ころり さん プロフィール

  •  
ころりさん: ココロのおうち。
ハンドル名ころり さん
ブログタイトルココロのおうち。
ブログURLhttp://korori2012.blog.fc2.com/
サイト紹介文鬱々とした子なし主婦。日々のココロの声を言葉にします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2012/12/25 17:08

ころり さんのブログ記事

  • 友人が言っていた
  • 昨夜は全く眠れなかった。眠れない事は慣れている。いつもの事。だが昨夜はただ眠れないだけでなく、モヤモヤとした感情に支配され、横になっていられないぐらい落ち着かず、この気持ちをどう解消すればいいのか分からなかった。原因は実母。これもいつのも事だ、聞き流そう、そう自分に言い聞かせるが上手くいかない。母から電話があり、言われた。「最近うちに来る事がかなり減ったわね」確かにそうだ。義父母と関わる事が増えて [続きを読む]
  • ネットの世界に救いを求めて
  • 今日は一日中パソコンを見ていたので目が痛い。ずっと以前から気になっていた整理をしたのだ。ネットをしていると色々なサイトで登録する事がある。パソコンをやり始めてかなりの年月が経つが、私は過去に会員登録したものや、次々と新しく作ったフリーメールなどをそのまま放置していた。その数は数えきれない程。さらに厄介なのが、どのサイトに登録したのか?どのメルアドが残っているのか?ほとんど覚えていない。登録時に情報 [続きを読む]
  • ぬか喜び
  • ある日夫が、夕食時に言った。「また一人辞めるらしい」夫の勤める会社の業績は下がる一方らしく、ここ数年で人がどんどん減っている。最近はいよいよ危機感があり、夫の給料も少し前に減額された。周囲の人が辞めていくのに、夫は焦らないのか?そう思ったが私が口を出せる事ではない……そう思い黙っていると、まるで私の心を見透かしたように夫が言った。「そろそろ転職しようかな」「え?そうなの?」思わず私の声のトーンが上 [続きを読む]
  • 深夜の別世界
  • 最近定期的に読んでいるブログがある。独身女性の一人暮らしブログ。仕事と家の往復で派手な暮らしではないが、猫を飼い慎ましく暮らしている。収入も貯蓄もそう多くないらしいが、家賃を一生払い続けるよりも経済的だと思い、中古の分譲マンションを購入したらしい。しっかりしている。読んでいていつもそう思う。私と同年代であるその女性は、友人と呼べる人はいないらしい。そのブログにも知人、友人の話題は一切登場せず、同僚 [続きを読む]
  • あの嫁に孫を取られた
  • ある日義母が言った。「あの嫁に孫を取られたわ」それを聞いて、義母も義姉が家を出た事を知っているだと知った。いつ義兄と話したのか、どういう説明をされたのか分からない。さすがに何ヵ月も経ってくると、義兄も話さない訳にはいかないと思ったのか。義母は義姉の事に関してほとんど何も話さない。私だから話さないのかと思い夫に、「お義母さんとお義姉さんの事で何か話した?」と聞いてみた事もあるが、「何も」と言うだけだ [続きを読む]
  • 嫁と同じ場所に
  • 「あらぁ、サッパリしたわね」私の顔を見るなり義母が言った。久々に髪をかなりカットしたので、誰が見ても変化に気付く。「いいわねぇ、若い人は。色々な髪型が出来て」義母は羨ましそうに私の頭を眺めた。義母は特別お洒落な人ではないが、年寄扱いされるのを嫌う。介護の話になると、「私ももう歳だからお世話してね」と、年寄だとアピールするのに、こういったファッションや美容の話になると、「年寄の行く店は嫌い」と言う。 [続きを読む]
  • とっくに孤独
  • 久々にはらわたが煮えたぎるような苛立ちを覚えた。どうしてこうも母はお節介なのだろう。頼まれてもいない事になぜ首を突っ込もうとするのか。理解出来ないし我慢も出来ない。このところ、実兄が帰省する時に妻や子供は一緒ではなく、兄が一人の事が多いとは聞いていた。「それはそうでしょう。子供達も自分の事で忙しいだろうし、お義姉さんも毎回一緒に来るのは疲れるんじゃない?」私がそうフォローする度、母は「それにしても [続きを読む]
  • 癒された時間
  • 美容院の予約日。緊張した面持ちの私を店のスタッフ達はとても感じ良く迎えてくれた。さらに気にしていたハゲの事も「どの辺りですか?」と、あちらから何気なく聞いてくれたので、こちらも構える事なく自然と説明が出来た。自分が思っている程、美容師達は何も思わないのかもしれない。多くの客を相手にしているのだから当然だろう。元々美容院が苦手な私。何より嫌なのが、美容師達が必要以上に会話しようとするからだ。お客様に [続きを読む]
