衣川竜也 さん プロフィール

  •  
衣川竜也さん: メンタルトレーナー衣川竜也のブログ
ハンドル名衣川竜也 さん
ブログタイトルメンタルトレーナー衣川竜也のブログ
ブログURLhttp://axia-coaching.com/blog
サイト紹介文メンタルトレーナー衣川竜也のスポーツコーチングとメンタルトレーニングのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 255日(平均1.6回/週) - 参加 2012/12/25 10:35

衣川竜也 さんのブログ記事

  • 競技力は成長と発達によって向上する
  • 昨日、今日とサポートをしている東洋大姫路剣道部の兵庫県高等学校新人大会の応援に行ってきました。男子は、決勝リーグで育英高校に敗れ2位でしたが、今年は全国選抜大会に兵庫県代表が2チーム出場できるという条件だったため、全国大会出場の切符をつかむことができました。 生徒たちも指導陣も1位での全国出場を目指していますが、生徒たちには一旦は喜びをかしめることと全国への出場権を勝ち取ったということを自信にして [続きを読む]
  • レーサーの脳波測定を取り入れたメンタルトレーニング
  • 先日、レーサーの上野大哲選手がシミュレーターを使ったトレーニングをされるのに同行させていただき、脳波測定を行ってきました。レースのシミュレーターは初めて見ましたが、当たり前ですがテレビゲームにはない迫力でした。 脳波測定は、シミュレーターを使って運転をしている状態で行いました。実践により近い行動を行っている時の脳波を取れるのはとても貴重です。レースなら、どういう場面で脳がどのように反応しているのか [続きを読む]
  • メンタルコンディションのチェックテスト
  • メンタルコンディションのチェックテストを作りました。スポーツのパフォーマンスは、脳が疲労していると質が低下します。脳はストレスによって疲労し、情報処理力、判断力の低下、四肢の動きの低下、疲労感の増加などが起きてしまいます。しかし、どれほどのストレスを受けているかは眼に見えるものではないので、自分の脳が疲労していることに気づかずに不調を感じるとフォームを直そうとしたり、自分の実力のは限界が来たのでは [続きを読む]
  • 対人競技のイメージトレーニング
  • 今日はイメージトレーニングとイメージの内容について書いています。イメージトレーニングをする際に試合の状況をイメージする場合には、試合中に自分の視野で捉えている状況をイメージ化して下さい。 自分の試合や他人の試合を参考にしてイメージ作りをすることは、試合を客観的な視点から見ている映像が視野を通じ脳に入ってきます。これは、自分の動きを作ることやサッカーやバスケ、アメフト、ラグビーなど複数の選手が入り乱 [続きを読む]
  • メンタルトレーニングに剣道の動きを導入
  • 今回の記事は、東洋大姫路剣道部のメンタルトレーニングについてです。ずっとメンタルトレーニングとして継続してもらっているIMトレーニングというものがあるのですが、そのトレーニングに剣道の動きを導入してみました。 動画のようにして、音の発生に合わせてマットを踏むのですが、剣道の構えと同じように右足前、左足を後ろにして、音の発生と同時に右足を軽く踏み込んでいます。(本当は、もう少し左の踵を浮かせる必要が [続きを読む]
  • ゴルフが上達する心技体のメソッド
  • 最近、ブログのネタが思い浮かばず、書こうと思いながらも更新が止まっていました。ということで、今回もネタが思い浮かばなかったので、再度セミナーの告知をさせて頂きます。10月19日から始まるセミナーですので、ブログを読んで参加してみたいと思われた方は至急主催者に問い合わせてください。ゴルフが上達したいと思っておられる方はたくさんおられるようで、ゴルフだけは競技者レベルの方以外にも経営者、お医者さん、営 [続きを読む]
  • なぜ、ゴルフはメンタルのスポーツなのか
  • ゴルフはメンタルのスポーツだと言われていますが、その理由はゴルフが止まっているボールを打つ競技であることが関係しています。止まっているボールを打つということは、相手やボールの動きに対する反応として体を動かすのではなく、自分の意思で動き始めることになりますが、そのため動き始めるまでにいろいろと考える余裕があります。また動いている最中も相手やボールの動きの軌道、スピードを把握する必要がないので、余裕を [続きを読む]
  • 考えるのではなく、感じるということ
