sagansakai さん プロフィール

  •  
sagansakaiさん: [月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
ハンドル名sagansakai さん
ブログタイトル[月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
ブログURLhttp://gessui.jugem.jp/
サイト紹介文東京恵比寿の絵画教室アトリエ・サガンの月曜・水曜担当のサカイ講師の日常と会員の作品を発表します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/12/21 00:28

sagansakai さんのブログ記事

  • 制作の秋、まっ盛り!
  •  今年は、こんな気持ちよい秋空がすくないな〜と思う。青空と茶枯れた山を白樺との対比で見上げる構図、鈴木さんの新作が出来上がりました。描く動機付けがしっかりとして、そのコンセプトに向かってまっしぐら。ハイできました〜!スムーズな仕上がりでした。  抽象画を描いている森さん。今回は、絵を動かすことを主に制作です。最初の線、構図を塗り分けていては、絵は死んでいく。その区切りを後生大事にしてもなんにもな [続きを読む]
  • 今日の2点
  •  野沢さんの「屋根」が出来上がりました。黒っぽい大きな屋根と暖色系の小さな屋根、大小の対比が美しく決まりました。面白いモチーフだと思います。テーマを絞ること、余計なことを削る、絵を描くための一番のポイントだ。絵を描く前に、構想を練る際に、よーく考えて構図を決めること。それが描く楽しみといえる。  そして、金子さんの「おねーさん」シリーズ。新作ができました。若い女性の躍動感がでたかな? 仕上げの段 [続きを読む]
  • 人物クラス、パワフルです!
  •  今日は、先週ポーズが終わったヌード人物画クラスの作品から紹介します。まずは、佐藤さん。後ろ斜め、近いところからの描写。めちゃくちゃ難しい場所です。投げ出した足が遠くに行かない、足の寸法比が難しいところです。でも、手なしの胴体、しっかり描き上げました。おみごと!  永吉さんのパステル画。L字の構図ゆえ、どうしても隅っこに寄ってしまう。そこで、おしりの下の緑を弱めて、顔の前の黄色を強くして右側に趣を [続きを読む]
  • 久しぶりの秋晴れ
  •  柳澤さん、牛骨シリーズ第2段は、「星の王子様」天の川の下に広がる砂漠です。元写真は、鳥取砂丘らしいが、夜空が素晴らしいじゃありませんか!(実際は、もう少し暗いです)奥の砂丘には、飛行機の残骸もあります。わかるかな〜〜? さて、次は、牛骨はどちらへ旅立つのかしら??? 新田さんの静物水彩画、新作です。極楽鳥花とリンゴの組み合わせです。最後に、ストライプの赤いラインを拭き取って明るくしました。同じ赤 [続きを読む]
  • 残すところ2ヶ月
  •  先週に引き続き、野沢さん。風景をまた描こう思って、写真持って来たんだけど、、、、。これはいけるぞという1枚を選ぶ。屋根だけの写真だ。手前の大屋根とその他の小屋根の対比が面白い。空を青くしては、画面が三分割になり面白くない。屋根を赤くしては、白壁と赤屋根の対比が強まり、当初の面白さがない。そうゆう時は、ボロ布をもって拭き取る。最初の頃の面白さが復活だ。古キャンバスの楽しさは、塗り込んではいけない。 [続きを読む]
  • またまた台風一過、木枯らし1号付き
  •  一週間前と同じく、台風一過の晴天の月曜日。おまけに木枯らし1号だったらしい、慌ただしいねぇ〜。北国では、雪模様らしいが、その雪の景色に鹿の絵を描いている神山さんが、小品2点を完成させました。なんで鹿か知りませんが、今度は夏の緑の中のバンビらしい。さてどんなことになるかな?楽しみです。  飯嶋さんの完成一歩手前。旅で出会った風景をもとに描き始めているのですが、やはりその印象に囚われて、どうもダサい [続きを読む]
  • またまた雨の一日
  •  今日は、野沢さんの作品から。今日は、まず静物画が上がりました。布地の模様を描けば引き締まるよの、指示通りやりきりバッチリ。あと瓶のラベルの黒より本の黒を明るめにおさえた方が良い。なぜなら、床面は明るいから、明るめの黒ね。  そして、古キャンバスに風景を描き始めた。地の色味がなんともよくマッチして、この状態でもスケッチとして上出来だ。ということで、古キャンバスには描き込み禁止と言うことで、一日で [続きを読む]
  • 台風一過、青空いっぱい!
