S さん プロフィール

  •  
Sさん: 弟子のSです
ハンドル名S さん
ブログタイトル弟子のSです
ブログURLhttp://asnaillivesinashell.sblo.jp/
サイト紹介文 武術の稽古日誌
自由文武術,修行,弟子,太極拳,柔術,護身術,稽古,合気,師弟,剣術,読書,更年期,中高年
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/12/22 11:53

S さんのブログ記事

  • ♪ラルゴラルゴー
  • youtubeにつくった再生リスト『上田現ちゃん』の再生回数が、見たら500回を超えていた・・・! 人の再生でカウントが上がっていくの見たさに、自分では再生しないよう日々我慢してるっていう・・・https://www.youtube.com/playlist?list=PLrcuIozqYiXM2vYE13DFIuocGivwiabaeラルゴ〜!(嬉しい) [続きを読む]
  • たぶん主客同一の話だと思う
  • 師「生徒はお客さんなので私人だが弟子は未来の同僚、研修生なのだから公人でしかありえない。公人が '私にとっての武術とは〜' というような物の見方をすること自体、ありえない」そうか・・・・師の「同僚」清風会・高無宝良先生「いつの時代でも人間関係ですから、師匠の気持を忖度する事は肝要ですし、それが対人稽古にもなります」そうか・・・・これから私の書くことはわからない人にはわからなく、Sさん、落ち込みのあまり [続きを読む]
  • 稽古メモ
  • このところ、子供や年配の稽古相手にケガをさせる(幸い未だ大事に至ったことはないが、ヒヤッとするような)ことが立て続けに起きた。以前は自分がケガをすることが多かったが、どうしてこの頃になって加害者になる機会が増えたのか。私が自爆するのはいつも、強い相手に無理に勝とうとして背伸びした結果だった。しかし自分が全くそういう気持ちを抱いていない(むしろ優しく扱おうとしている)相手を傷つけてしまうということ、 [続きを読む]
  • 稽古メモ
  • 再現性のまずさはともかく私の武術は100パーセント師の武術だ。師からしか学んだ事はない。師の2?年のキャリアの最先端だけを常に見せてもらい、師の方ではその先端に達するまでに膨大な経験と知識の蓄積があったはずだが、私はそうしたところをすっ飛ばして、ある意味「いいとこ捕り」で学んできた。一般的にケンカや格闘技に触れたり興味を持つ機会がもともと多い男性と違い、私はそうした情報の蓄積のないところでやっているの [続きを読む]
  • 稽古メモ
  • 先週の金曜稽古でも「我をなくして相手に合わせる」稽古をした。合わせると言っても突きや蹴りの手足に合わせるのではなく、それ以前の(突くぞ)(蹴るぞ)という相手の気配、気に合わせるのだ。合気だ。合わせて、相手のしたいように促し、自然な方向に一緒に流れていく。我はいくらでも譲り、場の主導権は譲らない。自立していることが大事だと思う。「我をなくして相手に合わせる」つまり捨己従人だが、型稽古でも推手でも組手 [続きを読む]
  • 稽古メモ
  • 前回の記事に師からいただいたコメント。あなたは「私」を撓めて無理をして押さえつけたりすることで「公」の人になるのだと思っている。「私」が卵の黄身で「公」が白身や殻だと思っている。逆です。人の本来は「公」であり、「私」こそ後天的に作られた偽りの自分像です。・・・あなたのいうところの神、ゆずれないものこそが私の言葉でいう公にあたるものであって、それに還ることを拒むのは本来の自己から遠ざかるという事でし [続きを読む]
  • 組手の効用
  • 私が今過ごす更年期は骨量が急激に減少するお年頃でもある。そこで骨粗鬆症のリスクを調べましょうと3年振りに骨密度を測定したところ、おお?!? この3年間でほとんど変化がないではないか。増えてはいないものの(骨量減少は中高年女性に例外なく起こり、減少は不可逆的)前回の測定時よりも減り方がぐっと緩やかになっている。この3年は私が武術を稽古した期間、正確には靭帯を切る怪我をしてから後の期間とぴったり重なる。笑 [続きを読む]
  • 肯心ほしいな2
  • 上の娘がほにゃららとした小学校時代を過ごした後、公立中学に進学したが水が合わず不登校気味で、私は担任に呼ばれた。「お母さん、人間には変わるべき時があります。今がその時です。彼女が変われるようお母さんも頑張ってください」。私は「いいえ、あの子は変わらなくていいんです」と即答して担任を呆れさせた母親だった。しかしそれで良かった、というか、そうするしかなかったと今でも言える。無理に矯めたら壊れてしまって [続きを読む]
  • 肯心ほしいな
  • 人間は楽しむために生まれてきた。だから何が起きてもどこ吹く風で日常を守る技術が要る。そう教わった。師「今の自分は自分の本体ではない。人間の本体は未来にある。ゆえに現状の自分を信頼することは未来への可能性を潰す」私「現状の自分が信頼できなければ、何を方向指示器にして進めばいいのですか?」師「より自由、自在度があがり生存確率があがる進化の方向」私「信頼しない自分がどうしてその方向を正しいと判断できます [続きを読む]
  • 欠点は存在しない?
  • 固体がある条件のもとで液状化する。その現象自体に良し悪しはない。良い現象・悪い現象というものは存在しない、と前回の記事で書いた。そこから考えたこと。自分にある何かしらの特質について人はそれを欠点と呼ぶけれど、それも絶対的に良い特質・悪い特質というものは存在しないのではなかろうか。その特質を持ち主がよく働かせればそれは長所だし、活かせなかったり、それによって自分や他人に害が及べば欠点ということになる [続きを読む]
  • 稽古メモ
  • 金曜稽古で、筋肉疲労をほぐすボディワークから始まり、身体を震わす動作を稽古した。震災の時に問題になったが、水を含んだ地層が震動によって固体から液状化するという現象がある。家屋の建った土地にそれが起これば大災害だが、7割方が水分と言われる人間の身体を揺すって内部に震動を伝えると、固く凝ったものがほぐれていって・・あらあら、とってもいい気持ち。動くからぽかぽかして、心もゆるむ。太極拳ではこの身体内部の [続きを読む]
  • 死ぬまでドライブ
  • パーツを組み立てる等の能力以前に、武術する上で私には大きな、というか決定的な問題が別にあると言い、それは「雑」ということなのである。技の稽古では手順を追うあまり相手への注意が疎かになる。強い相手には胸を借りる安心感からやはり相手への注意が疎かになる。云々。完全にフワフワ気分の「だろう運転」です。それがあるかぎりあなたは人を傷つける。相手の状態に細心の注意を払える(つまり、慈しむ)心に、それを体現す [続きを読む]