  • 「考えるな感じろ」という言葉を何かのきっかけで知って、スポーツをする時の心理状態を端的に表した言葉だなと思っていたのですが、どうもこの言葉はブルースリーの『燃えよドラゴン』という映画の中で言われていた言葉だそうです。映画は見たことがないので、この言葉がどういう場面で使われたのかはわかりませんが、非常に分かりやすくスポーツをする時の理想的な心理状態を表していると感じています。 スポーツをしている時、 [続きを読む]
  • ゴルフで10打縮める「心技体」のメソッド
  • ゴルフで10打縮めるために心、技、体、のメソッドを学べるセミナーに講師としてお話をさせて頂くことになりました。セミナーは、3回にわたってゴフルのための体作りについてゴルフピラティスの専門家、技術の向上についてゴルフのティーチングプロ、そしてゴルフのためのメンタルコントロールについてメンタルトレーナーがお話をさせていただくという内容です。 日程は、以下のようになっています。10月19日(水) 18時 [続きを読む]
  • 脳波測定はメンタルトレーニングの可能性を高めてくれる
  • 昨日、メンタルトレーニングをしている時の脳波を測定してました。結果は、下記のようになっています。 まず、簡単に図の見方を説明します。上下で脳波やグラフなど同じような情報が並んでいますが、上が右脳の測定結果で、下が左脳の測定結果です。上段と下段の中間には、右脳と左脳の脳波の波形が同調すると青くなるようになっています。図の左から3分の2を占める部分は、の赤いギザギザの線は、脳波の波形です。心理状態によ [続きを読む]
  • レーサー 上野大哲選手、デビュー戦で優勝!
  • 私がメンタルトレーナーとしてサポートさせて頂いているフォーミュラカースーパーFJのレーサーの上野大哲選手が9月10日に行われた「2017もてぎチャンピオンカップレーススーパーFJシリーズ 第5戦」で見事優勝されました! 上野選手 おめでとうございます 上野選手の夢はF1参戦です。この勢いで夢にどんどん近づいて行ってほしいと思います。今回は、サポートさせて頂いている縁あって、マシンに弊社のロゴを貼っ [続きを読む]
  • アクセスアップを目指す!
  • 今日はビジネス的な観点から記事を書きたいと思います。最近、スポーツメンタルコラムを書きはじめました。↓スポーツメンタルコラムのページブログの1記事よりも1つのテーマでボリュームのある記事をコラムとして掲載していきたいと思います。ブログとは別にコラムとして記事を書こうとした理由は、ホームページ自体のボリュームを増やすためと、それに伴うアクセスアップを目指すためです。これまでスポーツメンタルのホームペ [続きを読む]
  • イップスは心が弱さが原因ではない
  • イップスは、アスリートを悩ませる問題の1つで、体が思うように動かなくなるということがパフォーマンスを低下させてしまうのですが、改善までに時間が掛かってしまうということもイップスがアスリートを悩ませる要因の1つです。 では、なぜイップスになると改善に時間がかかるのかというとイップスの可能性を感じたら・・・という記事の中にも書きましたが、自分がイップスであることを認めたくないという否認の心理が働くから [続きを読む]
  • 脳波測定とメンタルトレーニング
  • メンタルトレーニングを中心に、仕事で活用するために脳波測定のシステムを導入しました。写真のように、頭に脳波をキャッチするバンドを装着して計測をスタートします。そうすると額から出ている微弱な脳波を測定機に流し、脳の働きをパソコンの画面に映し出してくれるのです。 この脳波測定器を使うと、心理状態の切り替えが上手くできるか、出来ないのかがわかります。また、切り替えが上手くできるようなるトレーニングの効果 [続きを読む]
  • イップスの可能性を感じたら・・・
  • 今日、サンスポさんのニュースで私のコメントが紹介されました。取り上げて頂いてありがとうございます(^^)その内容はこちらです。↓阪神・藤浪の制球難は精神的部分か 精通してる指導者少ない日本球界 今回の私のブログ記事は、藤浪投手の記事の補足として書きたいと思います。サンスポさんの記事の中に「日本の野球界の指導者に精神的なことに精通している人は少ない」と書いてありますが、厳密にいうとイップスに対する知識や [続きを読む]
  • 理解力と想像力が心を強くする
  • 昨日は、東洋大姫路剣道部のメンタルサポートで姫路に行って来ました。昨日は新チームになって初めての合宿の初日だったこともあり、改めてメンタルトレーニングを行う目的や効果について説明しました。メンタルトレーニングの講義をした後は、稽古に参加させて頂き、私も森本先生の指導から何か学ぼうと思いじっくり指導内容を聴かせて頂きました。 東洋大姫路の指導は、非常に基礎的なことを重視していますが、その基礎は剣道の [続きを読む]
