Levi さん プロフィール

  •  
Leviさん: 平成隠れキリシタン
ハンドル名Levi さん
ブログタイトル平成隠れキリシタン
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/levi9183
サイト紹介文イエス・キリストの十字架、復活、そして「いのち」にあずかるということについて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/12/23 05:41

Levi さんのブログ記事

  • マウンティング
  •  「あなたの隣人の家を欲しがってはならない。すなわち隣人の妻、あるいは、その男奴隷、女奴隷、牛、ろば、すべてあなたの隣人のものを、欲しがってはならない。」(出エジプト20:17)−−− 十戒より。 高度成長期の頃、隣の家がカローラを買ったか... [続きを読む]
  • 罪悪感というテコ
  •  「盗んではならない。」(出エジプト20:15)−−− 私は小学生の時に、2回、万引きをしたことがある。 いずれも100円くらいの少額のものであったが、いずれにせよ万引きをした。 では何故2回で終わったのか。 それは自分にとって面白いことで... [続きを読む]
  • 容疑者
  •  「殺してはならない。」(出エジプト20:13)−−− 私たちは、日常の生活において人をあやめるということはない。 万が一、過失によって人を殺すことはあるかもしれなくとも、殺そうと思って実際に殺してしまうことはまずない。 しかし私たちの心の... [続きを読む]
  • 父と母を敬え
  •  「あなたの父と母を敬え。あなたの神、主が与えようとしておられる地で、あなたの齢が長くなるためである。」(出エジプト20:12)−−− 出エジプト記の十戒より。 この律法は、初めて接したとき以来、自分にとって大変に難しく、苦みを感じ続けてい... [続きを読む]
  • 聖なる安息日
  •  「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。 六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。 しかし七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはどんな仕事もしてはならない。――あなたも、あなたの息子、娘、それにあなたの男奴隷や女奴隷、... [続きを読む]
  • 御父の怒りと救い
  •  「わたしは、あなたをエジプトの国、奴隷の家から連れ出した、あなたの神、主である。 あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。 あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の... [続きを読む]
  • イエス復活
  •  「しかし、十一人の弟子たちは、ガリラヤに行って、イエスの指示された山に登った。 そして、イエスにお会いしたとき、彼らは礼拝した。しかし、ある者は疑った。 イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさ... [続きを読む]
  • 神の子を何によって認めるか
  •  「そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られた。 すると、見よ。神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。そして、地が揺れ動き、岩が裂けた。 また、墓が開いて、眠っていた多くの聖徒たちのからだが生き返った。 そして、イエスの復活の後に... [続きを読む]
  • 祈りについて
  •  「さて、十二時から、全地が暗くなって、三時まで続いた。 三時ごろ、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」と叫ばれた。これは、「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか。」という意味である。」(マタイ27:45−46)... [続きを読む]
  • 流される人々
  •  「しかし、祭司長、長老たちは、バラバのほうを願うよう、そして、イエスを死刑にするよう、群衆を説きつけた。しかし、総督は彼らに答えて言った。「あなたがたは、ふたりのうちどちらを釈放してほしいのか。」彼らは言った。「バラバだ。」 ピラトは彼らに言... [続きを読む]
  • 世の原理
  •  「そのとき、イエスを売ったユダは、イエスが罪に定められたのを知って後悔し、銀貨三十枚を、祭司長、長老たちに返して、 「私は罪を犯した。罪のない人の血を売ったりして。」と言った。しかし、彼らは、「私たちの知ったことか。自分で始末することだ。」と言... [続きを読む]
  • ペテロの号泣
