omayu さん プロフィール

  •  
omayuさん: 食う寝る所に住むロシア
ハンドル名omayu さん
ブログタイトル食う寝る所に住むロシア
ブログURLhttps://ameblo.jp/vuivuisaigon/
サイト紹介文ロシアの生活日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/12/24 20:08

omayu さんのブログ記事

  • IKEAみたいな授業がしたい
  • IKEAみたいな授業がしたい。行くと楽しくてでも、受け身で楽しむだけじゃなくてこれをどこに置こうかな、予算は足りるかな置くところあるかな置いたらどうかなって想像力を使う。全部一気に手に入れることはできなくてもひとつだったら買える。ひとつ雑貨や家具を買ったからって劇的な変化は無いけど少しだけいつもの生活に彩が生まれる。そんな授業がしたい。 [続きを読む]
  • To the place I belong〜〜!!!
  • youttubeを流して作業していたら カントリーロードが流れ始め ふと気になったので画面を見てみると、日本語訳が出ていたのでまじまじと見ました。 Country road take me home, to the place I belong. 『耳をすませば』で歌っていた日本語の歌と原文って結構違うな…… 日本語で  カントリーロードこの道〜〜ずっと〜ゆけば〜?の 「ずっと〜〜行けば〜〜」の部分って To the place I belong  私の属している所 なんですよね。 [続きを読む]
  • 初秋に思うこと。
  • 秋が苦手です。 空気が澄んで空が高く、思考がクリアーになってしまう感じがどうもだめみたいです。 苦手な人が多いという梅雨とか酷暑とか極夜については好きで 梅雨時の教室の湿った匂いや、お盆の常磐道と入道雲 うだるようなベトナムの昼さがりに咲くブーゲンビリア ロシアの真っ黒な冬に食べるスープの数々 どれも思い出すと、心の中にそれぞれの季節の色彩が鮮やかに蘇るのに 「秋晴れ」が続くと、心の具合が悪くなります。 [続きを読む]
  • 人生の瞬間最大風速だけでなく。
  • ご無沙汰しております。 最近、大学生、特に日本人の大学生がすっかり「別の世代の生き物」に見えるようになってしまいました。 個人差と言うやつが物凄くあり、 この子完全に大人……すごいなぁって子から、 ふぇ??って子まで、いろいろです。が、全員、違う世代の人に見えるようになってしまったようです。 向こうもそう見えるようで キラキラして瞳で「これ、最近若者の間で流行ってるんですよ!」と流行りものを教えてくれた [続きを読む]
  • 終戦の日
  • 猛烈に夏バテしています。 思考を文章に構成する余力が無いうえに 返さなければならない連絡をパッと思いつくだけで2件溜めている状態ではあるのですが 今日、書いておきたいなと思うことがあるので書かせてください。 (教科書の件すぐ連絡いたしますのでもう少々お待ちください。本当にすみません。) さて、少し前まで関東某所で泊まり込みの研修を受けていたんですが 休日に同期が言いました。 「せっかくだし、靖国神社に行 [続きを読む]
  • 乗り物に乗って
  • 真冬、バスに揺られポーランドの暗い森を見つめていると ガソリンスタンドとケバブ屋の灯りが時々見えた。 再び真っ黒な森が続き 窓の外から自分の脳内へと興味の中心を移そうとした時 おそらく墓地に蝋燭が灯っているのが見えた。 再びどこまでも続く黒い森 なぜだか、お盆の後の常磐道を思い出した。 縁もゆかりもない土地の風景が 自分を形成してきたよく知る物と確かに接続した、不思議な感覚だった。 先日 上野発の普通列車で [続きを読む]
  • 申し訳ございませんの乱れ撃ち
  • 日本に一時帰国中なので健康診断に行ったんですが 受付で診断メニューが間違って伝わってしまい1回多く採血されることになった時のこと 受付の方「申し訳ありません……」 私「(確かにしっかり予約したけど、ロシアだったら「あ?」で終わりの気が……)とんでもないです。大丈夫ですよ」 看護師さん「大変申し訳ございません。もう一度よろしいでしょうか?」 私「どうぞどうぞ!気にしないでください!」 看護師さん「何度もす [続きを読む]
  • 性転換しておっちゃんになってん!
