漣(さざなみ) さん プロフィール

  •  
漣(さざなみ)さん: 戦前日本の銀器・ジュエリー
ハンドル名漣(さざなみ) さん
ブログタイトル戦前日本の銀器・ジュエリー
ブログURLhttps://ameblo.jp/kouran3/
サイト紹介文戦前日本のアンティーク銀器と装身具を中心としたコレクションを公開しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/01/03 17:44

漣(さざなみ) さんのブログ記事

  • K18・プラチナ製 ダイヤモンドとクリソプレーズのリング 大正期
  • 私がリングを求める時はいつもシャープでキレの良いものを選ぶのですが、このリングはぽってりと厚みのあるクリソプレーズと、中央のよく光るダイヤモンドが何とも言えないほんわり感を醸し出していて(笑)、なかなか面白いと思いコレクションに加えました。石の大きさ縦1.6センチ。時代ですが、昭和のスッキリした柔らかな色彩の着物よりも、くっきりとした強めの色合いの着物の方がよく似合うので、大正時代くらいはあるかなと [続きを読む]
  • K18製 逆さ雫の翡翠と真珠のリング 大正末〜昭和初期
  • 表題に「逆さ雫」と書きましたが、ちょっと他に表現が見当たらないので私が造語しました。(笑)スカーフピンなどを見ると、この形の石の向きはこれで合っていると思います。両脇の二つの真珠が主張しているように見えて、戦前のものらしくどこかちまっとした雰囲気がとても可愛いリングです。色合いや大きさから、スッキリした色合いの着物によく似合いそうなので、大正末期か昭和のごく初期のものと思われます。翡翠も高級品、と [続きを読む]
  • K18製 美しい牡丹の花の帯留め 昭和3年〜4年
  • 私は帯留めコレクターではないのですが、これはいい細工なので欲しくなり入手しました。長さは4.5センチ程なのですが、アップで写すととても華やかに見えます。中は空洞になっていて、価格を安く抑えるために金の使用を節約して販売されていたのでしょうが、返ってこういう技法の方が表現にバリエーションが出るように思います。前回も書きましたが、おそらく戦前日本独特のとても素晴らしい技術です。 中央部の周囲が盛り上げら [続きを読む]
  • K18製 波千鳥のモダンな帯留め 昭和2〜3年
  • 波千鳥の帯留めは以前から一つ持ちたいと思っていたのですが、これはクラシックな意匠を昭和らしく明るく仕上げた、とても可愛らしい帯留めです。千鳥と波にプラチナ箔が貼られており、デザイン化された千鳥には小さな足もチョンチョンとついています。長さ4.5センチ。石はガラスだと思います。若い人向きでしょう。 薄い金の板を張り合わせて軽く立体的に仕上げられています。こういう造りの方が高価ではないものの、厚い金の [続きを読む]
  • 号外:柴犬こゆき5才になりました
  • 10月29日はこゆきの誕生日です。ゴミ捨てに行った際に一軒隣のお宅の旦那さんに「今子どもが生まれたんやけど」と言われて犬小屋を見に行きましたら、母犬の花ちゃんの犬小屋で四つの大きなサツマイモさんがウニャウニャ動いていて、それがこゆきとの運命的な(!)出会いでした。あれからもう5年になるとは、年齢を重ねると月日は早くなるというのは本当ですね。(笑)この5年というもの、私の1日は、朝一番に散歩の時間を決める [続きを読む]
  • K18製 三日月型の芥子玉真珠のヘアーピン 大正時代
  • 清楚な三日月型のヘアーピンです。芥子玉真珠がグラデーションに留められており、細くシンプルですがとても目を惹くデザインです。長さ6センチ程。 裏側です。状態がよく、パチンと閉まります。 刻印です。「葉っぱのマーク」「金槌マーク」「K18」の刻印があります。刻印から大正時代から続く海老原章次の工房製品だとすっかり思い込んでいたのですが、よく見ると葉っぱの刻印の向きがちょっと違うような? 既にご紹介してお [続きを読む]
  • 珍しい刻印を見つけました
  • 既にアップ済みのこのカフスですが、昨日ふとチェーンのところに刻印があるのを見つけました。 「a」は読み取れたのですが、もう一方の方がよくわかりません。 あ、もしかしたらトンボかしら?と一旦思ってしまうと先入観ができてしまい、すっかりトンボにしか見えなくなってしまいました、笑。片側にaとあるのでおそらくbcもあったのでしょうが、どのような意味か今のところ手がかりは全くありません。また古い貴金属を集めてい [続きを読む]
  • 号外:秋の限定和菓子『栗蒸し羊羹』 「川上屋」と「すや」の味比べ
  • 私は栗蒸し羊羹が大好きで、今の季節になると必ず取り寄せます。今年とれた生栗を羊羹の中に入れて蒸し上げるので、小豆のところにも栗の風味が伝わり本当に美味しいです。ということで、今年は中津川にある2軒の和菓子屋さんから取り寄せて味比べをしてみました。 まず最初に取り寄せたのは「川上屋」さん。 次に「すや」さん。こちらは川上屋さんよりも前に注文したのですが、まず驚いたのはとにかくHPにアクセス出来ない!時間 [続きを読む]
  • K18製 リーフ意匠の真珠のネクタイピン 大正末〜昭和初期
  • 18金製のネクタイピンです。デザインから男性用と判断しました。ヘッドがWG、ピンがPGになっています。今までに収集したピンとは造りが異なり、薄い板を打ち出して厚みをつけています。細い部分にもミル打ちが施されておりなかなか立派なものです。長さ約5.5センチ。時代はWGが使われているので大正末あたりかなと思います。 刻印です。「K18」と瓢箪の刻印があります。実は売主から服部時計店製のものと聞かされており、私も [続きを読む]
