走るペンギン さん プロフィール

  •  
走るペンギンさん: こぎんペンギン
ハンドル名走るペンギン さん
ブログタイトルこぎんペンギン
ブログURLhttp://patora4841.blog.fc2.com/
サイト紹介文 こぎん刺しが生み出す模様に魅せられて、男ですが、刺し始めました。
自由文 男だって刺してもいいですよね。 こぎんを刺しながら考えたこと感じたこともつぶやいていくブログにしたいです。もちろん、同じ趣味の仲間が増えればなおうれしいです。 
 趣味は、マラソン、テニス、卓球、読書、映画。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/01/06 14:39

走るペンギン さんのブログ記事

  • 玄関が画廊?!
  • 玄関の壁紙を張替ついでに、ピクチャーレールを設置しました。我が家の玄関画廊に、本場の作家さんの作品を展示しました。     青森の菱刺し作家、天羽弥生さんの作品です。   生地をご自分で織り、糸を草木染めして、   菱刺しの作品を刺されておられます。   素敵ですね。天羽さんについてはUチューブで   見れますよ!     [続きを読む]
  • 菱刺しいを試してみました!
  • 前回、紹介しました石田さんの作品を模写するために、準備段階として菱刺しを試してみました。        この模様は「網代(あじろ)」   このコングレスは、目があらいので、6本どりの糸では隙間  が目につきますね。このコングレスで刺すなら、8本どりの糸の方がよさそう  ですね。   [続きを読む]
  • 弘前・こぎんを訪ねて一人旅  その4
  • 弘前に来る前日は、岩手の花巻に泊まりました。その宿で知り合った人が、「弘前へ行くんだったら、〇〇というシャンソン酒場に行ったらいいよ!」と言われたので、弘前に着いたその日は、そのシャンソン酒場に行ったのです。一人旅は計画なし!その時、その時の出会いの糸をたぐりながら、身を任せて時を過ごすのもおもしろいものです。そのシャンソン酒場、入店時は一人も客がいなかったので、津軽で45年間シャンソンを歌い続けて [続きを読む]
  • こぎんとは!
  • 今回の弘前訪問旅行で、こぎん資料館を運営されている佐藤陽子さんから沢山説明していただきました。 「津軽こぎん刺しは、東と西と三縞の三か所で、菱刺しはこぎんとは違います。」と言われたとき、あまり歴史的背景を考えずに、「こぎん刺しは奇数目、菱刺しは偶数目でと言われても刺す方にしてみたら、どっちでもいいですけど・・・・・」なんて、現代の若者風に返答してしまいました。    これは、横島直道編著「津軽こ [続きを読む]
  • ひらめいて、刺します!
  •  こぎん好きの方なら、共感していただけるかと思いますが、コングレス以外の生地、例えば、100円均一の店先で、ランチョンマットなどを見ると、「え?これにこぎん刺せるかな?」なんてすぐに、考えたりしませんか。これ、なんのアップか分かりますか?これは、職場で支給されたベストです。安物の化学繊維ですが、縦横にすじがあります。ひらめきました!これに刺そう!と。出来上がりを楽しみしてくだいね。 [続きを読む]
  • 弘前・こぎんを訪ねて一人旅  その3
  •   今回の弘前訪問の一番の目的は、「佐藤陽子こぎん資料館」 を見学することでした。 前もって予約しての訪問です。 場所は、電車やバスの便がなく、レンタサイクルで行くことにしました。 9月の弘前はとても爽やかで、もう、自転車をこいでいると、この町に 前から住んでいたかのような気分になってしまいました。  古作のこぎん刺しの着物を目の前にして、ただため息でした。     右側のは裏ですよ。丁寧に刺して [続きを読む]
  • 世界に一つだけのバッグ
  •    もう秋ですね。 爽やかな季節ですね。   僕の気分も爽やかです。 マイバッグ完成。       バッグの中をのぞくと、この前刺したこぎんがありますよ。     人に見えないところのこぎん刺しも、バッグの中で咲く世界でたった一つの花  ♪ ♪ ? ♪   ですよね。  [続きを読む]
  • 弘前・こぎんを訪ねて一人旅   その2
  •   まず、最初に尋ねたのは、「ねぷた村」と言う展示館。  そこに、こぎんがあるというので行きました。   ねぷたの説明も、客一人でも詳しく教えてくださり良かった!   そして、こぎんの作品に対面。想像以上にたくさんの作品を見ることができました。 その着物類のこぎん刺しに圧倒されまいた。 そうだ、考えてみれば、本では知って いましたが、本物を目の前にするのは初めてだったのです。   着物類が、20万く [続きを読む]
