nekoken さん プロフィール

  •  
nekokenさん: まるのこ紀行
ハンドル名nekoken さん
ブログタイトルまるのこ紀行
ブログURLhttps://ameblo.jp/ex-nekoken/
サイト紹介文病状事情やお気楽な日常を綴っています。
自由文昔は息をするのもやっとな状態でした。理由も判らずひたすら苦しい淋しい毎日が地獄。苦しい真っ最中は絶望しかなく、今の絶望が一生続くような恐ろしい感覚に包まれますが、その絶望こそ障害が生み出す思考でした。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/12/17 23:01

nekoken さんのブログ記事

  • トイレで占う
  • イボの話に続き今度はオリモノの話。 今日トイレに入り下着を下ろすと今まで見たこともない色のオリモノがついていた。 茶色に近い赤色で変な臭いもする。 いよいよ子宮の病気にでもなかったのか。。と動揺するも 調べたら「4」だったので失笑。 オリモノ占いでもしている気分だった。 [続きを読む]
  • 液体窒素でジュッと
  • 汚いお話でごめんなさい。 今日は首にできている小さなイボの切除をしたくて美容皮膚科へ行ってきた。 歳をとると出来るイボらしく液体窒素で潰して来た。 本当は彼が来る前までに消したかったのに 毎週一回、後6、7回通わないと消えないとのことだった。 昔からなんでも直前ギリギリに動き出す癖があるので間に合わないことが多い。 彼に見られないよう通いだしたのに彼と一緒にイボ取りに [続きを読む]
  • コミュニケーション不足と暇が寂しさの元
  • 夕方帰宅後から彼が深夜3時まで作品作りで忙しいのは 年末年始16日間もの間私の家で一緒に過ごすためでもあるのだ。 彼の平均睡眠時間は5時間だよ。 今日はお昼ご飯を食べる時間もなかったってさ。 そんな多忙な中でも遠距離恋愛の寂しさを感じさせないようになのか、 彼は毎日欠かすことなくビデオ通話つけっぱなしで作業姿を見せてくれている。 作業をしていても彼は私に声をかけ [続きを読む]
  • 朝なら恐くない
  • 今日も朝一時間犬のコギさんと散歩に行ってきた。 今日は葉っぱや空気に朝露が多く混じっており、アマゾンのジャングルに迷いこんだかと思うほど幻想的だった。 目に映る色は色とりどりの緑と黄色ばかりでカメラを忘れたことを激しく後悔。 とにかくもお、すっごく顔がにやける景色だった。 それで散歩中、狭い道を歩いているときに前から後ろ向きで歩いてくるおじさんがいた。 またしばらく歩くと [続きを読む]
  • 社会復帰しにくい原因のひとつ
  • ちょうど数時間前に、「声静かにして。怒る人大嫌い。この心チビ助が。」と彼に言ったばかりだった。 どっちが心チビ助かって話しだが。 中国人は喜怒哀楽がハッキリと感じられるぶん付き合いが非常に楽だ。 これぞ私が望んでいたコミュニケーション、理想ではある。 でも、少し口論になると彼の声のトーンが大きくなるので怯えてしまうことがある。 他の人から見れば普通のトーンレベルなのかもし [続きを読む]
  • 聞き間違い
  • 昨日から眠らず食わずのままコギと早朝散歩に行ってきた。 朝の太陽はまだ濃くて体に感じる光量も多いので気持ち良い。 帰宅後、寝ぼけている彼に、「鳩がたくさん並んでいたよ」と言ったのだが 彼 「はっと? 」 私 「鳩」 彼 「好きだよnekoken」 私 「・・・・・ もしてして、鳥の鳩とloveのハート、間違えてる?」 彼 「・・・・うん」 と言う出来事 [続きを読む]
  • まあ、たしかにね
  • 彼 「トナカイのケーキいいね」 私 「こっちのタルトも可愛いね」 彼 「じゃあ、それを買おう にっこり」 私 「中国はクリスマスあるの?」 彼 「うーん あまりないよ。とくに何もしない。日本は国が小さいから他の国の影響うけるね。特にアメリカ。アメリカがやれば日本もやる。日本はアメリカ大好きだよね。中国は部族あるし国が大きいからそんなに他の文化影響されないとこ [続きを読む]
