レコスケ さん プロフィール

  •  
レコスケさん: YANGON CALLING
ハンドル名レコスケ さん
ブログタイトルYANGON CALLING
ブログURLhttp://ygncalling.blogspot.com/
サイト紹介文ミャンマー、ヤンゴン在住です。ビジネスから生活情報まで、その時々の出来事を綴っています。
自由文現在、ヤンゴンで展開中のローカル・ブランドです。
https://www.facebook.com/ygncalling/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/12/24 15:38

レコスケ さんのブログ記事

  • 【ポエム】一杯のカプチーノ【実話】
  • ヤンゴンのカフェで 一杯のカプチーノを頼んだただの なんのへんてつもない 一杯のカプチーノ一杯目のカプチーノがやってきた三分の一くらいがこぼれていて ソーサーがべとべとだったおいおい ぼくが飲みたいのは ただの一杯のカプチーノなんだ運ぶ途中でこぼされて 三分の二になったカプチーノじゃなくて二杯目のカプチーノがやってきた前のカプチーノを紙コップに移しただけで ぬるかったねえねえ ぼくが飲みたいのは  [続きを読む]
  • 【第二回】読書会開催しました
  • 第二回の読書会を12月3日にサンチャウンで開催しました。今回の課題図書は、『仏教思想のゼロポイント』でした。ミャンマーの僧院で修行を続けている日本人の仏教研究者、魚川祐司氏の著作です。参加者の人からは、日本人から見た、上座部仏教の特異さを指摘する意見が目立ちました。たとえば、釈迦が偈(詩)を唱えたことへの返礼として、富裕な商人が粥を与えた時に、偈の対価は受け取れない、すなわち労働の報酬は受け取れない [続きを読む]
  • ミャンマーでロックTシャツをデザインしてみた
  • 2年前に試みにミャンマーでロックTを作ってみましたが、暇なのと本ブログに「私の洋楽この一枚」の記事を投稿してから、脳内がロックの名盤漬けになってきたので、新たにミャンマー・ロックTのグラフィックをデザインしてみました。架空のロックバンド、VELVET OVERGROUND & MICOのバンドTです。ミャンマーらしく、モチーフにマンゴーのイラストをあしらいました。 元ネタは、当然、アンディ・ウォホールによるデザインが有名なバ [続きを読む]
  • 【第二回】ヤンゴンで読書会を開催します【2017年12月3日(日)】
  • 第二回の読書会を12月3日(日)15:00からサンチャウンの某所にて開催します。第一回は、10月15日に開催しました。読書会は、以下の二つのルールを守っていただけたら、どなたでも参加できます。・課題図書を読了していること 読書会なので、課題の本を読み終わっていることは必須です。・原則として、他の人の発言に対して、批判的な態度を取らないこと どのような感想であれ、意見であれ、公共良俗に反したり、故意に他人を傷つ [続きを読む]
  • ミャンマーで「私の洋楽この一枚」を考えた
  • 先日、タイへ一時出国した時に、バンコクの古本屋で雑誌『ミュージック・マガジン』の2014年4月号を見つけました。この号の特集は「私の洋楽この一枚」です。内容が面白そうだったのと、20バーツと安かったこともあり購入しました。音楽を浴びるように聴いていた10代、20代の頃の愛聴盤が何枚か選ばれていて、興味深く読みました。スクリッティ・ポリッティの2nd。これは大学生の時に聴きまくった。プロデューサーは、アリサ・フラ [続きを読む]
  • The Plant House Cafeからミャンマーの未来を考えた
  • 前回の投稿にも書きましたが、サンチャウンにブックカフェ The Plant House Cafeが開店しました。日本でもブックカフェやブックホテルなどの、選書家が選んだ本が並ぶ空間で、日常から離れた環境の中、ゆったりとした時間を過ごすのを目的とした施設は増えてきていますが、そうしたコンセプトでこのようなブックカフェがミャンマーにできたのは初めてだと思います。店名と店内に本棚、植物の小鉢が置いていることから、このカフェ [続きを読む]
  • サンチャウンのカフェから変わりゆくミャンマーについて考えた