  • 肉体疲労がピークに達しています。 毎年11〜12月、6月が物凄く忙しくて 昨年は限界突破しながら書いた大切な報告書の謝辞が 座長の千秋楽挨拶になり 今年は 部屋の荷物を倉庫に預け(分厚い参考書や辞書を含む書籍が70冊以上あるので移動が大変でした……) 手伝ってくれそうな面々はサッカー見に行って不在。 気合を入れて腰を痛めないように運びきり テストの採点やイベントをしながら書きました。 昨年から学び早め早めにやった [続きを読む]
  • 創作が励ましてくれる
  • 学年末に差し掛かると 「ありがとう」と言われる機会が増えます。 その中に もう来期からはこのクラスを続けないんだけど、先生ありがとう。 という物もあって ロシア人はクールでドライって聞いていたのに 日本語で付いて行けず他の外国語(西洋言語)に移ることを言いに来た内気な子に 「本当によく頑張ったね。いつでも、遊びに来ていいんだよ。ひらがなカタカナを覚えただけで本当に素晴らしいよ。1年でいろんなことができるよ [続きを読む]
  • 心に残ったこと
  • ロシアの学生は真面目でクール、ただ楽しいだけの事にはなびかない。 という話を聞いていたんですが 意外と陽気な子もいて Kさんという中でも陽気な学生さんがいるんですが 彼女はとりあえず合ってるかどうかはさておき、知っていることを口に出してみるタイプです。 そのクラスはロシア全土と近隣諸国からも学生が集まっていて 皆優秀で理解が早く 打ち解けてからは「間違ってても、何かしゃべると聞いてもらえるぞ」という理解 [続きを読む]
  • 取り留めないんですが今思っていること
  • BSの中国のドキュメンタリー番組を見るのが好きで定期的にyoutubeで見入ってしまいます。 上級クラスで、教科書が「環境問題」という使い古されたテーマに当たってしまたので何か面白いことは無いかと調べ物をしているとTEDを見始めてしまい いつの間にかネパールで貧しい人々に化粧をする活動をする女性のドキュメンタリーにたどり着きました。 ああ、これ……ベトナムで疲れ切っていた時に見て涙が出たなぁ。。 「化粧をす [続きを読む]
  • ブーゲンビリアとライラック
  • 最近、こちらではライラックが咲き本当に綺麗です。 藤の花のような色彩で、 カラッとした空気と白夜の天候と相まって、本当に美しい。 明るくて眠れなくなり、人々も過活動かつ 観光の方も多く 冬の間の「静」から、夏への「動」へのふり幅に今年も驚いています。 さて、海外にいると、人間関係が楽だって話を時々聞くんですが ガッツリ、ロシア人の中に入って学生生活を揉まれている人に会うと どこの国も同じだなぁと思ったり [続きを読む]
  • お留守気味のアメブロ
  • 十分に休養を取りながら働いているのに 帰りがけに力尽きかけてしまい いったん眠って次の日になり まだやる気が出ず 何とか復活して今日に至ります。 学生時代を含めて、今が一番時間に余裕があるのに 緊張の糸が切れたというより「あれっ?先っぽどこだっけ?」状態になっていましたが 何とか出勤できそうです。 最近、いろんな方のアメブロが本当に更新されていなくて なんというか、mixiの終わりのほうみたいな雰囲気を感じま [続きを読む]
  • キャラクターが勝手に動き出す
  • 『ゴールデンカムイ』にハマってしまった私は 本編よりほのぼのとしていて(殺戮シーンではなく)、 もっと主人公とヒロインが仲良くしている絵と、脱獄王(好きな登場人物)が見たくなったため 二次創作をする人々が絵を無料で披露しあっているSNS、pixivへ行きました。 人間を正面から書くことしかできない私には決して参加できないSNSです。 多彩なアングルからキャラクターを書いている人が多くて 絵が上手い人っていいなぁ [続きを読む]
  • 最近ハマっている漫画
  • 最近『ゴールデンカムイ』という漫画にハマっています。 明治時代の北海道、 日露戦争帰りの主人公杉元がアイヌの美少女アシリパと金塊を探す。 という話で アイヌが集めた金塊を日本人が強奪 金塊の在りかを知る人物は投獄される。 金塊の在りかは、同室の囚人たちの体に刺青で彫られた地図に記された。 囚人の皮を集めて金塊を見つけろ!っていうちょっと物騒な設定です。 平たく言うと ドラゴンボールが人の皮になった感じです [続きを読む]
  • 開かずの間が与えてくれた調理意欲
  • 世界が急に「夏!!!」になって 余りにも美しい。 胸が苦しい今日この頃です。 なんというか…… 仲間を集めて料理を作って親睦を深めることが難なくできる人にとっては 素晴らしい季節だと思うし やろうと思えばできるほうではあるんですが もうなんていうのか、、、一人で家で勉強したり文章を書いているのがもったいない!!って思えてくる天気です。 さて、いきなり始めますが 昨年住んでいた家は歴史建造物で薄暗くてひん [続きを読む]
  • 軽みが欲しい今日この頃
  • ここ1〜2年ブログに同じことしか書いていない気がします。 年々説教臭くなっていく己がいやで仕方ないんですが 気合を入れて考えていることをまとめようとすると そうなっちゃうんですよね。 さらに、ぷぷぷって思ったことを書こうとすると どうも職場と個人が簡単に特定できちゃう気がして躊躇っちゃったりで 自分が思っていることをまとめることに収束され 内側へ内側へ どんどん説教臭くなっていく気がします。 でも、もうとに [続きを読む]
  • いい加減なスパゲッティの思い出
  • 20代中盤までとにかく叱られることが多かったんですが 今になって身に沁みることが本当に多いです。 25歳の頃 直属の上司から 上司「失敗を君は気にするけどな。次にせんようになったら、もうけもんやん!!」 私「でも……たとえそうだとして、この失敗はもう取り返せません(涙)」 上司「1回した失敗を次しないって尊いことやで。できひん人が大半や!!俺かてできへんよ。分かってるのにな。けどな、失敗したことを悲観しない [続きを読む]
  • まとまった文章が書きたい!!
