衣川竜也 さん プロフィール

  •  
衣川竜也さん: メンタルトレーナー衣川竜也のブログ
ハンドル名衣川竜也 さん
ブログタイトルメンタルトレーナー衣川竜也のブログ
ブログURLhttp://axia-coaching.com/blog
サイト紹介文メンタルトレーナー衣川竜也のスポーツコーチングとメンタルトレーニングのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/12/25 10:35

衣川竜也 さんのブログ記事

  • メルマガが届かないという方へ
  • 本日、19時にメルマガを発行します。 内容は、『目的達成の習慣確立』についてです。 メルマガの読者登録をお願いいたします。 ↓ http://axia-coaching.com/mail-magazine2 ・・・ [続きを読む]
  • 桑田理論とイップス改善の可能性
  • あるテレビ番組で放送された対談を後日観る機会があり、非常に興味深い内容のものがあったので、それを見た感想を書きたいと思います。その対談は。昨年、制球難に苦しみ、イップスではないかと言われていた藤浪晋太郎投手と元プロ野球選手の桑田真澄さんの対談です。 その対談がなぜ興味深かったかというと、桑田さんの理論がイップス改善に通じるものであるからです。藤浪選手がイップスかどうかは定かではありませんが、イップ [続きを読む]
  • 軌道をイメージ化する力
  • Numberという雑誌があるのですが、そのWEB版に面白い記事がありました。この雑誌は、大学生のころから読んでいるのですが、アスリートを深堀するインタビューが掲載されていて、私が競技を問わずアスリートの心理に関心を持つきっかけの一つになったと思っています。私が今回興味を持った記事は、上原投手は軌道をビジュアライズ(脳内でイメージ化)する能力が高いということが書かれたものです。上原浩治の制球力はやはり天才 [続きを読む]
  • アスリートの気持ちの切り換え方
  • スポーツメンタルに関するQ&A  NO.1アスリートからの質問に対して、メルマガの中で【号外】として返答を配信しています。メルマガの中から、【号外】として配信したものに関しては、時間をおいてからブログでも配信していきます。 Q.気持ちをうまく切り換える方法が知りたい野球選手よりA気持ちを切り換えるいうのは、ミスをした後に試合の中で瞬時に切り換えが必要な場合と、敗戦の後に日々の練習の質を落とさないためと [続きを読む]
  • 知識がメンタルの課題と取り組み方を明らかにする
  • 新しくメールマガジンを発行し始めて4つ目の記事を書きました。今日の19時に4つ目の記事が配信されます。 現在は、心を構成する要素をいくつかに分け、その要素一つひとつとスポーツとの関連を説明しているところです。最初にメンタルとは何かというテーマで、心をいくつかの要素に分けて捉えようという記事を配信して、その後からの記事で、1つ目の要素は感覚、2つ目は認知、そして3つ目は情動という感じで、『○○とスポ [続きを読む]
  • スポーツの試合での緊張とメンタルトレーニングの活用
  • 緊張という心の課題を克服する方法 競技に真剣に打ち込むほどメンタル面の課題となっていくのが緊張への対処です。スポーツの緊張への対処について情報を求めてインターネットで検索している人も多いようです。この記事は、緊張を克服したい、緊張感を和らげる方法を知りたいという方のために、緊張のメカニズムや緊張をコントロールする方法についてまとめたものです。緊張とは脳が生み出す闘争(反応)反応であるアスリートがパ [続きを読む]
  • アスリートの摂食障害と万引きの関係と改善方法
  • 昨日、マラソンで世界選手権の出場経験のある方が、万引きをして執行猶予期間中だったにも関わらず、再度万引きをして逮捕されるという事件が報道されていました。http://www.sankei.com/affairs/news/180305/afr1803050023-n1.htmlこの万引きの背景には、ご本人が摂食障害だったということが言われています。競技によっては食事制限が厳しく、現役中に過食症になる選手もいます。 こういうニュースを見ると、本人はしっかりと改善 [続きを読む]
  • メンタルを強くするメルマガを発行します