  • 先日タイに一時出国した際に、古本屋で約一年前に刊行された雑誌『FRaU』のタイ特集号を見つけました。カフェ、レストラン、オーガニック食品、ローカル・ファッションブランドなどのタイ・バンコクの最新のトレンドを網羅した、非常に充実した特集号です。ファッション、レストラン、カルチャーなどの新しい情報に強くない、一般向けの市販のガイドブックよりも、リピーターにとってよほど使い出があります。 「知ってた? バ [続きを読む]
  • 死ぬかと思った
  • 先々週の金曜日に、ちょっと腰が痛いなと感じていました。土曜日の夜までは、痛みを感じながらも 、何とか歩くことができていました。ところが日曜日になると、歩くどころか激痛でまったく動けない。腰の下部、右股関節、右臑の三か所に強い痛みがあります。腰痛(いわゆる、ぎっくり腰)は何度か経験していますが、股関節や臑に激痛が走るのは初めてです。もしかして、これはヤバい病気ではないかと戦きました。何が辛いと言って [続きを読む]
  • 10月28日、29日 Ocean Super Marketで商品を展示します
  • 今週末の10月28日(土)、10月29日(日)にOcean Super MarketのShwe Gone Dain店にて、YANGON CALLINGの商品を展示販売しています。お近くにお寄りの際は、チェックしていただけると嬉しいです。今回の展示はブラウス、シャツ、パンツなどの単品が中心となりますが、一部ワンピースも展示販売しています。サンチャウンまでなかなか遠くて来れなかった方は、この機会にご覧いただけるとありがたいです。Ocean Supercenter (Shwe Go [続きを読む]
  • 【YANGON CALLING】商品が入荷しました
  • 売り切れになっていたデザインのドレスや、サイズ切れになっていたシャツを再入荷しました。シャン州産のコットンを使用したワンピースです。ざっくりとした素材感とタックから生まれるドレープ感が特徴です。V-neck Tucked Dress: M saize 45,000MMKこちらは、ロンジー生地を使用したタンクトップです。後ろで結ぶリボンが特徴です。ジーンズなどとも相性の良いボトムスを選ばない一着です。Tank Top Blouse: M size 25,000MMKTan [続きを読む]
  • ミャンマーで読書会を開催しました
  • ミャンマーの本好きの有志を募って、今週日曜日の10月15日に読書会を開催しました。第一回目となる今回は、サンチャウンのカフェで開催しました。参加者は、私を含めてミャンマーで自営業を営んでいる日本人四人です。課題図書は、ラッタウット ラープチャルーンサップの短編集『観光』でした。5、6年前に日本のいろんな雑誌の書評で大プッシュされて話題になった本です。 参加者の感想は、外国人の観光客がやってくるタイの [続きを読む]
  • 【ネタバレ】ミャンマーでの繁盛店の作り方
  • ミャンマーに進出した日本食レストランの撤退が相次いでいるとの情報をFacebookの誰かの投稿で読みました。私はまったくと言っていいほど行かないので事情は分かりません。ただ、それはそうだろうなとは思います。ミャンマーに住む日本人の数は推定3,000~4000人です。そのうち日本食レストランに行く層は、本社から派遣された駐在員や政府機関の職員などの約10%(300~400 人)です。残りの90%のNGO勤務者、現地採用者、ローカル企 [続きを読む]
  • 【10月15日(日)】ヤンゴンで読書会を開催します【サンチャウン】
  • 以前の投稿でお知らせしたとおり、ヤンゴンで読書会を開催します。開催日時は、10月15日(日)15:00からです。場所はサンチャウンの某所になります。 課題図書は、タイ系アメリカ人作家ラッタウット ラープチャルーンサップの短編集『観光』です。この本の内容については、以前の投稿をお読みください。 読書会は、以下の二つのルールを守っていただけたら、どなたでも参加できます。・課題図書を読了していること 読書会なの [続きを読む]
  • ロンジー生地でスカートやパンツなどボトムスを作りました
  • ミャンマーのロンジー用の生地を使って、スカートやパンツなどボトムスを作ってみました。商品写真とモデル着用写真を撮ったので、商品をご紹介します。ロンジー用生地を使ったスカートです。今回は、初回サンプルのため、特別価格で販売しています。近頃、トラディショナルなチェックが再流行しているらしいので、バーバリー的なチェックの生地も選んで作ってみました。ギャザード・スカート:Mサイズ サンプル特別価格 15,000MMK [続きを読む]