私はこの機械論を素粒子レベルの機械論という言葉で表してみました。  科学的に証明されないといけないので線を引く部分、分岐点があるのではないかと考えています。その線を何処で引くかを考えています。物質と思考の違い、霊人体と肉 [続きを読む]
  • 東京本部と巡回師さんの板ばさみになって。
  •  私は関西ブロックの総務課長になって、本部の担当の人と、それから関西の巡回師の板ばさみになって、もがき苦しんでいた日々の経験があります。私はけっして怨みに思っているわけでありませんが、この経験を通じて色々と考えさせられることがあるからです。  本部では21日修練会、40日修練会、祝福修練会の名簿が期日までに集まらないと、本部の事情もあったと考えられます。1984年当たりだと思いますが、私が関西ブロ [続きを読む]
  • 私にとっての娘と息子の存在
  •  私の感覚ではいないところから現れてきた娘と息子という感覚です。21年前はこの二人の精神も肉体もありませんでした。存在しなかったのです。思いの世界にも存在しませんでした。しかし、今います。私の目の前には二人の子がいます。全く別の人格を持った人間、二人が存在しています。  なんと奇跡とも言えるこの現象です。みなさん、当然と思っていませんか?子供がいるのは当然と思ってませんか?ないとことから現れるのは [続きを読む]
  • なにを根拠に神を感じるか?
  •  貴方は何を根拠にして神を関していますか?神を100パーセント感じることが出来ますか?そして神は存在すると確信できますか?  神を真剣に求めてきて、色々な人間の不幸をみて、人間の悲しさをみて神を強く求めてきたが、神は無能な神であり、神は何も出来ない神であり、神は死んだといい、神を否定した始まりが共産主義の始まりだと感じます。  神を信じるキリスト教を母体として共産主義が生まれる理由がここにあります。 [続きを読む]
  • 庶子の立場の考察
  •  みんな皇族圏とか庶子を語らないので私は語ろうかと思います。昔私は沢山語っていました。自分の体験を通じて語っていたんです。理論ではなくて、実際に生活圏で庶子について考えざるを得ない立場だったので、それに対して価値を追求せざるをえない立場だったのです。そうしなければ私は前進さえ難しい状況でした。  そうしてインターネットで色々と探し回っていて、なんとか私の気持ちを整理したいのもあって、コメントしたり [続きを読む]
  • 息子がPhysics(物理)で喚いた!
  •  私が大学で学んだ力学があります。いま息子がその勉強をしています。私はもう40年も立ってしまい本当に思い出せません。数学も何とか微積分とか三角関数とか色々と思い出そうとしますがもうダメですね。思い出せません。  先日は位置のエネルギー、運動エネルギーとかやっていて、う〜〜〜ン、あ〜〜〜〜、とかわめく、その声がたまらなくて、疲れている私に脳に響きます。さらに疲れてしまうんです。誰も助けてくれないとか [続きを読む]
  • 私が営業していたお店の写真
  •  私は7年間の私自身においての特別な体験を記録してそして編集しようかと考えています。七年間の歩みというのは2005年の11月から始まり、具体的には2006年の2月からだったと思います。それから、2013年6月までの私のお店を閉る日までの出来事でした。  具体的には7年以上ありますが、私の一区切りの期間として、私の人生にとって良いのか悪いのか分からない特別な期間であったので、記録したくて決心して始め [続きを読む]
  • 私は名札が好きでありません。
  •  OO長というのが私は好きでありません。それを持っている人が好きではないという意味でなくて、私自身はそのようなものを付けたくないという意味です。  昔はそれをもらうために一生懸命に頑張りました。そして、関西ブロックの総務課長の立場まで言ったのです。エバさんが私を総務課長とよんでいました。でも、私の任期は3ヶ月でしたね。  最終的に私はその時に初めて自分から降りる意思表示したのです。人事は天事だと思って [続きを読む]
  • 今日は何か書く気がしない。
  •  何を書いてよいのかまた分からなくなりました。記事書きかけてアップできないのです。それが何度も続きます。全く閃きません。  無理やり書く記事は苦しくて、書いてもアップできないです。閃きのあるときは喜びを感じながら懸けるのですが、それが全くありませんでした。  疲れ気味かもしれません。また書きます。すみません。 [続きを読む]
  • 今私達には何が必要か?
  •  皆さんもご存知のイエス様が語られる家と土台のお話しです。ある人との会話でやはりこのことが出できます。LAでは色々と発展しているようですが、不安材料もあるのですね。ここではかけませんが、色々とあります。  皆本当に発展しているので喜んでいます。でも私は素直に喜べません。何故素直に喜べないのかというのがこれから記事にする内容なのです。家庭教会だけの課題ではありませんよ。皆です。それについて今日は記事を [続きを読む]
  • 私達は探求をします。
  •  題名を私達という複数で表現しました。それはある方との会話で進めていることだからです。昨日は電話で3時間ぐらいお話しましたね。私にとって電話はどうも苦手で駄目だと思ったのですが、双方とも時間の都合がうまくつかなかったので、私は意を決して電話しました。  それで電話の会話が始まりました。  その中で、「肉的五感による認識は霊的五感である。」という仮説を再度確かめてみました。その方は霊的体験があるといわ [続きを読む]
  •  人間には何気なく誰でも顔を持っています。そして人間はその顔を気にします。特に最近においては顔を非常に気にします。不思議だと思いませんか? どうして人間はそんなに顔に関心を持つのでしょうか?  恋愛するときも、人を見るときも殆どが顔です。そしてその後に体形です。そしてさらに、ここですね。一目見たその瞬間の感覚は全体を見ますが、主に顔を見ます。  その顔について記事を書いてみました。  その人の顔を見 [続きを読む]
  • 閃きその52 思考の収束と発散について
  •  一般的に思考の収束と発散はビジネスに用いられていて、色々なアイデアが必要がということを述べられているのが殆どですね。一つのアイディアにとらわれない思考方法として述べられているように感じます。色々なアイデアを出してから、色々なアイデアの中から選択していくというプロセスを通じて実行するということですね。実行する為にはどうしても一つに絞らないといけない事情があるようです。いくつかの事柄を同時に平行して [続きを読む]