mayann* さん プロフィール

  •  
mayann*さん: mayannの独り言
ハンドル名mayann* さん
ブログタイトルmayannの独り言
ブログURLhttps://ameblo.jp/wo-o-om/
サイト紹介文猫好き人形者。
自由文猫は古サビ、リリィ。キジ白、ねね。サビ長毛の茶々丸。サビスコ雛の4匹家族。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2013/01/02 22:00

mayann* さんのブログ記事

  • 決断。
  • 今日、うたを山口の動物医療センターにつれて行く。不安がないわけではないがさゆりんも同行してくれるし何より子猫達がパワーをくれたのかな。大丈夫、いける。守らなきゃっていう強い気持ち。きっとうた自身からもパワーをもらった気がするよ。子猫のうんちハプニングからすっかりママ役になったうたは発情が抑えられ母性満開になったのか居場所を見付けたことで食欲が戻ったのか水入りウェットをばくばく食べれる様になった。医 [続きを読む]
  • 涙が出ちゃう。未避妊猫うたの子育。
  • 猫のお世話は何よりの癒しで大変だとは思わない。しかし研修は疲れる。対人の仕事についてから益々、人とのコミュニケーションから遠ざかりたい気持ちが強くなるのにしかしやたらコミュニケーションを前面にだしてきやがる研修なんかは殊更、ストレスでしかない。翌日は休日をもらうようにしてできるだけ猫と(私)ひとりで過ごして精神の安定をはかる。人疲れが事の他、くたびれるようになった。午前四時前、目が覚める。休日はただ [続きを読む]
  • 9/5授乳猫の成長記録。
  • 記録。黒美291gキジシロ太郎なんかおとぼけ顔が可愛いエアバタフライキャッツ。茶美272g 他猫より早く猫らしい動きの遊びが出てきた。黒美授乳ちぅ。15ml〜20mlを一気のみする。キャリーの除菌や敷物を交換してるあいだの避難場所にて。成長著しい黒美に(体重)ぬかれた日。 [続きを読む]
  • 授乳猫とうた。
  • ベイビーズはすくすく成長中だ。授乳後は少しじゃれたりする様が見られる様になってきた。シロキジなんかは両手で相手をホールドし両足で蹴りあげる…そう、猫キックさえ遂にはしはぢめた訳だから。そんな訳だからシロキジ太郎はキャリーから這い出してこようとする。それに続くのは黒美で兎に角このふたりは発育がよい。(笑)さゆりんは成長段階に合わせた住まいのアドバイスをくれケージを新調する様に持参してくれたその翌日あた [続きを読む]
  • 授乳猫、預かりました。その命。
  • さゆりんが保護したあかさん猫、預かり授乳ちぅ。聞く話によるとカラスに追われるのが先か、六匹の子を連れて引っ越ししていたのが先かは解らないけどその最中、今度はひとに見つかってカラスも人も騒ぎたて保健所に引き取りを依頼するも広島は殺処分ゼロ、動物愛護センターでの引き取りには現金の支払いが必要でなら『山に捨てれば勝手に死ぬ』だのいいはじめ…やがては子猫を守ろうと恐怖で固まっている母猫、子猫を割り箸で室外 [続きを読む]
  • ぬかったォレ様、海の命の為にごみ拾いをやることにする。
  • 汗だくで色々済ませて猫達の肉球吸って一息着いて。此処一年近く職場の男性から猫と暮らしたい、保護された猫がいたらもらえないかと言われ続け最初こそ相手にしなかったが育児本や近隣から県外の愛護せんたーに登録、問合せ等も行っていたし知人に猫5匹飼っている人がいるからという言葉を鵜呑みにして保護主さゆりんに動いてもらったのだが結局は無駄足だった。動物愛護の啓蒙活動のはしっこでもと日頃、色々upしているのにリア [続きを読む]
  • お盆営業ちぅな飼い主。
  • お盆も関係ない仕事だからさ。猫もお盆もなんも関係ないねっ仕事柄、毎年、巷のホリデーなんぞと縁がなく労働ちぅな私なのだけど今年は特にるんが気になる。おーぃ、るんちゃんやーい3年前くらいに引っ越したんだけどーぅ間違えんようにかえっておいでーゃ気になるのは多分さゆりん経由の保護猫ちゃんがキジトラだから。長い尻尾も見事なキジトラ模様も久しくこんなに見事なキジトラをみてなかった気がするのは突然なくしたるんの [続きを読む]
  • アレルギィ。
