マイナー曲推進委員 さん プロフィール

  •  
マイナー曲推進委員さん: クラシック・マイナー曲推進委員会
ハンドル名マイナー曲推進委員 さん
ブログタイトルクラシック・マイナー曲推進委員会
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mountain352001/
サイト紹介文クラシックのマイナーな作品(ほぼ管弦楽曲)を中心にCDを聴き、備忘録的にひたすら書き込んでいます。
自由文クラシックのマイナーな作品(ほぼ管弦楽曲)を中心にCDを聴き、備忘録的にひたすら書き込んでいます。
もし読んでくれる同好の方がおりましたら参考になれば嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/12/30 10:03

マイナー曲推進委員 さんのブログ記事

  • CD アブドゥラエフのカラ・カラーエフ管弦楽作品集
  • カラ・カラーエフ(1918-1982):①バレエ組曲「7人の美女」②バレエ組曲「雷の道」ラウフ・アブドゥラエフ(指揮)モスクワ放送交響楽団録音:1993年モスクワ(OLYMPIA OCD491)早速OLYMPIAのアブドゥラエフによるカラーエフ作品集聴いてみました。①曲の感想はカラビツ盤の通りです。ちょっとざわついてるけど昔のロシア・オケのサウンドにワクワクさせられます。速いところでのキレなんか素晴らしいです。1曲目冒頭の怪しげな [続きを読む]
  • CD カラビツのカラ・カラーエフ管弦楽作品集
  • カラ・カラーエフ(1918-1982):①バレエ組曲「7人の美女」②交響的彫刻「ドン・キホーテ」③交響詩「ライラとマジュヌーン」④バレエ「雷の道」から「子守歌」キリル・カラビツ(指揮)ボーンマス交響楽団録音:2017年1月21-22日、ザ・ライトハウス、プール、ドーセット(CHANDOS CHSA5203)カラ・カラーエフはショスタコーヴィチの弟子でアゼルバイジャンの大物。確か「証言」でも変な人エピソードで登場してたような気がしま [続きを読む]
  • CD プレートルのルーセル:「バッカスとアリアーヌ」「蜘蛛の饗宴」
  • ルーセル:①バレエ「バッカスとアリアーヌ」Op.43?蜘蛛の饗宴〜交響的断片Op.17ジョルジュ・プレートル(指揮)フランス国立管弦楽団録音:1984年9月6-8日サル・ワグラム,パリ(EMI CC33-3836)中古でプレートルのルーセルを見つけたので買ってみました。①「バッカスとアリアーヌ」はデュトワ盤とマルティノン盤を持っていましたが、他は聴き比べたことないですね。デュトワ盤では1幕2幕でそれぞれ1トラックしかなかったの [続きを読む]
  • CD ステファン・ソリヨムのヴィドール:交響曲第3番
  • ヴィドール(1844-1937):?交響曲第3番Op.69(1895)〜オルガンと管弦楽のための②オルガン交響曲第7番Op.42-3クリスティアン・シュミット(オルガン)?ステファン・ソリヨム(指揮)バンベルク交響楽団録音:?2008年10月9-12日ベンベルク・コンツェルトハレ②2010年10月11-14日聖ユオン修道院,ルーアン、フランス(CPO 777 678-2)ヴィドールの交響曲第3番はオルガンと管弦楽のための作品でCDは2種類も発売になっていた [続きを読む]
  • CD リュー・ジアのシュニトケ:交響曲第8番、他
  • シュニトケ(1934-98):①交響的前奏曲(1993)②交響曲第8番(1994)③リヴァプールのために(1994)リュー・ジア(指揮)ノールショピング交響楽団録音:①2001年5月、②2002年5月、③2000年9月、ルイ・ド・イェール・コンサートホール,ノールショピング(BIS CD1217)順番にノンビリ聴いてきたBISのシュニトケ交響曲シリーズも第8番まできました。このアルバムはシュニトケ晩年の3曲を収録しています。①聖歌風のトランペ [続きを読む]
  • CD セント=クレアのヴィラ=ロボス:交響曲第1番、第11番
  • ヴィラ=ロボス:①交響曲第1番「知られざるもの」Op.112(1916)②交響曲第11番(1955)カール・セント=クレア(指揮)SWRシュトゥットガルト放送交響楽団録音:1997年9月15-19日シュタットハレ・ジンデルフィンゲン(CPO 777 516-2の1枚)久々にカラブチェフスキーの新譜も出たのでセント=クレアの第11番の復習とカップリングの第1番を聴きました。①まずは第1番。4楽章形式でタイトルがついています。第1楽章。「ド [続きを読む]