浜崎壽賀子 さん プロフィール

  •  
浜崎壽賀子さん: 「美樂の書」浜崎壽賀子びがくのしょ
ハンドル名浜崎壽賀子 さん
ブログタイトル「美樂の書」浜崎壽賀子びがくのしょ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sugakohamazaki/
サイト紹介文浜崎壽賀子和‐モダン「美樂の書」びがくのしょという、季節にならい、デザインの書を教えております。
自由文季節の流れを、感じながら、インテリアや、テーブルセッティングに、しつらいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/12/19 12:27

浜崎壽賀子 さんのブログ記事

  • 「美楽の書」びがくのしょ「立秋」「涼風至」すずかぜいたる
  • 二十四節気「立秋」七十二候「涼風至」時を迎えました。立秋を迎えますと、暑い中でも、秋の御挨拶へと変わって参ります。 昨日で夏の土用も終わり「暑中お見舞い」も「残暑お見舞い」に、変わって参ります。 夜は、風が吹き、木々もそよぎ始めます。明日は「名古屋」で美楽の書です。 皆様とお目にかかれますのを楽しみにしております。 いよいよ、9月1、2日に、迫ってまいりました。美楽の書のデザイン書道フェスティバル!ぜひ [続きを読む]
  • 「美楽の書」びがくのしょ「大雨時行」たいうときどきふる
  • 二十四節気「大暑」七十二候「大雨時行」たいうときどきふる時を迎えております。最近は夕立も降らず、暑さも和らぐ事がありませんね。しかし、こんな暑い中、明日は立秋を迎え夜は秋の気配を感じる頃となりました いよいよ、9月1、2日に、迫ってまいりました。美楽の書のデザイン書道フェスティバル!ぜひ、皆さまお待ちしております。チケットが、必要な方は、メッセージを、頂ければ、ご招待券を、お送りいたしますので、ぜひ、 [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「蓮始開」はすはじめてひらく
  • 今日は旧暦の六月一日二十四節気「小暑」七十二候「蓮始開」時を迎えました。泥の沼から立ち上がる美しい蓮の葉と花を見ると、あまりの美しさに息をのむようです。ゆっくりと風に揺れる葉はたっぷりとゆったりとしており、花をさらに引き立たせます。朝まだ暗い中、ぽっと音を立てて咲く姿は、この世のものとは思えないと極楽浄土に見立てた理由が分かるような気がいたします。 7月15日16日は東京で「美樂の書」を開催いたします [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「牡丹華」ぼたんはなさく
  • 二十四節気「穀雨」七十二候「牡丹華」ぼたんはなさく牡丹の花が咲き始めるころを迎えました。美しい大輪の牡丹は、百花王、富貴草とも呼ばれ沢山の詩歌に詠まれて参りました。 美しい牡丹の花の盛んに咲く姿を描きました。 来月は「美樂の書」では、水無月を学びます。「夏至」「梅雨」を学び書を描きます。 6月には暑中お見舞い講座も開催されますので、皆様楽しみになさって下さい。 「美樂の書」十二ヶ月をお描き頂けますDVD [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「穀雨」を迎えました。
  • 二十四節気「穀雨」こくうを迎え、七十二候「霜止出苗」しもやんでなえいずる時を迎えました。暖かくなりそろそろ霜も止む頃を迎えます。穀物を植える時期に、降る大切な恵みの雨・・・。早苗も育ち始めました。乾燥した土や山々、川に、春の雨は、沢山降りそそぎ、恵みをもたらします。虹もかかりますね。 来月は「美樂の書」では、水無月を学びます。「夏至」「梅雨」を学び書を描きます。 6月には暑中お見舞い講座も開催されま [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「旧暦の上巳の節句」
  • 旧暦の御雛様を向かえ、海は大潮を迎えております。自宅の対岸の厳島神社では、貝堀を沢山の人が楽しんでおられます。昔は旧暦の三月三日は、磯遊びを始めたそうです。旧暦の三月三日は上巳の節句と言い月の初めの巳の日に、「踏青」と言い青い草を踏んで川や海に入ると言う禊を行っておりました。それが、時代とともに、流し雛になり、今の装飾的な御雛様になったのは江戸時代からです。今日は御すしを頂き旧暦の御雛様をいたしま [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「桜始開」さくらはじめてひらく
  • 二十四節気「春分」七十二候「桜始開」さくらはじめてひらく時候を向かえました。水も温み始め、春陽に溢れて、鳥たちも、盛んに囀る中・・・。桜が咲き始めました。「美樂の書」で桜を書き御弁当を包んだり箸袋にしたり・・・。今年も桜が観れる事に、感謝の日々です・・・。 美樂の書から、初めての方でも、自宅で書けますように、ついに、今月より、DVDボックスが発売されます。お道具も、付いて、12ヶ月の葉書のデザインの書 [続きを読む]