  • 新しくメールマガジンを発行します。メールマガジンのテーマは、メンタルを強くするための知識の提供、その先にあるセルフコーチングの習得です。 私は、メンタルトレーナーを行っている中で重要視しているのが、アスリートのメンタル力の向上のいきつく先はセルフコーチングの習得だと思っています。コーチングやメンタルトレーニングを受ける、メンタルの知識を学ぶなどメンタルトレーナーから何らかのサポートを受けることはあ [続きを読む]
  • セルフコーチングができるアスリート
  • 私がアスリートのコーチングを行っている中で最も重視していることは、アスリート自身が心の中で自分自身にコーチングができるようになるようサポートするということです。メンタルトレーナーとしての役割の神髄は、アスリートがセルフコーチングができるようになり、メンタルトレーナーのサポートを受けなくても良いように導くことだと考えています。 身体能力や体格に恵まれているアスリートでも、考え方に柔軟性がなかったり、 [続きを読む]
  • 剣道で手元を上げる癖を克服するために
  • 今回は、剣道で手元を上げる癖を克服するために必要なこととトレーニング方法について書いてみたいと思います。剣道では、相手に責められたり、攻撃の体勢を取られると、打たれると危機から逃れるために無意識で防御姿勢に入ってしまうことがあります。この動きは、本来は相手に向かって竹刀の先を向けて構えている状態から、自分の面を守ろうとして相手から竹刀で自分の面を隠す動作です。そのため、どうしても面は守れても小手が [続きを読む]
  • 橋本ー松脇戦と反応力の高さ|七段戦観戦記
  • 今日は、全日本選抜剣道七段選手権大会を見てきました。去年に引き続き、高校時代の同級生である松脇選手が出ていたので、彼の応援が目的です。早速、結果ですが、優勝   橋本桂一選手 準優勝  松脇伸介選手 3位   木和田大起選手 3位   権瓶功泰選手となりました。 準優勝という結果は素晴らしいのですが、本人は本当に悔しかったと思います。同級生としては、何より本人が日本一を望んでいると思うので、優勝してほ [続きを読む]
  • 剣道上達のカギは眼と手の協調運動の精度
  • サポートしている剣道の選手には、ビジョントレーニングを提案しているのですが、剣道と眼に関する知識を増やそうと思って文献を探していると、面白い文献を見つけることができました。剣道選手の視機能について この文献では、日本代表候補でもある全日本の強化指定選手、大学のインカレ出場経験のある選手、そして大学に入り公式戦出場機会のない選手のさまざまな視機能の比較を行ったものです。 ここでは単純な結果だけをお伝え [続きを読む]
  • 教え子、我が子を導く心理の知識と技術の取得
  • 弊社では、メンタルノートという目的達成のための思考と行動を身に着けるための練習日誌を販売しています。メンタルノートとは そして、この日誌を使って選手のサポートを行うための理論を学べる講座もあり、その講座を修了された方には、目的達成の心理的ノウハウを習得した証として目的達成トレーナーというライセンスを発行しています。この講座は通信課程もあり、今回の期間限定で通信課程の料金を割引き、多くの方に目的達成 [続きを読む]
  • セカンドキャリアを切り開くアスリートの特徴
  • 私は、何名かの現役アスリートを継続的にサポートしています。また、引退したアスリートのセカンドキャリアの形成にも関わってきました。 現役時代と引退後のギャップアスリートの現役時代、そして引退後の両方の現状を見ている中で感じるのは、現役アスリートが引退をした時に、アスリート自身は自分の肩書が変わったことで周囲の反応が変わることに気づくまでに時間が掛かるのに対して、周囲の人は無意識にアスリートに対する意 [続きを読む]
  • 剣道七段の日本一を決める大会
  • 今日の記事は、あるクラウドファンディングの紹介です。それは、全日本選抜剣道七段選手権大会という日本の剣道七段取得者の中で全日本選手権や世界大会での活躍がある選手だけが出場できる大会の継続に関するものです。 この大会は、雑誌の剣月刊 剣道時代』と神奈川県剣道連盟の共催で行われているそうですが、運営資金の一部をクラウドファンディングで集めておられます。一昨年の大会からは、私と同い年の選手も出場するように [続きを読む]
  • 室伏広治さん著 『ゾーンの入り方』
