きゅーたん さん プロフィール

  •  
きゅーたんさん: きゅーたんの愛犬教育ママ日記
ハンドル名きゅーたん さん
ブログタイトルきゅーたんの愛犬教育ママ日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/kyutan1103/
サイト紹介文色違いのパグの兄弟、くま(黒)&ぎん(フォーン)との格闘の日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/12/25 23:02

きゅーたん さんのブログ記事

  • それはダメです!!
  • 可愛い、可愛い、うちのくま。来年2月に10歳になる。 顔に白髪が目立ってきた。お爺ちゃんと言えばお爺ちゃん。 ここ最近、体の調子が行ったり来たりで心配な事だらけだった。とにかく、病弱な子なので、いっぱい病気して、いっぱい薬を飲んでる(笑) そもそも目が乾燥性角膜炎でかなり悪くて、おそらく、今はほんの少ししか見えてない。 それは、今更始まったことで無く、そう言う状態で何年も暮らしてきた。 それでも、競技会で [続きを読む]
  • バランスの偏り
  • 現在、減りすぎた爪療養中で基本静養中な星。 靴下生活の星。 まだ、良い状態とは言えない。 前は、外科用アロンアルファを使ったりしてたんだけど、これは確かに、その後出血しにくいし、ある意味、抜群に効くけど、角質の生成の邪魔になるんだそうな。使った後、爪がゆがんで生えたりするらしい。 それはそれで良くないよ、絶対に。 事象をかたづければ、問題が解決されるか?と言えばそんな事など無い。 今、やるべき事は何か? [続きを読む]
  • 本当になんとかしたい星の爪
  • 犬の爪切り。犬を飼う上で必要最低限なケアの1つだと思う。 私は基本的には自分で爪切りするけど、誰にやってもらったっていい。ただの普通に必要なケアだと思う。 でも。 星とは、爪を切るって話には基本ならない。冬になって、雪が積もると爪切り必要になる。 けど、星との爪の基本問題は、 減りすぎる爪をどうするか??そこに尽きててしまう。 切るんじゃ無くて、生えて欲しいって方向。 星は爪がとても弱い。 怖い位にメチャ [続きを読む]
  • バー落下と潜在的な星との葛藤
  • 星がここ最近、ハードルのバーをとても落下させる。 バーを正確に跳ぶと言う意識が欠けてるってのが、一番あるんだと思う。 けど、指示コマンドの何かが実はよく解ってないのか??とも思えたりして、今日練習する時にいきなり細かく指示を与えてみた。 跳んで右に行けとか跳んで左に行けとかって、いちいち声符で指示してみた。 結果、これは、やりすぎだと思った(笑) 帰って気にさせすぎて落とさせてる。 基本、バーは跳ぶもの [続きを読む]
  • 不良犬・病弱犬・病気なの?犬
  • 我が家は問題児だらけ(笑) 現在の第1問題児は不良犬。しかも超賢い不良犬。 現在反抗期の星くん。 素行が目立って不良化してきたので、現在更正中。 星には私からの要求を、絶対に、1ミリの間違いも無く、正確に!!呑んでもらうことを徹底してやってる。 何が不良か?と言うと、態度が不良なので。 解っててやらないって言うのは、犬が絶対にやっちゃいけないルール違反。 それを私の前で散々やり始めたので、こうなってる。 [続きを読む]
  • 反抗期の星
  • メチャメチャ愚痴が言いたい今日この頃なので、まず、愚痴ってみる。 今の日本で、特に比較的若い30代〜40代の子達は、彼らの置かれた就職環境等が滅茶苦茶大変だった事もあるのか、他人の失敗を許容しない傾向にある。 自分が携わる他者の失敗も許し難いととらえる傾向にある。 そう言う意味では極めて狭量な世代だと言えると思う。 ものすごく人の動向に気を使う世代でもある。 極めて穏やかに他者と穏便に付き合おうとするけど [続きを読む]
  • 爪減り病again
  • 星の弱点は、過剰なやる気による興奮。もっと大きな問題として。 肉体的には爪!過剰に星の爪は摩耗する。出血流血の事態にまで。 肉球の毛刈りを徹底してから、少し収まってたこの問題。 まーたー、ここのところ再発。 齢3歳も終えようとしてる雄として完成してきた星の肉体は、かなり今ガッチリしてきて、筋量多くてとても重い。 3歳になる前の去年の冬くらいまでは、どんだけ食べさせても肉が付かなくて、周囲に食べさせてる [続きを読む]
  • そりゃ、練習しますよ
  • なにせ、競技歴だけは私は長いので、星とも黙々練習しますよ。 競技会への参加も成績もどうでもいいけど、それでも、星とは黙々練習しますよ。 私の要求、リクエストを絡めた強い行動指示に従ってもらう。それなくては犬とは何も出来ないんだもの。 私は犬と暮らす限り「何かを一緒にする」楽しさが最大の価値なので、競技云々でなく、当然それを星に求めてる。 星は、マジに今は制御が効いてないと思う。自分がやりたい様に私を仕 [続きを読む]