  • K18製 梅の花モチーフの小さな花月挿し簪(かんざし) 大正末〜昭和初期
  • 18金製の小さなかんざしです。梅の花のデザインで細工がよく、真珠も綺麗に残っておりとても可愛いので入手しました。 銀色の部分はプラチナ箔ではなく、何か銀色のものを塗っているように見えます。 梅の雄しべは立体的に湾曲してグッと持ち上がっています。 裏側です。 刻印です。陽刻で「K18」「C」とありますので、大正時代から少なくとも昭和12年までは存在した「村松万次郎商店」で売られていたものとわかります。 時代です [続きを読む]
  • K18製 ブラックオパールのリング 明治期
  • 遊色の美しいブラックオパールのリングです。これまでホワイトオパールはあらゆる装身具で沢山見てきていますが、ブラックオパールは初めて見ました。質の良い石を使っていること、アームの造りが太いこと、古い刻印からこのリングは明治期のものではないかと考えています。ほんの少しだけ楕円形でとても可愛らしい小ぶりの石です。 造りはいたってシンプルですが、アームは太めでしっかりしています。 石は2ミリにも満たない程薄 [続きを読む]
  • K18製 女性用懐中時計鎖(二本立鎖) 大正末〜昭和初期
  • 大正末〜昭和のごく初期の洋装女性用の懐中時計鎖です。鎖は2本で、上下できる中央のアジャスターで留めるようになっています。時計飾りも18金製品で桐紋をモチーフにしたとても珍しいデザインです。重さ全体で約7グラム。 チェーンの種類は喜平でも占縄でもなく、少し調べてみたのですが結局わかりませんでした。しっかりした編み込みで丈夫に出来ています。 時計飾りです。花のところにプラチナが薄く貼られています。 裏側 [続きを読む]
  • 号外:昭和10年前後の東京のカラー映像 YouTube
  • youtubeをチラチラ見ていたらこんな映像がアップされていましたのでご紹介します。ただ出典がわからないしカラーフイルム撮影かのちの彩色かもわからないのですが、私個人の実感としては時代については昭和10年前後のものにはほぼ間違いないと思います。4分少々なので興味がおありの方はどうぞご覧ください。これらの瀟洒なビル街は空襲でアメリカにほぼ焼き尽くされてしまったのでしょう。洋装の女性も多く、18金の合成石リングな [続きを読む]
  • 号外:アニメ映画『この世界の片隅に』について
  • 昨日日本映画専門チャンネルで超話題の『この世界の片隅に』を観ました。・・・とは言えないですね、というのも 約50分ほどでリタイア(笑) してしまったからです。ラスト10分ほどは録画できたのでそこは観ましたが、これでは「観た」とは言えないので感想を書くわけにはいきません。しかしながら、結局主人公を始め登場人物の誰にも感情移入できなかったので、私は前半部分の段階ですっかり退屈してしまいました。ネットで他の人 [続きを読む]
  • プラチナ製 三越製 翡翠とダイヤ取巻の高級リング 昭和10年前後
  • [一番下に追記があります](8月14日)[写真を数枚入れ替えました](8月24日) 前回に引き続き、三越製の高級感溢れるスクエア型の翡翠のリングです。カットは適当ですが(笑)透明感のある綺麗なメレダイヤの取り巻きがとても豪華です。細いアームの三面に彫りがあり、石座は大きめなのにとても華奢です。私の所有しているリングの中では最高級のものです。石座の縦1.2センチ、重さ3.8グラム。 正方形ではなく僅かに縦長になってい [続きを読む]
  • K18金製 合成ルビーと真珠のファッションリング 三越製 明治末〜大正初期
  • 真珠の周りにメレに近いルビーをあしらった三越製の18金のファッションリングです。刻印からみて明治末か大正のごく初期のものと思われますが(理由は後で述べます)、さすが三越製で造りがよくとてもバランスのよい上品なリングです。 真横です。丁寧に石と真珠が留めてあるのがわかります。 刻印です。木葉の刻印がありますので、大正7年から少なくとも昭和12年までは存在した「海老原章次」工房(木の葉の刻印)の製品とわか [続きを読む]
  • K18製 彫金のカフス 天賞堂 明治末〜大正初期
  • 18金製の古いカフスです。フェイスに緻密な彫金が施されてあり、真ん中の銀色部分はおそらくプラチナでしょう。掘り跡の黒い部分はサビではなく、何か黒い塗料か何かを塗ってその上から磨きをかけたものと思われます。「天賞堂」の箱に入っていましたが、カフスは古そうですが箱が昭和のものらしいので、共箱ではないのかもしれません。フェイスの縦の長さ約1.8センチ。 側面の仕上げも丁寧です。 箱の内側です。「TENSHODO」と [続きを読む]
  • 号外:京都国立近代美術館『横山大観展』に行ってきました
  • 先週の木曜日、京都国立近代美術館で開催されている『横山大観展』に行ってきました。私は大観が好きなので、展示作品を食い入るように観てきたのですが、おかげで持病の息切れが酷くなってしまって本当に困りました。(苦笑)でも久しぶりに大観の作品を多数観ることができてよかったです。美術館の写真を撮ろうとカメラまで持って行ったのですが、美術館を出た途端どっと疲れが出てしまいうっかり忘れてしまったので、チケットだ [続きを読む]