あとみみ さん プロフィール

  •  
あとみみさん: まいにち、にじ日和
ハンドル名あとみみ さん
ブログタイトルまいにち、にじ日和
ブログURLhttp://niji-kohboh.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文シュタイナー教育の教室と冷えとりにも適したハンドメイドショップのお知らせ。
自由文群馬県前橋市でシュタイナー教育をベースにした「にじ工房」を。子どもや大人のアートや手しごとのクラス、セラピールーム「バウンダリーウォーカー」。
オンラインショップでは、シュタイナー教育関連商品、アートの他に冷えとりにも適したハンドメイド商品を扱っています。基本的に全て天然繊維を使っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/12/20 09:21

あとみみ さんのブログ記事

  • ソーシャルペインティング
  • 昨日は  水彩・ヒーリングアート でした。おとなのための「アートの遊び」。リラックスして楽しんでもらう、そしていつの間にか元気になっている。そんな「アートの力(ちから)」を生活に取り入れると、毎日がもっと生き生き楽しくなります。大体2時間で、2〜3枚のぬらし絵を描きます。最後に描くのが「ソーシャルペインティング」。一枚の絵を複数の人で描きます。初めてあった人も、以前から知り合いの人もみんな一緒に。幾つ [続きを読む]
  • 美容クリーム
  • 化粧水はしばらく前から手作り。とても簡単に出来て、添加物も入らないから安心。超が付く敏感肌で、色々試してきたけれど今はこれが一番。コスパも良い。で、次はクリームを作ってみたいとずっと思ってて。それまで「キュレル」のシリーズを使っていたのでそれが無くなるタイミングで作ることに。でも家に無い材料を買ったり準備を少し面倒がっていたら時間がたってしまった。まだ肌も乾燥するので、今日こそは!(^_^;)と気合を入 [続きを読む]
  • あきらめないで
  • 昨年度、家庭教師を受け持った20才を幾つか過ぎた女性。大学受験、一般受験で受けるということで、英語と国語を教えました。ただお話を受けたのが受験まで半年を切っていた時期で、それまで塾や自宅でも特に受験対策していないということでしたので最初はあまりどういう状況かもよく解りませんでした。ご相談をしてくる方たちが自分や家族のことを全て話してくれるとは限りません。でも、本人が「やってみたい」と思うなら、応援す [続きを読む]
  • 体験が染みわたること
  • シュタイナー小学生クラス・月曜3回 16:45〜18:00 ぬらし絵ではドイツの透明水彩絵の具を使用しています。発色の良さや透明感が美しく、水にぬれた画用紙に広がるさまはキラキラと輝きます。世界中のシュタイナー学校だけでなく、プロの画家も使う質の高さ。画用紙も水に強い画用紙を使います。日本で普通に手軽に手に入る画用紙は乾いた画面に絵の具を載せることが想定されて作られています。水に濡らすことには弱く、何度も筆を [続きを読む]
  • 先ずはやってみること
  • 日曜日。午前中に家庭教師が一つで、午後はなるべく仕事は入れないように。半日でも休みがあると、家のこともできるし、頭の中の整理もできる。平日は気が付くともう日付が変わってる?(^_^;)みたいな過ごし方なのでスローダウンする時間が大切。本も読みたい。この前は「孫氏の兵法」を読んでいたけど、今はコレ。 自分の関心がビジネスとお金の関係に向かっているのでそうするとそういう情報が飛び込んでくるから不思議。きっ [続きを読む]
  • オープンスクール
  • 次男の通っている高校のオープンスクール。来年度の入学を考えている中学生と保護者や在校生の家族が授業を見学できる。クラスによっては体験もや研究発表も見られたり、他のクラスも楽しい。毎年人気の日なので早めに行って駐車場を確保。次男クンは体験ブースの担当で、中学生たちに説明をしてた。前からいつも感心しているのだけど、この子はいつも機嫌が良くて大概笑顔。穏やかに人に接する。周囲を安心させて和ませるキャラク [続きを読む]
  • いやいや(^_^;)いろいろあるもので
  • 先程にじ工房のメールマガジン第1号を発行しました。少し前から構想はしてたものの、こんなに早く出すとは思ってなかった。(^_^;)暦から今日6/1が「甲子の日」、何か始めるのに最適の日と知って、急きょ実行に移したものでなかなかハードルは高かったけど、何とか出せて一つはホッと。こちらから登録できます。シュタイナーの事もさることながら、私自身が生きている中でのシュタイナー感を挟みながら現代に生きるヒントにしてほし [続きを読む]
  • 良いほうへ目を向ける。
