人間嫌い3級 さん プロフィール

  •  
人間嫌い3級さん: 人間嫌いを克服する
ハンドル名人間嫌い3級 さん
ブログタイトル人間嫌いを克服する
ブログURLhttp://ningengirai2.blog.fc2.com/
サイト紹介文人間嫌いに悩む若者へのメッセージほか。メンタルヘルス、発達障がい、生活保護、性的指向の話題も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/01/06 02:49

人間嫌い3級 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由を読んで
  • 私がブログを書くことはもうないかもしれないと思っていたのですが、たまたまネットで読んだ記事の中に、どうしても「いま」感想を書き留めておきたいものがありましたので、1年ぶりにブログを書くことにしました。「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由大反響「底辺校出身の東大生」は、なぜ語られざる格差を告発したのかインターネットが発達した現在においても、田舎と都会の間には教育と文化に関する情報や機会 [続きを読む]
  • ただの出来の悪い人になってしまった
  • 約半年ぶりのブログ更新となります。(そしてこれがようやく100記事目)半年間に起きた良い出来事としては、毎日夜22時を過ぎないと帰宅できないような忙しい部署から異動することができたことです。それ以外は特に大きな変化はないのですが、変化がないことこそが、今の私を悩ませています。「退屈で仕方がない」とか、そういう悩みではありません。ざっくりと言えば、自分が「ただの出来の悪い人」であることを認めざるを得 [続きを読む]
  • 友情結婚のための家庭生活に関する最低限の知識(了)
  • さて、友情結婚するために必要となる結婚に関する最低限の知識について書いてきましたが、一応これで最終回とします。さて、「家庭生活」に関する知識と書きましたが、どのような内容がふさわしいのかを決めるのは、とても難しいことです。近年、児童虐待や子どもの貧困に関連して、子どもへの支援だけでなく、子どもが育つ家庭に対する支援が重要と考える人が増えてきましたが、支援の中身は、まだ現場での模索をしている段階だと [続きを読む]
  • 友情結婚のための法律の勉強の仕方
  • 前回の記事さて、前回まで3回にわたって「友情結婚のための最低限の法律知識」について書いてきました。最低限の法律知識を紹介する最後の記事として、「友情結婚のための法律の勉強の仕方」について書きます。素人が法律について書くことを疑問に思う方もいるかもしれません。ましてや、友情結婚が法律的に有効な結婚であるかどうかについて裁判で争われた例は見当たらず、友情結婚をした夫婦の一方が性生活の不一致を理由として [続きを読む]
  • 友情結婚のための最低限の法律知識3
  • 前回の記事今回は、友情結婚をした後も同性のパートナーとの関係を継続することに法的な問題はないのか、婚姻中の夫婦が負う貞操義務を中心として考えてみます。最初にお断りしておきますが、これはなかなか難しいテーマだと考えており、参考になる裁判例をもっと探すためには時間とお金がかかることから、疑問点を残したまま記事を投稿することとしました。さて、友情結婚と貞操義務について離婚の事例で考えてみます。-----<事 [続きを読む]
  • パラリンピックを見て
  • 私は、社会生活を送る上で支障となるような気質をもっています。そして、私がそういう気質をもっていることは、誰の目にも明らかです。「君は将来苦労するよ」とか、「そんなんではどこへ行ってもうまくやっていけない」と少年時代から言われ続け、大人になったいま、予言のとおり毎日うまくいかず、ヘロヘロの状態で生活しています。でも、私は「障害者」ではありません。こんなに毎日うまくいかないのだから、私をくまなく調べれ [続きを読む]
  • 友情結婚のための最低限の法律知識2
  • 前回の記事(文章の流れが悪かったので、最高裁の判例を後で付け加えました。)最近気になったニュース記事を紹介します。「ゲイだ」とばらされ苦悩の末の死 学生遺族が一橋大と同級生を提訴一橋大・ゲイとばらされ亡くなった学生 遺族が語った「後悔」と「疑問」一橋大ロースクール生「ゲイだ」とバラされ転落死 なぜ同級生は暴露したのか(3つの記事は、いずれも同一事件について同じ人が書いたものです。著者の渡辺一樹さん [続きを読む]
  • 友情結婚のための最低限の法律知識1
  • 「友情結婚を成功させたい」の記事で、私は、友情結婚を成功させるために、結婚生活に対する最低限の認識を持つことを目標にしたいと書きました。具体的には、まず1.婚姻から生じる法律上の効果や義務の整理2.一般的に、結婚生活に伴う現在から将来までの様々な時間的、経済的、精神的負担についての整理をしたいと考えています。1の法律の話については、これは結構しっかり勉強する必要があると思っています。というのも、友 [続きを読む]
  • 価値観になじめない人はどう生きたのか
  • 第2次世界大戦の終戦から71年を迎えようとしていますが、ひとつ気になっていることがあり、ちょっと調べてみようと思っています。それは、「戦場に行きたくても行けなかった人たち」は当時どんなことを考え、戦争の前後を通じて価値観が変わったのか、それとも変わらなかったのかということです。「戦場に行って祖国のために戦うことこそ尊い」と本心から思っていたにもかかわらず、身体障害や持病のため徴兵検査に落ちた人たち [続きを読む]
  • 友情結婚を成功させたい
  • セクシャルマイノリティである男女が、相互の恋愛感情や性愛ではなく、相互の友情に基づいて結合し、法律上の婚姻をすることを、友情結婚と呼ぶ人がいます。「呼ぶ人がいます」と書いたのは、「友情結婚」の単語を題名に含む書籍や論文を見つけることができず、世間一般に了解された友情結婚の定義がまだ存在しないと思われることによります(2016年7月末現在)。私は、友情結婚を含む婚姻ついて学んでみようと思い、友情結婚 [続きを読む]
  • 妥協点をみつける
  • 恋人同士の関係になった自称アセクシャルの女性と、泊りがけで小旅行へ行くこととなりました。実は、前にも泊りがけの旅行に一緒に行ったことはあったのですが、その時はお互い別の部屋に泊まりました。今回は一緒の部屋に泊まることとなり、私がホテルの予約をするのですが、ツインの部屋にするかダブルの部屋にするか迷うところであります。彼女は部屋の種類について特に希望はないようなのですが、いちいち再確認するのも野暮な [続きを読む]
  • 恋愛は大変です
  • 「私自身の考え方の変化2」の記事で、より親密な関係をつくりたいと考えている女性がいると書きました。そういえば、続きを何も書いていませんでしたが、その後、おかげさまで、その女性とお付き合いすることとなりました。嬉しいことはたくさんあるものの、私の時間と脳みその一部を彼女のことに使うようになってからは、もともと毎日職場に行って帰ってくるだけでやっとだったのが、さらに厳しい状態になっています。仕事があっ [続きを読む]
  • 同性婚制度は憲法違反か
  • (※結構な長文です。)5月3日は、憲法記念日でした。今週は、憲法週間だそうです。テレビでは、主に憲法第9条に関する話題が提供されていましたが、憲法には他の条文もあるわけで、そうした他の条文に関する話題がもっとあってもいいと思います。憲法について語るのは、本当に難しく、ちゃんと書こうとするならば、様々な先人たちの見解を踏まえなければならないのですが、同性婚制度の合憲性についての私なりの見解を雑文のレ [続きを読む]
  • 過去の記事 …