藤井美菜 さん プロフィール

  •  
藤井美菜さん: ghost mail
ハンドル名藤井美菜 さん
ブログタイトルghost mail
ブログURLhttp://fujiimina.blog.fc2.com/
サイト紹介文代表取締役社長 藤井美菜      あと、専務の池田
自由文代表取締役社長 藤井美菜      あと、専務の池田
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/01/03 09:39

藤井美菜 さんのブログ記事

  • 周囲の裏切り。
  • 6歳の息子を、予防接種の注射に連れて行った。直前まで、「ぼく平気さ。」みたいな強気を装っていたが、注射器を見るなり、「待って!待って!まだ心の準備がっ!・・」と言って暴れだした。すかさず、看護師さんたちと私が取り押さえている間に、仏頂面の医師がチクリと済ませた。「うぇ〜ん(号泣)」一瞬の出来事だったが、息子には、周囲の大人が全員敵に見えたのだろう。「くっそー!おぼえてろよ!」と、捨てゼリフをはく始 [続きを読む]
  • お金の流れを知っている。
  • ある朝、父親の出勤を見送る6歳長男の弁。「お父さん、いってらっしゃーい!今日もしっかり働いてね。それで、たくさんお金もらって帰ってね。それで、お母さんからいっぱいおこづかいもらってね。それで、ぼくにいっぱいおもちゃ買ってねー。」 [続きを読む]
  • アラフォー男が若返った瞬間。
  • 1歳の娘が、ぼちぼち言葉を覚え始めた。とは言っても、「はーい。」とか、「だめ。」とかの1単語レベル。夫はどうしても娘に「お父さん。」と言わせたいらしく、何かにつけて「おとうさん。おとうさん。」「おとうさんって言って。」とばかり言っている。その甲斐あってかどうか分からないが、娘が「おとー。おとー。」と言いだした。夫は「あともうちょい!おとーさん!おとぉーさん!」と、しつこくせまる。その姿をじっと見つ [続きを読む]
  • こわがってくれてはいるのね。
  • ある晩、子どもたちが、なかなか寝てくれないので、「早く寝ないと、オバケが来るぞ〜!」と、脅かしてやった。すると5歳の息子は、表情を少しこわばらせながら反論した。「ぼくはまだ子どもなんだから、そんな怖ろしいこと言わないでよ。お母さんは大人でしょ。大人が子どもを脅かすなんて、悪いことでしょ。」 [続きを読む]
  • いつものお決まり。
  • 夫は、子どもたちと遊びながら、よく居眠りをする。そんな時、5歳の息子は父親にかまわず別の遊びを始めるが、1歳の娘のほうは容赦がない。お兄ちゃんのおもちゃの中から仮面ライダーの「ガシャット」という道具を取り出し、まどろみかけた父親の耳に押し付けて、鳴らす。「バンッ!バンッ!シューティーングッ!!」夫は、「うおぁっ!!」と叫んで飛び起きる。 [続きを読む]
  • どうでもいいミステリー。
  • 朝が、いっそう冷えてきた。ダウンコートとマフラーに身を包み、通勤バスが来るのを待っていた時の事。目の前の車道で信号待ちしていた1台の乗用車に、中年の夫婦らしき男女が乗っていた。車中は暖房が効いていて、快適なはず。突然思い立ったように、助手席の中年女性だけが車窓を全開にした。寒いだろうに、ふたりはその後も無言のまま。オナラしたのはどっちだろうか・・・ [続きを読む]
  • これを伸ばしていこう。
  • 万人に良い結果とはならなくても、投票に行かれた方々にとっては、納得できる方へ向いたのではないでしょうか。ありがとうございました。今日からまた気持ちを切り替えて、次へ向けて伸ばして行きましょう。 [続きを読む]
  • いつもと同じ。
  • 今の政治や生活に満足していたら、与党に投票していいでしょう。少しでも変えたいと思うなら、野党に投票するでしょう。とてもシンプルな作業だと思います。私たち夫婦は、自分と子どもたちの未来を託す2票を、今回も、野党議員に投じます。ただ、それだけのことです。 [続きを読む]
  • なかなか、やるな。
  • 5歳の息子「お母さん、梅雨ってな〜に?」私「雨ばっかり降る季節のこと。」息子「雨ばっかり降る季節って、なぁ〜に?」私「梅雨のこと。」息子「つゆって、なぁ〜に?」私「雨ばっかり降ること。」息子「ふ〜ん。じゃあ、晴ればっかりの時は?」私「・・・。」息子「もしかして、うどん?」私「それは、麺つゆ。」 [続きを読む]
  • 教えた記憶はございません。
  • 何かのテレビ番組の影響だろうか。5歳の息子が、時々妙な言葉使いを覚える。この前も、郵便配達のお兄さんに向かって、「さらばじゃ、またどこかで会おう!」と言って見送っていた。それはまだいいとして、スーパーで買い物中に、見知らぬおばさんに向かって、「妖怪、発見!」と叫ぶのだけは勘弁してほしい。 [続きを読む]
  • 父と子の出来レース。
  • 夫に、5歳の息子が言った。「お父さん、仮面ライダーごっこしようよ。」夫、「いいよー。」息子、「じゃあぼくがレベル99で、お父さんがレベル3。」夫、「え!?それじゃあオレ、むちゃくちゃ弱いじゃん!」息子、「だってお父さんが負けてくれないと、勝負が終わらないからねー。」 [続きを読む]
  • きっと気分転換できるぞ。
  • こちらはまだ満開ではありません。遅咲きにも、早咲きにも、それぞれ理由があります。振り回されて、右往左往するよりは、そのどちらにも備えておくと、楽しい花見ができますよね。過ごしやすい気温だし、たまにはPCもスマホもOFFにして、排気ガスのない場所の深呼吸をしてみませんか。 [続きを読む]
  • どこか遠い国のように見える学校の話。
  • 選挙が近づいているのだろうか。それまでに、自組織のトップの顔を取り替えておきたい勢力の「アベおろし」が激しくなった。原発政策も、安保法制問題も、沖縄基地問題も変わらないままで、首だけすげ替えるつもりだろうか。次の選挙で「新生ジミン」を演出したい連中の所作だろうが、もしそうなっても、我々は本質をだまされやしない。 [続きを読む]
  • 暗闇で蹴られても、なお愛おしく。
  • 親子が「川」の字になって寝るというのは普通だが、ウチの場合、起きた時には「N」や「H」の形にトランスフォームしている。どおりで、私の腕に覚えのないアザが出来ていたり、夫のワキ腹がズキズキ痛むわけだ。正確に言うと、今は「H´(エイチ・ダッシュ)」なので、ゆくゆく、その「´(ダッシュ)」も間に入ってきて、「I=I」 とか、「I>I」 になるだろう・・・。 [続きを読む]