  • 今日のお昼はしんどかった
  • 彼 「トナカイのケーキいいね」 私 「こっちのタルトも可愛いね」 彼 「じゃあ、それを買おう にっこり」 私 「中国はクリスマスあるの?」 彼 「うーん あまりないよ。とくに何もしない。日本は国が小さいから他の国の影響うけるね。特にアメリカ。アメリカがやれば日本もやる。日本はアメリカ大好きだよね。中国は部族あるし国が大きいからそんなに他の文化影響されないとこ [続きを読む]
  • 甘辛いものが食べたくなったので
  • 晩御飯 ・見えないけどワンタンと野菜のスープ・小松菜ともやしと玉ねぎの豆板醤炒め・オレンジとグレープフルーツ・豚ロースの味噌焼きとスパイシーチキン 最近ダイエットを始めたので26日間で5.5キロ痩せました。 でもね、30すぎてダイエットすると悲惨。 痩せると皮膚がたるんで歳とって見える。 太ってたほうが良かったなんて妹から言われた゚゚(゚´Д`゚)゚ なの [続きを読む]
  • 万引き愛
  • 今日姪がふてくされて呼んでもスーパーを逃げ回り走り出したので 私もだんだんイライラ。 「もおおおお菓子買わない」、と言いながら姪がカゴに入れていたお菓子を棚に戻した。 すると甥が私に見つからないよう、こっそりそのお菓子をポケットに入れて 外に出て姪に渡そうとしているではないか。 姉を想う甥の気持ちを尊敬しつつ、泥棒の話やお店の人が生活出来なくなる話をしたが この二人の [続きを読む]
  • ウインク付きのオマケご飯
  • 食べごろのカボスが残っていたので、カボスを使った料理を今日は食べたかった。 肉厚の椎茸と大切に育てられた甘い鶏肉をバターで炒めてカボスをギュッと絞りたい。。 そんなことを考えながら魚屋を覗くと今日はお刺身用エビの特売日だった。 一尾60円、、 美味しそう、、 海老味噌海老味噌、、 「二尾だけ下さい」、と魚屋さんに伝えると、若い男の店員さんが五尾も袋に入れるではないか。 「 [続きを読む]
  • 日本人はなぜ歯が汚い
  • 私 「同じアジア人なのにあなたの歯は綺麗だね。矯正とかホワイトニングとか何かしてる?」 彼 「何もしてないよ。なんでだろう、日本人の歯は汚いだよね。中国は、歯が綺麗な人が心も綺麗、そのような言葉が昔からある。中国は日本よりも歯は大事だね。」 私 「ううう 涙 これから私も歯にお金かけてキレイにしていこうかな。海外の人は歯に対する美意識が日本人とはずいぶん違うもんね。」 彼 「大丈 [続きを読む]
  • 束縛の夢叶う
  • 私 「あなたは私を束縛しないね。あまり焼き餅も焼かないよね。」 彼 「焼き餅?なんで焼き餅なの?」 私 「焼き餅の言葉の意味?jealous. 嫉妬」 彼 「あ、違う。なんでjealousは餅を焼くの言葉なの」 私 「語源か。お餅は焼くとぷくーっと膨らむからだよ。jealousyもぷくーって膨らむでしょ。」 彼 「そんなに簡単な意味?はははは 日本語おっかしいな」 彼 「なあに、nekokenは束 [続きを読む]
  • 気持ちを描く
  • 「そのときの気持ちを絵で描いてみたら」、と彼が勧めてくれたのでやってみた。午前中はこんな感じだった。初めての絵がこれとは。。 彼は、私がリストカットしたのだと心配していた。。 今日は光の涙を流す空を見た。 落ちていた花びらで風船も作ってみた。 同色よね。 今日は姪、習い事の日。 いつも間違えて小学校にお迎えに行って [続きを読む]
  • 我慢はせずに表現方法を変えよう