  • 引退気分で楽になる
  • なまじ、星という、超高性能な犬を迎え入れちゃったから、いつでも、気負ってた。 見合う成績を無意識に作りたかったんだと思う。 事実、作れてもいたし。 こだわってないつもりでも、成績出せちゃう星がいたから、成績を望む私がいたんだと思う。 でも、星はそんなに簡単では無かったんだ。 意欲の有り余る星は、小さなケガも多い子。 今、私の状態がまともになってきて、ちゃんと走れる様になってきたら、肉球の毛刈りしてるのに [続きを読む]
  • そりゃ教えてないもん
  • 思うところがあって、って、まあ、とりあえずもう、当分は星を競技会に出すことはない事が決定したので、いきなり気楽になったって事があって、星に、新しい事をいっぱい教え始めた。 キレてしまわなければ、星は競技会で間違いなく成績残せる。そう言う犬だから、チャンスを棒に振るのは勿体ないけど、キレないと言う保証も無いのが今の星。 キレたら競技会で大迷惑になる。 とりあえず、やれるやれないでなく、ちゃんとした義務 [続きを読む]
  • 身の丈に合わない犬
  • 星は、本当にいわゆる高性能な犬だと思う。 意欲がとにかく高い。意欲がないと、犬とは何をしても難しい。 有り余るほど、意欲がある。 ただ、それを飼い切れるだけの私でない。身の丈に合わないほど、星は優秀なんだと思う。 今日、訓練所で大先生と本部のvideoを見せながら、その話をしてた。 星にはとても優れた行動がある。意欲に溢れ、応じようと言う気持ちがある。けど、反面、自分を抑えてまで私に従う意思は弱い。 星は義 [続きを読む]
  • 自分が犬となにをしたいのか
  • 来年1月に4歳になる星。 私はこの子は本気で犬との競技がしたくて迎え入れた。 能力的にはとても高いし、日常生活にも問題は無い。 強いていうなら、ガッツリ付き合ってあげないと星が変になる。 私が初夏に膝にケガしてから星とは本当に変になった気がする。 それまで培ってきた関係性が壊れた。 はっきり解る事は、それ。 若い犬とやって行く限り、力負けする状況は作っちゃダメだ。決して暴力じゃ無い。でも、自分が弱ってる事 [続きを読む]
  • ラリーオビディエンスへの期待
  • 早くJKCも、取り入れてくれないかな、ラリーオビディエンス。 これ、絶対楽しいオビ。犬が飽きないし。 もちろん、ちゃんとした、基礎の訓練がないとダメだけどさ。 とっても、実施に期待してる。 いつか、星とやれるといいな。これは、お互いにとても楽しいと思うから。 星には単調な作業は難しい。 淡々とやる服従競技。それは、とても実は難しい。 それもいずれ乗り越える。でも、絶対にこれから、ものすごく時間がかかる。コ [続きを読む]
  • 3年前の星
  • 3年前に書いたブログ。 この頃、星が障害に行かず、「私」に来ちゃう事が悩みだった。10ヶ月くらいのこの頃は、星はそんなにアジリティーが好きな訳で無い子だった。 子供が理解してやるには高度すぎる競技だからかな。 レトリーブやその延長線のディスクの方がよっぽど興味を示し、そして好きだった。 今はアジという競技を理解していて、そして、本当にアジが好きなんだと思う。成長して、雄としては脂ものってきて、今の星は妙 [続きを読む]
  • ”小さな小さなファール”
  • 3年前に書いたブログ。 この頃、星が障害に行かず、「私」に来ちゃう事が悩みだった。10ヶ月くらいのこの頃は、星はそんなにアジリティーが好きな訳で無い子だった。 子供が理解してやるには高度すぎる競技だからかな。 レトリーブやその延長線のディスクの方がよっぽど興味を示し、そして好きだった。 今はアジという競技を理解していて、そして、本当にアジが好きなんだと思う。成長して、雄としては脂ものってきて、今の星は妙 [続きを読む]
  • 小さな小さなファール
  • 強制持来での小さな小さなファール。 星は持来が大好きで、強制持来で作ってあるのに、それでもダンベルで遊びたくなる。きっと本音ではダンベルで遊びたい。 そして、こうやって、少しずつファールを折り込んでくる。咥え損ねたふりをして、実はダンベル囓ってこっそり遊んでる。 ここ最近、これが目に余る。 叱ると、急にちゃんとやるのがいい証拠。本当は何をするべきかちゃんと解ってる。 さっき叱られたから、ちょっとだけ、 [続きを読む]
  • ガチに行く。