  • 変身願望
  • 先日、セルフカットをして後悔した私。(→羞恥心の結果)しばらくは美容院にも行けないと思っていた。ハゲが恥ずかしいという以前に、いかにも素人がカットしたその毛先を見せるのが情けない。だがその恥ずかしさも日に日に薄れ、それよりもこの鬱陶しい髪型を早く何とかしたいという気持ちが強くなり、ついに美容院に電話した。普段はネットで予約をする。だが今回は「ハゲがあってもOKですか?」と確認する必要がある為、電話 [続きを読む]
  • 他人の優しさ
  • ――前回の続き。頭の中は完全に退職の事だったので、まさかの言葉に驚いた。「在宅……ですか?」これはどう受け止めればいいのだろう。凄くネガティブな私は、私がこの職場に来る事が迷惑なのだろうか……と思った。他のパートの中には、欠勤が続く私の事を不愉快に思っている人もいるだろう。その輪を乱さない為にも、上司が考えた案なのではないか。だが他のパート達にそこまで嫌われているのなら、在宅で働くなどという中途半 [続きを読む]
  • 上司からの呼び出し
  • 相変わらず、義母は私に仕事を辞めろと言う。「お金がないので……少しは働かないと……」その都度そんな風に言い訳をしているが、この言い方が難しい。言い方を間違えると、「あなたの息子の稼ぎが悪いので、私が働かなきゃいけないのよ!」と嫌味に受け取られかねない。事実なんだけど。「週に2日なんて、中途半端に行っても職場にご迷惑なだけよ」義母はそう言い、先日も私が出勤日なので無理だと言うのに納得せず、病院に連れ [続きを読む]
  • ゴミ捨て場に行くのが怖い
  • ゴミ出しに行くと、近所の主婦達が円陣を組んでヒソヒソと話し込んでいるのが見えた。「しまった……時間をずらせば良かった」そう思ったが時すでに遅し。皆に気付かれてしまい、引き返す訳にもいかない。このゴミ収集場、私の家からは角を曲がった場所にある。家からはその場所が見えない為、いつも「誰もいませんように」と願いながら、恐る恐るゴミ捨てに行く。そんな事を顔に出さず、出来るだけ笑顔で挨拶した。「おはようござ [続きを読む]
  • 大人の書道
  • 中谷美紀さんの結婚報告で、彼女の美しい達筆が話題になった。素敵……私もそう感じた一人。字に関しては最近義母に嫌味を言われたばかりだった。義父母の家で、「知人の通夜に出席するから、香典袋の表書きをお願い」と言われた。見るとテーブルの上には、袋と筆ペンが置かれている。「私、字が下手なので……」正直にそう言ったが、「何でもいいのよ、読めればいいんだから」と言う義母の言葉に押され、私は渋々表書きと、中袋に [続きを読む]
  • 楽しい事が分からない
  • 今日もほぼ一日中寝てしまった。ここ数か月ずっと不眠が続き、昼夜問わずよく眠れなかったのに、最近は以前のように日中だけがとにかく眠い。日中に時間があればついウトウトしてしまう為、夜が眠れないという悪循環。心療内科で処方された安定剤を服用しているが、眠る直前に服用しているのに一向に眠くならず、朝方になるとようやく眠くなる。それならば……と、薬を服用する時間を前倒しし、16時頃に服用してみても結果は同じ。 [続きを読む]
  • それにしても
  • 昔の友人から喪中ハガキが届いた。友人というか知人というか、その程度の関係。喪中ハガキといえばほぼどれも同じで、定型文が印刷されているものがほとんど。彼女のハガキもそれであったが、驚いたのは空いたスペースにビッシリと近況が手書きされていた。「娘も小学生になりました!」「毎日ピアノやお習字の練習で忙しくて大変です!」「でも家族3人で楽しく暮らしています!」やたらと「!」が目につくメッセージ。高齢出産だ [続きを読む]
  • 羞恥心の結果
  • いつの頃からか出来始めた円形ハゲ。→「ノーマークだった」あれから病院に通院しているものの、少しでも治っている実感が無い。自分ではよく見えない箇所の為、もしかしたら多少は変化しているのかもしれないが、触った感触では以前と同じ。最初の頃は「よくある事だ。いつか治る」と信じるよう努力していたが、最近ではずっとこのままなのでは……と不安と諦めになりつつある。せめてもの救いは、その後ハゲが増えていない事。こ [続きを読む]
  • パソコンは不健康