  • ガトリン選手とボルト選手に向けられたファン心理
  • 世界陸上の男子100mで、35歳のジャスティン・ガトリン選手が金メダルを獲得しました。30歳のボルト選手が今大会で引退を表明していることを考えると、35歳での金メダル獲得はすばらしい結果だと思います。しかし、この金メダルの獲得に会場ではブーイングが起こったそうです。このブーイングは、メディアでも報道されている通り、ガトリン選手が過去にドーピング違反をしていたため、金メダルの獲得にふさわしい選手では [続きを読む]
  • 人の成長のサポートと体験の意味づけ
  • メンタルトレーナーもそうですが、人の成長を援助する職業、立場の人はたくさんいます。例えば、学校の先生、スポーツの指導者、習い事の先生、心理カウンセラー、コンサルタント、塾の講師、など。 何を持って人の成長を考えるかは、その人の価値観によって分かれることもあると思いますが、目的という対象を見据えて、そこに近づくために取り組んだ結果、目的を達成したという事実以上にどのように取り組んだのか、取り組みの中 [続きを読む]
  • 高山勝成選手の東京オリンピック出場を願って
  • 私の知人に日本人初、世界4タイトル完全制覇を成し遂げた方がおられます。その方は、現在はアマチュアボクサーの高山勝成さんです。プロとしてに活動の中で世界4タイトル完全制覇し、現在はプロのライセンスを返上してアマチュアとして東京オリンピックを目指しておられます。 私が体をみてもらっているトレーナーさんが、高山さんのサポートをされていて、時々何度かご本人とお会いすることがあったり、その縁で試合も応援に行 [続きを読む]
  • 宮本丈選手のメンタルトレーニング
  • 今日は、私がサポートしているアスリートの紹介をさせて頂きます。(ご本人の了解のもと記事、写真の公開を行っております) 野球でプロを目指している宮本丈選手です。 宮本選手は、奈良学園大学の所属で、大学野球の日本代表にも選ばれていて、現在ユニバーシアード競技大会を控えておられます。宮本選手は、集中力、予測力、タイミング力を向上させるIMトレーニングに取り組んで頂いています。IMトレーニングとはIMトレー [続きを読む]
  • 第3回 目的達成トレーナー養成講座のご案内
  • 【第3回 目的達成トレーナー養成講座のご案内】目的達成トレーナーとは、株式会社AXIAが発行する認定資格です。これまで2回の講座を行い12名の方が資格を取得されました。スポーツに関わっている方、ビジネスで成長したい方、何かのスクールをされている方など、さまざまな職業の方が資格取得に伴って得たノウハウを活かして下さっています。講座の中で得られる知識は、目的と行動を一致させるための心理的ノウハウです。 [続きを読む]
  • メンタルトレーナーとして本を書きます
  • 先日、メンタルトレーナーとして本を書くことを決めました。内容は、スポーツ心理について心理学の観点からだけでなく、スポーツ生理学の知識も交えつつ、AXIAのメソッドを紹介するという感じになると思います。本を読むことで、競技における心理的な悩みへの対策が分かったり、継続すべき取り組みが明確になったり、指導の際のコミュニケーションが向上するようなものにしていきたいと思っています。また、メンタルトレーナー [続きを読む]
  • よく見て待つことと、タイミングを計ることは違う
  • 一流選手ほどタイミングを合わせる意識が高い人間の脳は、目の前で生じる動きに対してタイミングを取ろうとせずに待っている時と、何らからのモーションを手掛かりにタイミングを合わせてボールを打ったり、攻撃したりするときの方が働いている部分が多いという研究結果が出ています。脳の働きを比べると一流選手ほど、タイミングを取るという意識が高く脳の活性化している部分も多いそうです。 スポーツでは、基本的には目の前で [続きを読む]
  • スポーツで養いたい心の力と精神的自立
  • 競技力に自立心が伴わないこともあるスポーツ界では、技術や体力が向上し、大きな大会でも成績を残している選手が、必ずしも精神的に自立できているわけではないというのが現実です。 スポーツの世界では、子供の頃から活躍している子ほど監督やコーチの関わり方も手厚くあり、進路などもいろいろと考えてくれたりします。また試合に出る機会も多いのですが、試合に出ていない選手や保護者の支えもあって試合にだけ集中できる環境 [続きを読む]