にーむるー さん プロフィール

  •  
にーむるーさん: ペルシャな話
ハンドル名にーむるー さん
ブログタイトルペルシャな話
ブログURLhttp://farsireading.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文ペルシア語初心者によるペルシア語読解。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/12/18 22:39

にーむるー さんのブログ記事

  • 面白い謎:賢い息子
  • ある日、3人の息子がいる父が死の淵にいて、家の財産の相続について3人の子供と話したいと望みました。父は息子たちにこのように言いました:家を最も賢い息子に譲るつもりだ。最も賢いものを見分けるためテストをすることに決めた。3人それぞれに、市場に行って、病人(父)の寝室の全ての空間を埋めることができ、またポケットにも入れられるものを用意するよう言いました。3人の息子は、父の部屋の空間全てを埋めることがで [続きを読む]
  • ヴァヒードと妹
  • ヴァヒードは8歳の男の子です。彼は3歳の妹がいます。彼はいつも愛すべき妹の面倒を見てます。なぜなら妹はとても小さくて自分自身を守れないからです。ヴァヒードは妹のために何をしてるか聞きたいでしょう。今あなたにお話しします時々ヴァヒードの妹が遊んでいると突然おもちゃを口の中に入れるので、ヴァヒードはおもちゃを口から静かに取り出して横にどけます。時々妹は椅子の上にのったり階段を上ったりのような危ないこと [続きを読む]
  • 金魚の願いが叶った②
  • しかしみんなが祈っているのを見て、彼も少年のお母さんの手の中で開いているコーランのページに目がくらみ、祈って願いを言って繰り返しました。金魚のお祈りがまだ終わっていないうちに、新年が訪れ、みんな互いにキスしてお祝いを言いました。年が明けた後、お父さんが言いました「一つ君(少年)にいい知らせがある。今年は休暇に海辺に行っていっぱい水遊びをしよう」。少年は叫びました「オー、海海」。そして金魚に目をやっ [続きを読む]
  • 金魚の願いが叶った①
  • 小さい金魚は目を開けた時から魚屋さんの水槽の中、海から離れたある町に住んでいました。しかし海の美しさや壮大さの話を聞いていて、海を恋しく思っていました。なぜならいつも日没近くになると、水槽の中の年老いた魚たちやカメが、みんなに海の美しさや壮大さ、海での美しい日々について語っていたからです。なので金魚もある大きな願いをずっと心に持っていました。海を見て海で暮らすという願いを持っていました。金魚はいつ [続きを読む]
  • 深海での生活
  • 海洋での生物の多様性は場所と場所とで非常に異なります。海の生物の最も大きな多様性は、熱帯に存在します。この地帯では生物の多様性が見られますが、各種の数は少ないです。反対に、気候が変わりやすい条件の地帯(例えば北極や南極)では生物の種類は限られていますが、各種の数はとても多いです。 [続きを読む]
  • 熟していない実
  • 私はチャガーレ(熟していないアーモンド)です。私の家は木の上で、葉は針のような形です。私は熟していないアーモンドの木の実です。つまりまだ私の表面の殻が柔らかい時です。時がたつと私は大きくなり、私の柔らかい殻も硬くなって、もう食べることができません。熟していないとき、私のことをチャガーレ(熟していないアーモンド)と言います。大きくなって熟すと、アーモンドと言います。私の殻の色は緑で、とても細かい綿毛 [続きを読む]
  • クローゼットの中で何が?②
  • 編み物のブラウスはこれを聞いて喜んで、視線をクローゼットの鏡に向けました。突然クローゼットのドアが開きました。レイリーは暖かい服を着たかったです。ジャンパーは体を前にやりました。しかしレイリーはブラウスを取って言いました「まだそんなに寒くないからジャンパーを着る必要はないわ」ジャンパーは眉をひそめました。レイリーはブラウスを着て微笑みました。ブラウスも自分をいとおしみました。ジャンパーがいくら待っ [続きを読む]
  • クローゼットの中で何が?①
  • 編み物のブラウス、温かいジャンパー、はにかみやの手袋たち、双子の帽子とマフラーが、クローゼットの中で一緒に眠っていました。彼らがクローゼットで眠って6か月になっていて、ものすごいいびきをかいていました。今もう気温が寒くなっていました。寒くなって、はにかみ屋の手袋たちは転げまわり、帽子とマフラーは目が覚めました。帽子とマフラーがあまりに騒ぐので、ジャンパーの声も上がりました。ジャンパーは太い声で言い [続きを読む]
  • ことわざ:巡礼者さん、我々も参加します
  • 昔は、人々の最も長い旅はメッカ巡礼でした。そんな時代のある時、メッカ巡礼の旅の集団が、朝から夕方まで馬やロバに乗って、全員疲れていました。なので目的地の近くでテントを建て、食事の準備のために、それぞれ作業をしました。ついに食事の用意ができて、いい匂いがあたりに広がりました。食べようとすると、ある一団が彼らに近づいて言いました「巡礼者さん、我々も参加します」!。料理人は言いました「しかしこの料理は少 [続きを読む]
  • 森の警官②
  • このくじ引きの問題は、一匹の代わりに3匹が選ばれたことでした。なぜなら3匹それぞれほぼ等しい票を集めたからです。その上、3匹それぞれが警官になるのにふさわしかったのです。しかし動物たちはこの3匹から1匹を選ぶよう主張しました。もう一度くじ引きの用意をしようとすると、突然ウサギの叫び声がみんなの注意をそらしました。なぜなら、誰だかわからないようにマスクをかぶった悪い動物が、ウサギの財布を持って逃げ出 [続きを読む]