おさーる さん プロフィール

  •  
おさーるさん: オンラインカジノドリーマー
ハンドル名おさーる さん
ブログタイトルオンラインカジノドリーマー
ブログURLhttp://onlinecasinodreamer.com/
サイト紹介文オンラインカジノNo1情報サイトです!ぜひお気に入りに登録して頂き、ゆっくりとご覧下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/12/30 23:34

おさーる さんのブログ記事

  • SSLってなに??
  • SSLってなんですか?みたいな質問をいただくのでざっくりとした説明と、見た目で判断する簡単な見分け方を紹介します。SSLというのは、例えばメールを送受信する時、送信者が送ったメールの内容は受信者がメールを開くことで確認できます。しかし、SSLを利用していない場合、送信者と受信者の間のメール送受信履歴がネット上に残り、中身を他の人が見れてしまいます。まぁインターネットの閲覧履歴が見られたりすることと同じなの [続きを読む]
  • 解決策→カジノ法成立で暴力団が狙う“裏口参入”
  • 闇金、イカサマ、ジャンケット、違法カジノ、、、これら違法行為がなぜなくならないか。それはデメリットを上回る大きなメリットがあるからです。もちろん反社会的勢力のメリットとは”金”です。これまで色んな論を聞いてきました。闇金は歴史も古くビジネスモデルが確立されていることから、新規参入企業も後を絶たない事でしょう。イカサマに関してはディーラーの買収が最も可能性としても高く被害も大きくなるのではないでしょ [続きを読む]
  • カジノ法案の見方?
  • 通常国会閉幕のタイミングにあわせカジノ法案が成立しました。カジノ法案という呼び方は通称で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が本来の法名のようです。以下の一文は、沖縄タイムス7月21日の記事からの引用です。“カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法は20日夜、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数により可決、成立した。”現在の国会の状況を見る限り衆参両議会は政権与党によって過半数を占めている [続きを読む]
  • お久しぶりです。
  • みなさん災害が続きますが、元気にしてますか?台風の件をきっかけに、大阪は大丈夫なのか?という話も出ていますが、松井大阪府知事は全然気にしていないようでたくましいです。万博招致、IR招致、関空欠航対策、インフラ対策など存分に進めて行ってもらいたいものです。最近カジノに関する話題も周りで増えてきたのでふと思い立って書き留めました。近々カジノに関する流れと周囲の思惑をまとめますね。楽しみにしていただけたら [続きを読む]
  • 海外旅行客にがっかりさせないインフラ整備を
  • 大阪駅からゆめ咲線が出ており、これまでUSJの利用客が多数を占めていたゆめ咲線の延伸によって夢洲へのアクセスを可能にするということでしょう。ゆめ咲線はUSJの人気により、外国人観光客も多く乗り込んでおり、日中混んでいるイメージが強いです。USJに加え、万博やIR利用者をターゲットにするのであれば混雑緩和策も考えないといけなくなります。またIR誘致を見据え、夢洲へのアクセスに関しては、大阪メトロ中央線の延伸も計 [続きを読む]
  • 日本版カジノは日本人の利用を禁止すべきか
  • カジノ法案が閣議決定され、日本人のカジノ入場料6,000円に賛否の声が届いています。そもそもカジノに入場料が設定されたのはギャンブル依存症対策の一貫。他にもギャンブル依存症対策として、7日間で3回、28日間で10回の入場回数制限、マイナンバーカードを使った本人確認制度の導入などが盛り込まれています。ギャンブル依存症対策のために、入場料を設定し、入場回数制限、本人確認制度を導入します。そしてその入場料はシン [続きを読む]
  • カジノ法案閣議決定も国会の空転により成立は微妙な状況
  • カジノ法案が閣議決定されました。しかし今国会での法案成立は微妙な状況とのこと。国会は森友、加計問題や文書捏造問題における責任追及、セクハラ問題などを理由に野党が審議拒否を続けています。世界に目を向ければ、貿易問題やシリア問題、北朝鮮、難民問題などを優先すべきですが、日本では国会の空転により、時間を無駄に費やしているように見えます。個人的な意見としては現状と未来の問題は別として考え、建設的な話し合い [続きを読む]
  • 【注意】ワンダーカジノ(Wonder Casino)は危険な感じがする