  • 時代は長い文章より、一目で分かる写真のSNS実はもうひとつの趣味はウェブデザイン(の真似事)もしかしたら、文章書くより筋がいいようなきもするし同じくらい時間を費やして根気強くやれる。けど長い文章がまとまった文章が書きたい!!!外は観光シーズンで麗らかな陽気だけど思考の海に潜って文章を作りたい!!近いうちに書きます。 [続きを読む]
  • 俺の一番弟子だ
  • 相手の要望に沿って教える余裕が出てくると 相手に寄り添うこともできるわけで ああ、この子は「ちゃんと知りたい」のね。とか 「筋が悪い(初級段階で理屈に寄りすぎてしまう)ってなんとなく分かってるけど、この中で遅れを取るのがいやで頑なになって、ドツボにハマってるんだな」とか 様子を見ながら 大丈夫だよ。安心してこれをやってね。って伝える(相手の気持ちをほぐす)ことを考えることができるようになってきて ちょっ [続きを読む]
  • 日本語が好きだなぁという話
  • 数年前、ベトナム語に浸かって生きていた頃、 1日中働いて帰り NHKを付け 「23時のニュースです」 というアナウンサーの優しい声に なんて美しい言語なんだろう。 と、感動したことがあります。 ああ、日本語は綺麗だ…… 自分の国そして自分の第一言語 つまり、自分を構成する一部を誇りに思いました。 ベトナム語(東南アジアの言語)って、日本語よりピッチが高く、喉を絞って出す音が多く その言語の良しあしとは全 [続きを読む]
  • お爺さんの苺
  • 春になると、駅の前でお年寄りが花束やジャムや果物を並べて売っています。 黄色の水仙や色とりどりのチューリップにすずらんを組み合わせた おとぎの国から持ってきたような花束が100ルーブル(2018年現在およそ200円) 今年もほしいなぁと思うんですが 今の家はセントラルヒーティングがしっかりしていて室温が常時25度以上あり 日当たり良好のため 買っても長持ちしないため、今年は買っていません。 私は物乞いの人に積極的に [続きを読む]
  • 宿題はやっていないんですが、コード・ブルーを全て見ました
  • 「宿題はやっていないんですが……。コード・ブルーをすべて見ました」 という報告を社会人の大学院生よりいただきました。 そういえば 好きなドラマを聞かれて、タイトルのリストを送っていたのを思い出しました。 面白かった? と聞くと 「はい!!!3シーズンから見て、面白くて!!でも、サブタイトル(字幕).が無いと分からないですねぇ…… 緊迫しているから会話が早いし、専門用語多いし……でも面白くて 実は睡眠時間を削 [続きを読む]
  • 文化や人々のタッチが違っても
  • 最近、なんか、いいな。と思うことがあります それは、 スイッチの切れた講師が、学内で虚ろな目で珈琲を飲んだり どこか一点を見つめて座っていても、学生は普通にそのままにしておくこと。です。 ベトナムだったらどんなにスイッチが切れてる状態でも グイグイ分け入って入ってきて 「せんせい!!こんばんはー!おげんきでね!!私と会話の練習をしましょう!」 が、始まります。 「私の」ですよね!!ちょっと今15分くらい [続きを読む]
  • 宇宙飛行の日の逸話
  • 昨日、4月12日は世界宇宙飛行の日でした。 宇宙開発の逸話を紹介させてください。 1960年代 アメリカは、ソ連の人工衛星「スプートニク」の打ち上げに衝撃を受ける。 もう、うちも誰でもいいから宇宙に飛ばさないと! ソビエトは犬(ライカ)を乗せたロケットの発射に成功する。 とうとう焦るアメリカ 科学者たちはザックリいうと「箱を飛ばし、その中に人を乗せておけばよいのでは?」というプランを思いつく。 当時、アメリカの [続きを読む]