  • 物心ついた頃から犬や猫やうさぎ鶏や鳥と育ってきた。だのにアレルギィもちだ。うちは若い世代が皆、アレルギィがあって姪などは二人ともが喘息もちだ。勿論、猫を三匹も飼っているし産まれた頃は私の幼少の環境の様に妹家も小鳥やハムスター、犬もいた。だのに、アレルギィだ。(笑)みんな産まれたときから筋金入りの生き物飼いなので苦しくても医者に忠告されてもペットのいない生活は送れないのだ。不思議なことに…。以前にも何 [続きを読む]
  • 口が変わったか、大人の味を知ったのか、それはそれでいまはヤバイ。
  • うたたん。発情期3回目の兆候を再度ホルモンで抑える。今回も無事におえたわけだが今回はどうもいかん…。カリカリを食べるクセが抜けない。うたの発情の兆候のひとつに直接、命を削ってしまう事態がある。それは食事の摂取量が落ちはじめる事。これはナトリウムが高い状態にあり自ら水を飲まないうたにとって水分が取れなくなる事に直結するので(うたにはウェットに体重/一日に必要な水分量を足して与えている)ウェットを食べな [続きを読む]
  • 発情期三度目。対処の仕方も上手くなるなる。
  • 発情前期の兆候あらわる。発情期も三度目ともなれば対処の仕様もなれたもの。前回(2回目の)発情前期でのホルモン注射6/30に接種以来、34日目の今日!発情前期の兆候が顕著にみられた。今朝、うたは自分の鍵尻尾を軽く気にしていた。宵の口、りりを執拗に嘗めまわし、断続的に特徴的な甘え声がでている。因みに2日前からまたドライフードを食べ始め、同時にウェットの食べが落ちてきている。どうも、うたは発情前期になると口が変 [続きを読む]
  • 拡がれペット同行避難。
  • あ、夏休みなの?世の中は夏休みか。災害を受けた地域は家を追われ暑さにも苦しめられ夏休みどころではないだろう。そんな中でペットと同行避難が盛んに言われペットと共に入れる避難所が開設されているニュースは大変、希望の持てる話題だった。片岡聡一市長が率先して「ペットは家族。犬や猫と一緒にいれば悲しい、寂しいことも忘れる」といってくれた一言はまさに救われる思いがした。以前、広島の安佐南区で土砂災害があったと [続きを読む]
  • 極熱溽暑。
  • 暑いね。とは言え我が家は私の留守もエアコンは24時間稼働中。勿論、猫様の為にね。玄関とトイレ掃除を見張っている現場猫監督1号、2号、3号。うちは最上階だから焼ける様に暑いのよ。ましては今年の暑さといったらもう…溽暑。留守中は猫達の変化に即対応することが出来ないぶん、万全にしておかないと。熱中症なんかにさせない様に!エアコンは勿論、扇風機で冷たい風邪が行き渡る様に稼働中。三部屋を開け放ち温度差をあえて作 [続きを読む]
  • 下半期、健康診断クリア。
  • あついねぇ。我が家の重鎮、りぃさん19歳。兎に角、おばあちゃん。一日の大半を寝て過ごしている。歩行からしてヨッコイ、ヨッコイ、歩く姿はまさしく老齢期の猫そのもの。この域に来ると関節炎の心配もある。高いところへの上り下りは段差を儲けたり転落予防にクッションをひいたりしてそれは人間の老齢期の環境配慮と変わらない。それでも雑種のりぃさんは個体差もあるが同じ年の頃の純潔種より老いるスピードは遅く強い気がする [続きを読む]
  • カバトンネル。
  • あつい、あつい。毎日暑い。この時期は毎年エアコンつけっぱなんだけど仕事に出るとき流石に心配になる。6年前の火事以来、心配症ではあるのだがこんなに世の中が暑い中で室外機24時間稼働中だけど発火しないよね?猫たちいるんだけど大丈夫だよね?という心配が今年はますます色濃く残る。自分で持ってきたエアコンより古い備え付けのやつだからさ。毎日使ってるの。そんな中、カリカリーナのサマーセールで買ったカバトンネルが [続きを読む]
  • セカンドオピニオン。
  • 安佐動物病院にセカンドオピニオンをすませてきた。車のない私は行きは後輩の車で送ってもらいうたの乳母のさゆりんとは現地集合で帰りはさゆりんに送ってもらうという大スペクタクルな助け合いのもとで行くことが果たせた。本当に何時も二人には感謝しかない。セカンドオピニオンではこれまで言われたことほぼ大差なかった。でも山口の大学病院で検査する後押しになった。親身になって話を聞いてくれたし説明してくれた。先天的な [続きを読む]
  • ホルモンちぅにぅ。
  • 2度目の発情期でホルモン注射とやや脱水があったため点滴ちぅなうたたん。もう何度も病院には連れて来られてるから本当に嫌だよね。大学病院までの道程が耐えれるかな。あと今年はもう1回か、2回は発情すると思うんだけど今回はわりと発情初期の段階で対応できたのでうたの身の疲労は軽くすんだと思う。発情数日前から前兆があった。朝6時に合わせたように鳴き始め今回はリリィを追いかけ回してめちゃめちゃなめ始めた。その日 [続きを読む]