  • 最近耳鳴りが酷い。肩凝りと目の疲れも酷く、ネットをする時間を減らさなくてはと思う。しかしネットは私にとってのストレス解消。何とか負担を軽減しつつ楽しめる方法はないだろうか。私が主に使用するのはノートパソコン。デスクトップの方が姿勢が良くなり負担は少ないと思うが、ノートパソコンの持ち運び出来る手軽さが捨て難い。デスク、ダイニングテーブル、ソファ、ベッド――様々な場所で本を読む感覚でパソコンを開く。な [続きを読む]
  • タイムスリップした家族
  • 何年かぶりに父と母、そして私の3人で会った。「一緒に食事でもしようよ」入院していた父が少し前に退院し、その祝いに――と母から連絡があった。しかし理解しがたい。仮にも離婚した親同士がなぜそこまで関わろうとするのか?母が誰にでも過干渉なのは分かっている。父も兄も、母のそれが嫌で離れていった。なのにまたそれを繰り返そうというのか?気弱な父の事だ。強く断れず母の押しに負けてしまったのだろう。今の母はとにか [続きを読む]
  • 一緒にいたくないんです
  • 久々にパート。出勤する日が空くと、次に行くのが嫌になる。まるで初めての場所に行くかのような居心地の悪さ。私の居場所が無いような気分。そんな中でひっそり小さく座っていると、声をかけられた。「ころりさん、介護は大変?」酒家さんだ。以前から苦手だと思いながらも仕事の関係上、今まではどうしても話す機会が多かった。しかし彼女は最近フルタイム勤務に変更になった。私とは立場も仕事内容も違う。これで離れられる…… [続きを読む]
  • 私が私でなくなる
  • 昨夜は珍しく眠気に襲われた。普段の私なら1時や2時ぐらいではまだまだ目が冴えている。だが昨夜は目と頭が重く、気付けばウトウトしていた。ベッドに入ると案の定すぐ眠ったらしく、その後の記憶が無い。朝の7時に近所の子供の泣き声で起こされたが、目はまだ重かった。夫は出張で居ない。「まだ寝ていたい……」そう思ったがいつ誰が来るか分からない。時々朝から近所の主婦がインターホンを鳴らす事がある為、とりあえず着替え [続きを読む]
  • 介護方法の選択肢
  • 我慢できずに夫に言った。「今日、叔母さんにお説教されたわ」親戚に同居するべきだと言われた事を夫に愚痴った。すると夫、「僕も少し前に話した時、叔母に同じ事を言われたよ」と言う。いつの間に……。さぞ夫も気分が悪かっただろうと思い「それで?」と聞くと、「そりゃ少し落ち込んだね」と言った。落ち込む?腹が立ったのではなくて?私は夫に、「余計なお世話だよな。親戚の言う事なんて気にしないでおこう」と言って欲しか [続きを読む]
  • どうしてどうしてどうして
  • どうしてどうしてどうして!なぜ皆同居が正しいと断言するのか?なぜ同居しない子は親不孝だと決め付けられるのか?納得出来ない!そう思いながらも聞き流せず、葛藤で押しつぶされそうになる私はやはりどこかで同居しなくてはいけないと思っているのだろうか。今日は義父母の家で親戚と会った。ここ数日、義母はまた同居熱が復活している。義父母の家の老朽化が酷いからだ。雨漏りや強い風に揺れる音を聞いているだけで不安になる [続きを読む]
  • 主婦の健康診断
  • ある専業主婦のブログを読んでいて、「糖尿病になった」と書かれていて驚いた。体調が悪くて病院に行き検査したところ、分かったらしい。私と同年代のその女性。今まで読んでいる限り、多分標準体型かやせ型。時々食卓の様子をアップしているが、とても健康的な食事でそんな病気になるとは思えない。その方は自己分析し、一番の原因は「運動不足」だと書いていた。他人事ではない。ここ最近の私は全く運動していない。それどころか [続きを読む]
  • 皮肉な夫婦関係
  • 今年、大きく夫の給料が減額される事になり、この先どうなるのかと不安になった。→給料減額夫も精神的にピリピリした状態が続き、家の中は常に暗い二人がいるという状態。元々私も夫も物静かなタイプの為、以前から会話が無い事も多かった。だが今の会話の無さは以前とはどこか違う。心の距離がある静けさ……そんな感じ。夕食時など互いに黙々と食事をしていると気まずい。時には義母の愚痴など聞いて欲しい日もあるが、夫にはそ [続きを読む]
  • 保証期間
  • 義父母の家の掃除機を買い換える事で騒いでいたかと思ったら、今度は自分の家の掃除機が壊れた。何だか掃除機に振り回される時期らしい。私の家の掃除機は完全に動かなくなってしまった。電源を入れても反応無し。だが幸運な事に、まだ保証期間内だ。無料で修理してもらえるはず……と思い保証書を出してきたが、肝心の領収証が無い。これではいつ購入したかの証明が出来ないではないか。しかしここで諦めるのはあまりにも悔しい。 [続きを読む]