  •  「しばらくすると、そのあたりに立っている人々がペテロに近寄って来て、「確かに、あなたもあの仲間だ。ことばのなまりではっきりわかる。」と言った。 すると彼は、「そんな人は知らない。」と言って、のろいをかけて誓い始めた。するとすぐに、鶏が鳴いた。... [続きを読む]
  • リンチ
  •  「イエスは彼に言われた。「あなたの言うとおりです。なお、あなたがたに言っておきますが、今からのち、人の子が、力ある方の右の座に着き、天の雲に乗って来るのを、あなたがたは見ることになります。」 すると、大祭司は、自分の衣を引き裂いて言った。「神へ... [続きを読む]
  • 裏切り
  •  「みなが食事をしているとき、イエスは言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたのうちひとりが、わたしを裏切ります。」 すると、弟子たちは非常に悲しんで、「主よ。まさか私のことではないでしょう。」とかわるがわるイエスに言った。 イエ... [続きを読む]
  • 香油女
  •  「さて、イエスがベタニヤで、らい病人シモンの家におられると、ひとりの女がたいへん高価な香油のはいった石膏のつぼを持ってみもとに来て、食卓に着いておられたイエスの頭に香油を注いだ。 弟子たちはこれを見て、憤慨して言った。「何のために、こんなむだな... [続きを読む]
  • 信仰と行ないについて
  •  「そうして、王は、その右にいる者たちに言います。『さあ、わたしの父に祝福された人たち。世の初めから、あなたがたのために備えられた御国を継ぎなさい。 あなたがたは、わたしが空腹であったとき、わたしに食べる物を与え、わたしが渇いていたとき、わたしに... [続きを読む]
  • 持たざる者が持てる者に
  •  「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持たない者は、持っているものまでも取り上げられるのです。」(マタイ25:29)−−− 上の「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、…」には、述語がない。 何を持つ(あるいは持たない)こ... [続きを読む]
  • 待ち続ける忍耐
  •  「ところが、夜中になって、『そら、花婿だ。迎えに出よ。』と叫ぶ声がした。 娘たちは、みな起きて、自分のともしびを整えた。 ところが愚かな娘たちは、賢い娘たちに言った。『油を少し私たちに分けてください。私たちのともしびは消えそうです。』 しかし... [続きを読む]
  • 偽善者について
  •  「ところが、それが悪いしもべで、『主人はまだまだ帰るまい。』と心の中で思い、 その仲間を打ちたたき、酒飲みたちと飲んだり食べたりし始めていると、 そのしもべの主人は、思いがけない日の思わぬ時間に帰って来ます。 そして、彼をきびしく罰して、その... [続きを読む]
  • いなずまが東から出て西にひらめくように
  •  「さあ、わたしは、あなたがたに前もって話しました。 だから、たとい、『そら、荒野にいらっしゃる。』と言っても、飛び出して行ってはいけません。『そら、へやにいらっしゃる。』と聞いても、信じてはいけません。 人の子の来るのは、いなずまが東から出て... [続きを読む]
  • 白く塗った墓
  •  「忌わしいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち。あなたがたは白く塗った墓のようなものです。墓はその外側は美しく見えても、内側は、死人の骨や、あらゆる汚れたものがいっぱいなように、 あなたがたも、外側は人に正しいと見えても、内側は偽善と不法でい... [続きを読む]
  • 天の御国をさえぎる者
  •  「しかし、忌わしいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち。あなたがたは、人々から天の御国をさえぎっているのです。自分もはいらず、はいろうとしている人々をもはいらせないのです。」(マタイ23:13)−−− パリサイ人批判のマタイ23章より。 ... [続きを読む]
  • 自分を高くする者は低くされ
  •  「だれでも、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされます。」(マタイ23:12)−−− 若い頃、何一つできないくせにプライドだけは三人前だった。 周り中からさまざまな形で叩かれた。 しかし、こんな自分をくじいたのは、実は御父... [続きを読む]
  • 聖書の力
  •  「その日、復活はないと言っているサドカイ人たちが、イエスのところに来て、質問して、 言った。「先生。モーセは『もし、ある人が子のないままで死んだなら、その弟は兄の妻をめとって、兄のための子をもうけねばならない。』と言いました。…… すると復活の... [続きを読む]
  • 招待される者、選ばれる者
  •  「天の御国は、王子のために結婚の披露宴を設けた王にたとえることができます。 王は、招待しておいたお客を呼びに、しもべたちを遣わしたが、彼らは来たがらなかった。…… 王は怒って、兵隊を出して、その人殺しどもを滅ぼし、彼らの町を焼き払った。 その... [続きを読む]