  • イギリスのシュタイナー学校で研修した時。多分、シュタイナー学校は似ていると思うけれど日本のような「職員室」って無くて休憩室のような部屋があるくらい。普段そんな感じでばらばらなので、週に一度放課後に「全体ミーティング」がある。木曜日だったかな、その全体ミーティングにも参加させてもらった。申し合わせとか確認事項とか、事務的なことと行事の詩の練習等の後、一人の教師から子どもへの対応について話があった。「 [続きを読む]
  • 健康に感謝
  • 今日は、半年に一度の検診日。異常もなく、半年ごとだったのが今度は1年後で良くなった。誰でも人生で一度や二度くらい「死」について考えるような出来事に会うものじゃないかと思うのだけど、そうでもないのかな?車の事故はわたしは「死ぬかな。」と思うものに2度あっていて、どちらも車は大破。廃車になりました。でもわたし自身は割とかすり傷程度で、車が身を挺して守ってくれたのだなぁと思ってる。病気という意味でも2度「 [続きを読む]
  • メルマガはじめます。
  • お知らせ一つ。タイトルのように「メルマガ」を始めます。第一回は6月1日配信予定。シュタイナーの思想を現代に分かりやすく、そしてそれが生きるヒントになるように。わたしの独断的な解釈も入っているかも(^_^;)です。登録はこちらホームページのトップからメールアドレスだけで登録できます。みなさんの「こころの居場所」になりますように。よろしくお願いします。前にコストコでオーガニックのシャンプーを買って、今使ってい [続きを読む]
  • ゆるむ
  • なかなかに蒸し暑い日曜でしたね。今からこんなに暑くて、今年は夏が長いのかなぁ、と怖れてます。5月は結構自分の中で決心、決意したことが多くて、まだ目に見える部分は少ないかもしれないけれど、これから少しずつ変わっていくかも。日曜は午前中に家庭教師。そのお宅の近くに生協のお店があって、帰りにお買い物をするのがちょっと楽しみ。野菜も地元や近郊のものが多い。今日はお昼の「冷やし中華」用にキュウリ、お弁当の梅 [続きを読む]
  • こどもの居場所
  • こどもの水彩、第一回でした。かたちは少しずつ変わってきても、にじ工房としてシュタイナー教育を通して子どもたちと関わってもう結構長い時間がたっていて、その間に社会も、子どもたちを取り巻く環境も、そして子供たち自身もものすごく変わってきているな〜、と感じます。もちろんわたし達大人も。わたしが子どものころは「不登校」という言葉はまだ無くて、「登校拒否児」と言われました。拒否しているわけじゃないのに。いま [続きを読む]
  • つながりを持つ
  • 昨年の「りんごろうそく」。毎年思うのは二つ。一つは今年一年どんなことをしたか。無事に過ごせた感謝。もう一つは次の年へ向けての思い。シュタイナー教育、というとよく言われるのは「自由への教育」そして、「愛の教育」。どちらもとても抽象的であいまいなので、きっと人それぞれ細かいところは思いの違いがあると思います。最近強く感じるのは、孤独を感じている人が多いんじゃないかということ。沢山の情報、SNSでの発信が [続きを読む]
  • 逃げ道をつくっておく
  • 第2,4水曜は「大人の手しごと」クラス。前橋市で開いている少人数の癒しサロンのようなクラスです。それぞれの作りたいものを一緒に作っていきます。皆が同じものを作るわけではありませんので、マイペースでゆったり作成できます。今まで作ったものの一例。フェルト。ニードルで刺す小物からバッグ、スリッパなど大物まで。編み物は全く初めての方でも段階を追って習っていくので、セーターやショールのような大物まで編めるよう [続きを読む]
  • これからを少し
  • にじ工房は最初、シュタイナー教育の小学生クラスから始まりました。その前に「こどものアトリエ」として7年。絵画と造形の教室が出発点。そこから幼児クラスや大人の手しごとクラスが始まり、ハンドメイド販売や店舗「にじのもり」、學習塾・モネ。たくさん失敗もして、試行錯誤もして進化していく、「にじ工房」ですが、自分の中で大切なものは・シュタイナー・クリエイトすること  この二つが軸なんだな、といま改めて思って [続きを読む]
  • 「つくる」経験
  • 月曜日の小学生クラス手しごとは年齢に合わせて少しずつ扱う素材、内容が変わってきます。写真右側は「織物」。もうすぐ出来上がりそうですね。色とりどりの毛糸で織っていくと、最初どんどん進んでいくように見えるんです。でも、しっかりした織物にするには「ギュっギュっ」と横糸を下に詰めていく必要があって、最初はどの子もあまりに減ってしまうのでショック!って顔をします。(^_^;)でも、少し慣れると自分でギュっギュっ。 [続きを読む]
  • プラットホーム
