森永裕爾 さん プロフィール

  •  
森永裕爾さん: 詩と法律と
ハンドル名森永裕爾 さん
ブログタイトル詩と法律と
ブログURLhttps://ameblo.jp/intellectual222property/
サイト紹介文札幌の詩書き。吉増剛造、朔太郎、ランボー、ポー、エリオット、ボードレールなどを敬愛。松尾真由美も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 295日(平均0.2回/週) - 参加 2012/12/27 23:59

森永裕爾 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 夜めき春めく
  • 雪融け間近に匂い立つむせかえるよに花盛りな あなたなまめき開かれる 花弁に顔を埋め赤く色づいた熱い彩りで探ればとろけ出し連なるしたたりが渇き切ったぼく自身の哀しみを濡らしてゆく [続きを読む]
  • 魔天使
  • 仄かに青い光る三日月夜危うげな瑠璃細工に似た白く燃えるあなたの肢体焔で象られた十字架に結わいつけ射し込む宵色の月明かりに照らしゆらめぎゆれる姿態を見つめ酔いしれる開け放つ飾り窓吹きこむ冷たい風に染まり言いだせないまま明けゆく魅入られた夜が笑っている [続きを読む]
  • 魔天使
  • 仄かに青い光る三日月夜危うげな瑠璃細工にも似た白く燃えるあなたの肢体焔で象られた十字架に結わいつけ射し込む宵色の月明かりに照らしゆらめぎゆれる姿態を見つめ酔いしれる開け放した飾り窓吹きこむ冷たい風に染まり言いだせないまま明けゆく魅入られた夜が笑っている [続きを読む]
  • 魔天使
  • 仄かに青い光る三日月夜危うげな瑠璃細工にも似た白く燃えるあなたの肢体焔で象られた十字架に結わいつけ開け放つ飾り窓射しこむ 宵色のゆらめぎ吹きこむ冷たい風に染まり言いだせないまま魅入られた夜が笑う [続きを読む]
  • 魔天使
  • 仄かに青い光る三日月夜危うげな瑠璃細工に似た白く燃えるあなたの肢体焔で象られた十字架に結わいつけ開け放つ飾り窓射しこむ 宵色のゆらめぎ吹きこむ冷たい風に染まり言いだせないまま魅入られた夜が笑う  [続きを読む]
  • 今に生きて
  • 生きることどのように処すべきか苦しみ惑いあてどなく彷徨うその連続でそれでもなお昨日よりは今日そして今日は明日の未来そう信ずることが想いの始まりで生きづらさが増した世の中にあって呼んだら答える山のこだまのように自分自身に言い訊かせて [続きを読む]
  • 濡れた夜に聴いて
  • ひとえにさしこむ月明かりに 夜雨が乱れ舞い    無数にふりしきる記憶のつぶてが 妖しく揺らめく黒髪をつたいて      あまやかに濡れる瞳にうつり    やがて 冷たくとじた胸元にあふれて 聴こえてくる            (暗闇に失った)      たしかに         (偽られた調べを)              今に聴いている      絹音の叫びに狂わされた韻律から   うまれてはこぼ [続きを読む]
  • 濡れた夜に聴いて
  • ひとえにさしこむ月明かりに 夜雨が乱れ舞い    無数にふりしきる記憶のつぶてが 妖しく揺らめく黒髪をつたいて      あまやかに濡れる瞳にうつり    やがて 冷たくとじた胸元にあふれて 聴こえてくる            (暗闇に失った)      たしかに         (偽られた調べを)              今に聴いている      絹音の叫びに狂わされた韻律から   うまれてはこ [続きを読む]
  • 過去の記事 …