  • またやっちゃった。 私 「しばらく一人になる。課題頑張ってね。連絡して来ないで。」 彼 「そうしたらなにをしたいの」 私 「あなたに私の相手は無理。」 彼 「なにが問題あったら解決じゃなくてまず逃げる」 私 「あなたは何も気づいてない」 彼 「気づいてないなら教えて」 私 「あなたに私の相手は無理だって言ってるの」 彼 「俺が無理ならどんな人がいいの」 私 [続きを読む]
  • ボーダー ライン
  • 中国人の彼と基本仲は良い。毎日ビデオ通話で繋がっているしいい歳して恥ずかしもなく何してんの状態。 でも、私は誰と付き合っても同じ問題にぶちあたる。 まずは私の年齢。子供を産んであげられないことが心苦しい。姪と甥と過ごし、子供の存在そのものがどれだけ素晴らしいかを知ったから好きな人にはその素晴らしさを体験して欲しい。 それに彼は中国が一人っ子政策のときに生まれた子 [続きを読む]
  • 削除したくないけれど
  • あいかわらず姪と甥と一緒に過ごしている。 今月は16日間一緒に過ごしているし3人で大分旅行にも行った。 でも、そろそろ姪と甥の写真もろもろブログに載せられないなと考えている。 姪はまだ8歳だけどネットを使えるようになり文字も読めるようになってきた。 大人が思う以上に子供は色々なところを見ているし気づいているので このブログが見つかり、姪や甥が読めばショックを受けるだろうと [続きを読む]
  • 根拠のない自信に外国人っぽさを感じる
  • 私「今日の地震は地鳴りが大きくて怖かった。また大きい地震来るかな。私だけ死んだらコギどうしよう。」彼「そんなこと言わないで。大丈夫。nekokenは死なない。僕が惚れた人だよ。何かあったらすぐに電話して。いい?」私「う、うん(笑)」彼「なんで笑ってる?」私「it's gonna be okayは外国人っぽいからだよ。」それにしてもさっきは音がごちゃ混ぜだった。犬のコギが家中を歩きまわる音。甥のいびき。姪が観ているドラえも [続きを読む]
  • アイニー
  • きゃあああああさっき彼に初めて中国語で愛してると言われた。興奮して眠れないいい。彼との会話は、だいたい97%が日本語だ。2.7%が英語で0.3%が中国語という感じ。元々彼は日本語よりも英語が得意なので例えば電話を切るときなど、そう抵抗なくlove you、love you too. と言い合える。それに彼は日本語で1日数回、好きだよ、と言ってくれる。でも、外国人のストレートな表現は好みだったはずなのに実際に日本語で聞くと物凄く [続きを読む]
  • 木漏れ日が繋ぐ縁
  • 彼「日本は、言葉の1つに専門用語があるからすごいよね。たとえば、この間感動したのは、木漏れ日。中国語や英語はその表現を文で説明する。でも日本語は、その情景に専門語がある。すごいことだよ。」 私「木漏れ日という言葉の美しさは、日本語の中でもトップクラスだと私も思っているよ。日本語の美しさがわかる外国人と知り合えて私幸せ。」 彼「それなら良かった(笑)」 [続きを読む]
  • お弁当文化は無い
  • 中国にはお弁当文化がないらしい。彼の思う理由には以下があった。料理に油を多く使うため、冷えると固まり味が悪くなる。日本よりも気軽に食べれる安い食事屋さんがたくさんあるので作る必要がない。みんなで外で楽しくワイワイ食べる。中国は女性も働くのが普通で忙しい。中国人の女性は、夫のために作る、という考え方が日本人のようにはない。なので彼は、朝仕事へ行く前にお弁当を作って貰い、行ってらっしゃい、と言う日本人 [続きを読む]
  • 別れた理由
  • 中国には56の民族があり、彼は高校時代イスラム教でカザフ族の彼女と付き合っていたそうです。 イスラム教は豚を汚れているものとし食べませんが、彼は漢民族で豚肉を食べて来た人でした。 なので、豚肉を食べて汚れている彼が、イスラム教徒の彼女に触れることで、彼女も汚れていると周囲から言われるようになり、彼女の友人たちは彼女に触らなくなったので泣く泣く別れたのだとか。 別れの理由は人それぞれ [続きを読む]