  •  川内さんの「葉っぱ」が出来上がりました。今日の台風一過の青空にふさわしく、チラッと紅葉も感じられます。勢い漲る作品です。この調子でガンガン描いて欲しいものです。  そして、飯嶋さんの風景的抽象画。ちょっとテカってしまいよくわからないが、苦労の賜物、マチエールが美しいのです。大気が感じられるかな? 神山さんの「鹿シリーズ」凜とした冬の大気に、息づく鹿。クールな作風ですね。 台風一過、久しぶりの青 [続きを読む]
  • ちょっとだけ青空でした
  •  午前中、久しぶりに晴れました。いいものですね、青空。またまた、明日から雨天らしい? そういえば、この夏も雨が多かったが、夏は涼しいのでよしとした。でも、秋の長雨は鬱々な気分。寒いし。ほんとにやんなる。で、今日は、作品の写真を撮るのをわすれたので、クロッキーを数点。  夜の人物クラスの最初のポーズは、ウオーミングアップがてらのクロッキー。今日は、まだ3人の集まりだった。最初は、田辺さん。我がクラス [続きを読む]
  • 雨ばかり、やんなる
  •  塩見さんの「明治通りの眺め」試し刷りです。これは、リトグラフで、今までのドローイングから出来ています。最後に白系の一色をもう一版足そうと、今日制作していました。楽しみですね。暮れに、小さな個展も計画している様ですし、春の公募展にも出品するのかな? 今日も話していたのですが、足す一版を赤でやっても面白いよね。版画って、同じ絵でも、まったく違う色バージョンで制作することが出来るので、なお面白い。か [続きを読む]
  • 秋、よき日に
  •  越知さんの「羊のいる牧場」2点あがりました。のんびりしてますね〜〜〜、日射しを感じます、ひろびろ大きな空。こういうのを牧歌的というのかね。遠くの山々も空と近づくようにあり、遠近感もバッチリです。これは、アクリル画なのですが、水彩的な表現で進めたのですが、最後にメディウムの入った絵の具を所々に置いたら、ガチッと力強いえになりました。徐々にアクリルの技法を会得していくのです。  次にコラージュ作品 [続きを読む]
  • 秋、よき日に
  •  越知さんの「羊のいる牧場」2点あがりました。のんびりしてますね〜〜〜、日射しを感じます、ひろびろ大きな空。こういうのを牧歌的というのかね。遠くの山々も空と近づくようにあり、遠近感もバッチリです。これは、アクリル画なのですが、水彩的な表現で進めたのですが、最後にメディウムの入った絵の具を所々に置いたら、ガチッと力強いえになりました。徐々にアクリルの技法を会得していくのです。  次にコラージュ作品 [続きを読む]
  • 三連休
  •    故郷の旭川に来ています。我が町にも、モネの庭がありました!!! いい季節、歩けば、よい景色をゲットできます。右の写真が本物のモネの庭ね。水曜日から平常にもどります。※ブログランキングに参加しています。下記のいずれかのボタンを いただければ幸いです。にほんブログ村にほんブログ村【東京恵比寿の絵画教室アトリエサガンの公式サイト】 [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  林さんの「京都南禅寺水道橋」が出来上がりました。撮影者の目の高さが水平線という基本、パースのトレーニングになりましたね。このような構造物を適当なパースで描いてしまっては気持ち悪い。この堂々とした造形に驚きを受けたのだから、きちんと返さなければなりません。夏明けからの大仕事でした。(年賀状の図柄になるらしい、、、)  新田さんの「葡萄と鳥の置物」水彩画が出来ました。適当に描いていた市松模様をしっ [続きを読む]
  • 今日の1点
  •  今日は、1点のみの仕上がりでした。松井(彩)さんの油彩画です。毎度、自宅からバナナ持参で描いていたので、なかなかのフレッシュ感。敷物には、黄色・ライトグリーン・ライトブルーと軽やかに構成されて、果物とのハーモニーが明るいですね。その中で、リンゴがアクセントカラーになって引き締めています。松井さんの現在の取り組みは、色幅の広がり。2本のバナナをどう違えるのか、レモンと敷物の黄色はどのように違うのか、 [続きを読む]
  • 人物画クラスの作品から
  •  今回は、なんとバレリーナを描くことが出来ました。そんなチャンスに、夏休み明け復帰したばかりの布施さん。2回でここまで描けました。いいね。  ササッと2枚目の作品。田辺さん、軽快に描き上げる。   引っ越し休暇明けの植田さん、ウオーミングアップです。 細長く、黒をバチッとつかって、どうだとばかりに仕上げた原田さん。カッコイイネ。 毎度緻密なデッサン、佐藤さん。お見事です! 永吉君、なんか、、、アート [続きを読む]
  • 秋ですね。スカッとがんばるべ!!!
