omayu さん プロフィール

  •  
omayuさん: 食う寝る所に住むロシア
ハンドル名omayu さん
ブログタイトル食う寝る所に住むロシア
ブログURLhttps://ameblo.jp/vuivuisaigon/
サイト紹介文ロシアの生活日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/12/24 20:08

omayu さんのブログ記事

  • 満員バスに乗って
  • 帰宅ラッシュの市バスに乗る。霧雨が降っている。 この時間は大抵満員で、渋滞にもハマる。地下鉄で帰ったほうが早いが、駅まで歩く余力が無かった。 バス停のほうが近いし……もういいや、乗っちゃおう。 案の定 満員のバスに無理やり乗り込み、外を見ると歴史的建造物が車窓を流れていく。 ここは外国だなぁと思う。停車するたびに一旦降り、また乗る。 20分くらいだろうか。薬局、スーパー、喫茶店看板の文字を読みながら、満員 [続きを読む]
  • 写真いろいろ
  • エクスキューズを外して 自分の考えてることを整頓するために文章を書くと 個人的に発言に責任を持って公開するのはオッケーだけど 勤め人としてはちょっとなぁ…って 思ってしまい 決して、誰か何かの誹謗中傷ではなく 単に自分の考えていることを書いているだけなんですが 日本語というか、日本語を使うコミュニケーション(文章も対面も)って 「私はこういう考えです。しかし、もちろんこういう考えも否定しません。なぜなら〜 [続きを読む]
  • 寒い国の部屋の中が温かい理由
  • 北国の家の中が温かいことについて ロシアに来るまでは「贅沢」と思っていたんですが 暮らしてみると ああ、、、そうだよなぁ……部屋の中で装備取れなかったら休まるとき無いよな。。 と、納得しています。 出かけるときは、甲冑の如き装備をしないと凍るため. 歩いているだけで、重い。本当に、重い。 そんな装備で膨らんだ人が往来に溢れるわけだから ちょっと狭い所は人で渋滞。(主観です) しかも、都市部だと茨城県民の感 [続きを読む]
  • Violet,indigo, black and blue
  • 隣室の学生が2人とも出かけたし 今日は三連休の初日 寮にいる学生は少ないはず。 you tubeをつけて 「愛をこめて花束を」を大きな声で歌ってスッキリしました。 昨今の疲れが吹き飛びます。 やっぱり声を出すって、歌うっていいなぁ。 文章を書くのもリフレッシュになるけど、また別の爽快感があります。 「愛をこめて花束を」 Violet, indigo, black and blue flame, yellow, purple, sk〜〜〜〜〜y blue〜〜YEAH pink, yellow g [続きを読む]
  • 圧倒的に、リーダー
  • 秋にロシアで二期目がスタートしてから本当に時間が過ぎるのが早いです。 去年の今頃…… ロシアの学生寮でエジプト人にから揚げを揚げもらいながら 巻き寿司の作り方を説明している自分なんて 全く以て想像できなかったので 人生って不思議で面白いです。 というわけで、 寿司パーティーです。 なぜかというと 数日前 寿司って日本の食べ物だよね、作れる? って話をスリランカから来た20歳の男の子としていたところ(頭が良く [続きを読む]
  • ロシア語、その後
  • あれから、なんだかんだロシア語を続けています。 ロシア語を覚えたい!というよりは、、、 クラスメイトが面白い!が続けている動機になっています。 先生の努力やクラスコントロールはもちろん大切だけど どんな人が集まるかは「ご縁」 もちろん、若くて綺麗で情熱にあふれた先生はとても素敵ですが この人たち多分、誰が先生でも楽しく学ぶんだろうなって雰囲気で なんだか、エンジニアの学生たちを思い出して懐かしい気持ち [続きを読む]
  • 最近知った自分の好み
  • 最近、もう本当に飛ぶように日々が過ぎていき でも、毎日の濃度は濃くて ずっと会いたかったブロ友さんに会えたのが遥か昔の出来事のよう……(数週間前なのに) とにかく、 最近「できて当たり前(とされていること)」が多すぎる 処理能力が限界を超えそうだ……って状態だったんですが 心の余裕を取り戻したなぁと思うことがありました。 それはですね ロシアってイケメン多いな。 って思ったことです。 そう思った瞬間、あ [続きを読む]
  • 思っているより伝わっている
  • 10か国のクラスメイトと机を並べてロシア語を勉強しています。 東アジア人は私だけ。 先生は25歳のロシア人女性、 ロシア語でロシア語を習います。 ロシア語のみで指示を出すと、どうしても理解の速度に差が出ます。 これは、なんというか センスと、語学学習経験の有無と、貯金(既習部分)があるかの問題ですが PHDを異国で取ってやろう。 という気概に溢れている人々は 地頭がいい上に、勉強に慣れていて 英語は当然でき コミ [続きを読む]
