sagansakai さん プロフィール

  •  
sagansakaiさん: [月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
ハンドル名sagansakai さん
ブログタイトル[月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
ブログURLhttp://gessui.jugem.jp/
サイト紹介文東京恵比寿の絵画教室アトリエ・サガンの月曜・水曜担当のサカイ講師の日常と会員の作品を発表します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/12/21 00:28

sagansakai さんのブログ記事

  • サカイトシノリ個展
  • 今日から、京橋のアートスペースキムラにて、サカイの個展が開催です。ということで、今週の教室はお休み。お時間ありましたらご高覧頂ければ幸いです。写真は、オープン早々駆けつけてくれた月曜午前クラスの面々。ありがとうね!詳細は、下記サイトで... [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  豊島さんの新作「古い家」です。絵の具もたっぷり載っていて、いい感じの重厚感です。描きたいのは、家ですから、手前の車はシルエットね。どれもこれも、しっかり描いては、目的を妨げる。描くきっかけ、動機づけを忘れないように。一番大切なことだ。  鈴木さんの風景コラージュ作品、新作です。紅葉の中に、遠くの緑の杜が印象に残ったとのこと。手前の木々の緑と違う色調にしたことで、その杜は主役になってます。実は、 [続きを読む]
  • 山の絵
  •  柳澤さんの完成一歩手前の作品です。残念ながらピンボケでした。これは、スケッチをもとに描いているのですが、自分で適当に描いている言いながら、とってもいいスケッチです。現場で描くということが、いかに大切ということがよく分かり、大切な情報がいっぱいある。写真なり、スケッチなりを見て描くと、同じ適当でも、数倍も適当になるようだ。描き写していると、おさえどころが分からなくなるのだろう。スケッチや写真の色 [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  越知さんの新作です。ここのところ、ヒツジさんが続いていますが、牧歌的で和みますよね。平和だなって思う絵っていいな。このスタイル、しばらく続けて欲しいと思うのは僕だけかしら?  中西さんの水彩新作です。地面の布地の表現がいいですね。上に向いている面は明るいという基本をおさえています。それに対して、立ち上がるモノを暗くすることができなくて、まだ助けを必要としています。少しづつだけれど雰囲気よくなっ [続きを読む]
  • 今日の2点
  •  飯嶋さんの新作です。風景を感じる抽象画ですね。気持ちよく広がる空には流れる雲が、その下には緑の大地。そこでは何が栽培されているのだろうか?さらに、湖だろうか?空が映っている。もしかして、鳥の群れもいるのかな? なんてことを想像しながら絵を楽しむ。そんな絵が楽しいし、よい絵と言うんだと思う。具象画にしても、あまりにも説明過多であれば、うっとうしいだけだ。説明よりも感じる事だよね。その為にはどうす [続きを読む]
  • 屋根の絵
  •  旅に出ると、その街の屋根の美しさ、統一感にキレイだなあ〜って思うことが多い。なんのことない屋根が集合することで、奇妙な動きが出てきたり、大きなパワーとなることもあるだろう。この作品を描いた野沢さんも、いつかは描いてみたいと温めてた一枚だったの。のだが、、しかし、、、うまくいかない。実は、この絵は3枚目です。よくあることで、写真から絵にしたときの失敗なのです。写真を説明することで終わったしまうと、 [続きを読む]
  • パースについて
  •  新田さんの水彩画新作です。旅先の風景、自分の思い出を絵にすることは、表現としてリアリティーがある。なにより描く動機付けがあるよね。別に海外でなくていいから、ちょっとした近郊の旅。なんのことなく近所の風景を描くのもいい。しかし、描こうと思って旅をしなければ描けません。どうでもよい会話で終わり、美味しかったねで終わる旅に、自分なりの味付けをするのも楽しい。しかし、後で降って湧いたように絵は描けませ [続きを読む]
  • 春を前に、雪の日
  •  今日は、雪まじりの冷たい一日でした。しかし、桜も開花したことですから、間違いなく春は間近ですよね。そんな春のような作品を石塚さんが作りました。仕上げになって、もう少し派手にしたいと言うのでヒントを伝えました。派手とは目立つことです。目立つとは、コントラストが大きいこと。そのコントラストの一番が明暗対比、明るいくらいの差が大きいこと。次に、色相差が大きいこと、その際たるものは補色対比です。そして [続きを読む]
  • 今日の2点
