エレメンタアルケミカ さん プロフィール

  •  
エレメンタアルケミカさん: いつも道の途中
ハンドル名エレメンタアルケミカ さん
ブログタイトルいつも道の途中
ブログURLhttps://ameblo.jp/elementaalchemica/
サイト紹介文♪サイコセラピー&ヒーリングオフィス Elementa alchemica より発信♪
自由文心理療法・オーラソーマ®コンサルテーション・西洋占星学とユング心理学ベースのホロスコープリーディング
対面・スカイプセッション・メール相談

ヤフーロコ http://locoplace.jp/t000219400/
facebook http://www.facebook.com/#!/elmentaalchemica
トラコレ http://www.tryfeel.jp/plans/17333
ココリラ http://www.cocorila.jp/client/detail.html?type=shop&nid=2242&cid=335
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/12/21 22:17

エレメンタアルケミカ さんのブログ記事

  • 変容のさなか、ある日のこと
  •  “何が、起きているんだろう?”   それは地球規模(宇宙規模?)で、ですけれど   そう思わずはいられないようなニュースが続いています マヤ暦では  この時期は年の変わり目7月25日は‘時間を外した日’、 翌日は元旦でした 今日7月28日は、満月、しかも、皆既月食をともなったブラッドムーン(次回、日本でも見られるのは3年後とのこと) それから、7月31日は15年ぶりの  火星の大接近⇒その火星ですが、内部 [続きを読む]
  • ☆オーラソーマのプチ・イベントします☆
  • オーラソーマのイベントします     自分が本当にしていきたいこと、    それが人々や社会のために少しでも貢献できること、、、ってなんだろう?    その想いは、今年になって深まるばかりでしたが    迷いつつも心が揺れる方向へ動いて、確認しているうちに    いくつか新しい扉が見えてきました     そのうちの1つめなんですけれど、    と〜っても素敵な場所を見つけました    WithCo(ウィズ [続きを読む]
  • 天王星の移動、私の場合
  • 今年の宇宙(そら)模様で   大きな特徴の1つに天王星の移動がありますね 大きくて ゆっくり動くトランスサタニアン(天王星、冥王星、海王星の3つ)は 個人だけでなく  世代、時代へ影響を与えると考えられていて 天王星は  約84年かけて宇宙を1周するので 12ある星座それぞれに 約7年間滞在しながら移動します  今年5月に  牡羊座から牡牛座へと移りましたが 11月に一度牡羊座に戻って 来年の春に本格的 [続きを読む]
  • Beyond Colour
  • オーラソーマ社のアップデート(3日間)に参加しました コンサルテーションを提供するためのプラクティショナー資格は(臨床心理士と同じで)更新制 今年のアップデートは資格更新と最新の状況を知るための貴重な機会です たくさんの画像や映像が紹介されましたが中でも500エーカー(東京ドーム40個分以上)の広さがあり英国で2つめに大きなバイオダイナミクス農場のシャイヤファームや 英国本校デヴ・オーラの様子を見てその自 [続きを読む]
  • 牡牛座革命
  • 5月14日に  牡牛座で新月となり   さらにその直後、天王星が牡牛座へ移動しました   天王星は ゆっくり動くので  1つの星座を約7年かけて通過します  2011年から牡羊座にいましたが  これからの約7年間は  牡牛座にいることになります  (11月にいったん牡羊座に戻り、来年3月に  本格的に牡牛座入りしますので  今はお試し期間的にとらえることができます)  牡牛座は、四大元素(火地風水)において [続きを読む]
  • 牡羊座パワー
  • 春分の日、牡羊座での新月を迎え  私たちは  今  1年で最も高らかに  スタートの鐘が鳴り響く季節を進んでいます 西野 朗さんが サッカー日本代表の監督に就任されましたが その電撃的なニュースが流れた4月7日は 西野 朗さんの お誕生日なんですね つまり  牡羊座生まれでいらっしゃいます  牡羊座は 獅子座、射手座と同じく 火地風水の元素では「火」、 心理機能では「直感」を担当するグループに属し 牡 [続きを読む]
  • 白鳥哲監督の映画『リーディング』②
  •  映画 『リーディング』について  触れている途中でした  白鳥哲監督が10年の歳月をかけて あたため、初めて寄付金で完成させた、 エドガー・ケイシーについて描かれた世界初の 映画です 白鳥哲監督自身、エドガー・ケイシー療法を実践することで 脳腫瘍や歯の疾患を回復させましたが 映画では  実際に癌などの病気から回復した方や 治療に携わった医師のインタビューが写されます  エドガー・ケイシーは  敬虔 [続きを読む]
