船長 さん プロフィール

  •  
船長さん: 世界一の絶景といちばんの花嫁
ハンドル名船長 さん
ブログタイトル世界一の絶景といちばんの花嫁
ブログURLhttp://roundtheoneworld.blog.fc2.com/
サイト紹介文世界一周ハネムーンの記録と世界一周で授かった赤ちゃんの子育て
自由文世界一周した時に生存を知らせるために始めたブログだったが、せかっくブログを始めたので、今度は、新婚旅行の際に授かったハネムーンベビーの事を書こうと思う。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/12/31 19:52

船長 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • スマホは2歳でも使える
  • いつの間にか、2歳児がスマートフォンを操作できるようになっていた。ぐずって仕方がない時に、こども用のアプリをダウンロードして何度か遊ばせてしまったせいなのだが、見て操作を覚えて、スリープ状態から自分でアプリを立ち上げて遊んでいる。スマートフォンの直感操作は2歳児が操作できるほど直感的でよくできていて、感心する。子どもには、眼にも良くないし、いろんな意味で悪影響なので阻止しなければならないが、スマホ [続きを読む]
  • 宿の予約なしで海外に行ったらどうなるか
  • てるみくらぶが破産し、宿が取れていない状況で出国している人が約2500人いるらしい。はたして、その人たちは大丈夫なのだろうか。僕は、そもそも、どこを通ってどこにいるのかもよくわからない(何も考えない)まま連れまわされるパッケージツアーというのが嫌いなのもあるが、個人旅行はほぼ格安航空券だけを手に入れて宿は現地で探すのだが、これまで、宿が見つからず困ったことはない。安くていい宿がみつからなかったこと [続きを読む]
  • バックパックに入れるもの
  • 月に1度は更新しないと広告が入ってしまうので、今日はバックパック1つで旅をしようと思っている人に持ち物をアドバイスしたいと思う。まず、一番大事なバックパックだが、容量は45L〜50Lの物をおすすめする。まず、飛行機なのだが、LCC(ローコストキャリア)を使う場合、20キロ以上だと追加料金になることが多く、その追加料金がけっこう高いのである。そして、とくに鍛えてない人が背負ってある程度歩ける重さも15〜 [続きを読む]
  • 海外旅行で強盗に遭いやすい人と遭わない人
  • 現在オリンピック開催中のリオデジャネイロは、2013年に行ったが、観光地や繁華街から外れると治安はあまりよくなかった。僕らはもっと治安の悪い所もたくさん行っていて、慣れているので平気だったが、リオは場所にもよるが、街中でも夜出歩いていると体格のいい連中が数人つけてきたり、コンビニ的な店から出た所で小銭をくれと言われたりはした。もちろん、つけられているのには気付くし、お金もやってはいないが。南米を旅行中 [続きを読む]
  • 熱中症と人の退化について
  • 昔はあまり聞かなかったのに、最近は夏になる度に熱中症が話題になり、多くの人が熱中症で病院に運ばれたり、亡くなったりしている。これは、昔と比べて、日本が暑くなったからなのだろうか。確かに、猛暑日や熱帯夜は増加しており、日本の夏は昔よりも確実に暑くなっているが、それよりも現代人が弱くなっているからではないだろうか。東南アジアからインドにかけて旅をしている時に、最初の頃は、暑さでクラクラしたり、少し歩い [続きを読む]
  • Kindle Unlimitedの真のメリット
  • 8月3日、アマゾンが新たなサービス、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を開始した。このサービスは、月額980円で対象のキンドル電子書籍が読み放題になるというもので、現在、講談社、小学館、秋田書店、文藝春秋、新潮社、幻冬舎、光文社、東京創元社、ダイヤモンド社、東洋経済新報社、PHP研究所、インプレス、主婦の友社、学習研究社、白泉社、秋田書店、祥伝社、一迅社、手塚プロダクション等が参加している様で、 [続きを読む]
  • 健診に行く心構え