  •  山嵜さんの新作です。バーツ板のある静物画を長いこと描いてきたのですが、先の松濤美術館公募展以来、窓がモチーフに加わったようです。窓・ドアは、こちらの世界とあちらの世界の境界です。その狭間により真逆な世界が展開する面白さがあります。モチーフとは、そのもの自体の意味もありますが、その存在により哲学的な意味も含んでいます。ただ描くか、その奥行きを描くのか、絵の出来は、その作者の意識による。 外は、丘 [続きを読む]
  • 上面は明るく・立て面は暗く
  •  今日は、中西さんの水彩画一点。よたよたになったデルフィニウムがなんとか描けそうなので、モチーフに決めた。さて、何をそえるか??? たまにはカワイイ系のを入れようとクマのぬいぐるみに色地の敷物。最初の指示は、できるだけ周りに手を入れるように、だったのだけれど。。。床面が暗くなってはいけません。今日は、上面は明るく・立て面は暗く、という基本の勉強です。いい紙を使っているので、拭けば明るくなる。まず [続きを読む]
  • 地塗り
  •  柳澤さんの山の絵、途中段階。山の絵は、山の専門家から言わせると、形が違うの、この沢は違うの、頂上はここじゃないよ、と何かとうるさい。それでか、描く方も、しっかりとスケッチや写真を確認することになる。確認ならいいのだけれど、ただただ、写す作業になると、全体のバランスを崩し、表現とは遠いものになってしまうことが多い。そこで、モチーフや写真は描き写すのではなく、いただくものである。野菜や肉のような材 [続きを読む]
  • 今日の二点
  •  金子さんの「本を読む女性」仕上がりました。体操でV字バランスてのがあるけれど、足下を支点にして椅子の背もたれと、頭部と本の空間で、微妙に3点バランスが成り立ってます。絵を描く上で、どこを一番、次は何処と、優先順位をしっかり意識しないとこのようなバランスは成立しません。当然、頭部が一番なのですが、背もたれが切れているので本も切る、両股さきの中で頭の前空間がいい感じに引き立ちます。さらに、背後のブラ [続きを読む]
  • 奥深く色が広がる茶畑
  •  今日の一点は、松井さんの「スリランカの茶畑」です。いい絵ですね、一気にワンランク上の世界に駆け上がりました。元になった、写真は緑一色の茶畑です。今回は、この緑をどう表現するかを課題にしました。写真の緑を説明すれば、全くのつまらない絵になります。それは、表現ではなく、ただの説明描写です。遠くの緑、手前の緑。日なたの緑、日陰の緑。上面の緑、立て面の緑。低木の緑、樹木の緑。みんなそれぞれの表情があり [続きを読む]
  • 人物クラスから
  •  何枚かたまった人物クラスから紹介します。まずは、田辺さん。美しい水彩画ができました。最近は背景との関係がうまくいくようになってきたこと。よいですね! 小松さん、試行錯誤、いろいろ試してますよ。強調するところはどこか?を意識して描くトレーニングです。 なにかトラブルがあったようで、鼻息荒く爆発的に描写してました永吉さん。これも、またよしね。白黒は、普段の様子(笑) パワフルな西川さんのデッサン。 [続きを読む]
  • 竜宮の牛骨
  •  柳澤さんの牛骨シリーズ、浦島太郎編完成です。最初は、どうなることかと思いましたがまとまりましたね。まずは、亀の位置と方向で、牛骨の方向に向いていないといけません。そして、主役の牛骨を大きくする。亀は最後に青のグレージングで弱めます。作者にも言いましたが、今の大河ドラマ「西郷どん」オープニングで亀が出てきて、海の中に海上の太陽が燦々と降る光景があります。この絵と同じ状況で、全てに青がつながる調和 [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  澤田さんの最新作。日高市の巾着田に曼珠沙華の群生地があります。はじめて、彼岸花と曼珠沙華は違うものと知りました。天皇ご一行がそこを訪れたとき、同じ日に澤田さんも居たとのこと。一面極彩色の赤、赤、赤。それはそれはみごとな景色で、たくさんのゴスロリのオネーサンが撮影会をやっています。曼珠沙華と相性がよいようです。で、その華やかさを表現できたかな? わ〜〜赤〜〜〜って絵になれば成功! どうぞ、みなさ [続きを読む]
  • 今日の三点。
  •  山嵜さんのコスモスが、やっと完成です。最後に、グレージングで調整して花の強弱をつける。花びらにも周りの色を出し入れするとなじむ。花ばかり描いて、半年。周りを描かないと絵が終わらないと学習。その学習の蓄積(忘れないで、次の仕事に役立たせる。その経験をもとに次のアレンジを試す。)が絵を描くことです。  絵が少々光っちゃいました、神山さんのバンビが終了。描き始めのディズニー風の世界をどうするの?てな [続きを読む]
  • パリのサロンに出品中
  •  恒例のパリ・サロン出品中の原田さんより連絡が入りました。今年もいいところに飾られたようです。なんか、ゆとりのある展示、、、出品数が少なかったのかしら? このグランパレで開催されるサロンは、水彩・デッサンのカテゴリーの公募展で、たくさん並んでも、いい空間が出来上がります。そして、日本と違うところは、みんな売値がついていて、お客さんは買うつもりで見に来ているんですよ。出品者は、大きめの作品を1点と小 [続きを読む]
  • 松濤美術館公募展始まる!