  • 秋のメランコリーとロシア語
  • 私が学生時代に教わった教授法は 直接法というもので 媒介語を使わずに、「日本語を日本語だけで教える」ものでした。 教室内に複数の国の人がいる場合に平等になる。 脳内でいちいち翻訳するのではなく、日本語を日本語で理解することを目指す。 教えるのではなく、気づいてもらう。 ザックリまとめると、こういう考え方です。 カッコいー!と思ったし 現場に出てからも、直接法でピシッと決めてる先生の授業を見ると プロフェッ [続きを読む]
  • 教師の日、板チョコ
  • 中国、ベトナム、ロシア、共通してあるのが「教師の日」 先生に感謝のプレゼントを渡す日です。 ベトナム時代 エンジニアの学生から大きな花束をもらって バイクに乗ってみんなで出かけたときは 「え〜っ、そんな日あるんだ。ありがとう!」で、本当に嬉しかったし 新任で担当したクラスってきっと、教える仕事をした人の多くがずっと覚えてるものですよね。 私にとっても忘れられない思い出です。 日本人が複数名いる学校に勤務 [続きを読む]
  • はじめまして、お久しぶりです。
  • ブログを書いていてよかったなぁ。と思ことがありました。 というのも ブログを始めたころから読んでくれている方にロシアで会えたんです。 いや〜!ビックリ! 初対面なのに 初めましてって言ってすぐ、「お久しぶりです」って言っちゃった。 あれから一週間、なんでだろう?って考えていたんですが 理由が分かりました。 ブログを読者登録してくれたときに、わざわざメッセージを頂いたんですが その時、自分の中で一度「会って [続きを読む]
  • 朝ドラがまた終わりました
  • 朝ドラがまた終わってしまいました…… 「ひよっこ」茨城県だったので、私の周りも熱心に見てました。 普通の人の人生にもそれぞれ物語があって 誰かから称えられるような人生じゃなくても、 その時々の出会いの煌きや別れの哀惜が必ずある。 取るに足らない出来事だとしても、歴史を動かす何かじゃないとしても、 個々人の胸に刻まれた大切な思い出や記憶というものがあって それらの連続と積み重ねが、生きていくということなの [続きを読む]
  • ベッドカバーとジェルネイルのもたらす幸せについて
  • 冬が長いロシア 自然と 部屋にいる時間も長くなります。 (南国にいても自分の部屋が大好きだった説もありますが) 寮から支給されたベッドカバーはお煮しめ色に染めあがり かすかに在りし日の白きところを残しており 鼻を近づけると 誰かの皮脂の匂いが濃厚に感じられる物で 残り香というには、いささか強い実態感を伴うものであり それがいかに、眠れる森の美女及びリアル王子な容貌の人々から染み出したものと推測されるもので [続きを読む]
  • 思ってることをつらつらと
  • ずっと、形にしようと思っていたものが形になりました。 とりあえず一つ形にはなったんですが 形になった時点でそれは過去のものになり 必ずいつか自分や誰かに超えられる物になってしまうんだよなぁってことを 作り終わってからずっと思っています。 稚拙だと思う日が必ず来るし それはだいたい、思っているより早く来る。 時の洗礼を待てずに自分の記憶からも埋もれていく確率のほうがずっと高い。 例えば、今作った広報誌のほ [続きを読む]
  • みんなが要るものは、みんな要らないもの
  • 今、とても授業の準備がはかどっています。 実は今期、形にしてみたいと思うものがあるんですが それは集中して椅子に座ってコツコツパソコンをいじり デザインを決めたりなんだりする作業が必要な類のもので 本来好きな作業のはずなんですが <<やらなければならないこと>> になったとたんに捗らない。 あくまで自分の中でのやらなければならないこと。なんですが 好きなはずの書く作業も 趣味でやるって所から出て こういう立 [続きを読む]
  • 中国料理店の居心地の良さについての一考察
  • 疲れた時、異国で食べる物。 それは私にとって中国料理です。 なぜかというと 日本食を食べに行くと、どこにいても、旅行で訪れているとしても 店内で「感じのいいひと」で振舞わなきゃな!ってセンサーが働いて 頑張って勉強したであろう日本語で接客してくれるスタッフの方に対しては特に 「〜。」まで聞いて、目を見て笑顔でオーダーをお願いして 「ありがとうございました」もきちんと言わないと 落ち着かないですよね…… お [続きを読む]
  • 3年前に作った教材を見て