  • 白鳥哲監督の映画『リーディング』②
  •            東日本大震災が起こってから   7年が過ぎました              あらためて  亡くなられた多くの方々の                  ご冥福をお祈りいたします  この7年間は  個人的にも大きな試練といえるような出来事が続きました 7年前の3月11日の午後は  私は職場にいて長男は学校、  長女はちょうど熱を出していたので親類の家で寝かせてもらっていました 数日後 [続きを読む]
  • 白鳥哲監督の映画 『リーディング』①
  • 2月下旬から3月下旬、この1カ月は  魚座の季節ですね  17日には新月を迎えます   2日は、  魚座と180°で向かい合う  乙女座での満月でした   もう5年も前になりますが  『祈り』を見て以来   気になっていた  白鳥哲監督(公式HP)の最新作、 『THE READING (リーディング) 』 のことを  昨年の夏に知り(覚醒医療ネットワークシンポジウム)  完成したら絶対見るぞと思ったのですが  いざ始ま [続きを読む]
  • 高齢者支援の学びに触れて
  • アクシデントのように思える出来事も振り返れば ここに至るためだったのか、と腑に落ちる、コントロールが苦手な私の人生はその繰り返し^^; 物事がスムーズに決まっていくときはそれが必要な流れなのだと受け入れることが大切、とわかってはきたのですが  今回も予想外な流れ・・・今 介護関係の学校に通っています 私の場合、○○になりたい、ということよりも○○について知りたい、体験したい、と感じた時現実が動くよう [続きを読む]
  • 火と水〜相撲界でのこと
  • 2017年の終盤から2018年お正月にかけて、  相撲界の話題が ひっきりなしでした   若い頃から  厳しい鍛練を重ね  勝負の世界で生きるという  力士という職業、  素人の私には  普段は尊敬の念しかないのですけれど  今回の大きな騒動においては  それぞれの性格傾向や 価値観といった  人としての側面が掘り下げられた面があり  気になったので  少し触れてみます   (昨年秋冬にかけて 心理学のテ [続きを読む]
  • 毒親との対決
  • ドラマ 『明日の約束』、結局最終回も見てしまいました   ドラマの主人公が  子ども時代に書かされていた母親との交換日記、 その内容は  娘の成長を見守り 信じて支えるものではなく 母親が思い通りに娘をコントロールするために強いた  いくつもの “理不尽な約束” でした  視聴者は こんなひどい母親がいるのかな、と信じられなかったり ここまでじゃないけど  少しわかる気がする、など 母親、娘、ある [続きを読む]
  • “困った人たち”の心
  • このところ数回にわたり   人格(の歪み)について触れ 前回は  その特徴の1つ、  “all or nothing” を紹介しました  親子関係での例が多かったのですが そうではなく  通学先や勤務先など  集団内で もし  そのような心性の人がいたら、ということについて 今回は 触れてみますね 落ち着いた対人関係が築かれるためには お互いに自尊心が健全で  適切な距離を保てることが前提として大切ですね  当然 [続きを読む]
  • all or nothingの心性
  • 前回、毒親について触れた中で “毒” を形成してしまう心理的特徴として 3つの防衛機制を紹介しました  投影同一視、 スプリッティング、  エンヴィです  その見方は  主に オットー・カーンバーグという精神分析家の考え方を参考にしています (児童心理と人格障害 のところでお伝えしています)  そのような傾向をもつ人が近くにいた場合に 受ける影響について  もう少し触れますね 不登校や不適応の生徒、児 [続きを読む]
  • 『明日の約束』の毒親
  • 井上真央さんが スクールカウンセラー 藍沢日向役を演じている テレビドラマ  『明日の約束』は 設定や 登場人物の細かなやりとりの中に リアリティーを感じられる部分が わりとあって 見ています  とは言っても  ミステリードラマなので 始まって早々に  登場人物の死や  警察沙汰の事件が起こりますが 登場人物の家族(特に母子関係)の描写が かなり 丁寧だと思います  『明日の約束』には 毒親が2人 [続きを読む]
  • 清水アキラさん父子
  • ホロスコープで12星座を理解するとき いくつか分類のしかたがあります  まず1つめに  2つに分ける見方  陽(男性)星座・・・牡羊座、双子座、獅子座、天秤座、射手座、水瓶座  陰(女性)星座・・・牡牛座、蟹座、乙女座、蠍座、山羊座、魚座  次に、3つに分ける見方  活動・・・牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座  固定・・・牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座  柔軟・・・双子座、乙女座、射手座、魚座  そして4つ [続きを読む]