  • 2度目の発情。
  • 先日の排尿失敗はやはり体調の変化を知らせるものだったんだね。ただし脱水などの不調ではなく…発情期。…だった。行動変化は3日前程度からあった。トイレ以外での失敗は勿論、ドライフードをむさぼったりしたのもそうだったのかも知れない。今朝6時、私の起床にあわせる様に鳴き始め、他の大人猫達をしきりと舐めはぢめいやがられる…。?みたいなね。けれどもだんだんうたのパターン、読めてきたよ??風邪等の体調不良でなく [続きを読む]
  • 雷鳴轟き、脱糞だぁw
  • 夜勤明けの朝、帰る間際になっての大雨、雷注意報からのまじ雷。 ヤバす。家の窓、開けてきた。 大雨と雷は30分程度で帰る頃にはすっかりやんでいたんだけど急ぎ家路をチャリで走る。 帰ったよー。靴下を脱ぎ捨ててリビングの扉を開けて点呼…1号、2号、3号、4号、…遅れて5号。 良かったと安心するのもつかの間。うーちゃんには速攻で水分入りのシャバ飯をご用意。 食べっぷりを確認し…和室の窓からふりこんだ水気を掃除して居 [続きを読む]
  • 目下の悩み…。
  • 最近、職場にいくとクリスマスツリーのチカチカ輝くライト並に顔面ぴくぴくが激しい飯炊き女です。7月のうたのセカンドオピニオンがいよいよ迫ってきた。暑い季節、車の移動、病院受診のストレス…。うたは耐えられるかな…。大学病院のみちのりなんてもっと遠いよ…。心配。うたのからだは原因を探らないと何もできない状態。このままでは、何か起きたときその都度の対処療法しかないしその対処療法さえ、高いリスクを予想しなけ [続きを読む]
  • 困った!うたちゃん!
  • ていへんだっ!電解質異常があり、体液が常に濃い状態にあるという、うたちゃん。一日/200ccの水分を接種するためにドライフードに切り替えるのを断念し水分を混ぜたウェットフードを与えうまくいっていたので一先ずは安心していたのだが我が家では先住尊重の為にご飯は年の順から置いているのだがここ三日、大人たちのご飯(ドライフード)を用意してあげたら何処からともなく、一目散にかけよってきてならんで食べてるりぃさんやひ [続きを読む]
  • 心配は尽きない。
  • 大体、お外の猫にあっても無闇には触らない。 昔はもっと厳格で帰宅後は玄関に入る前、次亜塩素酸を入れた水桶に靴底を浸して消毒をしてから玄関に入るとするくらいだった。 猫は感染症に弱い。外で暮らす猫達に感染症が流行るとそのコロニーが短期間で消滅するのを何度も見て来た。 我が家の猫を守るために猫がいるプリンス島などへ行くときは触っても構わないように気合を入れて自亜鉛の入った噴霧式の消毒と除菌テッシュを持参 [続きを読む]
  • 新しい敷物はぢめました。
  • 休日…。早朝おこされついでの涼しいうちに洗濯済ませてすっきりさん。和風の敷物にトッピングしたのはラウンドマットのぞうさん。像やカバが好きなのでこのラウンドマットは一目惚れだった足元が一気にアジアンな雰囲気になりましたよ。猫五匹も居ると一週間に一度は誰かが吐く。慣毛期ともなると毛玉を吐き出すのも増えて連続ゲロ事件。猫を飼って居なければ本来ものぐさな私なので、敷物も敷きっぱなしだったろう。ペットを飼う [続きを読む]
  • 水分補給。
  • 最近、うっかりしているとうータスのごはんを盗みぱくぱくしてるりりぃ様が此方です。りぃたんの食べるご飯はストルバイトの形成を防ぐやーつだから決まったやつしか食べれない。ロイカナでたまに同じロイカナでも季節になると毛玉配慮や香りで食欲をそそるやつとか混ぜ混むのだがドライフードよりうータスが食べているジャンクなウェットたちが美味いに決まってるんだでもりぃたんにはからだに毒だからね。食べちゃだめなのよ。そ [続きを読む]
  • 呼ばれている。
  • うーちゃんと遊んでいたりしてやむ得ない用事で普段、猫立ち入り禁止の扉の向こう(玄関へ続く扉、向こうには風呂とトイレ、洗濯機などあるとこ) へ行くとなぁ〜ぅ〜 と鳴く。この、なぁ〜ぅ〜がまぁ〜やぁと呼ばれている気がして『はいはーい、ただいま参りますよ〜』なんて返事をしていたりするからおちおちトイレも儘ならない(笑)なぁ〜ぅ〜は最近、はじまった。たまたま茶々リーナ嬢がなんだかその日はやたらかまってちゃんでお [続きを読む]