  • 「美樂の書」今日は名古屋で「美樂の書」
  • 今日は、名古屋で美樂の書を開催いたします。春の桜や花を描きますので、楽しみになさってください。また、富士屋ホテルでの、ワークショップにも、沢山の皆様お越し頂きまして、誠に、ありがとうございます。また、オリンピックイヤーにお目にかかれますのを、楽しみにしております。美樂の書」https://bigaku.life/【美樂の書オフィシャルサイトがリニューアル!】#富士屋ホテル#美樂の書 #アチーブメントプロデュース#デザイン [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「節分」「立冬」
  • 本日は節分でございます。明日から、「立冬」を迎えます。今日で土用が終わります。土の気が秋から、冬に変わります。月が澄んで見え、冬の気配がいたします。山々は紅葉が深まり、錦秋の時を迎えます。 日本の美しい四季をお伝えしたい。季節の美しさは水の滴るが如く書に現れます・・・。どうぞ、一日体験もございますので、ぜひ、季節の美しさをご体感ください。初めての方もご参加いただけます。年賀状講座東京11月19日日曜 [続きを読む]
  • デザイン書道「美楽の書」びがくのしょ今日は旧暦「重陽の節句」
  • 今日は、旧暦九月九日五節句の最後の「重陽の節句」「菊の節句」とも呼ばれております。毎年旧暦九月九日は大安吉日です。お酒に花びらを浮かべ、菊酒を頂き、禊を行います。また、今日摘んだ菊の花びらを、乾かして詰め「菊枕」にいたします。昔は香り高い菊枕を、男性から女性に贈られたそうです。菊は目や頭痛にも、よく効くと言われお茶にしても、頂きます。空気が乾燥し、菊の香りが路地に流れ、いよいよ、冬の訪れを感じます [続きを読む]
  • デザイン書道「美楽の書」びがくのしょ「新月」旧暦九月一日
  • 今日は「新月」旧暦の九月一日大潮を迎え、潮の香りがとどきます。今日から秋の土用でございます。季節の変わり目を向かえ、来月の11月7日には、「立冬」を迎えます。急に寒くなり、団栗も沢山落ち始めました。 日本の美しい四季をお伝えしたい。季節の美しさは水の滴るが如く書に現れます・・・。どうぞ、一日体験もございますので、ぜひ、季節の美しさをご体感ください。年賀状講座も、東京11月19日日曜日       大阪12 [続きを読む]
  • デザイン書道「美樂の書」びがくのしょ「霜月の講座」次は名古屋開催
  • 昨日は、大阪で美樂の書を開催いたしました。インストラクターコースも開講となり、お申し込みをありがとうございました。インストラクターを目指していただき、深く感謝しております。本日は、霜月を学び、日本の美しい四季を感じ、冬を迎える準備を始めます。アドバンスコースでは、「november」英文字も描いて、カードにしたり、テ―ブルランナーにしたり、アレンジしてみました。日本の美しい四季をお伝えしたい。季節 [続きを読む]
  • デザイン書道「美樂の書」びがくのしょ「寒露」
  • 明日から二十四節気「寒露」を迎え空気も澄み渡り、冷たく感じられます。七十二候は「鴻雁来」こうがんきたる頃を迎えます。雁が来たから渡ってくる頃を迎えます。今年初めて訪れる雁の事を「初雁」といいます。美しい言葉です。 十五夜の次の日は「十六夜」いざよい次の日が立って待っていると出てくるので「立待月」たちまちづき次の日が座って待っていると出てくるので「居待月」いまちづき今宵は旧暦の「八月十八日」 明日はら [続きを読む]
  • デザイン書道「美樂の書」びがくのしょ「芋名月」
  • 中秋の名月旧暦の八月十五日を迎えました別名「芋名月」とも呼ばれ丁度、里芋の収穫期にあたります。月の光を浴びて、その時に採れた物をお供えいたします。虫も少し鳴き、静かな夜を迎えております。 夜は肌寒く、袷の着物が丁度良くなります。秋のうろこ雲の中を泳ぐように満月が見え隠れいたします。 美樂の書オフィシャルサイトがリニューアル!】  この度、美樂の書オフィシャルサイトの全面リニューアルを行いましたので [続きを読む]
  • デザイン書道「美楽の書」びがくのしょ七十二候「雷乃収声」
  • 二十四節気「秋分」に入り、七十二候「雷乃収声」かみなりすなわちこえをおさむ雷が鳴り響かなくなる時候を迎えました。空気も、いよいよ乾燥し初め、木々の葉が乾き、紅葉へと向かい始めます・・・。10月5日は、「中秋の名月」別名「芋名月」とも呼ばれ、日に日に、月が丸い形に向かいます。「五穀豊穣」祝い、月に感謝の日々です。 【美樂の書オフィシャルサイトがリニューアル!】  この度、美樂の書オフィシャルサイトの全 [続きを読む]