  • 2月くらいから。少し仕事環境が変わったこともあり、今までとは違う世界に触れ、それと共にたくさんの人に出会い、考え込む時間が増えていました。簡単に言ってしまえば、自分の知らない世界がまだたくさんあることを知った。というのは正確じゃないな。「知っているつもり」になっていたことを実は全然分かっていなかった、と知った。自分にはまだまだ「知らない世界」が身近にあるのだな、見えていなかったものが、少し見えた。 [続きを読む]
  • 楽しいから
  • 今年度、小学生クラスは月曜日に変わりました。小学1年生が入会してくれました!わ〜い、嬉しい。1年生は4月の入学で新しいことが盛りだくさん。緊張やちょっと疲れますね、誰でも。体験で来てくれた時にとても楽しかったようです。ゆっくりペースだけど、ダラダラしてるわけではありません。学校とはずいぶんペースは違うかも。楽しいけれど、ふざけているわけでもありません。「楽しい」って興奮して騒ぐようなことばかりではな [続きを読む]
  • 月に開く
  • 前橋にきょうオープンするブックカフェ&バー「月に開く」。クラウドファンディング資金を集めていたのを偶然知って、少額ながら支援したことで昨夜の「レセプションパーティ」にお呼ばれ。前橋の商店街の一角。そのあたりに行くのも多分10年ぶりくらい。(^_^;)当時より更にシャッターが閉まり、閉店しているお店が多いように感じる。地方都市は似たような悩みを持つところ、多いと思うけれど大型ショッピングモールに人は集まり、 [続きを読む]
  • 化粧水はてづくり。
  • 化粧品問題は、多くの女性が悩んでいるところ(だと思う)。これだけの種類の商品が100均から何万円もまであって、値段が高ければよいか、ということでも無いし。肌や体質、個人の好みなど色んなことが重なって知り合いが良いと言ったから自分に合うとも限らない。わたしはかなりの敏感肌で、そして乾燥もかなり。沢山試して、良いのもあったけど金額がはると続けられないし…。高くてもかぶれるものはカブレる。(^_^;)乾燥対策に「 [続きを読む]
  • フェルトは楽しい
  • 来月のワークショップの試作のため、フェルトボールを作りました。お湯を使って作る方法。ボールも幾通りも巻き方があるので、どんな風にしたら作りやすいか、説明の仕方、とか考えながら、時間の目安も。わたしはたぶん「ボール」、絶対100個以上は作っているので(^_^;)かなり得意。でも、初めての人たち、あと子どもたちには「作りやすく、楽しく」のためには時間配分が重要。ゆっくり作れるように。わたしも久しぶりに作ったけ [続きを読む]
  • ギフト
  • 長男は家を出ているので、この時期にはプレゼントを送ってきてくれます。4月がわたしの誕生日だったので「誕生日&母の日」らしいです。(笑)結構日々忙しいらしく、あと都会(^_^;)は遊ぶところも多いし、刺激が多い毎日の中でこうして覚えててくれるのが嬉しい。自分の子供はいくつになっても「こども」なんだけど、意識して手を放して外に送り出さないと。寂しいけど。それが親なんだな〜、自分の親もそんな風に思ったのかしら? [続きを読む]
  • 筆記用具考
  • ボールペンって使い切りますか?わたしはインクが無くなって使い切ることが年に何度か。子どものころは家に貰い物やらなんやらで山のようにボールペンってあったように思うのに、今の自分の家はボールペンが無くて、別の部屋から持ってきたりの状態。各部屋や場所、バッグ、車の中などに1本は置いておくと結構必要ですよね。ギリギリの本数でいたら、昨日持ち歩いていた1本を失くしてしまい、少し買い足すためにホームセンターへ。 [続きを読む]
  • アルニカクリーム
  • 手を使う仕事が多いからか、親指の付け根や指が痛くなることがある。細かい使い方もするし、太い毛糸を編むときは結構力がかかる。クリームを塗ったりマッサージをしたりでは回復しきれない「疲れ」が腱鞘炎みたいになって痛くなるので、アルニカの軟膏を塗ると楽。ヴェレダのオーガニック軟膏。初めて知ったころは国内ではほとんど買えなくて(あってもすごく高い!)ヨーロッパ方面に行く友人に買って来てもらったり、自分が行った [続きを読む]
  • 100個(だいたい)
  • ネットでの販売を始めて4年くらい。最初はiichi で、その後Creema も加わって。最近minneも始めたけれど、こちらはまだまだ。始めた当初は要領もわからず試行錯誤しながらで、まあ今も色々あるけれど(^_^;)、ネット販売はこれからもっと広がっていく分野だと思うから勉強も続けつつ。配送も時々で料金や方法も変わるのでチェックも欠かせない。自分で送る際の梱包も多少詳しくなった。小物を送る際に使う厚手の封筒。折れないで [続きを読む]