  •  野上さんの新作、路地シリーズです。大胆に、繊細に、ダイナミックな展開が画面の中にあればいいのだ。それっも、景色を描いていながら、魂の叫びを感じるような絵。これから、そうなるはず。さて、下の絵は、今開催されている、行動展に出品されているもの(新美術館)メインの階で下の段、よしとしよう。今回の新作は、更なる発展系と言う事です。展覧会は、次にすべきことが見つかれば大成功です。ステップアップです。   [続きを読む]
  • みんな頑張ってる!
  •  力作です。花びらは描いてはいけない、花以外の葉っぱや水面をひたすら描かせました。静かで凜とした空気、よく出来ています。だいたい、花びらは軽やかなものです。それをあーでもない、こーでもないと手数ばかり増えては台無し。主役は、まわりがあって成り立つということ。  ヒマワリ2連作のうちの1点。松井(彩)さん、新作できました。実際は、もうすこし黄色の違い、緑の違いが出ています。まずは元気な絵であれば、ひまわ [続きを読む]
  • 台風一過、秋一直線、がんばるべ!!!
  •  飯嶋さんの新作。一気に完成?っていう感じになった。本人は終わっていい?と聞くが、そうはいかない。覆い隠すような加筆はしません、現状をよーく見て、作品と語らう。どこに手をいれる?どこが見せ場だ?その見せ場をさらに際立たせるにはどうする?アタマの中は、隅々まで見渡しながら沸騰するぐらい考える。この勢いを殺さず、さらに勢いを持って修正するのだ。ビビってはいけない。勇気を持って繊細にね!  そして、布施 [続きを読む]
  • 久しぶりの残暑
  •  新田さんの水彩画出来上がりました。久しぶりのアトリエ、すでにお花は枯れてしまい、ここにあらず。見て描かないと、葉っぱがみんな同じになってしまいます。手前に出てくる葉っぱもあれば、奥に、あちら側に出っ張るのもある。当然、同じ表現であるはずがありません。ここは、意識して描かなくてはね。  中西さんの鉛筆デッサン。水彩希望なのですが、スケッチブック一冊をデッサンやり遂げるとのこと。すでに、1回に1枚ペ [続きを読む]
  • 仕上げは、頭使うべし
  •  秋晴れの清々しい一日でした。今年は、駆け足で秋がやってきます。そんな秋のモード誌のような絵を描いているのは、金子さん。知り合いの画像を拝借したとのこと。なんか都会的ですね。現在、まだ制作中で、もうちょいのところ。これから、微妙な色合い、再度・色相・明度の調整です。青みの色幅を広げ、逆に青みを落とし、統一感を持たせます。例えば、靴の茶色は目立ちますよね。茶の色相は赤系、青と緑の反対色になり、意図 [続きを読む]
  • 今日の作品
  •  尾中さんの残雪残る山間の風景が出来上がりました。何度も取り上げている、遠景・中景・近景の色味を使い分けること。手前から積層するように連なる風景、このポイントを外しては絵になりません。広がりのある絵になりましたね!  長いこと描いていたユリの花、山嵜さん、やっと出来上がりました。モチーフをどう分析するか、どのように解釈して表現するか? 絵になるモチーフって、そのまま描けば絵になる訳ではない。この [続きを読む]
  • 芸術の秋突入です!
  •  松井(彩)さん、新作が上がりました。テーブルなり背景なりの面積が多ければ多いほど、絵の難易度が高まる。この絵は、後で椅子の背もたれを入れて、壁紙を足しました。入れたら入れたで、それぞれの関係性を持たなければならないので、それもたいへんだ。やはり、モチーフはメインのものがあり、それ自体が大きめで面積を取るようであることが望ましい。望ましいというのは、やりたいことが明確でないときは、そうしなさいとい [続きを読む]
  • 秋の制作へ準備できてるかい?
  •  澤田さんの新作2点です。どちらも明るいくらいの逆光で、いかにシルエットとして(面として)捉えるかにかかっています。部分を描いていくと全体の中での明るさがどうなのか?という確認を疎かにしてしまい、絵を壊すことになる。さらに、いつまでやっても絵が仕上がらない。最後には、いやになってしまい捨てたくなる。ということだ。基本は、目を細めて見た感じを描くこと。逆の言い方をすれば、目を細めて見えない物は描か [続きを読む]
  • 涼しいですね。
  •  塩見さん、すでに3年目だろうか、サガンの明治通りに面した窓辺に陣取り、通りの眺めを描いている。同じモチーフを何度も何度も。煩雑な都会が醸し出されている。すごいね〜! 本作として十分成り立ってるのだけれど、実はこれ、版画の版下フィルム。どっちにせよ、いいものはよい。  そして、柳澤さん。牛骨をどのように展開するのか? 今日の答えは、遠くに連なる清楚な山並みに対し、近景に天空のポピーに牛骨でした。こ [続きを読む]