  • 健診で保健師さんにいろいろ言われて嫌な思いをした人も多いだろう。僕は嫁に任せていて直接行ったことはないが、当たりはずれがある様だ。ハズレの保健師とは、抽象度が低くて柔軟性がないマニュアル通りの保健師の事で、1歳とはこういうもので、2歳とはこういうものだとか、2歳なら牛乳は1日にこれだけ飲む必要があるとか、予防接種はこれだけ受けてないといけないなどと、とにかく抽象度が低く、動物には個体差というものが [続きを読む]
  • 問題になっている校長先生について
  • 中学校の校長が集会で「女性の喜びは子育て」「2人以上の出産最も大切」などと言ったと大問題になっており、処分がどうとか連日ニュースで見かけるが、これがこんなに大問題になることが問題である。まず、話の内容であるが、間違った事は言っていないと思う。子どもが1人しかいない親はおもしろくないだろうし、経済的な問題、体質的な問題、保育園などの社会的問題があり、できない人もいるだろうが、校長先生は、もっと高い [続きを読む]
  • 怖いのは熱ではなく解熱剤である。
  • インフルエンザが大流行しているようで、インフルエンザで寝込んでいる話や学級閉鎖の話などをよく耳にする。特に小さい子どものいる親は心配だろう。なぜなら、市などから小さな子どもはインフルエンザにかかると重症化してインフルエンザ脳症になる場合があるので、予防接種しましょうなんて案内が来るので、インフルエンザ→脳症→後遺症と考えてしまうからである。重症化してしまう原因のほとんどが、親が発熱が危険だと勘違 [続きを読む]
  • 海外でのキャンプについて
  • 早いもので、もう2回目のひな祭りだ。どうも春が訪れると、キャンプがしたくなってくる。そろそろ娘もキャンプに連れて行っても楽しめるくらいに成長したので、教育にも良いし、今年はどんどんキャンプに行きたいものである。キャンプは夏にするものだと思っている人が多いかもしれないが、キャンプをする本当に良い時期は春と秋で、外に居られないくらい寒く雪が積もる真冬でもなく、蚊が多く焚火が暑いと感じてしまう夏でもなく [続きを読む]
  • 災害時に一番に必要なもの
  • バックパックに入るものしか所有できない状態で、世界一周をし、数ヶ月の間、自然の中でキャンプしてみると、本当に必要なものが何か?という事が良くわかってくる。その中でも、これがないと生存が難しいと感じたものがある。その中で、衣類などの必要だと誰もが思うもの、衣類、火おこし、調理器具、水や塩などの食糧とペットボトルやナイフ(包丁)、食器などのサバイバルであると助かるものだが身近にあるものを除いたもので、 [続きを読む]
  • 母子手帳について
  • 人間にマイクロチップを埋め込んで政府が人間を管理しているといったSF小説や映画を見て、こんな世界はいやだなぁーと思った事はないだろうか?子どもの定期検診や母子手帳を見ていると、それと似たような感じを受けてしまう。母子手帳は妊娠した時から交付され、手帳を埋めるように決められたスケジュールで検診や予防接種をして書き込んでいく。この母子手帳の記入欄がちゃんと埋まっていなかったり、検診に行かなかったりする [続きを読む]
  • 見えているようで見えていない
  • 東京、京都、琵琶湖、浜名湖、玉造温泉、倉敷、角島大橋・・・と1歳にして、すでにいろんな所に行っているのだが、全くおぼえていないであろう。世界一周した時のマイルの有効期限が迫っていたので、持っているマイルでどこまで行けるか調べてみると、とうやら台湾を往復するくらいはできそうである。パスポートの事もあり、海外はめんどうなので、半端にマイルが余ってしまうが札幌に行く事にした。うちの嫁は世界30ヵ国以上行っ [続きを読む]
  • 絵本は何冊くらい与えるべきか
  • 僕がアマゾンで本を買うついでに、絵本を買ってあげていると徐々に絵本の数が増えてきている。このペースだと小学生に入るころには数百冊になってしまいそうである。赤ちゃんは絵本が大好きで、教育にも良いので、いろんな話を読ませたくて、ついついたくさん買ってあげたくなってしまうのだが、どうやら大量の本を与えるより10冊くらいの本を何度も繰り返し読んであげる方が、絵本が好きになり、理解力や想像力が豊かになるらしい [続きを読む]
  • 過去の記事 …