  • 看板作りました! ー注文の多い工房ー
  •    こぎん刺し用のコングレス生地と革を思いつくまま貼りつけました。   宮沢賢治の童話 「注文の多い料理店」 というのがあります。   それをまねて、 「注文の多い工房」  フフフ      賢治の童話読んだことのある方は分かりますね。 お客様が沢山注文する・・・  という意味ではないですよね。    ですから、ペンギン工房も、制作依頼が多くあるのではなく・・・・・・・  要望をだすのは、私の方 [続きを読む]
  • これで刺しは終了
  •    この模様は、「曲こぎん刺しの本 津軽の民芸刺繍」  布芸展  文化出版局 の中に掲載されて  いたものです。 名前は、「裏うろこ形の花つなぎ流れ」です。  一針 一針  一目 一目 登り始めた頃は、先がさっぱりわからなくて、地図(図面表)をたどっていく。 え? この道で大丈夫?  間違ってたなんて言って、引き返すのは大変! あってるかな? この道で。大丈夫かな? 一針 一針  一目 一目   [続きを読む]
  • 何ができるかな
  • この生地は、普通コングレスと違って、目がつまっていて、それから、縦糸と横糸が平たいのでとても刺しにくいです。 ただ薄いので、加工はしやすいですね。  [続きを読む]
  • 東北一人旅の計画
  •   9月に岩手の花巻(宮沢賢治)、そして、念願の弘前(こぎん)への旅行を計画中!  岩手の友人へのお土産完成!     それに、始めたばかりの陶芸作品も加えてプレゼントする予定です。     [続きを読む]
  • こんにちは! 
  •    こんにちは!   去年、久しぶりにアップしたのが、一年前の7月でした。   なんと、また、一年ぶりに、こんにちは!です。   定年後に、チェロを始めて、それから、12月からは陶芸をはじめました。   今日、アップしたのは、マイバッグです。 これは、手縫い革工芸に通い始めたからです。 ∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…  ちょっぴりの、こぎん刺し。   [続きを読む]
  • できました! 友達へのプレゼント 
  •  友達は同年配の男性なので、額縁にしました。小物っていう感じではと思って・・・ 同じ模様の繰り返しでも、色を変えることで、違う感じになりますね。   そして奥さんにも、カード入れを作りました。       表は、「猫の足」       刺していると、小さなお花が咲いている野原を猫さんが散歩している様子が浮かんできました。     裏は、「猫のマナグ」     刺していると、眠そうな猫さんが、 [続きを読む]
  • ウォールポケット完成! 
  •    ワイシャツのリサイクル 第二弾!  世界にたった一つのオリジナル!  しいて分類すれば 「ウォールポケット」    ワイシャツの袖を切って、襟を切って、あとは、そのまま利用しました。  下段のポケット三つは、シャツの下を折り曲げて、ミシンかけました。  こぎん刺しの布は、ネクタイの雰囲気で!      5月から、念願のチェロを習い始めました。 胸のポケットには、チューナー(音を合わせるアイテ [続きを読む]
  • あるアイテムの修理
  •   これ、何だかわかりますか?   テーブルの中央に島のような???  ある、アイテムが破れてしまったので、修理中!  こぎん刺しの生地から仕上げていくとき、アイロン台の上で、生地を裁断して、アイロン台の生地まで切断してしまいました!破れていても、かまわず使っていましたが・・・・・・ ワイシャツの襟ぐりが汚れてリサイクルとして、アイロン台の生地にして張替ました。 ただ、布をボンドで貼り付け裏紙を貼 [続きを読む]
  • はじめてのコースター
  •    作りたくなかったコースターできました。     本を見ながら模様を刺しました。 波のようなのと、「上り蝶」っていう模様です。  右側の緑色の模諜、そう言われれば、蝶々が空に向かって飛んでいきそうですね。   コウモリにも見えてきた。   でも、上下逆さににして見ると森にもみえてきた。   娘の希望を聞いて、模様、色を選びました。 自分の好みからあと、「上り蝶」は刺さなかったです。   5 [続きを読む]