  • 12月21日生まれの男性と3月10日生まれの女性
  • 先日、あるバラエティ番組のトークの中で   ゲスト出演していた片岡鶴太郎さんが   司会者から “ヨガで離婚” といじられ、 軽〜く流してた時、急にこんなことを仰いました  「自分も、神田正輝さんも、(ホンジャマカの)恵くんも  誕生日が一緒(12月21日)なんだけど  なんと奥さんの誕生日も3月10日で同じなんだよ!」   (すぐCMになって   その話題は  だからどう、ってことにもならずに終わって [続きを読む]
  • ハーヴェイ・ワインスタイン氏
  • アメリカの有名な映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン氏が長年にわたるセクハラ行為がばれて映画界から追放されたとのこと 若くして会社を立ち上げ、映画の製作だけでなく配給に携わり成功を重ね映画界で有名になっていった人物で個人的にも これ、いいなぁと感じた作品に多く関わっていた人なので残念です 氏は魚座生まれ()金星とドラゴンヘッドも魚座ですね(魚座は、こんな星座・・・) そして魚座と同じ水のグ [続きを読む]
  • 人格の発達段階③
  • 人格の3つの発達段階 オットー・カーンバーグという精神科医が提唱した考え方を紹介しています ①神経症的人格構造②境界性人格構造③精神病的人格構造という分類のうち、②の境界例人格構造について少し細かくお伝えしているのですがそれはどうしてかというと 心の問題(特に人間関係の悩み)へ対応していく際にとても役立つという実感があるからです実際に カウンセリングでの対応の仕方が違ってきます たとえば①の神経症人 [続きを読む]
  • 人格の発達段階②
  • 人格の3つの発達段階オットー・カーンバーグという精神科医が提唱した考え方を紹介していますそれは  ①神経症的人格構造②境界性人格構造③精神病的人格構造という分け方です 神経症、精神病という概念は 200年以上も前からありましたが  1960年頃にカーンバーグ氏らが 神経症でも精神病でもない症状について研究し ②の境界性人格構造という見方が考えだされました 神経症は、現代のパニック障害や恐怖症、強迫神経症な [続きを読む]
  • 人格の発達段階①
  • Delphisのセッション、セラピーでは、ご希望に合わせて 心理カウンセリング、オーラソーマ?コンサルテーション、 ホロスコープをもとにした性格や相性についてのコンサルテーションを行っております   主に3本柱なわけですが、最初からそろっていたのではなく 大まかな順序としては 高校生の頃に心理学(特に青年心理学、家族心理学)を学ぶと決める   カウンセリングに関心を持ち、臨床心理士取得 医療機関、教育機 [続きを読む]
  • 第6・第7チャクラを知る
  • 私たちの微細なエネルギーを理解する チャクラとは  サンスクリット語で“車輪”という意味で私たちの背骨の下部から第一、第二、、、と位置し前後にラッパ(円錐型)のような形で存在し回転していますチャクラの数や色、位置については  いくつかの説がありますが虹色の7色が定説となっています レントゲン写真や  解剖では確認できませんが意識の向上、人生を理解するための地図のようなものです東洋医学の考え方には近 [続きを読む]
  • 第5チャクラを知る
  • 私たちの微細なエネルギーを理解する チャクラとは  サンスクリット語で“車輪”という意味で私たちの背骨の下部から第一、第二、、、と位置し前後にラッパ(円錐型)のような形で存在し回転していますチャクラの数や色、位置については  いくつかの説がありますが虹色の7色が定説となっています レントゲン写真や  解剖では確認できませんが意識の向上、人生を理解するための地図のようなものです東洋医学の考え方には近 [続きを読む]
  • 覚醒医療ネットワーク シンポジウム
  • 8月8日は  ライオンズ・ゲート 部分月食でもあります 物質世界とスピリチュアルな世界をつなぐ扉が開く 惑星の新年 と考えられているそうです  ライオンズ・ゲートは  12日まで開いているそうですが 今月は22日の新月が  皆既日食で 宇宙模様のパワフルさは続きますね   スピリチュアル元年といわれた2012年以降 分離から統合への流れが  ますます進む中 物質世界と精神世界の解離も それにともなう  恐 [続きを読む]
  • 第4チャクラを知る
  • 私たちの微細なエネルギーを理解する チャクラとは  サンスクリット語で“車輪”という意味で私たちの背骨の下部から第一、第二、、、と位置し前後にラッパ(円錐型)のような形で存在し回転していますチャクラの数や色、位置については  いくつかの説がありますが虹色の7色が定説となっています レントゲン写真や  解剖では確認できませんが意識の向上、人生を理解するための地図のようなものです東洋医学の考え方には近 [続きを読む]