  • 年末年始の休みは、空いてる時間にいくつかの本を読みました。その中の一つが、室伏広治さんの『ゾーンの入り方』です。一言でいうと、メンタルトレーニングを取り入れたいという方には、かなりおすすめの本です。 私は、メンタルトレーニングはもちろん、それ以外の専門的な知識は、それを専門的に学んだことのない人が活用できる状態として提供できることが大切だと思っています。そのためには、知識を学びながら、その知識を実 [続きを読む]
  • 新年のご挨拶と今年の計画
  • 皆様、明けましておめでとうございます。旧年中は、大変お世話になりありがとうございまいた。本年もよろしくお願い申し上げます。弊社としての信念の決意は、こちらのブログに書きました。カウンセラー衣川竜也のブログ メンタルトーレーなーとしては、今年は本の原稿を書き上げることを目標としています。自分が行っているメンタルトレーニングの内容をまとめておきたいと考え昨年の途中から書き始めましたが、ありがたいことに [続きを読む]
  • 剣道の攻めと心理について執筆しました
  • 弊社は今日で仕事納めです。年始は、6日から開始します。 今年もお陰様でさまざまな仕事の機会を頂きましたが、その1つが剣道の月刊誌である剣道時代で記事を書くという光栄な機会を頂きました。メンタルトレーナーを始めた時に自分が継続してきた剣道の雑誌で、メンタルに関して書かせて頂けるように頑張ろうと思っていたので、その思いが形になり編集者の方には心から感謝しております。内容は、『八段の先生の攻めは、相手に [続きを読む]
  • 上野大哲選手|スポーツメンタルインタビュー
  • フォーミュラレーサー 上野大哲|Daitetsu Ueno1998年2月8日生まれ京都府京都市出身17歳の時にレーシングドライバーになると決心。ZAP SPEED RACINGのドライバーズオーディションに首席に合格し、本格的にファーミュラーレーサーとしての活動を開始する。上野大哲オフィシャルブログ実績・ツインリンクもてぎチャンピオンカップレース2017・ツインリンクもてぎチャンピオンカップレース2017 スーパーFJシリーズ [続きを読む]
  • 子供のころから取り組めるメンタル強化
  • メンタルを強化するとはどういうことか? 子供がスポーツをやっていて、実力があるから結果が出せるようにメンタル面が強くなってほしいと親として願う人は多いと思いますが、そもそも子供にスポーツをしてほしいということ自体に、人生を生きていくためにも強い心を育ててほしいという願いを持っている親御様が多いのではないかと思います。ただ、日本では心の強さというと根性論を思い浮かべてしまう人が多いと思いますが、それ [続きを読む]
  • 寺田明日香選手|スポーツメンタルインタビュー
  • 7人制ラグビー 寺田明日香|Asuka Terada1990年1月14日生まれ北海道札幌市出身2013年に陸上選手としては現役を引退。結婚・出産を経て、2016年夏に7人制ラグビーの選手として現役復帰。東京オリンピックを目指し活動中。寺田明日香オフィシャルサイト実績陸上選手時代・100mハードル日本ジュニア記録(13秒05=2009年世界ジュニアランキング1位)・100mハードル日本高校記録(13秒39) インタビューメンタル、ビ [続きを読む]
  • スポーツが子供の自尊心の成長を妨げないために
  • スポーツと親子関係と自尊心 親からどんな言葉を掛けられて育ったかということは、子供の自尊心の形成に大きな影響を与えます。私は知識だけでなく、カウンセリングやメンタルトレーニングとして人とかかわる中や自身の体験などから、自尊心とは『ありのままの自分を尊重する心』であり、自分の能力に対する自信と他人との比較から自分を評価することではなく、過去の自分と比べて自分の能力や個性を評価して、今の自分を誇らしく [続きを読む]
  • 引退後も輝くための競技生活の送り方
  • 引退時が働き盛りのアスリート この記事は、アスリートのセカンドキャリアを見据えた現役生活について書いています。内容をより深く理解していただくためには、こちらの記事を先に読んでいただければと思います。選手生命は生活習慣に左右されるプロアスリートは、競技に取り組むことで収入を得ることができて、いわゆる【好きなこと】を仕事にできていると言えます。競技によっては高い収入になることもあります。しかし、試合ご [続きを読む]