マイナー曲推進委員 さん プロフィール

  •  
マイナー曲推進委員さん: クラシック・マイナー曲推進委員会
ハンドル名マイナー曲推進委員 さん
ブログタイトルクラシック・マイナー曲推進委員会
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mountain352001/
サイト紹介文クラシックのマイナーな作品(ほぼ管弦楽曲)を中心にCDを聴き、備忘録的にひたすら書き込んでいます。
自由文クラシックのマイナーな作品(ほぼ管弦楽曲)を中心にCDを聴き、備忘録的にひたすら書き込んでいます。
もし読んでくれる同好の方がおりましたら参考になれば嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/12/30 10:03

マイナー曲推進委員 さんのブログ記事

  • CD ナザレスのレスピーギ:劇的交響曲
  • レスピーギ:劇的交響曲ダニエル・ナザレス(指揮)スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団録音:1986年2月スロヴァキア・フィルハーモニー・ホール(MARCO POLO 8.220418[30XM-40])ダウンズの劇的交響曲が良かったのでナザレス盤も聴いてみました。ナザレス(1948-2014)はインド出身の指揮者。1978年のジュネーヴ国際音楽コンクールにて最高位を堤俊作と分け合ったそうです。のちにベルリン交響楽団(旧西)、MDR交響楽団の [続きを読む]
  • CD ダウンズのレスピーギ:劇的交響曲
  • レスピーギ:劇的交響曲エドワード・ダウンズ(指揮)BBCフィルハーモニック録音:1992年11月17、18日ニュー・ブロードキャスティング・ハウス、マンチェスター(CHANDOS CHAN9213)レスピーギの劇的交響曲(シンフォニア・ドラマティカ)のダウンズ盤が中古で激安で売ってたものを買ってたのですが3年くらい寝かせてたの思い出しました。この作品、MARCO POLOレーベル初期のナザレス盤はよく聴いてました。で何かの調べものして [続きを読む]
  • CD モートン・グールドの「フォール・リヴァー伝説」全曲
  • モートン・グールド:バレエ「フォール・リヴァー伝説」全曲ミルトン・ローゼンストック(指揮)ナショナル・フィルブロック・ピーターズ(語り)録音:1983年10月27日(ALBANY TROY035)以前組曲版を聴いて関心したモートン・グールドの「フォール・リヴァー伝説」の全曲版を見つけたので入手してみました。このCD最初モートン・グールドと振付師のアグネス・デ=ミルの会話が27分も入っています。英語で何言ってるかわかんないの [続きを読む]
  • CD 渡辺宙明スペシャル・ブラス
  • 渡辺宙明:①「人造人間キカイダー」②「秘密戦隊ゴレンジャー」組曲③マジンガーZ組曲「魔神抄」④映画「マジンガーZ対暗黒大将軍」より⑤戦隊アラカルト スペードエースの若き獅子(ジャッカー電撃隊)/青春のテーマ(電子戦隊デンジマン)/ファイト!サンバルカンロボ/フラッシュ!ゴーグルV/バトルフィーバーJ/勝利だ!アクマイザー3/斗え!超人ビビューン/ゴーゴーキカイダー⑥アンコール 秘密戦隊ゴレンジャー/ [続きを読む]
  • CD バティスのファリャ:恋は魔術師、三角帽子
  • ファリャ:①バレエ「恋は魔術師」②「はかなき人生」から間奏曲と舞曲③バレエ「三角帽子」エンリケ・バティス(指揮)メキシコ州立交響楽団③マリア・ルイサ・サリナス(ソプラノ)録音:①②1989年トルーカ、③1994年(?)メキシコ・シティ(REGIS RRC1271)バティスの「恋は魔術師」はASVの半端な抜粋版しかなかったので、全曲聴いてみたいな、と思っていました。ということでREGIS盤を入手しました。この盤は元はIMPレーベル [続きを読む]
  • CD リー・アクターの交響曲第1番、他
  • リー・アクター(1952-):①悲劇への前奏曲②レッドウッド・ファンファーレ③交響曲第1番④変奏曲とフーガカーク・トレヴァー(指揮)スロヴァキア放送交響楽団録音:2004年5月27-30日スロヴァキア放送コンサート・ホール、ブラティスラヴァ(MMC RECORDINGS MMC2140)アメリカの若い作曲家はたくさん居すぎてキリがないので、あまり追いかけてないです。アメリカに多いミニマル系や実験系も苦手だし。でもこのリー・アクターは [続きを読む]
  • CD 橋本國彦:感傷的諧謔、宮原禎次:交響曲第4番
  • 「オーケストラ・ニッポニカ第1集」より①橋本國彦:感傷的諧謔(1928年)②宮原禎次:交響曲第4番(1942年)本名徹次(指揮)オーケストラ・ニッポニカ録音:2003年2月2日紀尾井ホール(ライヴ)(MITTENWALD MTWD99011)せっかくなので大澤壽人とカップリングになっていた橋本國彦と宮原禎次も聴いてみました。①低弦から始まりしばらくピチカートでアンニュイな感じで動きます。日本風丸出しではないですが、和のテイストはず [続きを読む]
  • CD 大澤壽人の小交響曲、ピアノ協奏曲第3番
  • ①大澤壽人(1907-53):小交響曲ニ長調飯守泰次郎(指揮)関西フィル録音:2006年11月30日 ザ・シンフォニーホール(ライヴ)(ALM RECORDS ALCD-8031)実をいうとこのあたりのNAXOSで片山先生が勧めていたマイナーな日本の作曲家達はあまり面白いと思ったことがなく、NAXOSのシリーズも途中で買わなくなっていました。今回飯守さんのショスタコのカップリングということで興味が湧いて聴いてみました。第1楽章 アレグロ・モデラ [続きを読む]
  • CD セント=クレアのヴィラ=ロボス:交響曲第2番「昇天」
  • ヴィラ=ロボス:①交響曲第2番「昇天」②ニューヨーク・スカイライン・メロディカール・セント=クレア(指揮)SWRシュトゥットガルト放送交響楽団録音:①1998年2月16-19日、②2000年4月17、18日,シュタットハレ・ジンデルフィンゲン(CPO 777 516-2の2枚)カラブチェフスキーのリリースに合わせて聴いてきたセント=クレアのヴィラ=ロボス:交響曲全集も今回で全部聴きなおしました。①第1楽章。開始からしばらくテンポの速 [続きを読む]