漣(さざなみ) さん プロフィール

  •  
漣(さざなみ)さん: 戦前日本の銀器・ジュエリー
ハンドル名漣(さざなみ) さん
ブログタイトル戦前日本の銀器・ジュエリー
ブログURLhttps://ameblo.jp/kouran3/
サイト紹介文戦前日本のアンティーク銀器と装身具を中心としたコレクションを公開しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2013/01/03 17:44

漣(さざなみ) さんのブログ記事

  • K14WG製 御木本真珠店製 フラワーデザインの真珠の帯留め 昭和5〜10年頃
  • レースの様に繊細な細工のミキモトの帯留めです。長さ約8センチ、8.7グラムと軽い造りになっています。彫金およびデザインがノーブルでさすがミキモト製品です。これがもっと高級品であれば芥子玉真珠やメレダイヤがふんだんに使われ、地金も厚かったのでしょうが、これはそこまではいかない中級クラスといえます。箱がなくむき出しのまま出てきましたが、状態はとてもよいです。ところで、私はここ2、3年の間に昭和10年前後のミキ [続きを読む]
  • K14WG製 服部時計店製 羊歯デザインのヘアーピン 昭和5〜10年頃
  • 服部時計店製の上品なヘアーピンです。状態はあまりよくなかったのですが、修復に修復を重ねてようやく元の状態に戻りました。細工が素晴らしく、服部時計店は御木本真珠店に勝るとも劣らない腕を持った職人を多く抱えていたようです。時間が静止したような隙のないデザインの御木本製とは異なり、服部時計店製はモダンで動きのあるものが多いです。このピンはプロポーションが完璧なので大きく見えますが、装飾部分の長さは6.5セ [続きを読む]
  • オールドノリタケボーンチャイナとオールド大倉の置物
  • 棚の上に飾っているボーンチャイナとオールド大倉の置物を撮ってみました。カップ類などの食器はまだたくさんあるのですが、置物類はこれだけです。こうして見ると色合いが戦前らしくてとても可愛いですね。前列右からオールド大倉、オールド香蘭社の魚一対、ボーンチャイナの蓋物、ミニチュア花瓶、ミニチュアリンゴ、後列右からボーンチャイナの花瓶2点、ボーンチャイナの馬のフィギュア、オールド深川の犬のフィギュアです。時 [続きを読む]
  • 号外:誰も注意しなかったのでしょうか?その1 藤原義江 
  • 日本人の本格的オペラ歌手第1号の藤原義江(1898〜1976)、やっぱりいいですね〜すべての日本人テノール歌手の歌を聴いた訳ではないのですが、推測するに、藤原の持っている歌手としての「力と華」には、おそらく今でも誰も太刀打ち出来ないと思います。もちろんこれは下手すぎると思う歌もありますし、情緒的な曲には藤原の押しの強い歌唱スタイルはあまり向いていないと思いますが、そういう人こそ「曲が当たった時」にはものす [続きを読む]
  • K18金製 珊瑚の薔薇のスカーフピン 昭和初期
  • 可愛らしい薔薇の彫られた桃色珊瑚のスカーフピンです。デザインが明らかに女性向きなので、おそらく昭和に入ってしばらく経ってからのものだと思います。薔薇の直径約1センチ。表面は磨かれておらず彫られたままのさっくりした感じです。大変華奢でどこにもカケがないのが不思議なくらいです。大切にされていたのでしょう。 横から見たところです。かなり厚みがあります。 色はこちらの方が実物に近いです。綺麗なピンク色です。 [続きを読む]
  • K18金製 金銀編み込みの菱形カフス 昭和初期
  • こちらで男性ものを紹介しても皆さまの反応はだいぶ薄いのですが、笑、私は当時の男性のおしゃれは大好きです。今時カフスは殆ど使われないようですが、戦前はちょっとしたところに行くときなどはよく身に着けていたらしく、結構な数が残っています。今の男性は貴金属を身に着けるといえば結婚指輪とネクタイピンくらいですが、戦前ではカフス、時計鎖、ネクタイピン、そして人によっては印台型の太い指輪と、今よりもずっと貴金属 [続きを読む]
  • K18金製 水晶のスカーフピン 昭和10年前後
  • スクウェアカットが綺麗な水晶のスカーフピンです。銀色のところはWGですので昭和に入ってからのものです。シンプルですが円と四角との組み合わせがなかなかスタイリッシュなので入手しました。長さ約5.6センチ。 少し光の角度を変えて撮ってみました。深い透明感があります。 ところで、水晶とガラスの見分け方をネットで調べますと、熱伝導率が異なるので水晶だと氷がすっと溶けるがガラスは時間がかかるとありました。本当だろ [続きを読む]
  • K22金製 舶来の天然真珠のリング 再掲 明治期