  • 最近話題になっているワンダーカジノ(Wonder Casino)に関して簡単にレビューします。簡単に言うと日本人だけをターゲットにした(詐欺かもしれない)オンラインカジノです。トップ画の画像ですが、サイト内の言語を英語にして、ページ内の最後の部分をキャプチャした部分です。英語にも関わらず、中国語表記されています。不思議に思ったのでいろいろページを見てみました。bitcoin、ETHEREUM、BitcoinCash、ripple、CARDANO、MONA [続きを読む]
  • 裏カジノを巡って暴力団員逮捕
  • 違法カジノ店の経営などを巡って暴力団関係者間でトラブルがあったようです。指定暴力団山口組系「兼一会」幹部、須田真光容疑者(40)に加え兼一会組員計5名が逮捕されたのこと。違法カジノ店の経営を巡っては暴力団が背景にあると言ってきましたが、店舗摘発時には裏にいる暴力団関係までを捜査すべきとしていました。それとは違う形で今回違法カジノ店と暴力団の関係が明らかになったことは非常に大きなニュースであると感じ [続きを読む]
  • カジノ3箇所ルールとパチンコ屋の乱立
  • カジノは上限3箇所というルールが定められましたが、候補地として、1大阪市2横浜市3北海道苫小牧市4長崎県佐世保市という4箇所がリードしているようです。大阪市、横浜市は率先してカジノを含むIR施設の検討を行ってきました。しかしながらカジノを前向きに検討してきた横浜市長はここにきて誘致を再検討しているようです。カジノは上限3箇所というルールの中で一斉に3箇所にカジノ建設を進めるとは考えにくく、まずは一箇 [続きを読む]
  • 中国本土にカジノ創設の機運高まる
  • 中国といえばカジノが禁止されており、中国人が他国のカジノで遊ぶことにも大きな規制をかけています。しかしならば中国政府は、競馬、スポーツくじを容認する方針のようです。場所は限定的で海南島という「中国のハワイ」でまずは試験的に導入するようです。現地の住民や事業者からは競馬、スポーツくじの容認からカジノ創設を目指しているようです。マカオのカジノ業者は年間330億USDの収入を得ています。これらの多くは中国人に [続きを読む]
  • 【2018】おすすめオンラインカジノランキング
  • 総合ランキングでは第1位ベラジョンカジノ(ゲームの種類が豊富)第2位パイザカジノ(スロットの数が豊富)第3位エンパイアカジノ(ライブバカラの台が豊富)となっていますが、各特徴から見たオンラインカジノのおすすめランキングを掲載します。少額から遊べるオンラインカジノ第1位エンパイアカジノ(ライブバカラの台が豊富、1ドルから参加可能)第2位ベラジョンカジノ(ゲームの種類が豊富、ベット額は自分で決定)第3位 [続きを読む]
  • 違法カジノ急増中!!オンラインカジノも注意!!
  • 違法カジノが急増中のようです。パチンコ屋さんのように簡単に儲けることができて、パソコンさえあれば違法カジノ店は簡単に店を開くことができることが要因だと思います。問題はオンラインカジノに関して法整備が整っていないことです。日本では建前上は公営ギャンブルしか認められていないため、オンラインカジノを客に提供することは賭博開帳図利罪に当たります。いわゆる違法カジノはオンラインカジノからの収益ではなく、遊技 [続きを読む]
  • マカオのカジノ王、スタンレー・ホー氏が引退へ
  • SJMグループのスタンレー・ホー氏が引退します。同氏はマカオのカジノ王と呼ばれていた存在であり、マカオの発展にも大きな貢献をしてきた人物です。SJMはスタンレー・ホー氏の引退により大量の親族が関わる体制へと移行するようです。SJM内部では派閥争いなどが激化するのではないかという懸念があがっているようですが、カジノ自体の売り上げに大きく影響することはないでしょう。VIP顧客へのおもてなしと、今後のカジノブランド [続きを読む]
  • 韓国カジノ、日本人入場者の増加で売上高増加に転じる
  • 韓国のカジノが売上高増加に転じているようです。韓国のカジノと言えば外国人専用カジノが主体で、その多くは中国人観光客に頼ってきました。しかし、中国の規制強化の影響をもろに受け、韓国カジノ界は悲壮感が漂っていました。現在では日本人観光客や日本人入場者の増加により韓国のカジノ業界は売り上げを再び伸ばしているようです。日本でもカジノの解禁を進めるべく国会にて長い長い期間議論が重ねられています。その間、カジ [続きを読む]
  • 違法カジノ店の経理担当、稲葉将也容疑者(37)を逮捕
  • 一年間で20億円の売上をあげていた違法カジノ店の経理担当者、稲葉将也容疑者(37)が自首したようです。大阪ミナミで違法カジノ店が摘発されたこの事件に絡んで51人目の逮捕者ということです。違法カジノ店の摘発は後を断ちません。一年間で億を超える金額を稼いで逮捕されても売上金が残るので金銭的メリットの方が大きいと考えてしまうのでしょう。お金に目がくらみ実際に大金が入り込んでくるとそういった罪悪感も薄れてい [続きを読む]