craft_one さん プロフィール

  •  
craft_oneさん: 酒とデザイン
ハンドル名craft_one さん
ブログタイトル酒とデザイン
ブログURLhttp://blog.craftcraft.net/
サイト紹介文デザイン性豊かな日常品を扱うオンラインショップ「craft_one」のブログです。
自由文1950〜60年代の北欧の陶磁器に見られる風景画のような自然美を持つ器と、それに合うと思われる暮らしにまつわる物をセレクトしたお店です。
http://shop.craftcraft.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/12/25 11:52

craft_one さんのブログ記事

  • Ulla Procope / GA-1 ポット
  • 1970年代にフィンランドのARABIA窯よりUlla Procopeによってデザインされたポット「GA-1」です。絵付けはHilkka Liisa Aholaによるもの。急須のようなフォルムを持つデザインで、ハンドペイントで描かれた黄色い薔薇が可憐でありながら、フェミニンになり過ぎないモダンな仕上がりに。ローゼンタール窯でのTapio Wirkkalaがデザインを担当し、絵付けをRut Brykが施したシリーズのように、器と絵の相性が絶妙で、お互いを高め合うよ [続きを読む]
  • ilse decho / ティーカップ
  • 旧東ドイツのガラスメーカー「Saale Glas」より1962年に生産されたティーカップです。デザインはilse decho。耐熱ガラスなので、薄く繊細な作りで取手部分も持ちやすく、ソーサーの渕部分が立ち上がっていますので、手にとりやすい設計になっています。シンプルでスタッキング可能で合理的なデザインは、バウハウスの流れを汲むかのようなデザインです。同メーカーはJenaer Glasと共に、バウハウスで学んだWilhelm Wagenfeldによっ [続きを読む]
  • Russel Wright / Vegetable Bowl
  • アメリカのsteubenvill社より、1939年から1959年まで製造された、「american modern」シリーズのテーブルウェアです。時代を象徴する美しい流線型のフォルムは、世界恐慌後のアメリカに、突如として現れたモダニストの工業デザイナー、ラッセル・ライトによってデザインされました。ラッセル・ライトは主に生活用品をデザインし、当時主流であった、装飾が多く施されているヨーロピアンスタイルからの脱却を図り、シンプルかつ、機 [続きを読む]
  • 台湾プラスチック
  • 椅子やバケツなどの生活プラスチック用品の劣化した色と、いささか混沌とした街並の色合いとの重なりが良かったなぁと。積み重ねられた経年変化が激しい安価なスツールでさえ、何となく格好良く見えた台湾の食堂。 [続きを読む]
  • Kaj Franck /Prisma
  • 光の反射や屈折が美しいガラス製のテーブルウェア「プリズマ」はフィンランドのデザイナー、カイ・フランクによってデザインされました。ガラスの外側と内側にそれぞれテーパーがかかっており、透明感のある表情豊かなマテリアルを生んでいます。何かと重宝しそうな扱いやすいサイズ感で、同シリーズのプレートと組み合わせて使うことも可能です。ウェブショップはこちら。http://shop.craftcraft.net/ [続きを読む]
  • Sale / Daphna Laurens / Grid Plank
  • 商品入れ替えの為、ダフナ・ローレンスのカッティングボード(Grid Plank)を40%オフにて販売致します。この機会にぜひご検討くださいませ。尚、廃盤品となり在庫限りとなりますので予めご了承くださいませ。Grid Plank300 ¥10,000→¥6,000(税抜)Grid Plank525 ¥15,000→¥9,000(税抜)Grid Plank600 ¥14,000→¥8,400(税抜)詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。http://shop.craftcraft.net/?tid [続きを読む]
  • Enzo Mari / EM05 Fruit Bowl
  • 1997年にイタリアのアレッシィ社より発表されたフルーツボウル(EM05)はエンツォ・マーリによってデザインされました。通常、陶磁器や木、ガラスなどで作られる日用品を、あえて樹脂で生産されることによってのメリットである大量生産(安価な素材で良質なデザインの拡散)と位置づけたかのようなEMシリーズ。緻密な分析によってデザインされる機能と、芸術性の高いフォルムが一体になっており、実にマーリらしいデザインです。樹 [続きを読む]
  • ごあいさつ
  • オンラインショップの年内最終出荷は、12月29日(金)となります。休業期間中も通常通りご注文できますが、お問合せ、ご注文商品の発送につきましては1月4日(木)より順次対応させていただきます。今年もオンラインショップ並びに、「酒とデザイン」をご覧頂きありがとうございました。来年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。みなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 [続きを読む]
  • Raymond Loewy / Cutlery
  • 超音速旅客機コンコルド(エールフランス)の為に1975年にレイモンド・ローウィによってデザインされた機内食用のカトラリーです。機内で使われる事を考慮し、軽くてコンパクトでありながら、機能性も重視したデザインに。メインのカトラリーとして使用するにはやや心細いけれど、デザートなどのちょっとしたシーンでは重宝しそうです。不二家のロゴマークやピース、ラッキーストライク(共にタバコ)のパッケージ、ガソリンスタン [続きを読む]
  • Marc Newson / Cup