  • ちょっといろいろありまして、更新がすっかり滞ってしまいました。そろそろよいものが出てきましたので、ぽつぽつ紹介していきます。その前に、金焼け(金に含まれている銀からでる錆の事)のひどかった、明治前期に欧米から輸入されたと思われるリングのビフォーアフターを再掲します。 元のページはこちらです。リングの詳細はこちらをご覧下さい→★ いつもお世話になっております工房きたむらさまに磨いていただきましたところ [続きを読む]
  • K18製 菊尽くしの短鎖(女性用時計鎖) 大正時代
  • そろそろ秋めいてきましたね。満開の菊の花の意匠がとても可愛い短鎖です。留め金を含む全長6.5センチ。 青金の丸く切り抜かれた装飾部分に菊の花が全面に彫られています。技法はおそらく「回転焼」(笑)のように、溶かした金を型に入れてぱたっと閉じるような手法なのでしょうが、彫りがよく緻密で真ん中が少し膨らんでおり、軽く立体的に造られているので高級感があります。 彫りは裏表の両面にあり、柄が微妙に異なっています [続きを読む]
  • 18金製 翡翠とダイヤのリング 昭和初期 再掲
  • このリングは以前掲載したものですが、工房きたむらさんでくすみを綺麗に磨いていただきましたので、こちらで再掲いたします。k18製のヒスイのリングで、ロウカンに近い綺麗なものが嵌められています。両脇はダイヤでこちらもとても綺麗です。磨いてみるとなかなか上手のリングです。アームの彫りも上品ですね。時代ですが、難しいのですが明るい雰囲気なので大正時代ではなく、昭和に入ってからの年配のご婦人用のものと思われま [続きを読む]
  • K18金製 シトリンのファッションリング 昭和10年前後
  • 昭和10年前後と思われる、若い人向けのファッションリングです。石は透明感のあるシトリンで、とても爽やかな印象です。アームに特徴があり、幅が広くなっていますが、重い感じはありません。造りは簡素ですがデザインが細やかで可愛らしく、女学生さんが誕生日に親に初めて買ってもらったリング、といったところでしょうか。刻印はK18とありますが、アンティークショップの店主さんのお話では、金の品位はK16程度しかないとのこと [続きを読む]
  • 号外:柴犬こゆきの『尻まんじゅう』
  • 注:犬のお尻のアップが出てきますのでご注意下さい こゆきと暮らしてもうすぐ4年になります。最初の頃は本当に痩せていてひょろひょろだったのですが、最近少し肉付きがよくなってふっくらしています。といってもまだまだ細いですが・・・ 二年くらい前に、柴犬ブログのコメント欄に「うちではこゆきのお尻を『尻まんじゅう』と呼んでいます」とあちこち書き込みましたところ、さる二、三の有名ブログで最近『尻まんじゅう』とい [続きを読む]
  • 号外:NHKスペシャル『戦慄の記録インパール』感想です
  • 以前にちらっと書いた記事とタイトルが異なりましたね。確かに無謀な作戦で現地に派遣された将兵らの無惨な死に様の記録、と言う意味では、『戦慄の記録インパール』の方がずっと表現が正確になっているように思います。陸軍大臣兼参謀総長だった東條英機のことが散々けなされるのかと思ったのですが、現地の司令官の牟田口廉也のことが大々的に酷評されたおかげでなんだか影が薄くなっていました、笑。私は戦史のことも軍組織のこ [続きを読む]
  • K18製 ダイヤ入りのネクタイピン 明治後期〜大正期 
  • しっかりした造りのよい綺麗なピンです。非常に(笑)小さいですが質のよいダイヤがきらりと光ってなかなか恰好いいです。許可をいただいていないのにリンクして恐縮ですが、『伝統装身具ネット図鑑』のこのページの上から二段目の左端に同じ意匠の時計飾りがありますので、明治後期もしくは大正前期のピンと判断しました。もしかしたらこのピンも天賞堂のものかもしれません。(もし不都合がございましたらすぐにリンクを外します [続きを読む]
  • 号外:NHKスペシャル「全記録 インパール作戦」 
  • 来月8月15日にNHKはスペシャル番組として『全記録 インパール作戦』を放映するようですね。インパール作戦については20年前くらいに同じくNスペで取り上げられているので、なぜに今またチョイスされたのかはわかりませんが、一昨年の例で言うと死体のカラー映像とか風化した兵士の夥しい白骨とか、怖そうなものがたくさん出てきそうですね。それと、同作戦の責任問題として、当時の陸軍部内の組織的欠陥が指摘されそうですが、東條 [続きを読む]
  • プラチナ製 オパールの透かしの羽織紐 昭和初期
  • 前回に引き続いて羽織紐(羽織鎖とも言うそうです)にまたまた縁があり、早速入手しました。高級なプラチナ製で、抜けるように透明で青く輝くオパールが大変綺麗です。すっきりした中にどことなくもったり感のある(笑)透かしのデザインであることと、昭和初期に流行したプラチナとオパールの組み合わせからも、これを戦前のものと判断しました。装飾部分1.2センチ、長さ14センチ。数少ないプラチナ製品が戦時中に供出されなくて [続きを読む]