rose777 さん プロフィール

  •  
rose777さん: クリスマスローズ
ハンドル名rose777 さん
ブログタイトルクリスマスローズ
ブログURLhttp://hellebores.biz/
サイト紹介文クリスマスローズの育て方、植え替え、寄せ植えなど、 ご紹介していきます。
自由文原種にも詳しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/12/16 11:53

rose777 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2月 クリスマスローズシーズンの到来です
  • クリスマスローズ 開花株!クロアチカス系 原種交配 クリスマスローズはこの時期にシーズンを迎えます。各地ではクリスマスローズの展覧会などのイベントも、度々開かれるようになります。2月〜4月頃までがクリスマスローズを楽しめる期間ですので、自身で交配などにチャレンジしてみても面白いですね。クリスマスローズ ダブル 開花株!クリーミーホワイト■2月の管理方法・秋まき苗の管理方法秋に種まきを行ったものは発芽が [続きを読む]
  • 1月 クリスマスローズ 原種 栽培
  • そろそろ開花するクリスマスローズも♪1月は、私たちに人間にとって、非常に寒い季節ですが、クリスマスローズの原種は、たくさんの種類が蕾を付け、徐々に、開花が見られるようになります。・1月の有茎種ヘレボルス・ヴェシカリウス以外の有茎種は常緑種なので、葉は茂り、だんだんと開花してきます。・1月の無茎種無茎種は、ほとんど古葉が枯れてしまいますので、蕾が目立って見えます。前年度にまいた種は、この頃発芽します。 [続きを読む]
  • 10月 クリスマスローズ 原種 栽培
  • 掌に乗る株サイズで開花するニゲル!クリスマスローズ(原種系):ニゲル(ノイガー)F1マリア3...一気に「秋」になる10月、クリスマスローズは、涼しくなる気候とともに、徐々に生育期まで進みつつあります。涼しく、降雨量も9月と比べて落ち着くので、とても管理がしやすい季節になります。これからの時期、生育の勢いを止めないように、また、開花が見れるよう、しっかりと栽培して行きましょう。■10月 クリスマスローズ 原種 [続きを読む]
  • クリスマスローズ 花が咲かない理由
  • 今シーズンも元気に開花して欲しいです クリスマスローズは、地植えで育てて、10年〜20年の寿命だそうです。しかし、株分けをして更新すれば、ほぼ永遠に生き続けます。また、栽培の途中で花が咲かないというトラブルが起きた場合は、その原因を確かめ、正しい方法で栽培していくと元気になるはずです。夏越しは、無事にできました■クリスマスローズの花が咲かない理由は?1.肥料切れしている庭植えのクリスマスローズが咲か [続きを読む]
  • 3月 ヘレボルスオリエンタリスが満開を迎えます
  • クリスマスローズ ピンクスポット ダブル開花株3月のクリスマスローズと言ったらなんといっても、ヘレボルスオリエンタリスではないでしょうか?オリエンタリスは、3月頃満開を迎えます。その他のクリスマスローズの花も咲き揃うようになるため、一度に色々な種類のお花を楽しむことが出来るのもこの時期です。クリスマスローズ オドルス緑アロマダブル開花株■3月の管理方法・秋に種まきを行った苗の管理方法発芽し、本葉が出揃っ [続きを読む]
  • 2月 クリスマスローズ 原種 栽培
  • 開花し多くの蕾を持つのが嬉しいです2月は、まだまだ寒い時期となりますが、風向きも南風に変わって、平均温度が少し上昇します。この温度が、6度以上になってくると、多くのクリスマスローズの原種に開花が見られるようになり、栽培していると、とってもわくわくする季節です♪・2月の有茎種有茎種は、交配した親株よりも、開花が遅いのが特徴であるため、まだ、開花が見られないものもあります。その場合は、咲き始めが、3月以 [続きを読む]
  • 1月 クリスマスローズ 開花株も出回ります
  • クリスマスローズの開花株などが販売される1月は、本格的にクリスマスローズを楽しめる時期だと言えます。これらは温室で作られたものですが、まだ咲いていない花も徐々に楽しめる時期に差し掛かっています。■1月の管理方法・防寒対策寒い北風などの当たる場所に植える、フォエティドゥスなどの有茎種は、夜間に不織布などで株を覆い寒さ除けを行います。・支柱立て有茎種で花の茎が長くなるものに関してはこの時期に支柱を立てて [続きを読む]
  • 11月 クリスマスローズ 開花にむけて生長!