  • 2008年、カンタス航空(オーストラリア)機内の内装や食器などを手掛けたマーク・ニューソン。この赤いメラミン製のカップも実際に機内で使用されていたカップです。カンタス航空のイメージカラーである印象的な赤白色で、狭い機内でも容易に持ちやすい取っ手のデザインになっています。傷などありますがご利用には問題ないかと思います。ウェブショップの商品をアップしました。http://shop.craftcraft.net/?pid=126589248 [続きを読む]
  • 江之浦測候所
  • 先日は数人の友人と江之浦測候所へ。暗いからこそ、先に見える明かりが希望に見える。その半面、普段明るい所にずっといると、その暗さに気づくことはない。そんな事をぼんやりと考えながら、明かり向かって歩く脳内BGMはTHA BLUE HERBの「未来は俺等の手の中」。「…OK、余裕」、なんて言ってみたいもんだ。。https://www.youtube.com/watch?v=F68-2d9B3nM [続きを読む]
  • Jenaer Glas / Kuglof
  • ドイツの耐熱ガラスメーカー、イエナガラスのクグロフ(ケーキ)型です。50年代のビンテージ品になります。メーカーのイエナガラスの歴史は古く1884年までにさかのぼります。光学や科学部門で成功し、のちに高い技術を用いて耐熱食器などの家庭用品にも応用されました。一体成形の美しいフォルムを持ったケーキ型は、耐熱ガラスながら非常に薄く軽い仕上がりになっています。そのオブジェのようでユニークなケーキ型は、インテリア [続きを読む]
  • Rufra Wasungen / Tray
  • 旧東ドイツのRufra Wasungen社のトレーです。1960~70年代に生産されていた物だと思われます。異なる素材(木、ガラス、ゴム)の組み合わせがユニークで、アールデコを連想させるフォルムと柄が印象的です。小ぶりなトレーなので、2~4人用のカップなどを運ぶのに丁度良いサイズ感です。また装飾的にも面白いのでインテリアのアクセントにも良さそうです。  ウェブショップはこちらです。http://shop.craftcraft.net/ [続きを読む]
  • Pieter Brattinga
  • オランダ、De Jong社のグラフィックデザイナー「Pieter Brattinga」によって1965年にデザインされたポスター(額付き)です。オフセット印刷。ポスター自体にシワや傷が多く見られますが(額にも傷有り)ブラッティンガのポスターはあまり流通しておらず、大変珍しい作品になります。60年代以降のヨーロッパにおける成熟したグラフィックデザインの雰囲気をそのまま楽しめる逸品です。ウェブショップはこちら。http://shop.craftcr [続きを読む]
  • Mats Gustafson
  • 写真は確か2008年頃だったような。約10年前だなんて時間が経つのは本当に早いものだ…。いま恵比寿のMA2 Galleryで開催中のMats Gustafsonの個展は12月27日まで(まだ見に行けていない)。明日から12月。それはそれで時間が経つのは早いものだ…。(ちなみに壁に貼っているものはカラーコピーなのであしからず)Mats Gustafson NUDE展http://www.ma2gallery.com/current.html [続きを読む]
  • Hella Jongerius / B-Set
  • 通常より高温で焼かれる事によって微妙な歪みを故意に生じさせている。大量生産品であれば通常、不良品となされるモノをあえて生産ラインにのせる事で新しい価値を見出したヘラ・ヨンゲリウス。その歪みやいびつさを「不完全なものの中にある美しさ」として表現しました。工業製品に手の痕跡を残したような「B-set」シリーズは1999年にdroog designより発表され大きな話題となりました。ウェブショップはこちらhttp://shop.craftcr [続きを読む]
  • おやき
  • 割と近所に週に一回、土曜日の午前中(それも秋冬のみ)しか営業していない「おやき」屋さんがある。先代がお米屋さんで、合間に「おやき」を焼いていたらしい。去年場所を移し、今は引き続きその息子さんが「おやき」のみ受け継いでいる。お店の名前は…(そういえば、それといって看板もないし屋号も見当たらない)。「おやき」といっても色んな具材が入っているのではなく、直径7cmほどの大きさで、あんこのみ。先代から使われ [続きを読む]
  • オブジェ
  • 近所の無印良品がリニューアルしていたので、何気なく入ってみた(いつも必要な物以外にも、つい購入してしまうある意味困ったお店だ)。案の定、買う予定では無かったボディタオルと石けん置きの取り替え専用スポンジを買う事に。後者は僕の日々の生活において日用品でありながら全く機能を果たさない代物(そもそも石けん置き自体を持っていないのだから無理もないけれど)。石けんは置かないとしても、ちょっとした小物類なら置 [続きを読む]
  • David Chipperfield / Tonale
  • ある程度成人になると知人や友人、仕事仲間と(時として全く興味のない人とも)食事を共にする機会が増える。そこで今まで知らなかった食べ物や食べ方(作法)を知り、経験や味覚を通して自分の「食の好み」みたいなものを形成している気がする。そういう意味では上京して二十数年で随分と(食に関しての)経験値みたいなものが上がったような気がしていた。ただ、みかんの皮むきは別にして…。みかんとりんごの区別がつくようにな [続きを読む]
  • 出荷停止のお知らせ
  • 10月18日(水)〜22日(日)まで夏期休業の為、商品の出荷を停止とさせて頂きます。ウェブショップでのご注文は承ることはできますが、ご連絡並びに出荷業務は23日(月)より順次対応させて頂きます。大変ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願い致します。夏期休業:10月18日(水)〜10月22日(日) [続きを読む]
  • 秋とDoマグ
  • 急に寒くなってもその気温に見合う洋服や食事となると、そう簡単には用意できない。(特に秋は少しずつ段階を踏んで欲しいものだ。諸々。)ただひとつ僕にもあくせく準備しなくとも簡単に季節を感じられるものがある。それはDoの黄色いマグカップだ。つい昨日まで使っていたマグカップから形と色を変えるだけで、ぐっと季節感を感じられるような気がする。このマグカップの好きなところは色合いはもちろん、やや大ぶりなサイズなの [続きを読む]