  • 星とは、本当に様々悩める。 その主たるものは、過剰な興奮。いったん、そのスイッチが入ってしまったら、もはや多分誰にも止めることが出来ない。本人にすら止められないんだと思う。 基礎的に、冷静で賢い犬なのに、何かあると過剰に興奮してくる。もう、そうなると、制御不能になる。日々、暮らしてる時にはこんな星では絶対にない。甘えっ子でベタべタな犬。この、落差があまりに大きい。 過剰に興奮してくると行動が何でもあ [続きを読む]
  • 訓練所で
  • 今日は、訓練所で訓練。 星は、このフィールドがマイフィールドなので、この場所がものすごく好きだ。 一番リラックスした星になる。 でも。 今日は、私的にはある種の決意があって訪れた場所だった。 これからの星をどうするか??と言う、シリアス極まりない問題があるからだ。 星の過剰興奮状態は、やはり、絶対に止める必要がある。 そうでなければ、何も出来ない。 ただ、興奮してるんじゃなく、過剰に興奮してくる。 やる気 [続きを読む]
  • 敵じゃ無い。でも味方じゃない。
  • 福島の競技会で、競技復帰した。私は走れた。1日目はクリーンランこそ出来なかったけど、AGもJPも完走できた。 けど、2日目は散々で、それは、競技以前の問題だった。 星に会場で逃げられたり。参加者の方にも迷惑かけて、散々で、JPだけ走って、棄権した。 2日目は周囲にお詫びに行った様なもの。 本当に心折れた。 多分、これも、私のケガによるブランクのせいだと思う。星への星が私の影響が弱くなったと星が私を舐めてきた。 [続きを読む]
  • 頭が冷えた(笑)
  • 私のストレス発散法は、なんでもいい、仕事上の事でも良いから集中してものを書くことと、馬に乗ること。 ものを書くことに関しては、実はなんでもよくて、こうしてブログ書くことも、仕事で文書を書くことも、どんなのでも、ストレス発散になる(笑)そのストレス発散で、業界内に書籍を出せちゃった事もあるくらい(笑) 理系の職業に今も就きながら、実は私は全く理系でない。行く大学、学部すら間違ったなと思うくらい。 発散 [続きを読む]
  • 才能
  • 私が星とやってるのは、家庭犬訓練競技(服従競技)とアジリティーで、どちらも競技会に参加してる。 服従は道具があまり要らないのでどこででも気楽に練習出来るメリットがある。必要なのはダンベルくらいで、散歩のついででも練習出来る。私は服従競技も大好きで、それは、犬との関係性の確立にはうってつけだから。 アジリティーはお互いの高揚感もあり、楽しい。 と、星を飼うまでは思ってた(笑) くまとかぎんとかとアジやっ [続きを読む]
  • どうしていいものやら
  • 今日は福島の競技会前の最後のまともなコース練だった。 初夏に左膝に大怪我してから、結局9月いっぱいまで、私をまずどうにかするしかなかった。 私自身も微妙にどうにかなってる様でなっていない様な、そう言う状態が今。 痛みや状態の悪化は、どうにもならないところまで落ちることはもうなくなった。なんとかスレスレでもコントロールが出来る様になってきた。今行ってる病院のおかげだと思う。 けれど、私が思う様には実は自 [続きを読む]
  • メインテナンスと準備
  • 競技会が来週の土曜日に近づいてきて、明日は、多分その前としては最後となるコース練習。 その前には、恒例、星の毛刈り。シッポと、足の裏。 もしも雨だと、シッポの毛がスラロームとかに絡みつく事故が星には起きる。多分、体がデカい犬の宿命でシッポにもバランスを星が強く求めるから。 で、シッポの毛はヤバくてない方がいい。 と、言っても、流石にバリカンで刈り上げちゃうと、中身は貧相なトカゲの尻尾みたいなので、それ [続きを読む]
  • プロとは
  • プロとは。 最低、相手の対価にに見合った仕事が出来る人間を言うと思う。 けど、本物のプロは、対価以上に価値ある「何か」も息をする様に自然に提供してくる。それが、本物のプロだと思っている。 私自身もある種の専門職で、プロ。なので、プロを名乗る人達への目線は基本とても厳しい(笑) プロは、絶対に結果を出さなくてはいけない。そして、万が一結果が出ないことを誰のせいにもしてはいけない。プロは絶対に自己責任を重 [続きを読む]
  • そっか!とFCI2018アジで思った事
  • 星は、スラローム(ウィーヴィング・ポール)がとても苦手な犬。 故に、スラは、なんとか出来る様になった、2歳の頃から今まで、それはそれは、必死で練習してきた。 それでも、今でも苦手。速度が乗ってしまえばもう、入れない。 それは、エントリーへの意識が低いからなのか?と、思うと、意外にそうでなく、速度さえ乗らなければ、今はかなり正確にやってのける。 そう。星は速度を殺すことがとても苦手な犬なのだ。 星は、デカい。 [続きを読む]