  • 3年前に自分が作った教材を見ると 「へたくそめ!!!!」 という感情が溢れてきて 一人であーーーーっ!!ってなっていました。 日本語教師をやってると、最近のトレンドは分からないんですが 私が仕事を始めた5年前は 同僚に授業を見せないのが普通でした。 ネタも開示しないのが普通 下っ端はよく見られて、ダメ出しされるんですが そのダメ出しがいやだったなぁ…… 授業の準備時間を短縮するために教材をシェアしましょう [続きを読む]
  • 最近の事
  • フィギュアスケートが好きでyoutubeで見るたびに思うことがあります。 「どうして、カメラは失敗したところばかり何度も映し、解説は飛べなかったジャンプの事ばかり言うんだろう。上手にできたところだってあったのに」 競技なのはわかるし、「日本って〜」って語りだしで自国を否定するタイプの人に実はちょっとアレルギーがあったりなんでそういう人って短パンを履いて前髪をかきあげているのかな?って変なステレオタイプも持 [続きを読む]
  • ふりかけの魅力
  • なんとなく、好き。 って感覚、ありますよね。 ああ、理由ないけどこの人何となくいいな。とか、落ち着くな。気が合うな。 みたいな感覚 あれ不思議ですよね。 逆に、互いに礼節を持って接していても なんでだろう?なんか合わないな。親切に接してもらってるのに居心地悪いな。 会った後どっと疲れるんだよな、なんでか分からないけど。 ってことも、ありますよね。 私は時々、あります。 昨年度のこと、 遠いところで働いてい [続きを読む]
  • 久しぶりに更新
  • お久しぶりです。 バタバタしていますが、新生活、元気にやっております。 このままアメブロをいじらないとmixiみたいになっちゃうような気がして ちょっと更新します。 いきなりですが このブログは私にとって大切な物です。 煮詰まった時、うまくいかないとき、勇気が欲しい時 世界のどこかで顔を見たことはないけれど、応援してくれていて 「読んだよ、がんばれ」ってボタンを押してくれたり 心の中で思ってくれる人がいること [続きを読む]
  • 情緒の宿
  • 羽を伸ばす。という言葉の通り 思う存分羽を伸ばしています。 先日 高校時代からの親友に会って 久しぶりにお茶しました。 友「何でも食べたい日本食があったら言って!」 私「ミラノ風ドリア!!!」 サイゼリアに連れて行ってもらい 化粧が崩れるほど笑いながらどうでもいいことをしばらく話しました。 私「女性の情緒を安定させる薬を小林製薬が出したら売れると思う!」 友「何?どんなやつなの?何はいってるの??」 私「 [続きを読む]
  • 再インストールが完了しました
  • ちょっと前ですが、昨年お世話になった博物館にお土産を渡しに行きました。 前もって「この日に行くよ」と伝えて行けなくなってしまったり お土産を用意してくれたり 朝から来るのワクワクされっちゃうと仕事の邪魔かなと思って(自分で何を言ってるんでしょうね) こそっと、みんないそうな時間帯を選んで行きました。 久しぶりに、ちやほやしてもらえました。 「あらあら、相変わらず綺麗だねぇ!!」 「なんだ?28歳なのか!! [続きを読む]
  • 報告書で座長になりました
  • お久しぶりです。 気合いを入れて書いた報告書の「おわりに(謝辞)」が 千秋楽挨拶みたいになってるけど、元気です。 いったい何の座長なんでしょう。 推敲しながら書いても 時間を空けるとこういうことがあるんですよね。 ・心からの感謝〜具体的なエピソードを添えて〜・関係者各位の名称〜正式に記載された字面の炙り〜・今後ともよろしくお願いします〜謙虚さと情熱の包み蒸し〜 ってベーシックなことを書いたんですが もう [続きを読む]
  • 興味と尊敬と知識
  • 美術館博物館は、収蔵品に関する教養があってこそ、楽しめる。 といった趣旨のツイートがFace bookでシェアされていました。 そんなことを思い出したのは 私の大好きなミュージカル『エリザベート』の.主人公 エリザベート皇后のミュージアムを訪れた時のこと。 ミュージカルを丸暗記するほど見ているのはもちろん ドイツ版のミュージカルも見て 関連本も読みこみ 知識量が豊富な状態で訪れたので とても面白かったです。 おお [続きを読む]
  • 人生初のモンスター
  • 最近いろいろバタバタしていて久しぶりにあまり眠れない日が続き、しなきゃいけないことあるのにやらなくていいことしてる余裕などとうになくひたすらゴール目指して作業を続けていたところに予想外の事態がこぼれイクラの如くてんこ盛り。エナジードリンクを飲むに至りました。絶対体に悪いので飲まないって決めてるんですがとうとう体力の限界が近い。。「乳飲み子の世話に比べたらどんなタスクも楽勝さ」って母はいつも励まして [続きを読む]