  •  昨日の2/11から始まりました松濤美術館公募展。お二人が入選し、さらに奨励賞受賞という、まことに嬉しい結果でした。まずは、山嵜容子さん。いつものダーツ板がある室内モチーフに、今回は窓の外の景色を入れました。その景色は渋谷から見える東京の夜景で、飛行機にヘリコプターがぶんぶん飛んでます。タイトルは「今夜もタイヘン」です。事件があれば東京の空はいつもこんなもの、タイムリーに絵の中でヒットしました。おめ [続きを読む]
  • 今日の2点
  •  山嵜さんのコスモス、もうすぐ完成です。この絵、長いこと、、、かれこれ1年? うまくいきませんでした。そこで、いつもの花を描くの禁止令を出して、ひたすら背景の葉っぱや空を描きました。ここにきていい感じになってきたので、キッチリ説明的な花をバックと同じ感じ、同じようなタッチで、花の中に周りの色も入れ込んで、、、どうでしょうか?いいではありませんか!やわらかな風にそよぐ感じも出ていますね。やはり、バッ [続きを読む]
  • 山作品2点
  •  今日は、植田さんの小品2点。小さい作品は、難しいのです。小さいからラクチンなんてとんでもない。大きい作品並の大胆さ、小さい故に、よけいなモノを省く潔さを求められる。この作品は、紅葉の裾野と雲にかすむ高山。まったく違う世界の境界を描いているのだ。山と紅葉というような付け足しではありませんよ、山と紅葉の境界。テーマ、ポイントがキューッと絞られています。わかるかな?作品になるときはこういうことです。 [続きを読む]
  • 今日の2点
  •  越知さんのアクリル画が完成しました。当初から、黄色と紫色でラディカルに描いていた。それはそれは面白い雰囲気の絵だったのが、多分にもれず描き進めるにつれ、普通の描写になったときにその黄色と紫色がじゃまになってきました。もうお手上げ、やめたいというので、基本にもどる王道的な直しを開始。まずは、青空を青紫系の空にして紫とつなげます。遠くの紅葉にも、空の青系、紫系を重ねて空とのコントラストを弱くする。 [続きを読む]
  • まだ寒い日続くが、熱い2点を紹介
  •  久しぶりのフジヤマワールドを紹介します。いつもの可愛いだけではないよ、凜々しく絵が立っている。サムホールの小さい絵だけれど大きさを感じます。よけいな語らいを省き、必要なモノだけで絵にする、、、。上質なウイスキーのコピーの様だね。小さな絵は、100号を描くように、、、大きな絵はサムホールを描くように、、、有名な画家が言ったらしい。的を得た話です。いいよね、この絵!!!  そして、先週の大雪の日に休ん [続きを読む]
  • 雪疲れ残る水曜日
  •  雪の日、月曜日に出来上がった作品から2点。最初は、石塚さんの「お花」的なコラージュ作品。動き、リズム感、弾むような感覚、よく出来ました。ついつい、均一に並べてしまう素材をギュッと集めてみると、間が出来て、強弱がいい感じになる。作品と語り合うことです。  野上さんの「昭和流し台」もうちょいもうちょいと描き続けて、やっと出来上がりました。シンクの透明感も出たし、洗剤と蛇口とオレンジの三角形構図も決ま [続きを読む]
  • 永吉史尚展開催中!
  •  水曜夜クラスの永吉さんが、武蔵溝ノ口で個展を開催中です。築90年の元医院をリノベーションでシェアオフィスにした一室がギャラリーにもなるようです。結構オモシロい空間に、いつものロボット君がいろいろとやらかしてくれてます。全29点、すべてが近作というフレッシュな展示です。期間は、残念ながら明日の7時まで。場所は、「溝の口ノクチカ」で検索して下さい。駅近く徒歩2ふんです。  道路側からも、いい感じで見え [続きを読む]