  • もうすぐ愛らしい姿を見られますクリスマスローズの生育に最も適した時期が11月です。根も活発に伸びていきますので大切に生長させたいですね。また、ヘレボルスフォエティドゥスや、ノイガーなどの種類は、花芽の生長が肉眼でも確認できるようになりますので、心待ちしている開花の楽しみが広がります。こういった大切な時期となりますので、水切れ・肥料切れ、病害虫には気をつけて管理を行なって行きましょう。原種系も、もうち [続きを読む]
  • 10月 クリスマスローズは生育期を迎えます
  • ミヨシのクリスマスローズ ルーセブラック ポット苗 980円たいへん人気のあるブラックです10月はクリスマスローズの本格的な生育期です。この時期に肥料不足や水切れを起こすと、花芽の生長に悪い影響がありますので、栽培管理をていねいにしていきましょう。作業にはちょうど良いお天気が続きますので、植え付け・植え替え、株分けなど、春にできなかった作業も行うと良いでしょう。■10月の管理方法種まきは10月下旬〜11月上旬が [続きを読む]
  • 9月 クリスマスローズ 原種 栽培
  • 9月の蒸し暑さをじょうずに乗り越えましょう9月上旬はまだまだ、夏の蒸し暑い日々が続きますので、クリスマスローズの栽培には、じゅうぶん気を付けたい時期です。また、9月になると、太平洋高気圧と長雨の影響から、株の中の湿度が高くなりやすくなりますので、根腐れしないように日除け対策、水やりの頻度、量を調節します。9月も下旬頃になると、根が活発に動き始める品種もあるので、再び、肥料を与え、冬に向けて株を充実さ [続きを読む]
  • 8月 クリスマスローズ 原種 栽培
  • この時期はとても苦手なクリスマスローズ8月は、1年で最も暑い月ですね。クリスマスローズと名の付く冬の花には、少々辛い季節になります。特に、お盆前までは猛暑日も連日続くので、猛暑対策はしっかりと行い、株が弱らないように注意しましょう。夏越しのポイントは、水やりと日除けです。8月のクリスマスローズの管理方法について、詳しく紹介していきたいと思います。■8月 クリスマスローズ 原種 栽培・8月の有茎種、無茎種 [続きを読む]
  • 7月 クリスマスローズ 原種 栽培
  • クリスマスローズには、苦手な7月です7月、日本の季節は「夏」。近年は特に、猛暑日、真夏日も多く、熱中症対策は必須です。そんな日本の夏は、植物にとってもまた、非常に過酷です。クリスマスローズは、特に水やり不足や灰色かび病に注意します。また、同時に梅雨や夕立による過湿にも注意しましょう。■7月 クリスマスローズ 原種 栽培・7月の有茎種、無茎種どちらも、「半休眠期」に入りますので、発芽苗でさえも、生育はみら [続きを読む]
  • 9月 クリスマスローズ 越夏し元気を取り戻します
  • クリスマスローズと空、似合います高温な夏を乗り越えたクリスマスローズは、涼しくなるにつれて、元気を取り戻します。9月はクリスマスローズにとって花芽を形成する重要な時期となりますので、お手入れもしっかり行なって行きましょう。また、長い間肥料を施していませんでしたので9月からは、肥料も施し、株全体の元気を回復させて行きます。原種系ももうすぐ咲き出します■9月の管理方法寒冷紗などを使っていた場合は、9月に [続きを読む]
  • 8月 クリスマスローズの苦手な季節です
  • ガーデンハイブリッド ダブル咲きプレミアム【現品】クリスマスローズピンクベイン八重 開花株5号 20404クリスマスローズは、夏に弱い植物ですので、8月の暑い時期にはしっかりと世話をしてあげたいものです。特に原種系やその交配の種類の鉢植えは、涼しいところを選んで移動することも必要になります。休眠状態にあるこの頃は、外観の変化こそありませんが、水切れや雑草の手入れなどに注意し、冬に向けて大切に管理し [続きを読む]
  • 7月 クリスマスローズ、涼しく水はけ良く栽培
  • 「クリスマスローズ」という名前の通り、クリスマスローズは冬に楽しめるお花として親しまれています。ですので、日本の7月〜8月の夏本番はとても苦手な時期です。上手に管理してあげれば、秋からの生育が良くなり、来年の開花も元気で綺麗なものになります。良いクリスマスローズを開花させるためにも、7月以降の管理には、ていねいに世話をしてあげてくださいね。82紅ピコ 滲みグラデーション 野田園芸さんのクリスマスローズ開 [続きを読む]
  • 6月 クリスマスローズ 原種 栽培
  •  次のシーズンも立派な花が見られますように6月は、原種・原種系交配種にとって過酷な季節です。まずは、日差しの問題です。少し、日差しの強くなるこの季節は、鉢植えの置き場所を考える必要、庭植えは日除けを設置すること考える必要があります。そして、6月は、梅雨を迎えます。過湿にならないように、気を付けて栽培します。■6月 クリスマスローズ 原種 栽培・6月の有茎種新しいステムに、新葉がつき、古いものから順に [続きを読む]
  • 6月 梅雨時期のクリスマスローズの管理には注意を
  • 原種系はとくに梅雨に敏感です6月になると日本は梅雨の時期を迎えます。高温多湿の梅雨の季節はクリスマスローズを管理する上で、非常に過酷な気候だと言えます。生育条件が悪くなっている時ですので、根腐れなどが起こらないように、管理には十分気をつけて下さい。また、種の採取時期もだいたい6月頃です。飛散しないように袋をかける等し、種の採取していきましょう。■6月の管理方法・種取り種は徐々に大きくなり、やがてはじ [続きを読む]
  • 5月 クリスマスローズ 原種 栽培
  • 来シーズンも美しい花を楽しめるように■5月 クリスマスローズ 原種 栽培5月になると、開花は終わってくるものの、新葉の勢いの良い時期となるため、葉の鑑賞に良い時期です。クリスマスローズは、花だけではなく、葉の形や美しさも楽しめる草花であるのが、とても良く分かる季節です。・5月の有茎種開花の遅い有茎種(原種の交配種)は、葉の展開が少し遅れます。・5月の無茎種葉の展開が見られます。有茎種も同じですが、葉の展 [続きを読む]
  • 5月 クリスマスローズの開花が終わる時期です
  • 透き通る美しさ1月後半より楽しませてくれたクリスマスローズの開花は終わり、休眠に入る時期に近づいて来ました。株分けをしたものに関しては新葉が展開し、徐々に元気が出てきたのではないでしょうか?これからどんどん日差しは強くなり、梅雨と夏を迎えます。そのためにも、今まで以上に管理には気を配りたいところですね。■5月の管理方法・切り取り花の終わった花茎はハサミで切り取りますが、タネを残しておくものに関しては [続きを読む]
  • 過去の記事 …