尺鮎対決管理人 さん プロフィール

  •  
尺鮎対決管理人さん: 尺鮎対決!
ハンドル名尺鮎対決管理人 さん
ブログタイトル尺鮎対決!
ブログURLhttp://ayu-ike.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文相模川を拠点し初期は数釣りのトーナメント思考ですが終盤は大鮎を求めて球磨川、富士川、矢部川等へ!!
自由文尺鮎対決!は、気力と忍耐と体力勝負です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 301日(平均0.3回/週) - 参加 2013/01/02 17:55

尺鮎対決管理人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 大鮎のシーズン到来!
  • こんにちはご無沙汰しております。久しぶりの書き込みとなりますので何をどう書くか迷ってしまいますが、先ずはタイトルどおりに2018年の夏も9月に入りましたし、友人が早くも球磨川で30.4センチ290グラムの尺鮎を釣り上げてしまったので、台風21号が日本に接近中と言う、余り良い状況下ではありませんが、思い腰を上げてブログに向かっているところです。 昨年釣り上げた、自己最大級の尺鮎の剥製のお披露目もし [続きを読む]
  • 大井松田の河津桜祭り
  • 寒さはまだ厳しいのですが、立春を過ぎてからは日の暮れる時刻も遅くなり日中のポカポカ陽気も風さえなければ気持ちいいものと感じます。 まだまだ風は、冷たいですね! 久しぶりにデジイチを持って大井松田の桜祭りに出かけてみました。 最近は、釣りも出かけてなくて終盤用の大鮎用の仕掛け作りをしたり、既製品で購入したネオプレーンジャケットのサイズ直しをしたりと全くの冬眠状態です。 まっこんな状態ですが、少しは [続きを読む]
  • 2018フィッシングショー横浜会場へ!
  •  20日土曜日に2018フィッシングショー横浜へ行って参りました。例年雨降りとか天候の良くない日が当たったのに今年は、比較的穏やかな天候に恵まれて、多くの人がパシフィコ横浜会場に吸い込まれて行きました。  今年のフィッシングショーで求めるものは特になかったのですが、1番は昨年の球磨川自己記録的な大鮎を釣り上げる事が出来たので、昨年球磨川で竿を出されたテスターの方々とのお話を楽しみにと、ダイワからは新しい [続きを読む]
  • 謹賀新年!
  • 新年の挨拶が遅くなりましたが今年も宜しくお願いします。  ブログの方も適当に時間が出来ましたらアップして行こうと思ってますので気長に宜しくお願いします。 昨年は、念願かなってやっと400グラム超級の大鮎を釣り上げる事が出来まして、とても満足出来た年でした。 この調子でいけば近い将来念願の35cm500グラムの超大鮎との出会いも現実のもと思いますが、何分ここ数年は雨が量が半端なく多く一雨降れば川の水 [続きを読む]
  • 大鮎釣りに向いた水中糸って ・・
  •   ちょうど釣りビジョンの録画リストを見たら2017年の大鮎四万十川の釣りシーンが録画されてました。早速再生してみると大名人の有岡名人の出演で四万十川を攻めておりました。 お〜スゲーって感じの岩盤岩はまるで磯釣りのシーンを見ているようでなるほど!と思いました。 水深のいる深場であれば石の上からでも十分狙えると思いますが、中々来ないのが石の上ではないでしょうか? やはり磯釣りの時のように水面に自分の [続きを読む]
  • 35cmを取り逃がす?in 球磨川
  •  平成29年の球磨川は異状とも言える尺鮎フィーバー、宿泊した人吉市内の松屋温泉ビジネスホテルの店主もおっしゃってましたが、お客さん5人が釣りに出掛ければ、4人は尺鮎を釣ったと言うことで31cmや32cmはもう当たり前のようでしたとのこと。 また、私に入った情報でも9月2日にブログでもお馴染みのまさきさんが球磨川で33.5cm449gの超大鮎を釣上げ、更に9月6日ドラゴン坂本氏が33.0cm446gを [続きを読む]
  • 球磨川で使用した針
  • 皆さんこんにちは、またまた私の持論を書きますので宜しくお願いします。 大鮎用の針はその釣り人の好みの形で良いように思います。その理由としては釣り人によって狙うポイントや使用する竿の硬さや長さが違います。 針を巻く形状も3本だったり4本だったり、チラシだったり1本針だったりと釣り人の好みで色々な意見があると思います。 従って、ここではこの針が良いとは書きません。  私が思う大鮎とは、長さが30cm以 [続きを読む]
  • 球磨川用の大鮎釣り天井糸について!
  • 私の頭の中では鮎釣りから鮭釣りに考えを切り替えたい今日この頃ではありますが今シーズン使ってみて良かったもの、悪かったもの、反省と来シーズンに向けてまた未知なる大物へチャレンジ出来るように、私なりの考えを書いてみようと思います。  まず天井糸からですが、  天井糸は狙った鮎が掛かっても絶対に切れないこと。  また根掛りして引っ張っても絶対に切れないこと。  更に、尺鮎が掛かった衝撃を少しでも和らげて [続きを読む]
  • これで35cmの鮎が狙えるか?
  •  2年振りの九州球磨川遠征は、9月24日からと予定しておりました。今年の球磨川は、9月上旬に33.5cmの大物が釣れたとかハリス3号を切られたとか凄い話がバンバン入って来ます。 このまま行けば夢の35cmの大鮎も夢ではなく本物の35cmに出会える予感さえします。 仕掛け作りにも力が入りますが、9月14日頃から遂に台風の非常にヤバイ情報が入って来ました。この台風が18号です。  台風の来なかった球磨 [続きを読む]
  • 解体作業
  •    オトリ缶を河原に置いていて、別れて帰宅したことはありませんか?そんな馬鹿なことは私ぐらいしかしないかな?竿を河原に置き忘れてきた人とか良く耳にしますが、私は何度かオトリ缶を川に漬けたまま帰宅し、何日か経ってオトリ缶の無いことに気付き川へ向かった事があります。 運の良いときはそのままの形で残ってますが、運が悪いと増水で流されたのかまたは、どなたかが持っていかれたのかは分かりませんが影も形もない [続きを読む]
  • 剥製の整理
  •   皆さんこんにちは、ご無沙汰しております。今シーズンも自分なりに鮎は終了とし、自分の時間を楽しんでいる今日この頃ですがブログでも書こうかと思っても、長くお休みしていると中々書くネタが思い浮かびません。 そこで、先ずは身の回りの情報から書いてみようと思います。 それは、鮎の剥製を今回の遠征からまた作ろうと思い剥製屋さんに発注を掛けましたが、剥製も結構狭い我が家ではお荷物になってしまいます。 過去に [続きを読む]
  • 過去の記事 …